FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

ご報告

退院しました

 昨年10月に癌が見つかりまして、11月末より放射線化学治療を行ってまいりましたが、昨日1月14日をもちまして全工程を終了しまして、自宅に戻ってまいりました。

 そしてこれが、おみやげ。

放射線治療のマスク

 放射線治療に使った、私のデスマスク…じゃなくてライフマスクというか固定具です。これでもって頭部を固定されて、患部に放射線を照射されるのですが、赤や黒のペンで書かれた破線が見えると思います、これと同じようなのが体の上半身にも書かれていまして、おまけに癌でメタボも治ってお腹が凹んだものですから、ちょっとSFチックでカッコイイな、なんて思っちゃったりして。

 自分の番がくる。優しいスタッフの方々に導かれて入るのは、ウイ~~ンと低い機械音が絶えず流れている白い部屋。中央の固い台に仰向けになると、マスクを被され固定されるんです。パシン、パシン、とロックされるともうピクリとも動けない、目打ちをされたウナギが目に浮かぶ。マスクに覆われて目は見えないが何となく感じるのは、左右で先生方が交わす数字らしき言語、専門的だから当然わからない。宇宙人に捕まったら、きっとこんな感じかな?などと空想にふけっていますと「では、はじめます」の言葉と同時に人の気配がすっと引く。ウイーン、カタン!なんて音でSF気分を楽しんでいると、ほどなくして「はい、お疲れさまでしたー」とすべてを解放されるんです。ぜんぜん疲れてないんですけど。これで一回分おわり。すごいでしょう?指一本触れなくて、中の細胞を変異分断するんですから。SF映画で光を当てると怪我がスーッと治る場面?そんなイメージですよね。本当、いい体験でした。

 一方の化学療法、これは薬ですね、いわゆる抗がん剤です。点滴で五日かけて注入するんですが、これはあまりいいもんじゃない、繋がれっ放しですから。ま、ペットショップのオウムよりは歩けるだけ有難いですがね。五日注入して一か月休むのを二回、これが私のメニュー。いま現在、二回目の薬が入ったばかりなので、これから副作用が出てくると思います。だるいとか、毛が抜けるとかあると思いますが、五十過ぎてるんですから普通にしてたって毛は抜けますわね。

 ということで、簡単ではございますが、貴重な癌治療体験を、メモ代わりに控えてみた次第です。この後は成り行きにまかせましょう。家族をはじめ、お世話になった先生方、個性豊かな看護師さんの面々、みなさんに感謝を申し述べまして、一旦お開き。

 


スポンサーサイト



  1. 2020/01/15(水) 10:50:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またまたご挨拶

 本日1月6日、午後より再入院をして、抗がん剤を注入してまいります。
 おかげさまで、一回目は大した副作用もなく、快適に過ごせました。ま、苦痛さえ伴わなければ私の場合、趣味が室内ものなので、部屋に居ろといわれれば、それは水を得た魚であります。この一か月、時計、おもちゃをたくさんいじって遊んでおりました都合、ブログネタは溜まりに溜り、一月いっぱい分は更新予約を控えておきました。次、いつ戻ってこられるかわかりませんけれども、引き続き治療に専念したいと思います。
 抗ガン実況のほうは前回同様にツイッターで呟いていく予定です。

 それでは行ってまいります。
  1. 2020/01/06(月) 10:10:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年ごあいさつ

2020年、明けましておめでとうございます

2020日の出

 七時ごろだったでしょうか?いつものようにむくりと起きて、部屋の窓から空を見たら、ちょうど元旦の“旦”の字になってました。陰毛のような電線さえなければいいのですが、これもリアルな味としましょう。

 新年を迎え、あれこれと決意を新たにするような歳でもなく、普段と変わらず気楽に生きていられればいいなと思います。つまりは普通が一番ということですね。こう言うと「普通って何よ?」って噛みついてくる人いますが、人それぞれの異常なき状態とでも申しましょうかね。健康と少しの心配事、困らない程度のお金があればいいじゃない?嫌なことはありますよそりゃ、でも生きて乗り越えれば経験値が上がって耐性が強化されると思えば得です。

 さてとお正月、小料理つまんで酒を飲もうかと思いきや、治療中につきお酒ならぬ、お茶け。そうか、思えば酒抜きの正月は大人になって初めてですね。こいつは新しいや。だいたい例年は昼頃には、もう何が何だか分からなくなってますからね、今年は正月の時間をじっくり味わえるかもしれませぬ。

 本年もよろしくお願いします。
 


 
  1. 2020/01/01(水) 09:10:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

入院日記 4

味と温度のこと。
前回と重複する話題ですが、病院給食にはおよそ熱いものは出ません。それゆえ食べやすいのが一つと、舌が味を敏感に捉えるため調味料の過剰使用がなくて済みます。味の感じ方は口の中と食べ物の温度差に比例して鈍くなるように思います。例えばアイスクリームを室温に戻すと物凄く甘いでしょう?つまりそういうことです。口がほんのり温かく感じる温度を、お料理の着地点に設定すれば、塩分糖分が少なくて済むわけです。なるほど健康的にできてます。お味噌汁だって温(ぬる)めなのに美味しいと感じさせるのは、熱々でない分、出汁や種の味がストレートに入って来るからです。ま、どうせフウフウ冷ますんなら最初っから温度低めでいいじゃんか。ね?病院で学びました。これでメタボ、高血圧ともおさらば、ご家族健康によろしい温(ぬる)め料理をお薦めします。

あ~、グラグラに沸き立った真っ赤な激辛ラーメン食いてえ!

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/05(木) 10:16:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

入院日記 3

素晴らしき病院給食。
入院して一週間になりますが、お食事には毎回感心させられます。まず、栄養管理がなされた上で、さらに飽きさせない献立設計が見事です。それに技術というか、工夫、アレンジが素晴らしい。出るもの出るもの、ほとんどが温(ぬる)くて柔らかいのです。これがどういう事かわかります?お料理をする人ならお分かりいただけると思いますが、熱々や冷え冷えといった温度によるバリエーションや、ザクザク、カリカリといった食感によるバリエーションを封印されて作っているのです。それでいて飽きさせないのですから、これは感動ものです。煮物なども材料は細かく、煮汁にわずかにとろみをつける工夫もいいですね、喉の通りが滑らかで食べやすい。冷凍野菜の使い方も勉強になりました。冷凍野菜は細胞が壊れているので生に近づけようなどと硬めに調理するような悪足掻きはダメです。より柔らかく仕上げるべしと心得ました。お魚はすべて骨抜きの切り身、幽庵焼き、味噌焼き、ムニエル、どれも骨を気にせずぱくぱく食べられて嬉しい。そんな病院給食、多くのみなさんは普段の食事より物足りないとおっしゃるそうですが、そりゃそうでしょう、熱々や激辛、カリカリにキンキン冷え、デカ盛りといった不自然な刺激がないのですから。思えば現代の暮らしは、不自然な刺激にあふれてますね、そんな刺激的快感に溺れた末が、今の私。
病院食を通じて悟りました。温くて柔らかい物って、自然で食べやすいんだなあと。かくも素晴らしきは病院給食、退院したら私の料理作法は大きく変わっているかもしれません。

いや、喉元過ぎればなんとやらで、すぐ元に戻る気がする。
  1. 2019/12/03(火) 07:33:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (40)
料理・食 (1714)
時計 (250)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (597)
暮らし・修理 (54)
金魚・生き物 (131)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (40)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR