FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 693

ゴヂラを作ろう 32

 粘土で作る和風の怪獣、 金ピカ状態で乾かしました。

背えビレはそのまま

 これを磨いてピカピカに…いや、そうではありません。逆です。ぼろ布にラッカーシンナーを染み込ませまして、表面を擦るんです。

布で金を擦り落とす

 ラッカーシンナーでカシューは溶けませんから、金だけが落ちて下地が露出します。

下の色が出てきます

 溝に金を残して模様を立てる方法ですが、これが中々面倒で時間もかかります。

これは時間がかかります

 毎日少しずつ、気になったところをすりすりして、好みの味を出す。

 全体を落とすとこんな感じです。

全体を落とした

 渋い黒と金のツートンで、少し骨董品っぽい味になりましたが、後ろがこんな感じ。

後姿

 背ビレと違和感がありますねえ、次工程にまいりましょう。

 今回はここまで。





スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2021/03/01(月) 10:44:54|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 692

アリイのリモコンモンスターシリーズ④
冷凍怪獣バルゴン 1

 電動で歩くガメラができましたら、対決相手が欲しくなるのがこれ必然でありまして、今回からはこれ。

かっこいい箱

 おお!映画ポスターそのまんまの箱。合成着色が素敵です。こういうことがしたくって、動力模型を欲しがるわけなんですが,これだと二体セットと勘違いされてしまいそうですが、まあその心配はないでしょう。箱の天地が断言しています。

箱の天地

 いいですねえ、バルゴンのプラモデル間違いなしです。

 箱の横にはシリーズラインナップ。

ラインナップ

 おっと?バルゴンだけ写真ですね。イラストが間に合わなかったのかな?でも、こう言ってはメーカーに申し訳ないが、全部バルゴン調でやって欲しかったな、なんて思ったりして。血の出たイラストはあまり好きではありませんから。

 反対側はバルゴンの説明です。

バルゴンの説明

 説明を読んでみましょうか。

説明文拡大

 体長80メートル!デカイ!!体重70トン、軽い!尾の力はウェルター級チャンピオンの20万倍!なぜヘビー級で例えない!などいろいろ面白ネタ満載ですが、大映怪獣の魅力は、こういった派手さというか、強烈なギャップみたいなところなんですね。北極生まれの火炎怪獣やら、南方生まれの冷凍怪獣という正反対の組み合わせ。まあ少し動物に詳しい知人がね、暑いから周りを冷やす機能があるんだとか、いろいろ申していましたが、そんな説明は不要です。奇想天外さが持ち味なのです。手足を引っ込めて火を噴いて、グルグル回って空を飛ぶなんていう発想は凄いとしか言いようがなく、どんな生物にも当てはまらないから怪獣というのです。

 箱の中身は、どんなかな?

箱の中身

 わくわくしますね、怪獣の部品というのは、形が不揃いだから面白い。

素晴らしいパーツ

 なんとなく浮かぶ怪獣の断片から、完成を想像するのが、組立前の一つの楽しみ。

 では次回より、組み立てを始めましょう。






テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2021/02/26(金) 10:27:14|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

玩具工作控 691

ゴヂラを作ろう 31

 粘土で作る和風の怪獣も、塗り作業に入っています。

 前回まではカシューでつや消し地を固めたところです。

ゴジラっぽい色ですが

 完全に硬化しましたところで、金粉と銀粉を半々、それらをワニスで練り合わせます。

金銀粉にワニスを混ぜる

 黄金のイメージではないのです。シャンペンゴールドみたいな薄金を作ります。

 そしてこれを、せっかくいい感じに塗られている怪獣本体にべとり。

上から塗る

 黒い部分全部に塗ります。

耀く横顔

 あ~あ~!なんてことをするのだ。

きんきらボディ

 そういえば、昔、金粉ショーってのがありましたっけ。

背えビレはそのまま

 全体が金ピカになりましたが、このまま金粉ショーというわけにはいきませんので、まずは乾燥、一旦乾かしまして次工程に移ります。

 ではまた。







 


 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2021/02/22(月) 10:46:29|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

玩具工作控 690

帰ってきた死神博士

 いつもお世話になっている『ひろせ堂めいど商会』主催のhirose様から、またまた嬉しい戴きものをいたしまして、それがこちら。

いただいた食玩

 2002年製BANDAI食玩『仮面ライダーメモリアル④死神博士』です。嬉しいですね、奇しくも昨晩、東京MXで放送されていたのが、『死神博士 恐怖の正体』で、久々に見た死神博士の風格に鳥肌が立ちました。

 箱の中身はどうですか?

箱の中身

 おー!死神博士じゃ。

 組み立ててみる。

組み立ててみた

 よく似てるなあ~、天本英世さんだ。

よくできてるなあ

似てるなあ

 昔、新宿の横断歩道で、周りから頭一つ飛び出たマント姿の人がいて、外人モデルかなんかかなあ?と思ったら、天本英世さんでね、実にカッコイイ素敵な佇まいでした。このかた私服もマントなんだ、って思ったものです。本当に素敵な方でした。

 こうなると、ちょっと手を入れたくなるのが人情というもの。

 マントの赤い部分にはパールクリアーをかけまして高級感をプラス。

マントにパールをかけて

 顔に血管と陰影をつける。

顔に陰影をつける

 白いスーツは極薄墨で陰影を強調。

スーツに陰影をつけました

 髪に白髪を混ぜてつや消しをかけたら…

髪はつや消しに
 
 かなりいい感じの死神博士ができました。

死神博士だ

 おっと、仕上げは眼光。目にニスを注しました。

目のニスが効いている

 いいじゃない?日本を代表する怪奇俳優、ある時は発明おじさん、ある時は宝石ギャング、またある時はドクター・フー。そして代表作は、死神博士だ。

よくできています

 しかし、昨日放送していた仮面ライダーなんだけど、いつもはアンテナ状態が悪くて映らないから観ておらず、放送していることさえ忘れてしまっていたのだけれど、昨日に限って映った上に、ちょうど死神博士の最期の回だったとは、偶然にしても不思議。なんだか天国の天本さんに「参考になったかね?」と言われているみたいで、ちょっと泣きそうになりました。



 



 

 








テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2021/02/20(土) 13:28:55|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

玩具工作控 689

アリイのリモコンモンスター① ガメラ 7

 日東からアリイに移管されてモーターライズに設計し直されたガメラが出来上がりました。

ガメラ完成

 1/400スケールの小さいほうの商品ですが、私としてはこちらのほうが親しみ深い大きさです。ちょうど子どもの頃飼っていたクサガメと同じくらいの大きさですから。そしてガメラのデザインも、玩具にして可愛らしい、丸っこい姿をしていますから、手に取っても心地よい。

 何といってもこの甲羅。

ガメラの背中

 ウロコ模様が何とも日本的で素敵です。これぞ昭和の大怪獣。

 お腹もシンプルなブロック模様。

ガメラのお腹

 落ち着いていて安心です。これが平成版になりますとデザインに強弱がついて躍動感が出てきます。これも時代の流れと申しましょう。

 顔の彫刻も、うまい具合のリアリティ加減に彫られています。

ガメラの横顔

 そしてプチ改造として、腕の連動、そして目の発光を追加しました。

目が光ります

 “リモコンで、腕を振りながら目を光らせて、ノッシノッシと歩きます”なんてフレーズは昭和中期、子どもの頃の夢でしたね。

 できあがったモデルを歩かせて遊ぶ。大怪獣ガメラ襲来!

ガメラ襲来

 そしてこのモデル、腕を可動式にしましたら、四つん這いにして後退モードで稼働させますと、なんと四つ足で歩くのです。これは思わぬ副産物でした。

昭和のガメラと城

 大阪城に迫るガメラ!

ガメラと大阪城

 日本の城と昭和ガメラはよく合います。亀という縁起物の古典的モチーフ、日本画に描かれるような毛筆的なタッチ。同じ怪獣のデザインでも、時代背景によって違ってくるのは、設定や背景との相性があってこそかと思うのです。昭和の景色、平成の街並み、画面にピタリとはまる絵姿こそ、そこに与えられた怪獣デザインなのではないかと考えます。そこへいきますと、50年経っても輝きを失わない初代ウルトラマンのデザインなどは素晴らしき名作ですよね。

 ここで、同じシリーズのビッグスケールをならべてみましょう。

大小そろい踏み

 デカイですねえ、4倍ぐらいのボリューム感です。

 まるで親子。大小そろい踏み。

ビッグスケールのデカさ

 ビッグの方はここまで大きいと、彫りが荒っぽいですね。そして甲羅の反響空間も大きいせいか、鳴き声(モーター音)も勇ましいです。

 さて次回から、ガメラと戦わせるべく、冷凍怪獣バルゴンの製作にかかります。

 













 


 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2021/02/19(金) 10:04:41|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (48)
料理・食 (1858)
時計 (308)
家庭菜園 (351)
玩具・造型 (717)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (136)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (32)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR