FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

修理くらし控 54

霧吹きが壊れました

 長年使っておりました、室内植物用の霧吹きですが、カシュ!っという音と共にプッシャーが戻らなくなりました。

プッシュが戻らない

 直るかな?

 中はどうなってんだろう?と、バラしてみると…

バネが外れている

 なるほど、ばね掛けが割れてしまっていますね。割れてしまってはしょうがないので、ここは諦めようかとも思いましたが、待てよ?反対側があるじゃないかと、一応分解。

バネ掛けが割れている

 反対側にバネが引っかかればいいんだよね?って、バネ掛けの溝を彫りました。

ヤスリでスリットを入れた

 ここにバネをかけて組み立ててみると…

溝にバネを引っかける

 ちゃんと機能するじゃないの?

 ということで、若干押すときに抵抗がつきましたものの、再度使えるようになりました。

これでまた使えます

 私は直すことが大好きなのです。

 過ぎた人生は直せませんがね。





スポンサーサイト



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/06/02(火) 10:39:45|
  2. 暮らし・修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理くらし控 53

実体顕微鏡を買ったのに…

 模型製作にしろ時計修理にしろ、小さいものを大きく見なければならい時、目の衰えはきついです。そんな時、助っ人となってくれるのが実体顕微鏡。私の場合、それほど専門的でなくて良いので、固定倍率の安いやつを一台買ったのですが、のぞいても何も見えないの。え?え?と思いつつ、上から下から調べてみると、何やらカラカラ音がする。これはどこか壊れているな?と思うも、返品交換より中が知りたくてうずうず。自己責任において開けてみるとほうら…

屈折レンズ

 なんだかわかります?これ。氷砂糖みたいなクリアなブロック。観察対象物の像を接眼レンズに送る屈折レンズです。二個とも取れて、カラカラと遊んでました。これじゃダメじゃん、と同時に不具合原因が判明したので、自力で直しちゃう。

 どうです?これ、接着剤がベッタベタ。

接着剤でべたべた

 よほど質の悪い接着剤を使っていたんでしょうね。乾いてないのです。いや、もしかしたら製品化当初は固まっていたものの、時間の経過とともに再溶解、搬送の振動で剥がれてコロコロ、溶けた接着剤を纏ってしまったという筋書きが自然なようです。

 ということで、汚れたレンズをシンナーで洗い、グルーガンで固定しました。

グルーガンで接着

 これでよろしいんじゃないでしょうか?修理完了です。

洗ってセット

 新品を修理というのも何だか変ですが、しょうがない。安く作らせようとするとこうなるのです。でもこれで大丈夫、新品より頑丈にできたはずです。

なかなか便利な道具です

 困ったときの拡大鏡、レンズの下で作業もできて、たいへん重宝です。






テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/29(日) 14:11:33|
  2. 暮らし・修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理くらし控 52

ドアが閉まらなくなったので…

 居間と廊下を仕切るリビングドアが閉まらなくなってだいぶ経ちます。どう閉まらなくなったのかというと、ドアが枠に納まりはするのですが、カチャっと閉まらなくなったのです。つまり押されればだらしなく開いてしまうという、揺れ揺れな私の意志みたいな状態になってしまったのです。

 ドアと枠をつなぐ“ラッチ”という金具が受けと位置ずれを起こし、うまく収まらないわけです。

1-ドアが閉まらなくなりました

 離れて見ると、ドアが傾いて開閉部が下がっています。

2-ドアが傾いている

 ということは、ドアのヒンジ調整で解決か?と、思いきや…

3-ヒンジ側にスキはない

 ヒンジ側にはスキがありません。ということはドア本体が下がっているのではなく、家全体の僅かな歪みが位置ずれを起こしていたのです。…というのは女房が相談した職人さんの見立て。その方いわく、ラッチ受けを6ミリ下げれば解決するとのことですが、女房はその方に頼まなかったの?ええ、お宅の旦那ならできるでしょ?ですって。何だか評価されたんだか面倒がられたんだか、微妙な心境ですが、ま、ひとつやってみようと思いました。

 これがラッチ受け。

4-ラッチ受け座

 これを6ミリ下げるのね。わかりました。

 まず金具を外しまして、ずらし位置を決めます。

 線を引くのもなんなので、女房のマスキングテープを拝借してアタリをつけまして、彫刻刀の切り出し刀を使って切れ目を入れまして、平刀で化粧板をはがします。

5-飾り板をはがします

 はがすとこうなります。

6-化粧板を剥がしたところ
 今度は受けの穴そのものを下げます。

 テープの位置をずらしまして、今度はノミで彫り込みです。

7-ノミで穴を拡張する

 金具を嵌めながら確認。

 うまく嵌まりましたものの、ずらした分、上に隙間が空きますし、ネジ位置がずれます。

8-6ミリ下げたところ

 そんな時、さっき剥がした化粧板を持ち出して充ててみる。

9-隙間に化粧板を当てる

 いいじゃない、表面はこれで行きましょう。あとはネジ位置です。

 適当な木っ端を探してきて、金具の上部に詰め物として嵌めてみる。

10-スキに木っ端を挟む

 所定の位置に組み込んでみると…

11-まだ隙間があります

 ネジを受けるには部妙なスキが開いていますが、下のネジを締めますと中の木が膨らんで金具自体が上に押し上げられて、詰め物の木っ端が圧縮されます。さらに上のネジを締めますと、木っ端も膨らんで強固になりました。まあ、嵌めっぱなしの金具なのでこれでいいでしょう。化粧板を木工用接着剤で貼り付けまして取り付け完了。

12-化粧板を張り付けて出来上がり

 ここから仕上げです。移植した化粧板の形状は四角、金具の角は丸めてあります。したがってイチョウ型のくぼ地ができます。ここに練った木工パテを埋めまして…

14-木工パテを埋めて

 固めたあとにアクリル塗料を調色…

15-アクリルで調色

 周りに調子を合わせましてカムフラージュ。

16-目立たなくなりました

 目立たなくなりましたでしょ?

 出来上がりです。

 ドアがカチャっと閉まるようになりました。

13-カチャっと閉まりました

 職人さん有り難うございます。お金がかからず済みました。ですが、当記事は決して職人さんの営業を妨げる目的で書いているのではありません。自己責任において冒険した個人の、単なる制作日記です。

 




 



 

 






 








テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/10/07(月) 10:34:54|
  2. 暮らし・修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理くらし控 51

お皿が割れて

 もらったお皿が割れました。

割れたお皿

 女房の友だちが焼いた手作り品なので簡単には捨てられません。おまけに粉々にならず、きれいに三つに割れているので、直せるかな?と思いまして、作業部屋に持ち込んだわけです。

 かけらを合わせてみて、接着順を決めます。間違えると最後のパーツが嵌まらなくて泣きます。

仮組み

 上の写真で見ると、③の割れ角度が一番鈍角なので最後のパーツとしましょう。①と②を貼って、最後に③をくっ付けるという寸法です。

 切り口に瞬間接着剤を点打ちしまして…

瞬間接着剤の点打ち

 パーツを合わせますとパチっとくっつきます。最近の接着剤は凄いです。

 それでも釉〈うわぐすり〉は細かく欠けてしまっています。

細かな欠け

 このままですと、間に汁など有機的なものがしみ込んで、カビなどを招きますので、なんちゃって金継ぎを試みたいと思います。

 割れ目にカシューを染み込ませて樹脂成分で固める算段です。

カシューを染ませる

 溝に多めに塗りまして、余分を拭き取りますと…

余分を拭き取る

 溝だけにカシューが溜まります。

埋まった溝


 さらにここへ金粉を摺り込みます。

金粉をすり込む

 それでも大きな凹みもあるので、今度は金粉をカシューに練り込んで…

金粉をカシューで練る

 パテよろしく、継ぎ目に盛ります。

継ぎ目に塗って固めます

 ここで一昼夜、乾燥させました。

 仕上げは水洗い。

水洗い

 極細目のスポンジやすりでこすり、極端な出っ張りを均します。

 乾いた布巾で拭いたら、なにやら新しい模様みたいで味が出ました。

新しい模様として楽しめる

 割れたお皿の、なんちゃって金継ぎで修理完了です。

修理完了

 本式ですと漆にご飯などを練り合わせて接着、工芸的な味わいとなりますが、私のはアロンアルファが主役です。
 ゆえに“なんちゃって金継ぎ”それでも物は生き返り、新たな味がたのしめる。お皿に限らず直ったときの喜びは格別なものです。ぜひ多くの皆さんに感じていただきたいものです。創作の楽しさは言わずもがなですが、修理もこれまた大いに楽しい作業です。










 









テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/09/23(月) 15:11:44|
  2. 暮らし・修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理くらし控 50

ゴーヤモイダー

 二階まで元気に届いた我が家のゴーヤーですが、高いところに生りますと手が届きません。

高いところのゴーヤー

 今日もいいのがぶら下がっておりますが、手が届かなくて歯がゆい思い。棒で突けば実が傷む。

 そこで柊考えた!

 ジャーン!

アルミの板棒

 アルミの板棒です。これは以前ショッカー基地を作る際に買っておいた余りです。

 こいつの先端を二股に切りまして…

端をV字にカットする

 ヤスリでV字に研ぎます。

谷を鋭利に研ぐ

 ここに蔓を挟んで切る寸法です。

 先端を少し曲げて完成。

先端を曲げて完成

 準備よし!ゴーヤモイダー作戦開始!

反ってしまって失敗です

 ところが、ツルは意外に丈夫な上、アルミがビヨヨ~ンと反って曲がってしまって失敗。

 なので先端のカーブを変更、軸にもカーブをつけて改良版、ゴーヤモイダー2号を製作、引っ張る作戦に出ました。

モイダー2号

 今度は成功。日よけタープの上にボトリと落ちました。

成功しました

 食べごろの大きなゴーヤーが獲れました。

大きなゴーヤーです

 これが獲れないでいますと、黄色くなってすぐに破裂してしまいます。

 これで無駄なく食べられそうです。









テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/09/07(土) 13:55:39|
  2. 暮らし・修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (45)
料理・食 (1832)
時計 (296)
家庭菜園 (343)
玩具・造型 (687)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (136)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (31)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR