FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 2055

コンビニのカニ

 カニもどきの蒲鉾だってさ、って笑って食べていたのは出始めの頃。半分赤く染まって、無表情に真っすぐに伸びた、どう見ても人工的かつ工業的な装いを纏った食品で、それはそれで重宝したものだったが、今は笑えない出来栄え。

 これよ。

コンビニのかにかま

 コンビニで買ってきましたが、見た目のリアリティがすごい。また包装形態も考えられてますよね、丸みが出ていていびつ、そこに工業的ではない、自然を感じる形状が生まれるわけです。

 食べてもっとビックリ。デフォルメというか、味が濃い目に調整されています。つまり本物のカニより、カニ性が強いわけ。そのまま食べてもよし、開封せずにお湯で温めたら、なお美味いだろうけど、今回は、むしってキャベツと春雨で和えました。

キャベツの春雨サラダ

 コンビニ的カニサラダです。カニカマに塩分が含まれていますから、味付けは薄めに。油と岩塩、お酢を少々といったところです。

 時間とともに、あらゆる分野が進歩するのは常ですが、これには驚きました。

 

スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2021/03/02(火) 10:14:02|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 2054

たんこぶめし

 玉子を一つ食べますと、たんぱく補給に良いですね。しかし、咀嚼が浅いと具合が悪くなってしまう改造人間の私は、ぬるぬるとすべる玉子かけご飯が食べられません。だから、玉子を焼きつつ、生の美味さを維持し、よく噛む必然性を与える食べ方を考案、それが“たんこぶめし”です。

 玉子を一つ、斜めにしたフライパンの角というか底に当たる油溜まりのところで、両面を焼くのです。丁度外皮が香ばしく焼けて黄身が生という塩梅で、ご飯の上に乗せ、塩昆布を一つまみ、お醤油は少なめに。

たんこぶめし

 たんこぶめしですよ。美味いですよ。
 白身が香ばしく焼けているから、よく噛まないとザラザラして飲み込めない設計になっているの。そして昆布の旨み、昆布は塩昆布でなく佃煮の方が良かったかな?まあいいでしょう。

黄身のあじ

 ところで、なぜに“たんこぶ”なの?
 こぶは昆布、たんはタンパク質の蛋、たまごという意味です。ピータン〈皮蛋〉とか有名でしょ?それ。

 あー、でもやっぱり、味の素と醤油の玉子かけご飯を丸呑みしたーい。

 



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2021/02/28(日) 09:48:37|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食味雑記 2053

貉汁〈むじなじる〉

 アナグマはお調子者で、タヌキの巣穴に居候するところから「同じ穴のむじな」なんていう喩えの元になったりしています。昔は、今ほど図鑑やら分類が普及していませんから、キツネ、タヌキ、イタチやなんかを一からげにして“ムジナ”と呼んでいたようですが、ま、本当かどうかはわかりませんけれども…

 食べ物の方では、以前にも控えました、コンニャクを胡麻油でチリチリと焼いて野菜と共に味噌汁にした狸汁がありまして、今回はここに油揚げ、キツネを足しましたから、貉汁とよびましょう。

むじな汁

 これはおかずになります。
 味噌は濃い目、野菜は土っぽいものがいいですね。今回は大根と牛蒡、葱です。

コンニャクの滋味

 こうして見ると、何だかんだの精進料理。
 体も喜んでいるようです。
 でもザバザバかっこむと具合が悪くなるので、よく噛んで、ゆっくりと。

 


テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2021/02/21(日) 10:29:30|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 2052

ごぼてんそば

 若い頃、博多の屋台でしこたま飲んで、翌朝、まだ顔がボーっと火照る中、立ち食いそば屋をみつけて、ごぼてん蕎麦を注文したの。博多なんだから、うどんにすれば良かったのに気が回らず、いつものように蕎麦を頼んでしまったわけ。でてきたのを見て驚いた。お湯?って疑うほど透明なつゆ。醤油色に慣れている関東者だから、その透明さの違和感に驚いたわけなんだが、食べてみたら美味しくてね、鰹がきつくないから二日酔いにすっと受け入れられたの。

 スーパーで牛蒡の天ぷらを見つけたので、グリルで焼き直して、茹で蕎麦を半分軟らかく煮て、ごぼてん蕎麦をこしらえました。

ごぼてんそば

 おつゆはいただきものの関西風、博多の色を真似しました。向こうは青葱だったけど、今回は白葱。

茹で蕎麦のふやけ具合

 蕎麦には醤油の勝ったおつゆが合うとは固定観念で、関西だしで食すと、蕎麦の香りが変わります。

 茹で蕎麦ごときで何を言うかって?内臓都合でよく噛まなきゃならないから、香りがよくでるのさ。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2021/02/18(木) 11:00:02|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 2051

タンサンの水割り

 あぁ、牛丼が食いてえなあって呟いたのを覚えていたのか、娘が牛丼弁当を買ってきてくれました。うれしいねえ、涙が出そうだよ。胃袋がなくなった今、並盛を二回に分けて食う。ってことは、二回楽しめるってわけだね。

 で、飲み物ですよ。ビールってわけにはいきませんが、ちょっとシュワシュワしたものが飲みたくなったので、炭酸水を水割りにしてみました。

タンサン水割り

 冷蔵してあった梅シロップで味付け、気の抜けた梅サワーだね。

 さあ、手術後はじめてのタンサンに牛丼、こんなものを食べたら、どんな反応を起こすのだろうか?

 と思ったら、意外に何も起きませんでした。ということは、ビール復活の日も近い?やばやば。


 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2021/02/16(火) 10:50:57|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (48)
料理・食 (1858)
時計 (308)
家庭菜園 (351)
玩具・造型 (717)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (136)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (32)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR