FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 564

BANDAI  ゴモラ 7

 バンダイが1980年代に発売していたディスプレイモデル“The特撮コレクション”のゴモラを作っています。

 いよいよ形ができたところです。

下地ができました

 塗装に入ります。

 まずはミックスブラックで全体をくるみます。

ミックスブラックでくるむ

 ミックスブラックというのは、色の名前ではなくて、つまりは廃油、筆を洗った溶剤の沈殿物に黒を足して作った再利用色です。だから真っ黒ではなく、いろんな色素の混合で、メタリックさえも含まれています。

 そして塗ってみて発見、嘴に段差があるじゃないの。

嘴に段差があった

 わからないものです、見落としは必ずありますね。

紙やすりで均す

 急きょ、紙やすりで均しまして修正。

段差が消えました

 段差を消したら、塗装の続き、黒い下地が固まりましたら、全体をこげ茶でドライブラッシング。

こげ茶色でドライブラシ

 塗料の色名はレッドブラウンです。赤みのこげ茶です。

こげ茶の塗り上がり

 レッドブラウンが乾きましたら、今度は薄いあずき色、ダークアースでドライブラッシング。

ダークアースでドライブラシ

ダークアースの塗り上がり

 このあとすこしずつ明るい茶色を重ねてゆきます。

 続きはまた次回。













スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/08/23(金) 11:19:57|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1847

浅蜊の唐茄子西洋麺

 要は浅蜊のスパゲッティ、といえばボンゴレと申しまして、白葡萄酒で仕上げたやつをビアンコ〈白〉、トマトで仕上げたものをロッソ〈赤〉と呼ばれています。

 ま、ごちゃごちゃ言ってないで今回食べますのは赤いほう。女房のご注文でございます。

 でもそこは、反本格的なわたし、ズボラ流でごまかしてしまいましょう。

 簡単でございます。ご覧になってください。

 粗いみじん切りのタマネギにうす塩を振って炒めまして、トマトの缶詰を加えます。

炒めたタマネギにトマトの缶詰

 トマトの塊をヘラでぐちゅぐちゅと潰しながら炒め。全体が溶けてきたら冷凍の浅蜊を洗って殻ごと投入。

 ジャラジャラジャラー…

アサリを投入

 蓋をして蒸し煮、やがてパコパコ音がしてきましたら貝が開いた証し。

 どれどれ?

貝が開いた

 ほうら、貝の味エキスも出てますよ。

 味付けは塩と砂糖少々、お酒もちょっぴり。

 茹で上げた麺にかけましょう。

アサリのスパゲテイ

 反本格的な浅蜊の赤いスパゲティでございます。

 ここからは自分の好みですが、スパゲティ料理は白っぽいものよりも赤いほうが好き。つまりはトマトか唐辛子。

 見てみて?

赤いスパゲティの美味さ

 ほらほら、やっぱり美味しいな。





 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/08/22(木) 11:07:46|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 226

CITIZEN Charm 2

 シチズンの古い女持ちの機械です。機種はわかりません。

9-機械時計側

 解体してみましょう。

 まずはテンプを取りました。

10-テンプを取りました

 つづいてゼンマイをほどきましてアンクル脱進機を除く。

11-アンクルをとりました

 受け板を開けます。

12-受けをあけました

 ひじょうにシンプルな輪列、本機は二針です。小さなスペースに効率よく収まっています。

13-時計輪列

 動力ゼンマイを巻きあげる部分、香箱受けを開けました。

14-香箱受けを開けました

 映画のフィルム缶みたいな車が、動力ゼンマイの入った香箱です。昔の白粉〈おしろい〉入れに似ているということから香箱と名づけられたようです。ほかにも“おしどり”など、時計部品には外見からつけられた日本独自の呼び名があるのも面白いところです。

15-香箱を取りました

 このあと、部品を洗って組みなおしたのですが、テンプを組んだら、どうも調子が悪い。
 それもそのはずで、地板の方の受け石がありませんでした。

16-受け石がない

 なので、同時代のジャンク物から石と耐震装置を移植。

17-石を移植した

 持つべきものはジャンク部品です。

 文字板と針をつけました。

18-鹿皮で軽く拭きました

 カット時字は、鹿皮で軽く拭いてあります。

 中子に収め、側を被せてヘッド完成。

19-側付け終了

 茶色のワニバンドをつけてみました。

20-茶色のバンドをつけました

 落ち着いた大人の雰囲気になります。時の流れで僅かに色づいた銀メッキの文字板が、アンティークな味を醸しています。

21-アンティークな味わい

 本日の控え CITIZEN Charm〈チャーム〉 17石 1962年 でした。他に何か情報は?と、ネットで調べてみましたら『CITIZENのキセキ』というアーカイブ的なサイトに掲載されていました。
 https://citizen.jp/locus/product/012.html
 ここによると、機種はQ→950、発売が1957年とありますので、初期型はキャリバーQ,後期は改良か普及化か何かの理由でキャリバー950になったのだろうとの推測です。今回のモデルは1962年製なので950の可能性が高いものの確証はありません。

 ここで、前回のジュリーとツーショットで一枚。

22-シチズンレディス二点

 どちらも一日一分程度の進みで使用可能となりました。人気のない国産レディスものですが、こうして手入れしてみますと中々どうして捨てたものではありません。つい先ほど、女房がチャームを気に入って、お仲間たちとの会合に出かけてゆきました。











 



 






テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/08/21(水) 11:09:37|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1846

茄子と豚肉の唐辛子風味

 見た目はおっかないけど優しい人っているでしょう?これもそう、この大きな唐辛子は、見た目は厳ついけどそれほど辛くないのです。

大きな唐辛子

 二年前に栽培していた韓国うまみトウガラシです。今日はこれと茄子、いとこ同士を豚肉と一緒に炒めます。

 フライパンに油、葱、生姜、唐辛子、ここに豚肉を据えて醤油をもみこむ。

肉に醤油を揉み込む

 フライパンの上で揉み込むとは行儀が悪いですが、これで器がひとつ汚れないで済みます。

 点火して肉に火が通りましたら、薄切りのお茄子を合流。

豚を炒めてら薄切りの茄子

 味付けは、麺つゆとオイスターソース。

オイスターソースで味付け

 汁気がにじんで、茄子がしっとりしましたら出来上がり、カンタンでございます。

茄子唐辛子肉炒め

 仕上げに胡麻を振りかけて、茄子と豚肉の唐辛子風味でございます。

胡麻をかけて

 決して辛くございません。トウガラシの焦げみが香ばしい。ナスはトロトロ、豚はもちもち。

ご飯が進む美味しさ

 ご飯が進んで困ります。いや、夏はご飯が進んだ方がむしろ良い。









テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/08/20(火) 11:35:30|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1845

たくあんビーフン〈沢庵米粉〉

 昨年漬けた沢庵が醗酵しております。そのまま食べるもよしですが、今回はザーサイに見立てまして水に漬けて塩抜き、調味料のひとつとして食べてみたいと思います。

 いっしょに使うこれらの材料、ハム、ジャガイモ、葱、生姜。

各種せん切り材料

 すべてせん切りです。

 この時点でビーフンは茹でてザルにあげておきます。

 それでは始めましょう、まず千切り野菜たちを、お湯でふやかした干しエビと共に、油で炒めます。

干しエビと共に炒める

 塩コショウ、醤油で味をつけたら、干しエビの戻し汁と茹でておいたビーフンを加えます。

ビーフンとエビの戻し汁

 ビーフンがおいしい汁を吸いこみます。汁けがなくなったら、香りづけに胡麻油を少々。
 お皿に盛ったら、胡麻とラー油をふりかけて出来上がりです。簡単でございましょう?

胡麻とラー油をふりかける

 沢庵とジャガイモという、素朴さを前に出した焼きビーフンです。

たくあんビーフン

 色彩も全体的に淡く、味もあっさりです。真夏の昼ビールにぴったりです。

ビーフンをほおばる

 ビーフンのザラザラした舌触りとのど越しは、ちょぼちょぼ食べてはいけません。ガバとほおばって、もっつりと飲み込みましょう。詰まりそうになったら冷たいビールで流す、これ最高。







テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/08/19(月) 11:19:39|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1649)
時計 (230)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (559)
暮らし・修理 (49)
金魚・生き物 (128)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR