FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 242

BAVARIA Carriage clock 3

 小さなキャリッジクロックの機械部分が組み上がったところです。

30-機械組み立て終了

 文字板側を仰向けにしまして、見えているのはアラーム連動部分の構造です。

32-アラーム車の構造

 アラーム車の筒が、一か所ストンと落ちています。ここがアラームセッティングポイントとなります。アラーム車が常時押している板状ストッパーを、この一か所で段差分浮き上がらせ、ハンマーを開放する仕組みです。

 これで文字板側も組み上がりました。

33-文字板側の組み上がり

 ここに文字板を組み込みまして針をつけるのですが、分針が欠損していたので、在庫の懐中時計ジャンクから座の合うものを一本持ち出し…

34-分針がないので

 切分に合わせて切りました。

35-針をつけました

 アラーム針は、女持ちのジャンク品から取り入れましたが、こちらはあいにく白しかなかったので、そのまま行きます。

 続きましては側です。

 錆びた裏蓋も、磨けば味が出ます。

31-蓋も磨けば味が出る

 彫られた文字が浮かび上がってくるとともに、真鍮の金色が鈍く輝いて、いぶし金の味が出てきます。これは新品では得られない、時が育てる時代の美です。

 側の汚れはもっと凄い。

36-汚れた側です

 ひとまずバラバラにしまして、洗う、磨く、できるだけきれいにしました。

37-できるだけきれいにしました

 かといって、塗装の上掛けとかはいたしません。汚れていても時代の色、質感を尊重しました。

 手入れしたケースに機械を納めます。

38-ケースに収めました

 蓋を閉めて、足りない部品を補いました。

39-足りない部品を補った

 四隅の止めネジは、新品のものですが、ここは交換部品であることが分かっていいと思います。実際そうですから。ねじ回しの輪っかは、懐中時計の提げカンを変形させて繕いました。

 ちいさなキャリッジクロック、完成です。

40-組み立て完成

 手のひらサイズの小型クロック、デザインも何とも言えぬ味わいがあります。クラシックな装いにも見えますが、こうして暗転してみると、モダンなものにも見えてきます。

41-BABVARIA_Carriage_clock.jpg

 手提げの部分は色っぽいですね、すべて曲線で構成されていて、工業臭さが皆無です。そして真鍮の古びた味がたまらない。

42-味のある曲線

 文字板の数字と数字の間の金のアクセントがエレガントです。

43-金のドットがアクセント

 これはキャリッジクロックの女持ちでしょうか?金持ちのお嬢さんがピクニックにお持ちになるような光景が目に浮かびます。でもアラームの音はお世辞にもエレガントとは言い難いです。空き缶に小石を入れて振ったような音ですから。
 文字板に小さく“BAVARIA”と書かれています。なぜにここまで小さくしたか疑問に思うほど小さい表記ですが、BAVARIAというのはドイツのバイエルン地方という意味みたいので、真に受ければドイツの時計と思いたいのですが、産地表示がどこにも見つからなかったので、不明といたしましょう。

44-東洋風味に飾ってみた

 本日の控え BAVARIA Carriage clock Alarm 年代産地不明 でした。

 どこの誰だか知らないけれど、可愛いから飾っちゃう。





 










スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/11(水) 10:51:58|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1897

はじめの一杯

 二週間入院しまして自宅に戻ってきました。我が家はイイね、でも家族は嬉しくないだろうな?病院に入れておけば安心なものを、帰って来ちゃったんだから。ガタガタうるさいし歩き回るし、そのくせ毎日通院、それならずっと入っててよ、というのも道理ですな。でもこっちはそうはいきませんよ、やりたいことが違います。

 まずは最初のお昼ご飯、記念の一杯はこれ。

一杯のうどん

 あれこれ欲を出しましたが、結局は玉子を一つ落としたかけうどんです。

 つゆは出汁中心で極薄仕立て、醤油はほんの少々です。頭の中では肉もいいな、カレーもいいな?と思ってましたが、体が欲しがるのはこういう一杯でしたね。あっさりと薄味、調味料を抑えたやさしい味です。

玉子の滋養

 その分、玉子で滋養を補いました。
 一見期待外れですが、これが美味くて美味くて、夢中ですすってしまいました。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/10(火) 13:44:22|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 591

童友社 1/350大阪城 12

 長いこと楽しんでまいりました、童友社の大阪城ですが、いよいよフィニッシュです。

 さあ、積み上げますよ。

 最上階の回廊を組みました。

最上階の回廊を積んだ

 続いて部屋部分。

最上階を積んだ

 そして屋根です。

最上階の屋根を乗せた

 本体ができました。

最上階達成

 でもお城として何かが足りない。

 それはこれ…

しゃちほこの部品

 シャッチョコね、つまり鯱〈しゃちほこ〉です。

 これがまた小さな部品でして、時計部品じゃないけれど、さすがにピンセットを使いました。

ピンセットで組立

 鯱が乗りましたら、鬼瓦と鯱など金色部分を塗りまして、大阪城大天守の完成です。

金色部分を塗りました

 金が入ると一段と風格が高まりますね。 

 最後に、アクセサリーを仕上げましょう。

 こちらはお庭に設える、井戸と大砲の部品です。

井戸と大砲

 これらを組み立てます。

 あらまた、小さな井戸櫓ですこと。爪に乗るほどの寸法です。

井戸の櫓

 これに色をつけるとこうなります。

色を塗りました

 ここの屋根は緑青ではなく瓦みたいなので、つや消しの黒で塗りました。

 これらを石垣の展示台につけましたら終了です。

大阪城正面

 できました。1/350スケールの大阪城。
 前にも書きましたが、本物のお城を手に取ることはできませんが、これならできます。上から見たり下から見たり、いろいろな発見と、昔の人の意匠の卓越を味わうことができます。

大阪城完成です

 カッコイイという表現では安っぽすぎる。細部にわたる芸術性に、全体の重厚感がたまりませんね。まだ高層建築など無かった時分、こんなのがそびえていたら、それはそれは威光を放っていたことでしょう。古代怪獣ゴモラに壊させるために始めた大阪城ですが、作ってみたら壊すのが惜しくなりました。

 製作はこれで終わりです。次回、野外にだして写真を撮ってみたいと思います。







テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/06(金) 10:33:09|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入院日記 4

味と温度のこと。
前回と重複する話題ですが、病院給食にはおよそ熱いものは出ません。それゆえ食べやすいのが一つと、舌が味を敏感に捉えるため調味料の過剰使用がなくて済みます。味の感じ方は口の中と食べ物の温度差に比例して鈍くなるように思います。例えばアイスクリームを室温に戻すと物凄く甘いでしょう?つまりそういうことです。口がほんのり温かく感じる温度を、お料理の着地点に設定すれば、塩分糖分が少なくて済むわけです。なるほど健康的にできてます。お味噌汁だって温(ぬる)めなのに美味しいと感じさせるのは、熱々でない分、出汁や種の味がストレートに入って来るからです。ま、どうせフウフウ冷ますんなら最初っから温度低めでいいじゃんか。ね?病院で学びました。これでメタボ、高血圧ともおさらば、ご家族健康によろしい温(ぬる)め料理をお薦めします。

あ~、グラグラに沸き立った真っ赤な激辛ラーメン食いてえ!

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/05(木) 10:16:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 241

BAVARIA Carriage clock 2

 側から取り出した、時計の中身です。

12-二重のバレル

 動力ゼンマイの入っている香箱が二重になっています。厚みの薄いほうがアラーム用、厚いほうが時計用です。

 表に向けて巻き上げ用のハンドルを取りますと…

13-二重の角孔車にコハゼ

 角孔車が二重になっていて、ハンドルには向かい合ったコハゼが組み込まれています。なるほど、一人二役の巻き上げハンドルとなっています。右にまわせば時計、左にまわせばアラームといった具合です。

14-二重の各孔

 二重の角孔車を取り除くと…

15-大小の角真

 大小の角芯が重なっています。大きいほうはアラーム香箱に直結、中心を貫通している細いほうが時計香箱につながります。

 それでは機械を台座から外しましょう。底にある二ヵ所の止めネジを外します。

16-底板止めネジ

 台座が取れました。

17-底板を取りました

 裏返して、文字板を外します。

18-文字板を開けました

 文字板下の配置です。

19-文字板下のレイアウト

 筒車(時針)とアラーム車の連動がわかります。

 次は裏返して時計側、受け板を開けました。

20-受け板を開けたら

 時針とアラームセット位置が一致すると、アラームストッパーがカクンと浮かんでハンマー軸を開放してハンマー送りが回転を開始、ハンマーヘッドが側を内側から叩くといった仕掛けです。

 テンプ下についているピンは、緩急調整レバーです。

21-緩急調整部品

 この調整レバーは十手みたいな形をしていて、かぎ型の突起が緩急針を左右に動かすレバーとなります。

 上の写真からアラーム系統の部品を取り除き、二番受けを開けます。

22-二番受けを開けました

 こちらが時計輪列です。

23-時計輪列

 脱進方式はピンレバーアンクルです。

 筒カナ以外をすべて取っぱらうと、こうです。

24-地板の様子

 では部品を洗いまして組み込みです。
 まずは時計部分から。

25-時計部分を組みました

 続いてはアラーム系統ですが、肝心かなめのアラームゼンマイが真から外れていたので、蓋を開けて巻きなおしました。

26-アラーム用ゼンマイ

 その他ハンマーなども錆びだらけだったので、錆を落として油を塗って手入れ、組み立てました。

27-アラーム部分を組みました

 すべてを受け板で押さえます。

28-受け板で押さえました

 時計、アラーム兼用巻き上げ車をセット。

29-兼用巻き上げ車

 機械の手入れと修理完了です。

30-機械組み立て終了

 次回は外装の手入れと組み込み、完成に至ります。












 










テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/04(水) 11:00:14|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (37)
料理・食 (1699)
時計 (246)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (586)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR