柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1509

リレー料理 ペンネカルーソー

 ハンバーグの残りを使い回してこしらえた前回のミートソース。今回はそれの残りを使い回すリレーお料理です。

 フライパンに、ソースの残りとジャワ唐辛子。

唐辛子と野菜ソース

 これらを炒めて、茹でおきのふやけたペンネを加え、スープでのばして、さっくり煮ます。

ペンネを炒める

 これをグラタン皿に盛り、チーズをかけて天火で焼きました。

チーズを振って焼きました

 ミートソースにチーズをかけて焼くのが好きだった、オペラ歌手のエンリコ・カルーソーにちなみまして、名付けたのがこれ…

ペンネカルーソー

 ペンネカルーソー でございます。
 これは、だいぶ前に控えました、スパゲティ(食味雑記422)のバリエーション展開ですが、今回のは唐辛子多めのお大辛カルーソーとなります。カラ~そ~なカルーソーであります。

 それではカルーソーさん、いただきます。

エンリコ・カルーソー


食感の強弱がおいしい

 ふやけたパスタも焼きますと、直火にさらされた部分は固く締まって歯ごたえよろしく、柔らかい部分との対比が面白いです。

 ハンバーグから始まったリレーも、これでおしまい。全部食べてしまいました。




スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/22(木) 10:49:22|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1508

リレー料理 ハンバーグでミートソース

 先日のハンバーグがひとつ余ったので、ミートソースをこしらえました。

 毎度おなじみズボラ式。

 深でのフライパンに、刻んだタマネギ、舞茸、ニンジン、そしてハンバーグ一枚。

余ったハンバーグにタマネギ

 このままぐちゃぐちゃに混ぜながら炒めて、全体がほろほろになったら、トマト缶詰とケチャップ。

炒めて混ぜてトマト缶詰

 ウスターソース、オイスターソースを少しずつ垂らし、混ぜながらクツクツ煮込んで出来上がりです。

 茹でたスパゲティにかけ、粉チーズをふりました。

粉チーズをかけて

 麺も在庫のありあわせ。向かって右の緑色はハンバーグの付け合わせにしたバジル味、左は茹でおきのバター炒め。

三色スパゲティ

 このハンバーグを潰したミートソース、ミートというには肉が少ない、どちらかと言えば肉入り野菜ソースです。油も控えめでメタボ改善に役立ちそうですが、ソースが美味いと麺がはかどる。

 つまり炭水化物の摂りすぎで、メタボ改善は、まだ先のようです。



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/20(火) 11:34:45|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1507

プチベールのペンネ

 自家製農産物のお料理でございます。

 昨日<2月17日>収穫したメキャベツと、縮れたプチベールを刻んだハムといっしょに炒めてます。

ハムとメキャベツ

 普通のキャベツも足して、少々のお水を落として蒸し煮、味付けは塩と胡椒だけです。

 ここに茹でたペンネを加えて炒め…

ペンネを炒める

 粉チーズを振って香りをつければ出来上がりです。

メキャベツ炒め

 この深い緑のプチベール。色も深けりゃ、味も濃い。ケールの子どもとあって体にも良さそうです。奥歯で摺り潰すと、甘みとともに緑深い春の香りが鼻から抜けます。
 本当の春は、まだ遠いようですが… 。

 
 


テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/18(日) 16:33:55|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

食味雑記 1506

ハンバーグ昭和風

 牛豚の合い挽き肉の特売を見つけたら、懐かしテイストのハンバーグが食べたくなりました。

 ボウルには、肉、パン粉、炒めて冷ましたタマネギ。

材料を合わせる

 ここに塩、水、ナツメグ。きわめてシンプル。玉子も牛乳も入れません。

 練って丸めて、小判型にしたら、粉をたっぷりつけまして油で焼きます。

粉をつけて焼く

 粉の壁がカチっと固まったら裏返し。

両面こんがり

 中まで焼けているかどうかは関係なく、ここにスープ、ケチャップ、中濃ソースを加えてクツクツ煮ます。

スープとソースを加えてからめる

 ここで粉の壁がとろみとなってよく絡む。水分が煮詰まって加減の良いとろみソースになったら、ウイスキーをちょいとたらして出来上がりです。

クラシックハンバーグ

 付け合わせは茹でたジャガイモ、クラシックテイストの洋食ハンバーグでございます。ジャガイモの皮もカリッと焼いて添え、なるべく使い切る精神で取り組んでおります。

やわらかソースハンバーグ

 安い肉をつないで増やし、ソースで味をごまかすも、ご馳走はご馳走。肉の力を失いつつ、ふうわりと柔らかいお年寄りにもお勧めできる一皿になりました。






 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/18(日) 10:24:59|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1505

菜飯〈ツァイファン〉

 チャーハンではありません。とちらかというと混ぜご飯。本来は、中国腸詰と漬け菜の鹹菜〈シェンツァイ〉を、炊きあがり直前のご飯に混ぜて一緒に蒸らすというご飯料理らしいのですが、今回は手近な材料で作る代用お料理でございます。

 どんぶりに冷やご飯、刻んだサラミに大根葉の古漬け。

サラミと古漬け

 フィルムをかけて電子レンジで加熱。自動のあたためモードにお任せです。

電子レンジにかけました

 アラームとともに取り出せば、サラミの脂が溶け、肉もいい感じに柔らかくなっています。

 あとはこのままよく混ぜます。

よく混ぜるだけ

 これだけでよろしいのです。味付け不要、カンタンでございます。

菜飯

 菜飯〈ツァイファン〉 冷やご飯の再生お料理ですが、電子レンジ、あるいは炒める、材料に味がついてますから調味不要、どなたでも美味しくできると思います。

おいしい混ぜご飯

 サラミの香辛料、古漬けの酸味が効いて、なかなかおいしい混ぜご飯でございます。
 古漬けが無ければ、茹でた青菜に塩を振って代用しても良さそうです。そうしますと枯れた味わいが若々しくなって違う美味しさになることでしょう。

 




テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/16(金) 10:41:23|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (30)
料理・食 (1309)
時計 (157)
家庭菜園 (260)
玩具・遊び (476)
暮らし・修理 (43)
金魚・生き物 (114)
雑貨・珍品 (17)
健康 (79)
見聞・出歩き (39)
視聴鑑賞 (23)
花・園芸 (46)
劇場シリーズ (22)
プロレス (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR