FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1879

月見ごはん

 冷やご飯がある。

 そばつゆがある。

 そして玉子がある。

 立ち食いそば屋の月見そばの、そばを飯に代えてみた。

 冷やご飯をザルにあけて湯通し。

ご飯を湯通し

 温めたどんぶりにあけて、若布、蒲鉾、玉子を一つ。

どんぶりに玉子

 熱いつゆをかける。玉子の黄身は月、白身は白雲、若布は森、蒲鉾は二羽の雁に見立てた“月に雁”。

熱いおつゆをかける

 おっと、蒲鉾が逆さまだったかな?

 箸でザバザバと行きたいけれど、そばと違って引きずれないから、どんぶりに口をつけてすする作戦。

お茶漬けみたいな感じです

 雑炊とはちがいます、お茶漬けとも違います。だけど何だか覚えのあるこの感じは?

 そうだ、ご飯に味噌汁をかけたあれ。ラーメンの残りつゆにご飯を入れた時のあれでした。

 すなわち美味しいのよ。



スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/10/19(土) 18:03:05|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1878

鍋焼き蕎麦

 体の調子がイマイチなので、鍋焼きうどんにしようかな?と思ったら、冷蔵庫に茹でおきの蕎麦があったので、鍋焼きのお蕎麦にしました。でもお蕎麦はうどんのように煮込んでしまったら、たちまちドロドロに溶けてしまいそうなので、まずはつゆを沸かして、葱と竹輪から煮てゆきます。

沸き立つ煮汁に竹輪と葱

 竹輪が煮えたら、蕎麦に天ぷら、玉子を一つ。ここは手際よく行きましょう。

そばに天ぷら玉子をひとつ

 蓋をして一呼吸、二呼吸、再沸騰を始めたら出来上がりです。

できあがりです

 黄身は生、白身は凝固が理想です。天ぷらはスーパーの総菜コーナーの売れ残りだけど、汁を吸っておいしく再生。

じか食いは熱いよ

 鍋から直食いは熱いよ、お椀にとって食べましょう。

 つゆを吸ってふやけた天ぷら衣の美味しさは、どなたも覚えがございましょう。。



 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/10/17(木) 10:38:40|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1877

日清のラーメン屋さん 札幌みそ

 即席ラーメンです。日清食品『日清のラーメン屋さん 札幌みそ』です。まず、このパッケージデザインに惹かれました。

温もりあるデザイン

 木版画のような粗削りな筆致、絞られた色使いからくる温もりに素朴なイメージが宿ります。この素朴なイメージは大事ですね、特に味噌とか醤油を表す時に有効です。中身がおいしそうに感じます。お煎餅を買ったとしよう。カラフルで近代的なデザインが施されたプラ容器で渡されるより、やはり新聞紙がいいでしょう?そういうことです。

 麺もいいですねえ、太くて黄色くて、いかにも味噌に合いそうです。

 何も足さず、プレーンで作ってみた。

プレーンに作ってみた

 本質を味わうには、これが一番よろしい。スープをひと口すする。んまいねえ、変なこだわりのない、粉末味噌スープのストレートパンチ。麺もいいね、太くて弾力があって、持ち上げると抵抗が箸を伝って指にぶるると届きます。

太めの黄色い麺

 ザバザバっと吸い上げて、ふうと息をつく。

 途中から朝鮮漬けを加えて食べました。

朝鮮漬けを入れてみた

 ニンニクとトウガラシ、これがまた味噌あじに合うのです。

 日清といえば『出前一丁』が伝統ブランドですが『日清のラーメン屋さん』もいいですね。殊に麺がいい。





テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/10/15(火) 10:54:33|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1876

アリランライス

 まことに有難いことですが、いただいたアリラン系お料理がまだあるのです。青菜のキムチ、イモツルのナムル、キュウリの煮物などなど、今回は応用の合作お料理ということで、豚肉といっしょに胡麻油で炒めてみましょう。

肉と漬物を炒める

 始めは汁気もたっぷりなのですが、やがて煮詰まってまいります。

汁気が無くなってきました

 焼肉のタレで甘みを足しまして、どんぶり飯にかけまして、せん切り大根のキムチをトッピング。

大根の漬物をトッピング

 トウガラシをたっぷりかけまして、いただきもの尽くしのどんぶりライスです。
 名付けて“アリランライス”。

うれしい赤さ

 赤い汁をまぶしながら食べるご飯の美味さ。混ざり合うおかずたちも、似通った味ではあるものの、それぞれが元々完成していたので、甘い辛い酸っぱいが複雑に絡んで、口の中は大騒ぎです。

 とても美味しくいただきましたが…、アリラン料理、まだあるのです。




テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/10/13(日) 11:30:23|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1875

朝から煮込みかい!

 お鍋にはね、おとといから煮込んでいるモツの煮込みがブクリブクリ…。

鍋の中の混沌

 モツの煮込みってのはね、僕は低級な方が美味いと思っているの。低級っていうと何やら蔑視した感じがするけど、そうじゃない。別にナメクジやら、そこらへんの雑草を食おうってんじゃないの。普通の家庭お料理では捨ててしまう様なところが組み込まれていて、煮込みというその成り立ちというか、食べ物を無駄にしない精神が輝いて見えるわけ。今回のはいいよ。大根、人参は皮ごとブツ切りにしましてね、大根の葉っぱやら、枯れ果てた葱の青みとかね、前回の残りのたれやら、やたらめったら味噌で煮込んでいます。

 思い出すなあ、昔、実家の近くに小さなラーメン屋さんがありましてね、カウンターだけの小さなお店、おやじさん一人でやっていて深夜営業してくれてるの。夜中に行けば、そりゃあラーメン屋さんというよりもホッピー飲んでるオヤジの巣。煮込みもあってね、注文すると小判型の小さなお皿にサラっと盛って、葱を取り出し、鉛筆削りのようにチャッチャと煮込みの上に刻んで落としてゆく手際のよさよ。

 そんなことを思い出しながら、自家製煮込みでビールを一杯やりました。

朝のビール

 朝の八時よ。

 静かな朝とはいいがたい、台風19号で外は大荒れだけど、女房が盲腸で入院中だから家の中は静かだね。

 一人しんみり、つまむ煮込みの美味さがしみる。

良く煮えている

 誰が言ったか知らないけれど、亭主元気で留守がいい、なんていい文句がありましたね。

 入院中のかあちゃんへ、家にいないのは嬉しいけれど、元気になっておくれよ。そうじゃねえと、おれは遊んで暮らせねえ。

 まるで厩火事だね。

 






テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/10/12(土) 13:08:45|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR