FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 672

POLAR LIGHTS FRANKENSTEIN'S FLIVVER 8

 お化け自動車のフロント部分です。

フロント部品

 網みたいなモールドに詰まったバリを細いヤスリでシコシコと削り取りましたら、前回同様に金で塗って黒で汚す。

金で塗って黒汚し

 ここで自前のアクリル板を切り出しまして、風防を製作。

透明アクリルを切ってみた

 フレームの裏から貼って、風防ガラスを自作しました。

 ヘッドライトの穴には、丁度よい人工パールがあったので、はめ込み。

人工パールを埋めてみた

 ただ穴が開いているより、ゴシックなムードが醸されます。

フロント部分のできあがり

 これで金物パーツが二種類できあがりました。

金物二種類できあがり

 やはり西洋モンスターの装飾品は、こうでなくちゃ。







 

スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/09/18(金) 10:25:57|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 671

POLAR LIGHTS FRANKENSTEIN'S FLIVVER 7

 お化け自動車の車体を塗装していますが、本体の方は下地均しに時間がかかりますので、並行して行っている装飾品を控えておきましょう。

 これはトランクの蓋でしょうか?合わせのスキが見事に開いています。

甘い接合部

 ここにホワイトパテを盛りまして、二日ほど乾燥。

パテを盛って乾燥

 ヤスリで形の調子を合わせたら…

ヤスリで成形

 わー、アップで見たら粉だらけ。額に絆創膏まで貼ってあったのは肉眼では見えていませんでした。

 金で下地塗り。

金で下塗り

 谷間を黒で汚しまして出来上がりです。

黒で汚し

 次回は同じく金で塗りたい、フロント部分の塗装です。



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/09/14(月) 11:10:21|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 670

骨格プラモデルがおまけだよ

 出ました『小学8年生』2020年10・11月号。

小学8年生10月号

 今号もおもしろいです。面白くてわかりやすい。そして付録が恐竜の骨格プラモデルときましたら、これは買うしかありません。

 表紙の端っこには、興味をそそるキャッチまで…

そそるキャッチ

 骨格模型は可動式で、懐かしのポーズも再現できるというものです。

 ここで思い出しましたのがこれ…

科博の絵はがき

 上野の国立科学博物館の絵はがきです。古いものです。

懐かしい図柄

 どうです?デジタル編集のなかった時代の切り張り合成写真の数々。懐かしいですねえ。これをやりたくなりました。

 昔の話、切符を買って、博物館の入り口をくぐると、ひんやりした空気とともに目に飛び込んできたのが、大きなタルボサウルスの骨格。もう釘付け。箱の表紙になっているやつです。これが僕が初めて見た恐竜の骨格でした。もちろん復元は尻尾をたらした昔の姿です。博物館は学問をベースにしていますから、今の標本はポーズが違います。だから模型で再現したくなったのです。

 誌面も面白いです。模型製作を引き受けたBANDAIの設計から製造に至る工程レポート、金型の写真や…

金型の写真

 射出成型の仕組みまで解説されています。いい企画ですねえ。

 その他、恐竜関連記事の方では、恐竜の種類を飛躍的に増やした「コープとマーシュの化石発掘合戦」がまんがになっていたり、恐竜スイーツ、それから付録の模型に肉付けをして復元フィギュアをつくろう、なんていう楽しい記事がいっぱい。

復元をたのしむ

 さあ、付録の箱を開けてみよう!

付録の部品

 設計製造はBANDAIですから、精巧で安心の作りです。本誌の組み立て方ページを開いて、さっそくやってみよう。

作ってみよう

 まず、頭を作る、ですって。

 こう?

口を結んで

 いいねえ、動くの?

口を開く

 おぉー、開いた。さすがBANDAIの技術だ。ウルトラマンの種類をやたら増やしやがってと、嫌な風にも思ってましたが、技術はさすがです。

 こんなふうに、全身を組み立てまして、まずは現代のポーズから。

まずは普通の作り

 いいじゃない、これが雑誌の付録だなんて、今の子どもは恵まれてます。「プラモデル買ってぇ」は言いにくいけど「本が欲しい」は親もうなずきますからね。

 私の好みは懐かしい昔のポーズ。

懐かしいポーズ

 思えば化石復元って面白いですね。部品は同じ揃えなのに、組み立て方で生き物の姿が変わってくるんですから。

 口を開けたらどうだろう?

一番落ち着きます

 おおー!博物館の感動が蘇ります。動かして遊べる骨格標本模型は最高。

 さあ、50代のよい子のみんな、本屋さんに急ごうね。

 そして最後に、本誌の中からお気に入りのページをひとつ…

プラモデルのすすめ

 子供に向けて、プラモデルに親しもうというページです。これをBANDAIの宣伝ととらえてはいけません。プラモデルは造形や設計感覚を育むのにとてもいい教材だと思うのです。プラモデルを作っていた子供が立派な技術者になって、社会に役立つとしたら、それはいい未来ではありませんか。















 

 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/09/12(土) 13:52:17|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 669

POLAR LIGHTS FRANKENSTEIN'S FLIVVER 6

 素組を鑑賞しましたフランケンのお化けの自動車ですが、塗装のため、再度バラバラにしました。

またバラバラにしました

 バラバラと申しましても、完全にばらすほどバカではありません。塗装の体裁を考えたブロック単位での解体です。

 まずは車体本体から始めます。

ここからはじめます

 この時点では、単に部品を切り離して組んだだけなので、ここからはちゃんと面処理などをして進めていきたいと思います。

 ホワイトパテで、合わせの隙間を埋める。

ホワイトパテで隙間を埋める

 乾燥ののち、ヤスリをかけますが、またスキができるんですよねこれが。

またスキが出る

 さらに埋めて乾かしつつ、シャフトの穴を広げます。

穴を広げました

 やっぱり走らせたいですからね。

 だいたい形が整いましたら、スプレー式のサーフェーサーをかけまして、乾燥です。

サフがけしてかわかす

 今回はこの辺で。








テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/09/11(金) 10:35:10|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 668

ゴヂラをつくろう 20

 久方ぶりでございます。和風の怪獣を粘土で作っています。

 中央の大きな背びれを作った後に、サイド背びれ(こんな言い方ある?)のベースを作ったところが、前回までのあらすじ。

背びれの追加

 まあ、やることは中央背びれの時と同じなんですがね、今回は量が多くて位置も左右ありますから、ボキボキと一枚ずつ剥がしましたら、接着面に番号をふりました。

ひれに番号をつける

 そうしましたら、ヤスリと彫刻刀で形を整えまして、いつものようにカシューで下地塗り。

下地塗り

 乾きましたら、再度カシューを塗って貝を貼る。

貝を貼る

 冷凍おせちのアワビを砕いたものです。

 ここで二日ぐらい乾かしまして…

乾燥させる

 両面やりましたら、またまた黒で塗りつぶす。

また塗りつぶし

 そしてそして、これもまた乾燥させましたら、ヤスリで貝の頭を削って研ぎだします。

研ぎだす

 本式の螺鈿細工では、薄い貝殻で黒と面一〈つらいち〉に研ぎだして美しい面を作り出すんですが、私のは怪獣のヒレ、厚手の貝殻でゴツゴツした石垣みたいな模様をこしらえています。

 全部が乾きましたら、背中に戻してみましょう。

背中に戻す

 最後に透明層を作りますので、ひとまずここまで。

貝の背びれ

 次回は、いつになりますことやら?気長にやっております。














 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/09/07(月) 10:44:47|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (44)
料理・食 (1813)
時計 (286)
家庭菜園 (336)
玩具・遊び (668)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (134)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (30)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR