FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

菜園記 338

冬野菜の植え付け

 9月も四週目に入りました。湿っぽい畑です。

湿った畑

 猛暑が去って、雨がたっぷり降ったものだから、クウシンサイとエゴマが大喜びで育っています。ホント食べきれませんので、通りすがりのおっちゃんに、少し持って帰っていただきました。エゴマの葉というものは、あまり市場に出回っていないらしく、嬉しそうにもらってくれました。クウシンサイもいいですね、肥料もやらずにほったらかしで食べきれないほど育つんですから。おまけに栄養価も高くて言うことなしです。

 ニンジンも今年は順調ですね。

ニンジン

 キアゲハがいないのです。だいたいキアゲハの幼虫に喰われるものですが、今年はいません。7月はずっと雨、8月はずっと猛暑ということで、アゲハの活動期間が抑えられたのでしょうか?まあいいことです。やっぱり殺すのは気分的に嫌なものですから。

 太さはちょうど魚肉ソーセージぐらいでしょうか?

太さは魚肉ソーセージ

 あと二週間ぐらいで収穫といったところです。

 こちらは秋ナスです。

秋ナス

 皮が固そうです。失敗ですかな?

 モロヘイヤは花をつけています。

モロヘイヤの花

 花と実は毒なので食べません。今回も収穫して、葉っぱだけ食べます。

 先週まで青々としていたバジルが、一週間で病気になりました。

バジルが病気になった

 たくさんあるのですが、残念ながら全収です。あ~もったいない。

 本日のメイン作業は、冬野菜の植え付けです。

 エゴマの横は、エダマメが植えてあったところで、収穫後、雑草置き場になっていたのですが、あれから二か月過ぎました。摘み上がった雑草をどけますと…

雑草をどけたら

 ふわふわっと、腐葉土混じりの肥えた土が出来ていました。微生物がたっぷりという感じで、細菌もたっぷりなんでしょうけど、ここに鶏糞を鋤き込みまして整地。

エゴマを整理した

 ここに白菜を4株植えようと思います。ここで、買ってきた苗がうれしいんです。

白菜の苗

 ハクサイにも早生、中生といろいろありますが、ずらして収穫できる4株セットが売られていたのです。これは良い商品企画ですね、我ら素人にはピッタリです。

 別の畝には、メキャベツを二本、カリフラワーの変種であるロマネスコを一本植えまして、植えた東側に溝を作って、シュンギクとホウレンソウの種を播きました。

メキャベツと種まき

 キク科の防虫効果を期待するとともに、シュンギクを食べ終わったら、ホウレンソウが寒締めになるという、都合のよい設計なのですが、まあ、うまく行くかどうかは疑わしいものです。

 先週一回播いたダイコンが、芽を出していました。

ダイコンの発芽

 そして今週も追加で種を播きました。収穫の集中を避けるための、ずらし播きというやつです。

 家に帰ってお風呂、遅めの朝ごはんは、茹でたツルムラサキにプルコギのタレと生卵をまぶしたご飯です。

ツルムラサキの朝食

 これで今日も元気。





 

 
 







スポンサーサイト



テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/09/21(月) 12:30:35|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 337

ニンニクの植え付け2020

 先週は所用のため、二週間ぶりで繰り出しました畑は、もじゃもじゃに荒れてました。

もじゃもじゃの畑です

 この二週間で、夜中の豪雨が何日かありましたから、たっぷりと水を吸って旺盛に育っていたみたいです。緑に満たされた畑を見るのは嬉しい反面、作業を考えるとげんなりするのも正直なところです。

 ことに南方野菜のクウシンサイが海原のように伸び広がっています。

クウシンサイの海

 さすがにサツマイモの親戚だけあって、横への広がりが凄まじい。しゃがんでみると溺れて食べ放題の状況ですが、憎たらしいのがバッタ。

バッタのかじりあと

 バッタの憎たらしいところは、食い散らかすんです。アオムシはひたすら食べるだけまだ好感が持てますが、バッタはかじっては跳んでかじっては跳んで、おかわりしながら残すクソガキみたいです。もっとまじめに喰えってんだ、まったく。

 と言いつつ、食べる分を収穫したら、混み合った部分の整理です。ヨコに伸びたゴムホースのような太い茎の節に指を当て…

節に指を当てて

 手首を返せばブチっと折れるんです。勿体ないけど、雑草と一緒に積み上げて、地面の栄養へと返す。

 元気なのはクウシンサイだけではありません。モロヘイヤなどは私の背丈ほどに伸びました。

モロヘイヤの林

 こちらも食べ放題、たくさん収穫してきました。

 シシトウも数えきれないほどの実り。

シシトウの雨

 仲間の万願寺唐辛子は、実を着けながらも豪雨か強風のため、根元から倒れていましたが…

折れた万願寺

 幸い折れていなかったので、戻して支柱に括りつけてきました。

 バジルももじゃもじゃ生えています。

バジル

 なにかいい使い道はないだろうか?ペーストにしたところで、二年前のがまだ残っているし、さてどうしたものか?

 8月の頭に刈りこんだナスが、いよいよ秋茄子をぶら下げています。

秋茄子

 まだ小さいので、もう少し待ちましょう。

 そして、本日のメイン作業は、ニンニクの植え付けです。

ニンニクを植えました

 うまくできれば30玉ぐらい獲れるのですが、病気が怖いです。

 あさ6時から草刈りを始めて、なんだかんだで3時間半かかってしまいました。

遅めの朝ごはんはクウシンサイ

 10時半という遅い朝ごはんは、獲ってきたクウシンサイのナンプラー炒めです。













テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/09/13(日) 16:30:11|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 336

トマトの撤収

 セミの声が、ミンミンからツクツクボウシに代わりました。夏の終わりも近いようです。

 今週も枯れ気味の畑です。

枯れ気味の畑

 今月の初めに丸坊主に刈り込んだナスですが、思ったように新芽が育っておりません。

坊主のナス

 おまけにハダニでかさかさしている様子なので、今日は頭から水をかけて、葉っぱを洗いました。

 雨が降らなくても生存率の高いのは雑草たち。ニラの周りも草だらけで、どれがニラだかわからない。

草だらけのニラ

 余分な草を取って、土寄せをしました。

草を除いて土を寄せる

 思えばこのニラも、野菜作りを始めた二十年くらい前に、種から育てたもので、一時期は6メートル畝にズラリと生えそろうほどありましたが、工事を機会に移植をしたら、こんなに少なくなってしまいました。

 こちらはシシトウの雨。

シシトウの雨

 まだまだ食べられます。

 トマトはおしまいです。

枯れたトマト

 すっかり枯れていますので、今日は撤収作業。支柱も全部片付けまして、陽当たりがよくなりましたら、存在感をアピールするのが、いっしょに植わっていたバジルです。

トマトを抜いたあとには

 いい香りです。上の方を摘んで帰りました。

 今日も朝早くの涼しいうちに農作業。汗をたっぷりかきまして、お風呂でさっぱりしたら、遅めの朝ごはん。

朝ごはん

 夏の具だくさん味噌汁と、自宅に生えてるツルムラサキかけご飯、そして奥に見えるのは、畑に勝手に生えてきた赤ジソを獲ってきて、煮出してこしらえたシソドリンクです。(食味雑記881)若いころと違うのは、腹ペコにならないんです。ただ弱ってくるのです。困ったものです。













テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/08/29(土) 11:31:06|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 335

ワケギの植え付け

 8月も下旬にさしかかりました。7月はずーっと雨、8月は全然降らない、まったく頭にきます。

 枯れぎみの畑です。

枯れた畑

 …ですが、さすがに暑さに強い南方野菜は元気です。

 エゴマにクウシンサイ。

エゴマ

 上の写真はエゴマ、ギザギザの葉っぱをピンと張らせて、虫喰いもありませんが、クウシンサイがところどころ喰われています。

クウシンサイ

 穴を開けるのはバッタ、ほかに葉っぱを丸めて身を隠すヤツがいます。

繭を作るヤツ

 剥がしてみよう。

イモキバガの幼虫

 カッコ良くてキレイな幼虫だなあ。調べてみたらイモキバガっていうらしい。拡大して動くところを撮影してみたいけど、今回はゴメン、圧殺しました。赤キバガ青キバガ黄キバガ…二回言える?むずかしい。

 モロヘイヤも元気そのもの。私の肩のあたりまで伸びています。

モロヘイヤ

 途中でカットして収穫です。

 トマトはラストです。

トマトのラスト

 茎は枯れ、実は熟すのみとなっています。

ミニトマト

 フェンネルも終わりですね。

フェンネル終わりです

 先々週、丸刈りにしたナスの新芽にはカエルがお休み。

ナスにカエル

 生きる害虫駆除隊員です。

 本日の作業その一は、調理用トマトの撤収です。

終わった調理用トマト

 支柱や茎、雑草も全て片付けまして、粗起こしをしてきました。

粗起こしをしました

 炎天下に晒して消毒です。しばし土を寝かせて、11月にタマネギを植えようかと思っています。

 そして本日のメイン作業は、ワケギの植え付けです。五月に掘りあげて軒下に吊るしてあったワケギの球根(鱗茎)ですが、だいぶ傷んでいるので、まずは選別作業。

 こちらはツルツルの健康な球根。

プクっとつやのある球根

 プックリと固くてツヤがあります。

 一方、腐った球根は、黒ずんでペシャンコ、中身スカスカ。

腐った球根

 半分強、ダメになっていました。

選別した球根

 健康な球根を、空いているところに10センチ間隔に植えました。

 今日の収穫物です。

本日の収穫

 日の出とともに起きて、6時前の涼しいうちに作業を済ませ、たっぷりかいた汗を風呂で流してありつく朝ご飯は、獲ってきたクウシンサイのオリーブ油炒め。

朝ごはん

 酒飲んで昼まで寝ていた若い頃からは、信じられない変身ぶりです。とても充実しています。

























 

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/08/23(日) 10:56:03|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 334

オカヒジキの刈り上げ

 猛暑続きで乾いた畑です。

乾いた畑です

 梅雨時が食べごろだったオカヒジキは、すでに花芽をつけていて固くなっています。

固くなってきたオカヒジキ

 食用には適しませんけれども、とにかくモジャモジャ。バサっと叩くと粉っぽい虫が舞い上がるので、中は蒸し風呂なんでしょう、あまりよろしくないので、バッサリと刈り上げてしまいました。

オカヒジキの刈り上げ

 上の写真、手前が刈り取った分です。ああ、これが食えたらなあ。

 先週刈り込んだナスは、新芽が少し出ていました。

ナスは丸坊主

 秋ナスが実ればいいのですが、どうなることやら。

 トマトはそろそろおしまいです。

ラストトマト

 葉っぱは枯れ落ち、日照りで完熟です。

 ミニトマトも同様に完熟。

ミニトマト

 朝ごはんを食べていないので、ここで完熟をつまんで食べるんですが、9時近くにもなりますと、もう実は熱くなっていて、トマトスープがカプセルになったようです。

 トマトの葉が枯れてくると、日当たりが良くなって元気になるのが、混植したバジルです。

赤ジソとバジル

 バジルと赤ジソ、同じ仲間ですが、緑と紫で観葉植物のように目も楽しませてくれます。

 紫の葉っぱに一つ、やたら鮮やかな緑があるなと思ったら…

カエルちゃん

 アマガエルでした。虫取りガードマンです。

 自宅に帰ると、日よけのゴーヤがゴロゴロぶら下がっているので、ジュースにして飲みました。

ゴーヤジュース

 暑い朝は動くの嫌ですよ。でもね、一瞬頑張って自転車をすっとばし、土をいじって汗をかいて、風呂に入ってこういうものを飲みますとね、実に気分よく体に染みわたりまして、心も体もリフレッシュです。







 


テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/08/16(日) 11:22:49|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (44)
料理・食 (1813)
時計 (287)
家庭菜園 (336)
玩具・遊び (669)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (134)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (30)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR