FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

生きてる皆さんよ

震災10年

 あの地震からもう10年です。被災して亡くなられた方々に手を合わせるよりも、私は生きている人たちを讃えたい。殊に当時子どもだった人たちにね。近ごろテレビでよく見ますが、立派になられて感動です。ま、尤もテレビは立派になった子たちを取り上げているのだとは思うけど、まあいいでしょう。心の準備なんてまったくできていない、ある日突然ですよ、親や兄弟がいなくなっちゃうんだから、寂しかったろうな、悲しかったろうな、つらかったろうなあ、そんな思いを無条件に浴びせられたって、生きているんだから生きてゆかなきゃしようがない。よく頑張ったなあ、偉かったなあって思います。如何なる経験も生きるための肥やし、幸せになってほしいものです。

 それから当時、絆という言葉が流行って、何かにつけて力を合わせる風潮でしたね。それはいいと思う。今はどうだい?新型肺炎に翻弄されておかしくなったのか?何かと足の引っ張り合いが目につく。いつからこうなったんだよ日本人。ネガティブ発想、揚げ足取り、重箱突きの追求、テレビを見ても嫌になるね。こんなことをしていると、今にもっと恐ろしい災害が降りかかって泣きっ面を見ることになるぞよ。

 …ってね、こう振り返って、たるんだ自分の姿勢を正す。巨大な自然災害の記憶、記念日というものは、苦しみに耐えた時のことを思い出せ、というメッセージなんじゃないかな。
スポンサーサイト



  1. 2021/03/11(木) 10:56:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それでも地球は回っている

2021初日の出

 天動説、天童よしみ、紅白歌合戦、大晦日ということですが、酒を飲まなくなってから夜更かしが出来なくなり、カウントダウンの盛り上がりや『ゆく年くる年』のゴーンも、すっかり味わえなくなりました。

 ということで、即ち朝は早起き。日の出前に目が覚めましたので、薄明の時を一枚。

2021-1.jpg

 寒いので外へは出ませんよ。部屋の中から撮ってます。

 テレビではNHKで深海の番組をやっていて、つい見入ってしまうけど、ここで当地の日の出時間を調べる。

 6時52分か、もう少しです。

2021-2.jpg

 あの屋根邪魔だなあ、畑の中のお化け屋敷、誰も住んでないのにずっとあるのよ。

 ほどなくご来光だ。初日の出を拝むぞ。

2021-3.jpg

 いよいよはるか東の空から光の筋が射してまいりました。

 手を合わせて拝む。

20211-4.jpg

 ご来光です。2021年の初日の出です。ここからは速いです。見る間に太陽が昇っていきます。

2021-5.jpg

 完全に姿を現しました。この景色こそ、お日様の下に地平線、元旦の“旦”の字の元となる情景と言われております。

 ここで言おう。

 新年あけまして おめでとうございます

 言ってみて思う。新年の挨拶は、真夜中に言うよりも、朝の方が何となく気持ちがいいね。

 やっぱり地球は動いている。

 



  1. 2021/01/01(金) 09:29:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

賑やかな年でした

2020年の挑戦

 といえば、特撮ファンからすると『ウルトラQ』のケムール人を思い出しますが、放送されたのが1966年ですから、当時から見れば50年後の遠い未来だったわけですけれども、なんと生きて迎えることになろうとは。1999年の世界滅亡をとうに過ぎ、2001年宇宙の旅を飛び越えて、2020年まで生きているとは、当時は思いもよりませんでしたが、生きていてみると、まあなんとも賑やかな年でした。

 昨年<2019>の暮れから癌治療を始め、正月は、放射線を当てながら、抗がん剤を打ってたでしょう?指一本触れないで治療する放射線療法は、子どもの頃描いた未来体験でした。3月いっぱい治療して、6月には社会復帰、元の体を取り戻し、すいすい夏を越しまして、10月の検査で再発が発覚、ちょっと早かったねえ、せめて一年ぐらい持たせたかったですけれども、まあしょうがない。11月には食道を全摘、これも凄かった。放射線の時は『スタートレック』を思い出しましたが、手術室は『パシフィック・リム』でしたね。サイボーグ兵士を修理するドックのようでしたよ。メタリックグリーンで統一された金属質な部屋がずらりと並び、シャッターの降りている部屋はもう始まっているんだな?とか思いつつ、入り口で私の手首のバーコードを読むと「〇番にお進みください」と促される。緊張感ピリピリで忙しなく動くスタッフの人々、指定された部屋に入り、固い台に横たわるといろんなものを繋がれて、背中から麻酔を入れられるともう意識不明、その間私は死んでいる。

 体育館の明かりが点くように、部分的な感覚が、ポツリ、ポツリと覚めていくと、たちまち全身に生気が甦る。麻酔の技術も素晴らしい、この時点では、どこにも苦痛がないのですから。手術はすべて終わっていて、あとは肺炎との戦いのみで、現在に至るわけです。2020年の挑戦は、自分からではなく、向こうからやってきました。平凡に生きてきた私の人生に、いよいよ面白みが出てきたようです。はたして来年はどうなるか?めそめそしても一日、笑っても一日、同じ一日なら面白いほうがいい。これが私のやり方です。

 それではみなさん、共に良い年を迎えましょう。
  1. 2020/12/31(木) 10:37:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご報告

帰宅しました

 先月、癌が再発しまして入院、今回は三枚おろしになりまして、はらわたを抜かれたわけですが、持ち前のしぶとさで回復、自宅に帰ってまいりました。昨年の放射線化学治療(放射線と抗がん剤の併用)の時は、たいした副作用を伴わなかったので、完全に癌をバカにしていましたが、やはり死因第一位の病は強いですね、半年で再発しまして内臓を改造するはめになりました。どう改造したかというと、食道全摘消化菅再建といいまして、胃袋を筒状にしてカットした食道につなぐというものです。先生方の高度な技術に感謝です。

 ということで、しばらくは自宅療養となりますので、工作もぼちぼちできる範囲で再開しようかなと思っています。引き続き、よろしくお願い申し上げます。
 応援をくださった皆様にお礼を申し上げ、ご報告といたします。
  1. 2020/12/03(木) 11:18:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ごあいさつ

 昨年<2019>の今頃、食道癌を患いまして、半年かけて治しまして、今年6月に社会復帰したのですが、世の中はいつの間にかコロナブームでね、飲みにも行けない変な世の中になってしまいました。友達同士を分断するとは、まったく頭にくるウイルスです。そうこうしているうちに、私の癌も再発いたしまして、明日から入院、手術することにしました。したがいましてブログのほうもしばし休止となります。記事の方は、11月25日分まで入れ込んでありますが、それ以降は未定となります。これまでご覧いただいた皆様には心より感謝を申し上げ、ひとまず休止のごあいさつとさせていただきます。
 ツイッターの方は、病院からブツブツ呟くかもしれませんので、それはそれ、無視してください。

 それでは残り記事、ミイラ自動車とだるまクロックの続きがありますので、引き続きよろしくお願いします。

 
 
  1. 2020/11/12(木) 10:42:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (49)
料理・食 (1872)
時計 (313)
家庭菜園 (356)
玩具・造型 (730)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (137)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (33)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (35)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR