FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 246

Timestar 2

 止まっていた時計をいじっています。

10-温まって動き出した

 中受けがスカっと横切っていて、カッコイイ機械だと思います。

 ではセオリーに従いまして、テンプを外しましょう。

11-テンプを取りました

 一本ねじにアシふたつ。アンクルも同様です。

12-アンクルをとりました

 中受けの刻印に目をやれば…

13-中受けの刻印

 “INDO-FRENCH TIME”とあります。これは、インドが完成時計の輸入を禁止している時代に、部品輸入をして作り上げた時計の印のようです。つまりはインド製、TIMESTARはインドブランドだったのです。

 続けてまいりましょう。

 中受けを開けました。

14-中受けを開けました

 香箱受けを開けます。

15-香箱受けを開けました

 中受けが二層になった、しっかりした作りです。

16-中受けが二層になっています

 ここもバラします。

17-全部開けました

 地板の刻印を見ましょう。スイス十字にP620の記号、これを手掛かりにいつものサイトを訪ねてみたら“Lorsa P62A”に当たりました。データはこちらです↓

http://www.ranfft.de/cgi-bin/bidfun-db.cgi?10&ranfft&&2uswk&Lorsa_P62A

 機械の素性が判ったところで、部品を洗って組み立てました。

18-洗って組み立てました

 文字板を組んでみると、原産国表示がここにも。

19-原産国表示

 なるほど、外装部品はインド製ということがハッキリしました。

 時計を側に収めまして…

20-側に収めました

 側付け完成です。

21-側付け終了

 バランスの整った、実にいい顔だと思います。そして2ヶ所の数字が放つ少しの色気。

 バンドは、ちょっとカジュアルに、茶色のエミュー(型押し)をあわせてみました。

22-茶色のエミューをあつらえました

 じつはこれ、同時期に買った色違いもあるんです。

23-色違いと一緒に

 アイボリー塗装の文字板、色は違えど時字の配列などはネイビーと共通です。でも針の形が違います。ネイビーのほうはダイヤ剣でドレス仕立てに、アイボリーの方は硬派な夜光入り棒剣です。ちょっとの違いですが、こういう配慮が嬉しいですね。

 本日の控え TIMESTAR Lorsa-P62A 17石 1970年代 となります。




 






 



スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/01/13(月) 13:07:46|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 245

Timestar 1

 止まっているジャンク時計です。

1-止まっている時計です

 ネイビーの文字板にホワイトケース。二か所のアラビア数字がチャーミングなベーシックウオッチです。

 裏側です。

2-裏の刻印表示

 ねじ込み式裏蓋に防水表示、ステンレスバックと耐磁表示があるので、裏蓋がステンレスで側本体が弱磁性体金属というふうに思えます。

 蓋を開けました。

3-蓋を開けました

 固まった機械が、板リング式の中枠で押さえられています。

4-二つ物構造

 二つ物側とよばれるコスト的には安いですが、実に合理的な構造です。

 側の状態はそれほどキズもなく、そのまま使えそうな状態です。

5-それほど傷んでいないケース

 材料は何でしょうね?色的には青っぽいので弱磁性金属にクロムメッキしたみたいな感じですが、裏蓋のネジも切られていますからメッキも少々疑問です。わかりません。

 取り出した中身です。

6-ネービーに金の組み合わせ

 ネイビーブルーの塗装に金色の具です。青に金は補色の効果もあって、よく使われる組み合わせです。この場合、側は金でも白でも違和感なく合います。

 文字板を外して裏返してみました。

7-大きく絞られた文字板

 小さな点々は植えもののアシです。数字、棒字、ロゴマークが別部品で出来ていることが分かります。そして全体が大きく球面に絞られています。すべてを植えこんでから、お椀のように絞る作り方です。

 文字板を外した後の機械です。

8-ムーブ文字板下

 カレンダーありませんから、実にシンプルな姿です。

 裏返して時計側です。

9-ムーブ時計側

 なんか直線的でカッコイイ機械ですね。

 なんて眺めていたら、ストーブで温まったか?自然に動き出しました。

10-温まって動き出した

 1970年代、ユリ・ゲラーにテレビから送られた念力で、止まっていたのが動いたご家庭の時計も、こういう現象だったかもしれませんね。

 では次回、分解してみましょう。










 




テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/01/08(水) 10:47:27|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 244

Chronometre Amiral 2

 直径40mmほどの懐中時計の機械です。

8-ムーブメント

 シャトン枠のついた穴石。

9-石止めのねじ

 今回はこの辺もバラしましょう。目が見えなくて小さいねじを扱うのはつらいけど、汚れが溜まっているんで掃除です。

 ではまず、セオリーに従い、テンプを外します。

10-テンプをとりました

 アンクルをつついてみると、ニュルリと動きますから、油が固まっているんでしょうかね?

 ゼンマイをほどいて、アンクルを取り出しました。

11-アンクルをとりました

 お、お、お、何か刻印がみえてきたぞ。

 輪列受けを開けます。

12-受けを開けました

 時計輪列です。四番車に秒針がつく基本形です。

 歯車を取り除いてみると…

13-輪列をとりました

 おお、刻印が出てきた。

 香箱受けも開けちゃう。

14-香箱受けを開けました

 出てきた刻印は…

15-地板の刻印

 う、う、う… 数字ばかりでわかりません。

 メーカー、原産国はわかりませんでしたので、部品を洗い、組み立てました。

16-組み立てました

 時計そのものは壊れていなかったようです。精度のほどは知れませんが、良く動いています。

 文字板と針をつけました。

17-文字板と針をつけました

 瀬戸の白と青剣はよく合いますね。

 側に収めて、側付け完成です。

18-側付け完成です

 提督の時計“Chronometre Amiral”出来上がりです。正絹の組紐、深緑をつけてみました。

19-絹の紐をつけました

 本日の控え Chronometre Amiral 7石 18型 年代不明 でした。

 これだって中野ブロードウエイで、たしか3000円くらいだったですよ。一杯飲んだつもりで、これだけ遊べるんですから、楽しいったらありません。



















テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/25(水) 11:00:33|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

時計道楽 243

Chronometre Amiral 1

 懐中時計です。

1-懐中時計

 真鍮クロムメッキ側のオープンフェイスです。

2-裏面

 装飾性なしの実用タイプです。新しいんだか古いんだかわかりません。

 蓋の中。

3-裏蓋の中

 製造連番みたいな打刻のみ。

 こちらは中身。

4-蓋を開けたところ

 一見古そうな面立ちですが、りゅうずによる針回し方式なので、それほど古くないかもしれませんが、シャトン枠つきの石止めがちょっと嬉しいね。

 香箱受けにマークっぽい刻印があります。

5-受けの刻印

 “CHRONOMETRE AMIRAL”〈クロノメトレ アミラル〉?文字板に書いてあるのと同じです。直訳すれば“提督の時計”とでもいうのでしょうか?またはブランド、もしくはメーカーとして“AMIRAL”っていうのがあるのか?ネット検索では引っかかりませんでした。

 ベゼルを開けました。

6-ベゼルを開けました

 三時巻真の小秒針、瀬戸文字板に青焼きの針。極細のローマ数字が繊細さを醸しています。

 文字板を外します。

7-文字板下

 上の写真は文字板下の情景。

 裏返して時計側を見る。

8-ムーブメント

 巻き上げ系統の二つの車にだけ、放射型の模様が彫られているのが微笑ましい。

 次回バラしてみよう。





 





テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/18(水) 10:45:43|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 242

BAVARIA Carriage clock 3

 小さなキャリッジクロックの機械部分が組み上がったところです。

30-機械組み立て終了

 文字板側を仰向けにしまして、見えているのはアラーム連動部分の構造です。

32-アラーム車の構造

 アラーム車の筒が、一か所ストンと落ちています。ここがアラームセッティングポイントとなります。アラーム車が常時押している板状ストッパーを、この一か所で段差分浮き上がらせ、ハンマーを開放する仕組みです。

 これで文字板側も組み上がりました。

33-文字板側の組み上がり

 ここに文字板を組み込みまして針をつけるのですが、分針が欠損していたので、在庫の懐中時計ジャンクから座の合うものを一本持ち出し…

34-分針がないので

 切分に合わせて切りました。

35-針をつけました

 アラーム針は、女持ちのジャンク品から取り入れましたが、こちらはあいにく白しかなかったので、そのまま行きます。

 続きましては側です。

 錆びた裏蓋も、磨けば味が出ます。

31-蓋も磨けば味が出る

 彫られた文字が浮かび上がってくるとともに、真鍮の金色が鈍く輝いて、いぶし金の味が出てきます。これは新品では得られない、時が育てる時代の美です。

 側の汚れはもっと凄い。

36-汚れた側です

 ひとまずバラバラにしまして、洗う、磨く、できるだけきれいにしました。

37-できるだけきれいにしました

 かといって、塗装の上掛けとかはいたしません。汚れていても時代の色、質感を尊重しました。

 手入れしたケースに機械を納めます。

38-ケースに収めました

 蓋を閉めて、足りない部品を補いました。

39-足りない部品を補った

 四隅の止めネジは、新品のものですが、ここは交換部品であることが分かっていいと思います。実際そうですから。ねじ回しの輪っかは、懐中時計の提げカンを変形させて繕いました。

 ちいさなキャリッジクロック、完成です。

40-組み立て完成

 手のひらサイズの小型クロック、デザインも何とも言えぬ味わいがあります。クラシックな装いにも見えますが、こうして暗転してみると、モダンなものにも見えてきます。

41-BABVARIA_Carriage_clock.jpg

 手提げの部分は色っぽいですね、すべて曲線で構成されていて、工業臭さが皆無です。そして真鍮の古びた味がたまらない。

42-味のある曲線

 文字板の数字と数字の間の金のアクセントがエレガントです。

43-金のドットがアクセント

 これはキャリッジクロックの女持ちでしょうか?金持ちのお嬢さんがピクニックにお持ちになるような光景が目に浮かびます。でもアラームの音はお世辞にもエレガントとは言い難いです。空き缶に小石を入れて振ったような音ですから。
 文字板に小さく“BAVARIA”と書かれています。なぜにここまで小さくしたか疑問に思うほど小さい表記ですが、BAVARIAというのはドイツのバイエルン地方という意味みたいので、真に受ければドイツの時計と思いたいのですが、産地表示がどこにも見つからなかったので、不明といたしましょう。

44-東洋風味に飾ってみた

 本日の控え BAVARIA Carriage clock Alarm 年代産地不明 でした。

 どこの誰だか知らないけれど、可愛いから飾っちゃう。





 










テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/11(水) 10:51:58|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (40)
料理・食 (1714)
時計 (250)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (597)
暮らし・修理 (54)
金魚・生き物 (131)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (40)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR