FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

修理くらし控 49

メガネフレームの塗り直し

 娘が眼鏡を持ち込んできました。

1-クリアーがはげたフレーム

 写真でわかるとおり、ところどころクリアーが剥がれ落ちてつや消しになっています。お気に入りのメガネでもう少し使っていたいという。
 わかりました、カシューの透〈すき〉があるので、ちょうど飴色で合うではないか。

2-カシューを塗ります

 まずは濃い目を筆塗り。

3-カシューの厚塗り

 乾いたら、ちょっとモコモコしてしまいましたので、一旦ばらし…

4-ばらしました

 フレームだけを水磨き。極細のスポンジペーパーに水を含ませて研ぎまして…

5-水磨き

 凹凸を均しました。

6-凹凸を消した

 研ぎ粉を拭き取って、最後に艶上げの極薄クリアーを塗りました。

7-艶だし塗り

 乾燥ののち組み立て。

8-出来上がりです

 当人、喜んでおりました。

 一昔前、経済発展にのぼせて、何でも使い捨ての時代がありましたが、今思えばずいぶんとチャラい時代でした。できることなら、直して使う、使い切る、を心がけたいものです。ま、消費ありきの生産メーカーには悪いですが…。




 




テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/08/28(水) 11:37:16|
  2. 暮らし・修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

修理くらし控 48

フラワ-ベース

 これ直る?

 と、女房が差し出したのがこれ。

壊れたスタンド

 鉄かよ。これは難しいです。私に溶接技術はございません。

 とりあえず外れたところを確認。

外れたところ

 やっぱり溶接が折れたようです。

 まずは患部を磨きましょう。

磨いて地を出す

 鉄の生地を出したら、いったん瞬間接着剤で仮固定。

固定しつつ瞬間接着剤で仮固定

 接着剤が固まって、形が一時整いましたら、再び折れる前に麻ひもで縛ります。

麻ひもで括る

 麻ひもならば、ナチュラル感は損なわれないかと思います。

 そしてそこへ瞬間接着剤を染み込ませて固めます。

瞬間接着剤を染み込ます

 デザインを整えるため、破損していない他の二か所にも同じ処理を施しました。

他の二か所も同様に

 これで丈夫になったんじゃないでしょうか。

 中のカゴと違和感もなく、しっくり馴染みむと思います。

ミントを生けました

 ミントを生けました。
 季節の草花を愉しむフラワーベースの修理完了です。











テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/03(月) 11:05:16|
  2. 暮らし・修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理くらし控 47

自転車パンク修理

 僕はインドア型人間です。休みとなれば家で時計をいじったり、工作にお料理、酔っ払って一人叫び、そんなんばっかですが、そこらへんに関連する趣味である園芸、農作業が唯一の野外活動です。その活動に欠かせなのが我が愛車のババチャリ号。
 それが先日パンクしてしまったのです。自転車屋さんは遠い、かといって自転車に乗って行くわけにもゆかず、車で自転車を運ぶのも億劫です。そこで柊考えた。ダメもとで自分でやってみようと。それも失敗してもダメージが少ない、100均グッズでであります。

 これです。

1-100均のキット

 売ってるってことは、やってるって人がおられるわけで、インドア型の僕ですけれども、できるかどうか一丁チャレンジしてみました。

 パンクしたタイヤは、もうフニャフニャでございます。

2-ふにゃふにゃのタイヤ

 私のアソコと同じでございます。

 アソコってどこ?

 根性でございます。

 なら根性と言え。

 そんなことはどうでもよろしい。空気を入れるバルブのネジを外します。

3-バルブをゆるめる

 六角ナットを外しますと、バルブはチューブに向かって引っ込むようになります。

 さて、車輪からチューブを取り出すわけですが、ここでついていたヘラでタイヤを盛り上げてフックを引っかける。

4-フック金具をタイヤにひっかける

 そこから15センチくらい離れたところをもう一本で同じようにめくる。最初のフックを外してさらに15センチ進めてめくる。それを一周繰り返しますと、タイヤが外れて中のチューブがつまめます。

5-チューブを引き出す

 空気の抜けたフニャフニャ状態ですから、意外にたやすくできました。

 引き出したチューブです。

6-チューブのバルブ

 ここから軽く空気を入れてふくらまし、水の中でパンク箇所を探します。水中で、握っては引き出し、位置を変えてはまた握り、そうしてますと…ブクブクブク…

7-パンク箇所発見

 パンク箇所発見!しかし、ここ一か所とは限らないので、印をつけて作業を続け、一周確認します。
 結果、ここ一か所だったので、患部を乾かし、紙やすりで周りを荒らして接着剤を広めに塗布。

8-接着剤を塗る

 接着剤を指に着かない程度に乾かしたら、添付のゴムパッチを貼り付け。

9-ゴムパッチを貼る

 透明フィルムを手前にして、生ゴムの方を患部に密着。透明フィルムの上からゴムハンマーで叩く。

10-ゴムハンマーで叩く

 トントン、トントン叩きまして圧着。透明フィルムを剥がしましたら、なんと!

11-チューブとパッチが一体化している

 チューブとパッチが一体化しています。納得の叩き作業でした。

 タイヤにチューブを納めながら、車輪にタイヤを嵌め込みます。

12-タイヤを元に戻す

 ここがひと苦労でした。最後の方が固いのです。

 全周組み込みましたら、空気を入れてみます。

13-空気を入れる

 素人作業におっかなびっくり、空気を入れましたが、どうも漏れてないみたいです。

14-キャップをしめて

 キャップをしめて、嬉しいフィニッシュ。

 ひ弱な僕にもできました。100均グッズでパンク修理。

15-修理完了

 これでまた乗れますわ。

 この記事は、素人のチャレンジ記録であり、決して自転車屋さんの営業を妨げる目的でないことを、お断りしておきます。


















テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/05/04(土) 17:43:42|
  2. 暮らし・修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理くらし控 46

ヘアブラシ強化作戦

 壊れちゃったのよ。

 というから、一度直したヘアブラシでしたが、再び壊れました。

壊れたブラシ

 前回、どう直したかというと、外れた部分を万能接着剤で接着しただけでした。それでこの有り様、ならば強化作戦を開始しよう。

 まずはブラシ部分の掃除。隅々の汚れを落としたら、ここ…

長期の使用でついたクセ

 長年の使用によるクセ。

 ここに熱湯をかける。

熱湯をかける

 消毒を兼ね、樹脂に高温攻撃。触っちゃだめよ、ヤケドするから。そりゃそうだ熱湯だもんね。
 お湯が切れたらタオルで拭いて形を整える。完全とはまいりませんが、クセが多少元に戻ります。

 そうしたら作業部屋に場を移し、芯にブラシを噛ませます。

芯に組み込んで

 元の形に組み合わせたら…

きっちり嵌めて

 接着グルーをたっぷり塗りまして…

グルーをたっぷり含ませて

 柄の枠に嵌め込み、固まったあたりで、ドリルで穴を開ける。

穴を開ける

 開けた穴に釘を打ち込む。

釘を打ち込む

 四対〈つい〉八か所打ちました。

全八か所打ち込みました

 これでいいだろう。

 リベット打ち強化型ブラシだ。

リベット強化型再生版

 思えば、私のような髪の短い男ならまだしも、長くて量の多い女性陣がゴリゴリ鋤くんですから、横からの抵抗は大きいものです。

もう一年使えそうです

 できました。
 これでもう一年使えそうです。
















テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/08(土) 15:14:38|
  2. 暮らし・修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理くらし控 45

草刈り鎌の再生

 道具も手入れを怠ると、錆びたり傷んだり。やがて使用頻度も落ちてきて、放置するから余計に傷んでしまいます。

 うちの草刈り鎌が、こんなんなっちゃった。

壊れた鎌

 ひとつは首が曲がってしまって、角度が崩壊。

首が曲がっている

 おまけに錆でガサガサ。これじゃあ草を刈れません。しかし原型は留めているので、トンカチで叩いて角度を直せば、それでよろしい。

 ところがもうひとつが大変、首が折れてしまってます。

首が折れている

 これは凶暴性のある女房の仕業と見た。何か固いものを叩いたか、踏んだな。

 とりあえず解体です。

 ばらしました金属部品。

解体部品

 そして柄の方は、欠けた部分を切り落とす。

半端を切り落とし

 切り落としたら、短くなった分、射し溝を追加。

足りない分を切り込む

 そして先端を口金に合わせる。

口金を合わせて

 差し込み部分の錆を落として、柄に打ち込みます。

差し込みの錆を落とす

 打ち込むほどに柄の割れ目が開いて、口金に圧着します。

 あとは鉄の錆を落として、刃を研ぎます。

刃を研いでいる

 よく乾かして、錆とり油(CRC556)を摺り込んで拭きあげ。

さび落としを摺り込んで

 これで修理完了。

鎌修理完成

 一本短くなっちゃいましたけど、まあいいでしょう。もう一年くらい使えそうです。

道具の美

 道具というものは、実に形が美しいものです。長い年月をかけてその機能、用途のもと、今の形に定着したわけですから、自然に適った形をしているわけです。























 

テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/01(土) 15:12:59|
  2. 暮らし・修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
料理・食 (1798)
時計 (280)
家庭菜園 (331)
玩具・遊び (656)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (133)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (31)
花・園芸 (70)
劇場シリーズ (30)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR