FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 69

POLAR LIGHTS THE BRIDE OF FRANKENSTEIN 5

 なかなか捗らない作り始めた「フランケンシュタインの奥さん」…じゃなかった「花嫁」。本日は実験器具のうちの電圧調整機の塗装です。

 まず始めに銀で下塗り。
銀で下塗り
 金属質が多いと思いましたから。

 そしてこのモコモコした蓄電部?の材質はなんだろう?真鍮か?銅か?どうかな?銅かな?
(ダジャレ言ってる場合か!)
 うーん、どうしよう。銅にしよう。
(またダジャレかよ!)

 というわけでMr.メタルのカッパー(銅)をかぶせました。
銅色を重ねます
 軽くこすると金属光沢が得られます。

 それからコントローラー本体(下の四角ボックス)は鉄にペンキ塗りと思いますんで、Mr.メタルのアイアン(黒鉄色)で下塗り。
本体を鉄色で
 上の四角はギロチンの首置きみたいな(嫌な例えだな)木の枠だと思うので、木目見立てのキズをつけてこげ茶で下塗りしました。

 ここらで一回薄墨で谷汚しをしてみました。
黒でウオッシング
 ま、こんな感じかしらね。

 そして細かいところ、レバー(焼き鳥じゃないよ)ツマミ(酒のつまみじゃないよ)に手を入れて、上がりとしましょうかね。
細かい部分を塗って
 上のほうにホゾ穴が左右に一個ずつ開いてます。ここには本来イナズマパーツを貼るところなんですが、なんかマンガっぽくなるので、オリジナルは尊重したいものの、ここは雰囲気出しに電線に見立てたバネを一本ピンで止めました。

 そして出来たとこまで組んでみたら
できた分だけ置いてみた
 こんな感じですね。

 色がわかんないから中々進みませんやこりゃ。



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/09(水) 22:30:34|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 160

肝臓の香草風味

 要するに豚レバーですけどね、おもしろいから肝臓って言いたかったんです。肝臓バジル焼き
 小江戸黒豚の肝臓をバターで焼きまして…ってこの焼き加減、中心がうっすらピンクが残るくらいが美味しいですね。今回は丁度よくできました。そして焼き油にロゼのワインとこの前作ったバジルペーストを溶かし込みまして焼いた肝臓にかけます。オクラのバター焼きを添えて木の実が入ったフランスパンを食べました。バジルの香りと木の実のパン、そしてレバーの甘みがよく合いましてビールも進みますな。
 臭いレバーってのが時々ありますけど、この小江戸黒豚のは臭くなくておいしいんですよ。今回も小洒落たひと品ができました。

 でもアタシゃぁやっぱしニラレバがいいかな。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/08(火) 21:30:00|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 68

POLAR LIGHTS THE BRIDE OF FRANKENSTEIN 4

 えー、作り始めた「フランケンシュタインのカカァ」…じゃなかった「花嫁」。今回は実験器具の製作とまいります。

 フラスコや薬瓶など5~6種類ありますんで、工程記録は代表で蒸留ポットだけとさせていただきます。
 まず、蒸留すべく液体の分量ラインをマスキングテープで当りをつけます。
液体の位置にあたりをつける

 で、内側から当りをたよりに溶液部分を塗ります。
内側から塗り足す
 どんな溶液だったんだろう?恐らく博士は、人間の体液の精製品を抽出しようとしたと思うので、血をイメージした赤にしました。

 続いて蒸留、つまり沸かしているわけなので、湯気を内側からエアーブラシで描き込んでみました。
湯気を描いた

 さらに立体感を催すため綿を丸めて封入することにしました。
綿を入れて
 あとは接着して外側からクリアーブラックやグリーンで古さを描きました。


 そしてこちらは同じような解釈で作った、煙の出る薬瓶です。
煙が出る薬瓶
 どういう仕組みで瓶から煙が出てるんだか?わからないまま雰囲気だけで塗りました。

 心臓の入ったトレイは、ホーロー引きと推察しました。
心臓トレイ
 博士も手袋はしていたと思うのですが、鮮度を保つため作業を急ぐあまりトレイも液体で汚れていたと思うので、血の色ですこし汚しを入れました。
 それと分からなかったのが付属の医療器具です。説明書には「プレッシャー〈表記は英語よ〉」とあったのでゴムの空洞握りのついたガラス管、つまりスポイトのでっかいヤツと解釈してこのような色で塗りました。心臓が弱るとこれでスポ、スポっと鼓動を助けていたのでしょうね。

 お次は蒸留ポットを設置する実験スタンドです。
実験スタンド上半分
 これはまあ、鉄製だったと思われますので、こんな色でしょうね。

 そして出来たとこまで組んでみました。
出来てる分を置いてみた
 これいちいち器具の使い道を推察しながらやらなきゃいけないから楽しいけど時間もかかりますねえ。

 今回はここまでにして、次回は一番右に乗っかっている「電圧調整機」にかかるとしましょう。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/07(月) 21:39:52|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 159

青物尽くし

 本日<10月6日>の収穫物を食べましょう。

 まずは大根のベビーたち。
若大根干し海老炒め
 干し海老と油で炒めました。この寸法の葉っぱは炒めると柔らかく、ベビー大根もホッコリと甘いです。

 白菜ベビーは茹でまして黒胡麻和えにしました。
若白菜胡麻和え
 白菜ベビーは茹でて搾るとパサパサするので、胡麻油で潤いを与えました。

 ツルムラサキもまだ獲れます。
つる菜芥子醤油
 今日は芥子醤油に粉節をかけて。

 空芯菜は定番の中国風で
空芯菜とビール

 ならべた青物尽くしでビールを一杯。クーっ!うまい!これで野菜不足とは言わせないぞー。

 …と言いつつ、さすがに飽きますわこれ。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/06(日) 20:48:29|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花ごよみ 3

野原のコスメティック

 秋の野原を彩るコスモス。

コスモス

 緑の野原をピンクでお化粧。
 空に向かって手を伸ばしてるみたい。
 宇宙の秩序、それもコスモス。
 野原のコスメも語源は同じかな?
  1. 2013/10/06(日) 20:32:12|
  2. 花・園芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 41

10月6日の畑

 本日は地域の運動会だったので畑に出たのは午後4時過ぎ。もうこの季節、西日になってきて写真も陰りがちです。
白菜植え付け3週目
 白菜植え付け3週目です。適度なお湿りとお日様で一週間で随分大きくなってます。これそれぞれ二株植わっているので、今日一株に絞りました。もちろん抜いた若葉は持ち帰って食べます。

 レタス種播きに2週目
レタス2週目
 本葉が二枚ってところですか。

 ニンニクも出そろってます。
ニンニクも出揃いました
 一週間で随分伸びてますねえ。

 三週間前にやった肥料が効いてきたのかニンジンが元気いっぱいです。
元気な人参
 どうやらアゲハ蝶にもやられていません。

 真夏野菜の空芯菜も
まだいける空芯菜
 まだまだいけますね。摘んで帰りましょう。

 そして大根の間引きをしまして持ち帰り
10月6日の収穫
 本日の収穫としました。
 元気なうちに調理していただくことにいたしましょう。

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/06(日) 20:02:36|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 158

洋食二品

 「開けちゃったトマトの缶詰があるんだけど」 というので洋風料理にアレンジしました。甘口ロゼワインの飲みかけがあるので、こんな二品をこしらえました。
洋食二品

 にわとりのモモ肉を皮目からカリカリっと焼きまして、トマト缶を混ぜ入れたホワイトソースをたっぷりとかけた
 にわとりのトマトミルク と
 ショートパスタ〈ペンネリガーテ〉をバジルオイルで和えた グリンパスタ です。

 これ、めいめい取り皿に取り分けまして少しずついただきますのね。
取り皿に寄せて
 トマトミルクソースがたっぷりあるのでプレーンのパスタも添えました。肉よしパスタよし、そして時どきワインで甘みを味わう。ほほ、なかなか小洒落たお食事ですな。

 でもアタシゃぁやっぱし、鶏肉だったら塩焼きで焼酎ですかねぇ。
 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/06(日) 19:15:43|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 157

ハラミ丼

 二日酔いの影響で胃がだるいので辛いスープが飲みたくなりました。朝の残りの味噌汁にキムチや唐辛子、生姜、胡麻油などで加工して辛いキムチ汁に仕立て直しました。
ハラミ丼とキムチ汁
 主食のほうは、コリアン風味付けハラミを胡麻油で焼いてご飯に乗せました。アクセントに紫蘇の実醤油漬けを少々。甘辛い焼肉と紫蘇の香りはよく合いますね。
 さて…ビールを…。

 イヤ、まだ飲みたくないね。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/05(土) 15:35:31|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 156

にがのり

 本日も二日酔いでございます。
 賞味期限の切れた焼き海苔があったので、ゴーヤとともに佃煮にしました。
 
 またゴーヤかよ!

 そうです、在庫がたくさんあるので、小振りのやつをスライスしまして鰹節、焼き海苔とともに砂糖醤油で煮込みました。
にがのり
 ちょいと苦味のある海苔佃煮って感じで、ご飯のおかずにもなりますしお酒のお供にも良さそうです。

 そしてもうひと品 
ゴーヤのよろこぶ和え
よろこぶ和え でございます。

 またまたゴーヤかよ!

 そうです。スライスゴーヤの塩もみを洗って絞って塩昆布で和えました。さっぱりサラダ感覚で時どき広がる昆布の甘みと旨みで箸が進みます。

 そして茹でオクラのたたきポンズを加えまして、朝ごはんとしました。
10月5日の朝ごはん
 あんまり食欲がないから軽ーく一膳のご飯をいただきました。

 そして今イチ胃がスッキリしないので、上がりにこんなドリンクを一杯。
 
ゴーヤサイダー
ゴーヤサイダー です。

 またしてもゴーヤかい!

 そう、ゴーヤのすりおろしにサイダーを注いだだけですが、弱った胃に何かいい感じです。
 
 外は雨、プラモデルを進めるとしましょうかね。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/05(土) 12:30:40|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眼病控 36

観察 10月5日

10月5日
 またちっちゃいのが育ってきやがった。
  1. 2013/10/05(土) 11:56:35|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理くらし控 13

わんこ修理

 リスの焼き物を直したら「これも直せる?」と女房が差し出したのがこのわんこ。
くたびれたわんこ
 色は剥げちゃって、鼻は割れて穴が開いております。

 いただきましょう!

 ははぁ、これは材質が焼き物じゃなくて樹脂石膏ですね。ならばエポキシパテで穴を塞ぎましょう。
鼻の補修
 タミヤのエポキシパテを練って鼻を作って、ヘラで回りに馴染ませます。形が整ったら歯ブラシで表面をトントンやってザラザラ質感を表現しました。

 あとはエアーブラシで基礎色の彩色。
下塗りしたところ
 色は昔飼っていて事故で死んだジュンペイくんを思い出して塗りました。

 アクリル塗料で毛並みや目鼻を書き込みまして修理完了です。
わんこ完成

 カワイイでちゅかぁ?
 なんてね、きれいな若奥さんのブログだったら良かったんですがね、何度も言うようにウチは酔っ払いブログなの。出来上がった犬もかわいそうだよ。

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/05(土) 00:44:28|
  2. 暮らし・修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 155

コーヤチャンプルー

 またゴーヤかよ!
 
 そうですよ。しかしタイトルをよく読んでください。ゴーヤじゃなくてコーヤチャンプルーです。高野豆腐の炒め物です。ゴーヤチャンプルーって硬い豆腐で作りますよね?今回はお湯で戻した高野豆腐と炒め合わせました。

コーヤチャンプルー
 
 ハムと鰹節、ゴーヤーを麺つゆで炒めて、高野スライスに汁を吸わせました。卵も加えません。なのでとてもサッパリしたお味です。

 そこで一句
 
 ゴーヤから 濁り〈゛〉を取って コーヤかな   …風情ないねえ。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/04(金) 00:26:14|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理くらし控 12

リスちゃん復活

 落っことして割っちゃったものの、何とか形を取り戻したリスちゃん。
形は戻りました
 
 まず下塗りでございます。
 丁度在庫にグレーのスプレーがあったので、パテに合わせて全体を下塗りしました。
グレーで下塗り
 もうつなぎ目も分かりませんね。

 お次はアクリル塗料の「サンセット」という色があったので刷毛で生地塗りです。
素焼き風で下塗り つなぎ目も自然に馴染ませました
 この色、素焼き風でいいですね。

 ここからは室内作業。エアーブラシで濃淡をつけてリスの基礎カラーを構成します。
エアーブラシで基礎塗り

 続いてトールペイントの材料でペタペタ筆塗りです。
アクリル塗料で彩色

 最後に目にニスを差して完成とまいりましょうかね。
リス完成
 「リスちゃん完成でーすなんて、可愛い若奥さんのブログだったらよかったんですがね、残念ながら酔っ払いオヤジのブログですよこれは。そうと知ったらリスもあまり可愛く見えないでしょうか?

 そして花壇に置いてみた。
花壇に置いてみた
 ドクダミに囲まれるリスちゃん。

 どうだ女房、直したぞ。

「へぇー、きれいに直ったねえ。これも直る?」


 どん!

くたびれたわんこ
 まだあったのかよぉ。

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/03(木) 00:50:31|
  2. 暮らし・修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 67

POLAR LIGHTS THE BRIDE OF FRANKENSTEIN 3
 えー、組み立て始めました「フランケンシュタインのカミさん」じゃなかった「花嫁」の続きです。
 今回は情景セットの土台作りです。

 まず、床にころがる人体パーツです。組んだ人体パーツを所定の位置に置いてみます。
ころがる人体パーツ
 ははぁー、こんな感じになるのか。

 次に人体パーツに色を塗りました。
人体パーツに色をつけたところ
 説明書では「肌色で」となってますが、没パーツですからねぇ、きっと傷んで変色してんじゃないかと思いまして黒ずんだ死色にしました。フランケンシュタイン博士の技術なら活き活き保存も可能なんでしょうが、こっちの方が不気味でいいですよね。

 さらにこれは「濡れもの」ですから、きっと汁が出るはずです。置いた時の勢いとか、時間が経ってにじみ出るとかして、何らかの液体で周りが濡れると思ったので
汁をたらしてみた
クリアオレンジで汁をたらしてみました。
 
 お次は手術台の脚です。

 このドラマの舞台は20世紀初頭、つまり今からざっと100年前の設定ですから、大型の金属製品はリベット打ちが主流なんじゃないかと勝手に推察しまして、リベットを足してみようと思いました。
手術台の脚
 これが成型品で、リベット打ちをしたいところにサインペンで印をつけました。

 こちらがリベットを打ったところ。
脚にリベットを打ってみた
 なんとなく雰囲気いいですね。

 そして色を塗ってみたらこうなりました。
塗装した手術台の脚
 ダークブラウンやジャーマングレー、最後にMr.メタルカラーのアイアンを塗って磨き、全体が錆び鉄色、角々が金属的に光る感じを狙いました。まあ、こんな実験する科学者はめったに居ないと思うので、ピカピカの新品色かな?とも想像したんですが、さすがのフランケンシュタイン博士も失敗を長いこと繰り返してるだろうとの想像のもと、ちょっと古びた質感を狙いました。

 手術台四隅のポールもMr.メタルカラーで塗りまして、木綿で軽く磨きます。
チェーンポール
 写真上のポールが磨き前で、下が磨いたものです。
 質感変りますよねー。

 それでは、ここまでを組み立てて見てみましょう。
組み上げた土台セット
 こんな感じですかね。

メタルカラーの威力
 この金属感はMr.メタルカラーの威力。

不気味な人体パーツ
 ベッド下にころがる没った人体パーツ、不気味ですねー。
 こういうアクセサリーが、このムービーモンスターシリーズの嬉しいところですね。

 では次回から実験器具の組み立て塗装にかかります。
 今回はここまで。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/02(水) 00:55:58|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理くらし控 11

これ直せる?

 女房が指差したのは割れた「リスの置物」です。
壊れたリスちゃん
 園芸屋さんで売っている花壇とかのアクセサリーですね。みごと6ピースに割れちゃってます。

 直して差し上げようじゃあありませんか。

 まず瞬間接着剤で仮固定。陶器には適さないという接着剤ですが、おかまいなし。とりあえず形が復元できればいいのです。
 そしたら継ぎ目を「壁パテ」を盛って周りと調子を合わせます。
壁パテを馴染ませる
 パテの輪郭は、シンナーで溶かしながら薄く伸ばして回りに馴染ませます。

 ほらほら、形は取り戻りましたぞ。
形は戻りました
 よく乾かして…といきたいところですが、壁パテは固まらない性質に設計されています。かと言ってゆるゆるの粘土状ではないので、これでよしとしておきます。

 次回は塗装です。

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/10/01(火) 00:24:53|
  2. 暮らし・修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
料理・食 (1798)
時計 (280)
家庭菜園 (331)
玩具・遊び (656)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (133)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (31)
花・園芸 (70)
劇場シリーズ (30)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR