FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 291

NEWHAVEN 四つ丸だるま 3

 古い掛け時計の木枠を掃除しています。

 縁が真鍮です。スポンジヤスリに水を含ませて黒ずみを落としています。

21-真鍮枠はスポンジヤスリで

 振り子窓も時代のせいで虫食いになっています。

22-虫食いのガラス窓

 ラッカーの黒を裏打ちしましょう。

23-ラッカーで裏打ち

 少し凛々しくなりました。

24-凛々しくなりました

 木枠の中に機械を設置。

25-機械をセット

 文字板を取り付けます。

26-文字板を取り付け

 分針をつけて回し、時報が作動した瞬間をとらえまして、その時刻に針をセット。

 真鍮枠を空拭きで仕上げたら…

27-枠の仕上げ

 枠をネジ止めします。

28-枠を嵌めました

 振り子窓も元の位置に設置しまして…

29-振り子窓もつけて

 できあがりー、と思ったら、真鍮部分がきれいになったせいで、二つの飾り玉が黒ずんで目立ってしまいましたので、金粉(真鍮の粉)をワニスで練って、布でこすり、色の調子を合わせました。

30-金粉で調子を合わせる

 刷毛でベタベタ塗るのはいけないかな?と思いまして、ごく薄く、布で摺りました。

 自家製スタンドに立てまして、振り子を下げたら完成です。

31-振り子を下げて

 本日の控え ニューヘブン四つ丸本ダルマ真鍮枠 時打ち 明治中期(1890年ごろ)推定 となります。

32-ニューヘブン四つ丸だるま

 調整しながら使ってみました。おそらく7日から8日巻きのゼンマイかと思いますが、巻かれて長年固まっていた影響か?多少弱っていて、4日駆動が良いところですね。でもいいじゃありませんか、120年ぐらい昔のものですよ、真面目に時を刻み、正時のたびにホラー映画のような音をビョーンビョーンと鳴らすんですからお宝です。娘など「ディズニーの時計みたい」と喜んでました。

 さて、本ブログ、これにて一時休止となります。ここから二か月経っても更新が無かったら、死んじゃったと思ってください。私だって生き物ですからね、そりゃいつか死にますって。





 











スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/11/25(水) 10:15:10|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 290

NEWHAVEN 四つ丸だるま 2

 古い四つ丸だるま掛け時計の中身です。

11-中の機械

 上の写真は頭を左に置いた横型の写真です。

 止めネジを外して、重い機械をゆっくりと持ち上げて取り出します。

12-機械を取り出す

 木枠の穴から重い機械を持ち上げる時、決まって思い出すのが、ピーター・カッシング演じるフランケンシュタイン博士が死体から脳みそを取り出す場面。…かといって、それがやりたくて時計をバラしているわけではありませんよ。ま、近い動機ではありますが…。

 ゼンマイが巻かれたまま固まってますね。

13-巻かれたまま固まったゼンマイ

 上の写真は時計ゼンマイのほうで、カチカチですが、左の方にちょこっと写っている時報のゼンマイはいくらか緩んでいるのが判ります。

 ストッパーを外して、ゼンマイをほどいて掃除。

14-ゼンマイをほどいて掃除

 ここがおっかないのです。掛け時計のゼンマイはものすごく強力ですから、うっかりしますと大爆発を起こします。

 今回は分解はしません。ほぞ穴も伸びていないし、埃も溜まっていないので、注油と拭き掃除に留めます。

 手入れしたゼンマイです。

15-手入れしたゼンマイ

 時報のゼンマイもほどいて掃除。

16-時報の分も掃除して

 ここでゼンマイを巻きあげて、外枠の掃除にかかります。

 木枠は雑巾でひたすら汚れ取り。

17-木枠は雑巾で

 二つの飾り丸は歯ブラシでゴシゴシ。

18-汚れを落とす

 そして緩んだ木枠のネジ穴を割りばしで埋める。

19-緩んだ穴を埋める

 機械を設置して、文字板を… と、文字板の裏には達筆な修理履歴が書かれています。

20-文字板裏の記録

 うわー。読めねえー。これもタイムカプセルですね、何十年ぶりかで光に当たった昔の人の文字。察するところマジックインキも筆ペンも無かった時代の物でしょう。その代り、傍らにはいつも筆と墨があったのでしょう。時代を感じますね。ではここに私の署名を…いえ、できません、修理してませんし汚すだけですから。

 次回は組み立て完成です。











テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/11/18(水) 10:44:03|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 289

NEW HAVEN 四つ丸だるま 1

 今回は大物よ。

1-今回は大物です

 まっ黒くろすけデカまるクロックです。

 振り子式の四つ丸だるま。

2-四つ丸だるま時計

 コリンコロンと起き上がる、赤ちゃんの気味の悪いお人形に似てますよね?

 直径18センチほどの文字板には銘はありません。

3-文字板に名はありません

 振り子窓の中には、包みが突っ込まれていますが、これはおそらく振り子と巻き鍵でしょう。

4-振り子のつつみ


 包みをとってみますと、かすれたラベルが辛うじて見えます。

5-かすれたラベル

 中央囲みに“SAXON”、外周に“NEW HAVEN CLOCK CO.”と読めます。アメリカ“ニューヘブン・クロック”社の製品です。中央の“SAXON”は商品名だそうです。

 箱の中の包みを開くと振り子が出てきました。

6-振り子

針がついてまして、振り子を上下させると連動して左右に動くのかと思いきや、ピクリとも動かず、ただの目安みたいです。ですが、他のサイトを見てみると、連動するという記述もありますので、単にこの個体が壊れているのかも知れません。

 本体のガラス枠を開けましょう。

7-蓋を開けた

 見返しの真鍮もあまり傷んでおらず、時代にしては良い状態かと思います。文字板も時代なりのシミがあるだけで、極度な汚れはありません。

 こちらは巻鍵ですね。

8-巻ねじ

 こればかりは刻印でもない限り、純正かどうかわかりません。実際我が家の在庫でも、管理が悪いせいで、どれがどれのやら分からなくなっています。

 ガラス枠を外してしまいましょう。

9-扉を外す

針から外してゆきます。分針は角穴、クサビの横打ちで止まっています。

10-角穴の分針

 時針は丸座、指でつまんで引っこ抜く。

 見返しのネジを外したら、文字板が外れます。

11-中の機械

 中の機械が見えました。

 次回取り出してみましょう。












テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/11/11(水) 10:41:20|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 288

MOVADO 懐中時計 3

 切れたゼンマイを交換して、スルスルと輪列が動くようになった、モバードのキャリバー660です。

21-ザラ回し確認

 あとは脱進機を組むだけなのですが、テンプの部分、速度を加減する緩急針が凝っているんです。

22-緩急針の形

 曲線バネでデンションをかけられながら、ツルツルの輪っかの切り欠きに挟まっているのです。

 中どうなってるの?アールバネを外したら…

23-中の構造

 ツルツルのリングには外周に歯が切られていて、接する汲み上げポンプみたいなネジネジが輪っかを左右に回す仕組みです。
 なるほど、これはかなりの微調整ができます。

 アールバネを元に戻して、機械の組み立て完成です。

24-機械組み立て完成

 文字板と針をつけました。

25-針をつけました

 カテドラル針のネックの十字架が、サークルをなぞるような位置づけが素敵です。

 機械を側に組み込みまして…

26-側に組み込みました

 時計本体終了です。

27-組み立て完成

 在庫から、ちょっと古めの鎖を持ち込みましてつけてみました。

28-古い鎖をつけました

 胸ポケット用の短い鎖ですが、ちょうど良さそうです。

 本日の控え MOVADO cal.660 16.5型15石 1930年代 でした。

29-モバード懐中時計

 若者よ、ポケットからスマホもいいけれど、懐中時計を出してごらん?文化水準高いよ。得られる情報は少ないけれど…それがカッコイイんだよ。

 俺はやんないけど…

 






 




 

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/11/04(水) 10:29:57|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 287

MOVADO 懐中時計 2

 モバードの懐中時計16.5型、キャリバー660の機械です。

13-中の機械

 ストライプにうずもれて見えませんが、こちらが刻印のアップ。

14-機械の刻印

 受け板を開けまして、次の写真は時計輪列です。

15-時計輪列

 地板、テンプ下にもスピン目で埋め尽くされています。こうして見るときれいですね、スピン打ちはザラザラ面を整えるという意味もあるのでしょうが、美的にも効果があります。

 角穴ネジは外ツマミ式です。

16-角孔車のねじ

 外して角孔車をとる。コハゼの構造です。

17-コハゼの構造

 香箱受けも開けます。

18-香箱受けを開けました

 で、問題の香箱の中はどうなってんでしょ?

19-ゼンマイが切れている

 ま、こういうことですよね、ゼンマイ切れです。手持ちの在庫を漁りまして、ゼンマイを交換して巻いてみる。

20-交換ゼンマイを確かめる

 良さそうなので、車を組んで、ザラ回し確認。

21-ザラ回し確認

 いいですね、次回はテンプ周りと側付け完成です。











 


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/10/28(水) 10:53:02|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (45)
料理・食 (1832)
時計 (296)
家庭菜園 (343)
玩具・造型 (687)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (136)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (31)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR