FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

眼病控 10

観察4月13日
4月13日
カエルの卵が細胞分裂を始めたように上下2つの瓢箪型に再びなった。
  1. 2013/04/13(土) 11:32:32|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 7

CITIZEN Homer Date 2
革バンドを付けて楽しんだ古いシチズンのホーマーデイトは、果たしていつごろの品物か?今回はそこを探ってまいります。
ベルトをつけた
 このモデル、手巻きであることと商品名「ホーマーデイト」ということから、およそ1970年くらいに当たりを付けまして調べてみましたがわかりません。で、今回はもう一本のホーマーデイトをここで登場させます。
ホーマーデイト
ホーマーデイトアップ
 これもいいデザインですねえ。文字板をワイドにとって細いガラス縁にローレットカットが効いてます。
 この2点、文字板表記のロゴ書体が同じなので、ほぼ同時期のものと推察できます。そして今回登場させたモデルについては資料がありました。
ホーマーのカタログ
1966年のシチズンカタログです。文字板の夜光部分がちょっと違いますが、型は同じと思います。当時価格5300円。このカタログがシチズン商品カタログNO.1とされていることから、それ以前の確認ができません。なのでムーブを比較して時代を探ってみましょう。
ホーマ革
こちらが前回モデルのムーブ刻印です。そして今回持ち出したほうが
ホーマメタル
こうです。刻印から「Homer」の文字が抜けて赤インクも注されていません。インクが省かれているということはその分低コストと読むことができます。そしてテンプの下にキャリバーNo.が打たれています。これは決定打です。
上のモデルには「1801」。下のモデルには「1802」とあります。ということは、前回モデルは今回モデルより古く、1965年以前の作と考えられます。ま、ここまで判れば良しとしますか。

 では2点控えておきましょう。
CITIZEN Homer Date cal.1801 1965年以前
ホーマー1801


CITIZEN Homer Date cal.1802 1966年頃
ホーマー18122

国産時計クラシックの味わい。
  1. 2013/04/11(木) 00:00:00|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 21

クラウンモデル GR2 3
 ゼンマイで動く「GR2」いよいよ組み立てと塗装です。が、工程はジャイアントロボと同じなので写真だけパッパと控えて参ります。
組み上げて生地作り
組み立てて合い面を均します。

隙間をパテで埋める
ツノを付けて、ポリパテで大きな隙間を埋めます。

研ぎ作業
固まったら適当にペーパーをかけて生地作りです。カービルダーのタカシくんは水をつけてツルツルに磨くんだそうですが、私は根気がないのでそこまでしませんでした。

黒で下地塗り
そしてGロボ同様、下塗りを黒で行い、各所彩色を施しまして完成としました。

GR2正面
GR2背面
GR2斜めから
黒鉄色と黒の同系ツートンに金のアクセントでまとめました。

これでジャイアントロボとのゼンマイバトルが楽しめます。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/04/10(水) 00:00:00|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 43

4月7日の朝ごはん
昨日<4月7日>は、地元の飲み会で酔っ払ってしまい、更新できませんでした。
一日遅れの朝ごはん控え。
畑で獲ってきたビタミン菜を塩炒めにして胡麻をかけました。柔らかくて味もしつこくないので、たっぷりバシャバシャ食べられます。
4月7日朝ごはん
前日のサンマの残りと一緒に。サンマのわた味噌は冷めたほうがおいしいような気がする。
  1. 2013/04/08(月) 22:54:16|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 10

4月7日の作業
昨日<4月7日>は前夜の嵐もおさまり晴天にて良好。朝の8時半から食事も摂らず2時間ほど草刈と掃除をしました。
4月7日処置前
紫キャベツの残り株や白菜の花、雑草に風で飛んできたゴミなどで締まりのない状態です。これらを引っこ抜きダンゴにして通路に敷き詰めて整理しました。
4月7日仕事後
現場では結構片付いたと思いましたが、写真で見るとまだ散らかってますね。来週、天気が良かったら続きをします。そして、越冬組のビタミン菜という小松菜と青梗菜の合いの子みたいな青野菜も全て抜き取りましたが食べられそうなのでお持ち帰り。
4月7日の収穫
分葱〈わけぎ〉も一握りおまけに。
そして遅めの朝ごはんに至るのであります。

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/04/08(月) 22:41:37|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 42

サンマのわた味噌
 「冷凍のサンマそろそろ使っちゃって」
女房の指令の下、自然解凍しておいたサンマ3尾。腹を開いてわたを出し、塩をしてグリルへ投入。
サンマをグリルで
一方のわたは同量程度の長ネギと味噌少量を合わせて油を引いたフライパンに。
はらわたをネギと味噌で
混ぜながらフツフツと炒め合せ、甘みとして日本酒を少々。
味噌を炒める
これをポッタリするまで煮詰めて焼き魚に添える。
サンマの腸味噌
このわた味噌は、ほろ苦い味付け味噌という感じで魚の身にちょいと乗せて一緒に食べてよし、そのままちびちびなめるも良し。そして魚の方も腹骨に直接熱風が当たるので、腹の内側もパリっと骨ごと食べられて、食後のお皿がきれいに片付く。こいつを1匹半分食べて、4月6日の夕飯とした。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/04/07(日) 16:31:48|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 41

4月6日の小料理
 「砂肝使っちゃってよ」
 女房の指令のもと、冷凍の砂肝スライスを取り出した。近所の農家さんからいただいた長葱がまだ沢山あるのでこれらを炒め合わせることにした。斜め切りの葱と薄切りの生姜をフライパンで油焼き、そこへ冷凍砂肝をバラバラと振り入れ塩と酒で味付け。
4月6日小料理
葱と鶏砂肝の塩炒め。先日仕込んだ紫キャベツの酢漬けを添えて、小江戸ビール「伽羅〈きゃら〉」をいただきました。砂肝炒めは思いのほかさっぱり味でコリッとした食感、とろけた葱がソースになって甘さを添えます。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/04/06(土) 16:09:37|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 9

4月6日の様子
 今日<4月6日>は午後から天気が荒れるというので、30分ほどの軽い草むしりのみで引き上げました。
 
4月6日じゃがいも
ジャガイモが芽を出しています。

4月6日ニンニク
ニンニクは大きいもので軸径1.5cmほどに育っています。

4月6日わけぎ
ワキゲ…じゃなかったワケギは、雑草との共存でまっすぐ長く育っています。雑草のお蔭で強風から守られなおかつ日当たりを求めあって上に伸びたと推察できます。去年は風当りをモロに受けて短く固い出来でしたから。

そこに小さなお客様
4月6日かえる
冬眠から覚めたケロがこっちを見ています。

そして玉葱は
4月6日玉葱
まだ20cmくらいでしょうか、去年の植え付けが遅かったのと寒くなるのが早かったので育ちが悪いです。あと2か月で小さくともそれなりの玉葱になって欲しいものです。

 一方、家の前の箱組の方はというと
4月6日箱玉葱
40cmほどに育っています。しかし密植のためか倒れ掛かっているのもあります。箱育成の現界でしょうか?本日4月の追肥を行いました。化成肥料ひとにぎりほど。

 もう一つの箱をちらりと覘いてみましたら
4月6日アスパラ
アスパラがニョキニョキ出ているではありませんか。すっかり油断してました。放っておくとすぐ伸びて固くなっちゃうのでポキポキ折って
初アスパラ
固茹でにしまして薄塩でいただきました。この一番芽が甘くて濃くておいしいのです。

そして60cm水槽の温室では
4月6日トマト
トマトが芽を出し始めています。
このおチビちゃんたちは夏にでっかい赤い実をぶら下げてくれるのでしょうか?成長の記録を随時控えて行くことにします。


テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/04/06(土) 16:08:57|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眼病控 9

観察4月6日
4月6日
またしても瓢箪のように。この黒ずみは上に移動して広がって消えるようだ。
  1. 2013/04/06(土) 11:10:58|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 40

4月6日の朝ごはん
 暑くなったり寒くなったり、季節の移ろいがわからなくなったこの頃。気が付けばもう四月。第一週目の朝ごはん。
4月6日朝ごはん
 卵一個を味付けせずにオリーブ油で半生焼き、サンマ蒲焼の缶詰とともに一膳ご飯に乗せた「さんたまライス」と、女房が作った昨日の残り物2品を小鉢で。小鉢その①は人参葉の胡麻和え。人参葉の強い香りを胡麻醤油がうまく和らげています。小鉢その②は千切り野菜とひじきのマヨネーズ和え。時々チーズが出てきて面白い。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/04/06(土) 11:00:35|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 20

クラウンモデル GR2 2
 ゼンマイのジャイアントロボと戦わせるべく作り始めた同社製「GR2」。今回は顔のちょい足しを控えてまいります。
まずはオリジナルのお顔を拝見
オリジナルの顔
いいんですけどチョットのっぺり顔ですか、オリジナルを尊重しつつ少しだけパテをもらせていただきます。
パテを盛ったところ
お、ハイジのおじいさんみたい。♪おしえてぇ~♪

硬化したら彫刻刀で削ってまいります。
ザックリ彫刻
全体の感じをみたいのでサーフェーサーをひと吹きしてトーンを揃えます。
サフで様子を見る
かなり粗削りですが、だいぶ彫が深い顔立ちになりました。

こうなるとオリジナルのツノが少し貧弱に見えてきましたので、角の自作です。もうこの時点で欲がでている。自作したからって良くなるわけじゃないんですけどね。

まずメモ用紙に顔半身を置いて輪郭を当たります。
ツノの形をスケッチ
形が決まったらマスキングシートにトレスして、厚紙に貼ります。私のこれは焼酎の紙パックで、内面に防水剤が塗ってあるので水性塗料のパレットにしたり何かと重宝です。
ツノの型紙をつくる
そしてガイドに沿って切り抜いて型紙にします。
抜いたほうの銀色の面(防水のほう)にエポキシパテを盛ります。
型紙にパテを盛る
ちょっと多めですね。このまま硬化させまして、紙ヤスリで形を整えます。この時、型紙を外しますので、防水側にパテを盛ったわけです。
ツノの形を整えた
こんなもんでしょうかね。
次回は組み立てと塗装を控えてまいりましょう。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/04/06(土) 00:00:00|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 19

ジャイアントロボを格納する
 昨年<2012年>の今頃<3月末>、埼玉県川越市の資源化センターを見学に行きました。
資源化センター
ここは有用廃棄物の再生や再資源化、ゴミ焼却など総合的な廃棄物処理施設です。そこの見学コースで撮った写真に、この前作ったジャイアントロボをお遊びではめ込んでみました。
Gロボ格納図
実景とおもちゃの合体ロボ…じゃなかった合体フォト。
  1. 2013/04/05(金) 00:00:00|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 39

紫キャベツの酢漬け
 3月20日に収穫した、ゲンコツほどの小さい紫キャベツ。自家製野菜の保存食を仕込みます。
まず材料をカット
紫キャベツの断面
やっぱり塔が育ってますわ。収穫してよかったです。
これを粗めの千切りにします。
太目の千切り
ここに塩を一振りしてサックリ混ぜます。あとで塩抜きしませんのでしょっぱすぎないように。
重石をして漬け込みます。
塩で浅漬け
今回は5時間ほど放置しました。

重石を外して試食。しっとり感と塩加減を確認します。
丁度良いと判断。
ピクルスの空き瓶があったのでそこへ詰め、クミンと黒胡椒投入。
クミンと黒胡椒

漬け汁はお酢と水を同量を混ぜて一度沸かします。そこへ寿司酢を少し加えてわずかに甘みをつけました。
そして粗熱が取れましたら
漬け汁を注いで
容器に注ぎます。
完全に冷めたら冷蔵庫に収めて保存します。
空き瓶に収める
えー、知ったように手順を述べてまいりましたが、実は紫キャベツの扱いは初めてです。
さてこのあとどうなるか?

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/04/04(木) 00:00:00|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紀行控 2

鴨田八幡春の例祭
 去る3月28日、埼玉県川越市、鴨田八幡神社の例大祭に行ってまいりました。地元の新入園入学児童を集めて安全と健やかなる成長を祈願するお祭りです。
 朝から地元青年部と神社関係の皆さんが仕度に勤しんでおられました。

 のぼりが上がってます。
例大祭当日
このあと親に連れられた子供たちが集まってきて、宮司さんからお祓いを受けます。そこには私も立ち会わせていただきましたが、殿内の撮影は慎みました。なので、この奥におられます歴史あるの本殿の美術的部分を少し撮らせていただきました。
本殿正面
本殿の正面です。複雑に組み込まれた設計といろいろな彫刻が見られます。
龍
正面の龍。やっぱり神と龍はセットなんでしょうかね。

正面の彫刻
その龍の周りの彫刻も見事です。手先っていうのでしょうか?梁みたいなのが外に突き出ている部分が雲みたいな造型になっていて「天」のイメージになっています。そしてその上には鳳凰みたいな鶏が優雅にターンしています。人の目からすると見上げる高さになっているので「天上の世界」を感じるのにふさわしい演出になっています。かつて西洋の教会の薔薇窓を見上げた時も同じように感じました。

四方を守る獅子
こちらは角々に設えられた獅子の像。人間は古来より犬と一緒に暮らしていた経験から「番犬」という概念があったのでしょうか。お守りする動物として分かりやすいですね。もっとも神様だったらその存在自体に悪鬼は近寄らないでしょうけど。

波頭と鳥
そして建物下のほうには海と鳥たちが彫られています。なるほどこちらは現実の自然を表しているのですね。そのほかにも花や動物たちが描かれていましたが写真はこれだけです。

川越鴨田八幡神社、春の例大祭の巻でした。
  1. 2013/04/03(水) 00:00:00|
  2. 見聞・出歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 18

クラウンモデル GR2 1
 先だって組み終えたゼンマイで動く「ジャイアントロボ」が戦う相手として、今回からこの「GR2」を組み立ててまいります。
GR2の箱
メーカーはクラウンで、先のジャイアントロボと同じシリーズなので、こりらもゼンマイで動かせます。ではパーツを見てみましょう。
GR2パーツ
プラ部分はいいんですが、ゼンマイギアはだいぶ傷んでますねえ。
くたびれたゼンマイ
鉄部分は錆びつき、輪ゴムが溶けてベッタリくっ付いています。それらを錆取り潤滑剤CRC556〈呉工業〉でお掃除。
掃除したゼンマイ
ゼンマイを巻いてシャーシャー回るのでこれでよし。
プラパーツの鑑賞。一見黒かと思いきやディープな青紫でとてもいい成型色ですね。
成型色がいいんです
そして今回のお顔は
顔のアップ
前回のジャイアントロボに比べるとだいぶ良くってこのまま作っちゃおうかと思いましたが、ちょっとペチャ顔なんで次回から少し肉を盛らせていただきましょう。
今回はこのへんで。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/04/02(火) 00:00:00|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
料理・食 (1800)
時計 (281)
家庭菜園 (331)
玩具・遊び (658)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (133)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (31)
花・園芸 (70)
劇場シリーズ (30)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR