柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 461

バンダイ ゼットン 14

 まだやってます。

 木を一本作ってます。
 カシューの下地が乾いたら、つや消しのグレーで幹を塗りました。

グレーの艶消しを塗る

 ここから葉っぱをつけましょう。
 100円ショップで買ってきたモスフレーク。

モスフレーク

 こんなものまで売ってるんですね。100円ショップはありがたい。

 これをちぎって枝につけてゆきました。

ちぎって貼る

 そして展示台に挿してとめます。

台に取り付ける

 さて、ゼットンの立ち位置を決めたらアシのまわりに盛り土を試みます。

 ポリパテを盛りました。

ポリパテを盛る

 しっかり固まったら、こげ茶で塗ります。

こげ茶で塗る

 全体をこげ茶で塗ったら、次回は芝生を作ります。




 



 
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/10/20(金) 11:14:27|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 460

バンダイ ゼットン 13

 宇宙恐竜ゼットンの展示台を作っています。え?いつまでかかってんだ!って?ええ、気の向くままにやってます。

 今回はそうとうクラシックなやり方で木を一本こしらえます。

 針金です。

細い針金

 細いほうがいいですねえ。パチパチと5,6センチ長さに切ってゆきます。

たくさん切って

 何本切るか?
 切った数が枝の数、束ねる太さが幹の太さになります。
 トントンと端をそろえて…

下をそろえて

 手前から撚〈よ〉ってゆきます。

よってゆきます

 あるところで枝分かれをさせます。

枝を分けます

 枝もさらによじって成型。
 そのあとさらに小枝に分けます。

さらに小枝を分けます

 これでよろしいのです。樹形の芯の出来上がり。

樹形の芯ができました

 樹形は様々、好みで作りましょう。今回は一般的な広葉樹のイメージです。こういう時に若いころ盆栽をやってた経験が生きてきます。

 ここに樹皮を貼りましょう。
 まずは木工用接着剤を芯に塗りまして…

木工用ボンドを塗って

 指で伸ばしたら、細く裂いたティッシュペーパーを巻き付けます。

ティシュペーパーを巻きつけます

 ここでも幹の太さを調整できるので、お好みの形を求めましょう。しかし!トイレットペーパーはいけません。水性に溶けやすいため、メチャメチャのベタベタになってしまいます。

 ここで一日乾燥させましょう。

ティッシュを乾かします

 乾きましたら、生地作りです。毎度おなじみのカシュー塗り。

カシュー塗り

 今回は飴色の透〈すき〉を塗りました。

乾かしましょう

 これでしばし固めましょう。

 今回はこの辺で。













 




 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/10/14(土) 11:10:15|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 459

バンダイ ゼットン 12

 宇宙恐竜ゼットンのディスプレイモデルを作っています。

 展示台の下塗りが上がったところです。

カシュー上がり

 さてここから、塗装に入ります。
 まずはグレーでコンクリ部分を塗りました。

グレー塗り

 土の部分はこげ茶で塗りました。

こげ茶塗り

 ここで、電飾装置の変更をいたしましょう。
 ゼットンの足の裏に電極を設け、ボタン電池に接した時だけ光る計画で進めていましたが。ボタン電池の爆発事件以来、怖くなっちゃいましたので、設計の変更です。

電極変更

 ゼットンの足の裏から、電極を予定していたアルミネジを外します。

 そして中から電線を探り出し、別のコードに接続。

コードをつないで

 中で電球の位置がずれていないか?ここで通電確認。

通電確認

 大丈夫ですね。
 そうしましたら踵から伸びる電気コードを通す穴を台にあけます。

コードを通す穴を開ける

 穴を開けたら塗装を追加しまして、アクセサリーの用意。

土台の塗装

 まずは、街灯を一本作りましょう。

 持ち出しましたるは、ムギ球ひとつ。

ムギ球ひとつ

 ここに衣をつけまして、カシューで下地。

街灯の製作

 ここにメタルカラーの黒鉄を塗って、布で拭きあげ。

黒鉄色で塗装

 にぶい金属光沢が照り上がります。

 つづきはまた次回ということで。


 




 











 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/09/29(金) 11:31:39|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 458

バンダイ ゼットン 11

 リアルタイプの怪獣模型、バンダイのゼットン。展示台の製作中です。

 厚紙とウレタンボードで作った土台が前回までの姿。

前回までの状態

 ここから階段をつくります。
 角度を測ります。

角度を測る

 65度で決めましょう。65度の角度を一角持った厚紙を用意。

厚紙を切り抜く

 長さを変えて階段状に貼りました。

長さを変えて貼りました

 ここで一回サーフェーサーをかけて顔料層を作ります。

下地サーフェーサー

 続いてポリパテでコバを固めます。

パテもり

 固まったらヤスリがけ。

ヤスリがけ

 形が決まったらカシュー塗りです。

カシュー塗り

 樹脂層を作ります。

下地塗り上がり

 このあと塗装とアクセサリーを施します。

出来上がりイメージ

 完成イメージはこのようなバランスになります。

 今回はここまで。













テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/09/22(金) 11:02:10|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 457

バンダイ ゼットン 10

 だいぶ時間が経ってしまいました。

 製作中だったバンダイのリアル志向のディスプレイモデル、The特撮コレクションの中の“宇宙恐竜 ゼットン”。
 発光ギミックまでつけて、ここまで出来ましたものの…

踵をつけると光る寸法

 電池爆発事件が起きて以来、設計変更をしようと思いましたが、夏休み中にクロオオアリを仕上げたかったので、後回しにしていました。
 9月に入り、ここで再開というわけです。

 ここから展示台を作ります。

 ケント紙付きの発砲ボードを手ごろに切り出し、構想をスケッチ。

土台の構想スケッチ

 ゼットン用ということで、その創作者である成田亨先生のイメージで変五角形の台座にしました。5ミリ厚のボード二枚を貼り合わせ、約1センチの厚さとなります。

 そして電源のイメージは単三電池です。もうボタン電池はこりごり、電気系の友人に爆発の原因を解説してもらったので、正しく使えば安全だと分かってはいても、どうも恐くて手が伸びません。ゆえに、単三電池を収納しても絵になるよう設計、こんな風に設えました。

単三電池の収納計画

 写真では電池が見えるようにこちらを向いてますが、本番では裏返してこしらえます。

 あとは3ミリ系の角型プラ棒を使って部品を製作。

プラ棒を重ねたパーツ

 写真は階段の手すりです。

 あれこれを組み合わせてできたのがここまで。

パーツを組み合わせ

 さて、この後どうなるか?

 自分でも行き当たりばったりなのでわかりません。
 今回はここまで。



 


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/09/04(月) 10:53:15|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (29)
料理・食 (1222)
時計 (144)
家庭菜園 (248)
玩具・遊び (451)
暮らし・修理 (43)
金魚・生き物 (112)
雑貨・珍品 (17)
健康 (79)
見聞・出歩き (38)
視聴鑑賞 (21)
花・園芸 (43)
劇場シリーズ (22)
プロレス (23)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR