FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

ボケてきた?

バスを降りるとき…

 運転士さんに 「ごちそうさまー」 と言ってしまった。

 飲み屋ばっかり行ってっとこうなるのかね。

  1. 2014/09/12(金) 08:52:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 391

枡酒  モロポン

 勤務地が近くなったので、帰宅後でも家で小料理がつくれるようになりました。
 茹でて冷ましたモロヘイヤのたたきに茹でモヤシ、葱の小口切りを混ぜてポン酢醤油で味付けますと、簡単な健康小鉢の出来上がりです。
モロポンズ
 いただきものの清酒『花泉』を、今日は枡で。最初のひと口はキューっと多めに、野菜をつまんで後はちびちび。この一合の清酒が、仕事の疲れを癒してくれるんです。…え?疲れるほど仕事してないだろって?ご指摘ごもっともです。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/11(木) 20:43:21|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 197

日東 バルゴン 2

 日東ゼンマイ怪獣シリーズのバルゴンの修理が終わりました。
バルゴン修理完了
 色は紫ベースに冷凍をイメージした銀の遠吹き、黒で陰影をつけています。

バストショット
 鼻先のツノが、バルゴンの長い体形を助長していてとても良いデザイン処理となっています。

後姿
 完全なる爬虫類型のシルエットが美しい。

バルゴンはタレ眼が魅力
 バルゴンはタレ眼も魅力です。

ガメラと対決
 ガメラと対決!昔はガメラとバルゴンのキットにだけ、戦わせるためのフォークみたいな小道具が入っていましたね。うまく使えたためしはありませんけども。

体当たり
 バルゴンの体当たり。
シッポで一撃
 シッポで一撃!
青と紫のコントラスト
 青系と赤系、丸系と長系、このコントラストが嬉しいのです。畳の上で展開するゼンマイ怪獣バトル。大人になった今でも楽しいとおもう私って変?…というか、こうやって遊んでいると責任もストレスも無かったあの頃に戻れるんですよね。



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/10(水) 15:08:11|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 390

老肉麺 〈ローバーメン〉

 丁寧に作った豚バラの煮込みもさぁ、家族が食べてくれなかったからさぁ、残ったわけよ。
 だからさぁ、『サッポロ一番“頂”醤油味』にさぁ、具として乗っけてみたわけさ。
ローバーメン
 そしたらまあ、うまいのなんの。八角が効いているから台湾風というか南国風のラーメンってな感じです。麺をすすって肉を食い、麺をすすってメンマをかじり、最後に玉子の黄身をからめて麺をすする。スープもきれいに飲み干しました。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/09(火) 12:47:30|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハッピー劇場

 きょうも元気なKENくんです

1コマ

 いってみよー ってKENくん一体どこへ行くの?

2コマ

 これこれおよしよ
 若者が面白半分で心霊スポットに行ったらロクなことないよ


3コマ

 オッケーって君ねぇ、怪奇スポットを軽く見ちゃあいけないよ
 まったく…


タイトル

 しょうがないねぇ

 おや?前にみえるあのトンネルがもしや?


4コマ

 あれですよってKENくん平気なのかい?
 かと言って もう引き返せないけども


5コマ

 KENくん若いわりには掛け声が古いねぇ

 ぶるぶるっ!なんかイヤな予感


6コマ

 やばいぞ

7コマ

 ケ…KENくん!

8コマ

 え?

9コマ

 ぶるぶるっ!また?

10コマ

 これはやばい!

11コマ

 うわー!ケ…KENくーん!

12コマ

 え~!?

13コマ

 こんどは声だ
 少女のような声が聞こえたかな?


14コマ

 で、でたぁー!ミ…ミラー ミラー 見れ ほれ

15コマ

 あーらら、お化けの声振り切っちゃったの? “しょ”って切れちゃったじゃないの“しょ”ってさぁ

16コマ

 え?何もでませんねってKENくん かなり派手に出てたぞ 気づかなかったのかい?
 こうなると無視されたお化けの方に同情しちゃうな
 


17コマ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/08(月) 12:00:27|
  2. 劇場シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 389

筍干老肉 〈スンコァローバー〉

 今日は豚バラ肉とメンマの煮込みでございます。

 まずは一昨日の金曜日に第一回目の煮込みをしました。
 豚のバラ肉ブロックが丁度納まるくらいのお鍋にお水、ショウガ、葱の青み、八角、砂糖、醤油を加減して調味液を煮立てます。
調味液に肉を浸す
 調味液を少なめに抑えたのは、肉を出がらしにしないためと、冷蔵庫に鍋ごと収めたいからです。
 初日はおよそ30分ほど煮込みまして、室温ほどにさめましたら、樹脂ラップを表面にピッタリ貼り付けて冷蔵庫におさめます。

 翌日、とりだしてラップをはがしますと、脂がきれいに取り除けるんです。
冷やして脂を除く
 そしてまた煮て冷まし、煮て冷まし、もう一晩冷蔵しまして、三日目も脂取りを行いましたら、いよいよ仕上げの煮込みです。煮合せのメンマですが、今回は市販の味付けしか手に入らなかったので、ここで合流しました。

 もうこの辺でよろしいでしょうか。
三日目の煮上がり
 三日目の煮上がりです。

 お皿に盛り付けまして、とろみをつけた煮汁をかけまして出来上がりです。
老肉できあがり
 ひと口食べますと脂身がとろけます。ご飯にも合いますし、ラーメンに浮かべてもよさそうですね。

 しかし!

 しかしですよ、女房と娘は、脂身が無理とかいって下の方の赤みちょこっとしか食べません。何だよまったく行儀が悪い。残す脂は私が食べました。とろっとしておいしいよ…そういえば毛沢東は脂身を好み、その妻、江青は脂身を嫌っていたと、テレビでやってたのを思い出しました。



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/07(日) 20:41:19|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 388

秋茄子のサバティーニ

 仕事の打ち合わせに出かけた女房と娘には、お昼を外で済ませてきてくれと申し入れておきました。
 それはね、こいつをやりたかったからです。なんたって今日<9月7日>は寒いですからね。
 
 それではおっ始めます、フォトストーリィ風に控えてまいりましょう。

 まず、フライパンを火にかけまして、お水を少々わかします。
まずフライパンに水を少し

 そこにサバの水煮缶詰を汁ごと投入します。
サバの缶詰を投入
 火はつけっぱなしです。プクプクと沸いてまいります。

 追いかけるように、皮を剥いた秋茄子を汁に浸すようにならべます。
剥いたナスを回りにならべる
 じわじわとお魚の旨みが汁に溶け出して茄子にうつります。

 お醤油を少々回しかけます。
醤油を少々
 煮詰まりますから控えめに。食べた時に薄かったら足せばよろしいのですから。

 皮むきのお茄子は、たちまち煮えてまいります。そうしましたらサバの身を軽くほぐして散らして馴染ませます。
 さあ、煮えました。生ビールを持ちだして立ち飲みランチです。
くったりとした煮え加減
 火をつけたまま、アッツアツのとろっとろをいただきます。

 お魚の旨みをたっぷりと含んだ茄子の切り身はペロンとやわらか。
とろりと煮えたナス
 はふぅはふぅと、とろける茄子を食べながら冷たいビールを飲む快感は筆舌に尽くしがたし。
 そして写真でもわかる通り、缶詰のサバは煮汁にあたるとツヤを取り戻し、身もしこしこと弾力を持つんですね。
 フライパン一枚分をひとりでペロリと平らげました。
 え?サバティーニの名の由来ですか?材料が鯖〈さば〉というだけのリズムと勢いだけです。お料理そのものは、鯨や鮭缶でやるといわれる『茄子のかやき』を参考にしております。

 剥いた皮は捨てたのか?いえ、ちゃんといただきました。
紫葉炊き
 甘辛で炒め煮にして、紫蘇の葉をまぶした『紫葉炊き』です。きゅっきゅっと歯応えも楽しい小料理になりました。




テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/07(日) 14:35:40|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 387

揚げ餃子

 ふくふくと泡を浮かせて香ばしく揚がった大きな餃子の皮が、冷めて湿気たところに温かい醤油餡をかけて、半ばふやけたところを食パンとともに食べる。これは小学校の給食の記憶です。おもえば凄い献立でした、昭和40年代の学校給食。おかずが酢豚だろうと肉じゃがだろうと主食はやたら食パンでした。GHQ(連合軍最高司令官総司令部)の指導がまま残っていたのでしょう。
 と、そんな事を考えながら、焼き餃子の残り物を多めの油で揚げ焼きにしまして、醤油餡をかけてビールをのみました。
揚げ餃子
 カリっとサクっと香ばしい部分が、汁を吸って次第にふやけてゆく美味しさは、天蕎麦の種やカツ丼の頭でどなたもご存知のことでしょう。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/07(日) 08:16:03|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 386

バップンチャーミン

 なんか違うぞ。空芯菜〈クウシンサイ〉は“バップン”ではなく“パッブン”だぞ。
 あらそうですか、失礼しました。それでは改めまして…

パッブンチャーミン

 本日<9月6日>の収穫物である空芯菜と赤、青唐辛子、6月に収穫したニンニクをたっぷり炒め合わせた焼きそばでございます。
 まず油をひいたフライパンに軽くほごした焼きそばを広げまして火をつけて置いておきます。
 その間に、お野菜の支度です。
 空芯菜は4~5センチのザク切りに、赤と青の唐辛子は小口切り、ニンニクは粗みじん、エノキダケはかるく引き裂いておきましょう。そうこうしてますとね、おそばの方がカリっとしてきましょう?そうです片面だけでよろしいのです。
 そこにお野菜を加えてザクっと炒めて、コップ一杯ほどのお水とスープの素をジャーっと加えますと、たちまち麺がほぐれて野菜としっとり絡まります。お味を見て、めんつゆ少々で仕上げて出来上がりです。
パッブンチャーミン
 ニンニクと唐辛子の効いたスープを吸った焼きそばは、やわらかいところと香ばしいところがムラになっていて、おいしくておいしくてモリモリ食べてしまいます。ですが半分くらい食べ進めたあたりでしょうか、唐辛子の殺傷成分が威力を発揮してまいりまして、辛い辛い!冷たいビールで冷まそうとグビリと口に含みましたら今度はピリピリがいつもより激しく感じますから痛い痛い!もう目の下から汗をタラタラ流しながら残りを平らげました。唐辛子は一本に留めておいたほうがよろしかったようですね。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/06(土) 18:59:26|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 79

秋ナスのはじまり

 いよいよ9月に突入しました。9月第一週目の野菜畑です。

 8月9日に枝を切り詰めたナスが、秋組を生らせはじめました。
秋ナス一番 秋ナス予備軍
 予備軍も育っております。ツヤッツヤに太ったところを二本持ち帰りました。

 直まきに挑戦した白菜2週目ですが
白菜2週目
 順調に育っているように見えるものの、一箇所やっぱり
喰われた白菜
 喰われて全滅状態です。ここが直まきの辛いとこです。
 小さい若葉など一晩で食い尽くすやつがいるのです。

 大根一週目はこちら
大根一週目
 6株発芽しております。このあと4週に渡って6株ずつ播いてゆき、収穫を長く引き伸ばしてお正月まで大根を楽しむのです。生育記録はこの第一組を追ってゆこうとおもいます。

 弱々しくも今年<2014>はショウガが育っております。
弱々しいショウガ ショウガをひとつ抜いてみた
 一株抜いて持ち帰りました。

 トマトの陰から開放されたバジルは、森のように茂っております。
バジルの森
 写真を撮っている間も、すごい香り。

 結果、9月第一週の収穫はこのとうり。
9月1週目の収穫
 クウシンサイとモロヘイヤがどっさりです。このあと農産物料理でお昼をいただきます。

 …自宅では、七夕に播いた秋胡瓜の一号が実を下げていました。
秋きゅうり一号
 あしたが食べごろかな?







テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/06(土) 17:45:34|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 196

日東 バルゴン 1

 知人の家から戻ってきた怪獣玩具の修理シリーズ、今回は日東のゼンマイで歩く怪獣シリーズ(再販品)のバルゴンです。
 バルゴンはガメラの最初の敵役である冷凍怪獣です。デザインも設定もいいですねえ、名前のひびき、色と形、タレ眼、何でも凍らせる冷凍息、かとおもいきや何でも焼き尽くす虹光線。そしてガメラとの対比がまた良くて、丸×長、緑×紫、炎×氷といった図式になっています。映画のポスターも大好きで、今でもずうーっと眺めていられます。

 それでは現物の点検にまいりましょう。
 こちらが今回回収してきた状態です。
脚が壊れたバルゴン
 時間の流れと共にプラの弾性も衰えで行きますので、折れやすくなってくるのです。

 まず患部を丁寧に解体します。
患部を丁寧に解体
 修理はまず解体から、そして正しい形に組みなおす。

 折れたパーツを取り出しまして、プラ版に貼り付けます。
プラ板に復元して
 そしてプラリペアでサポートします。
プラリペアでサポート

 固まったらプラ板ごと切り出し、ヤスリやドリルで元の形状に戻してやり、アシ部品に仮置きして按配を確かめます。
仮置きして確認
 うまく行ったら、ゼンマイギアに取り付けます。
ギアに取り付けて歩かせてみる
 ここで歩かせて動きを確かめます。上手くいきましたら外側を被せて完成となります。

 完成は次回へと送ります。今回はここまで。





テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/04(木) 13:14:32|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

時計道楽 43

セイコー NATION 

 お得意先の木村さんという方は、実におしゃれで物知りな通人なんです。そんな木村さんが見せてくださった時計です。
届けられたNATION
 文字板に打たれた銘は“NATION”。はじめは角型のアメリカものかと思いましたが、どうもセイコーの戦前もののひとつだそうです。
 というわけで、今回もトンボ出版刊『国産腕時計⑫ 戦前・戦後編』を参考にさせていただいております。同書によりますと、このネーションは『モリス』と並んで、セイコーの戦前の主力機種のひとつだったのだそうです。かの有名な『ローレル』は、それ以前に存在してましたが、懐中時計が母体となっており、企画当初より腕時計として開発されたのが、このネーションとモリス型だったのだそうです。国産腕時計の初期型ということですね。
 
 それでは、木村さんからは既にお許しをいただいておりますので、徐々にバラしてまいりましょう。

 バンド外しました。
ベルトを外したところ
 長角でありながら、左右を僅かに膨らませた、トノー(樽型)との中間という感じの見切り形状。シンプルなゴシック数字を配したアールデコ風の文字板。青焼き針は分針の先端が折れて短くなっているものの、鉄製の本焼き針。

 裏返してみましょう。
裏刻印
 扇枠にSKSは『精〈S〉工〈K〉舎〈S〉』の印。知識があったらここでセイコー製って判ったわけですね。あいにく私に知識は無かった。
 裏蓋にコジ開けを入れてゆっくりとケースを持ち上げまして、開けました。
ケースを開けたところ
 これはニッケルケースでしょうか。
 プラ風防を外して簡単にお掃除しておきましょう。
ケースと風防
 風防の固定はプラの弾性で嵌っているだけです。

 文字板を鑑賞しましょう。
文字板単体の鑑賞
 元々は白だったのかどうかは判じられませんが、現在の状態のベージュというか極ウス金の生地に黒インクの印刷という組み合わせが、1930年代の新聞やポスターなんかを想起させ、アンティークの味わいになっております。それと面白いと思ったのが、外周の分刻表示です。普通は梯子状に表現するのですが、このモデルは1分目が短く描かれてますね、1分と五分の強弱をよりハッキリ見せる手法のひとつですが、これは外サークルと内サークルの距離があってこその効果で、文字板にアクティブ感が宿ります。

 文字板を外しますとこうなります。
文字板側のムーブ
 シンプルで結構ですね、どこも異状は見当たりません。

 裏返しますと…
古びて固まったムーブ
 一見したところ、破損などは見当たりませんが、全体が錆びというか油が固まって動かなくなった状態のようです。リュウズも巻き上げられません。
 なので一旦バラバラにしまして、部品を掃除してみます。
部品をばらして掃除
 楊枝に赤粉をつけてシコシコと。
組み込み前の地板
 ピカピカとまではいきませんけど、これが土台です。地板といいます。

 では組み立ててみましょう。
組みなおしたムーブ
 動きました!
 いいですねえ、国産時計戦前の味。先の本によりますと、参考モデルがスイスAS〈アドルフ シールド〉社のキャリバーAS574ではないかと記されています。ではここで参考にAS574を見てみましょう。
AS574文字板側 AS574.jpg
 なるほど。こうやって80年前の技術者たちは手本を分析しながら、自分たちの技術を磨いていったのですね。
 (参考写真はこちらから転載させていただいております。→http://uhrforum.de/

 それでは元の姿に組み立てて、記念撮影をいたしましょう。
NATION.jpg
ベルトをつけた

 今回は型押しのワニ革ベルトをつけてみました。

セイコーネーション

 本日の控え 精工舎 NATION 9型7石 推定1930年代 でした。
 日本腕時計の最古参、わずかに進みがちながら元気に時をきざんでおります。
 


 











テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/02(火) 14:24:32|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

玩具工作控 195

BANDAI アイクロップス

 テレビCMを見て気になっていたおもちゃがバンダイの‘アイクロップス’、テレビでモニターができる実体顕微鏡です。
 時計修理に使えたらいいな?と思い、女房にせがんで買ってもらいました。
バンダイ アイクロプス
 いくつ(歳)になってもおもちゃの箱の匂いは嬉しいものです。開封前に一通りなめまわす。
箱の裏書
 ‘家族みんなで楽しめる’か、なるほどね、普通の顕微鏡だったら観察者しか楽しめませんけどテレビジョンならみんなで見られます。かと言って映すモンがオヤジの皮膚とかだったら‘家族みんなで熱を出す’になっちゃいますから映すものを選びましょう。

 箱から出してみた。
LED付きの目です
 握りのついたカラオケマイクほどの大きさで、カメラ部分はまさしく‘眼’のデザイン。大人のゲンコツほどの大きさです。

 さっそく手近にあった古い時計を覗いてみました。
時計の文字がこんなにデカく
 文字板の数字がこんなにデカくなります。そして小さなキズもいっぱい発見。

 動く機械部分も…
時計の動きも凄い迫力
 すんごい迫力!時計台の中にいるみたいですよ。入ったことないけど。

 ま、いろいろ試してみましたが、時計修理には使えませんね、まず被写体にピッタリ付けなければいけない事と、倍率が大き過ぎて何がなんだか分らなくなるからです。でもおもちゃとしてはかなり面白いものです。ミクロの世界を旅してみようかと思います。ミクロの世界はいいですよ、交通費かかりませんからね。

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/09/01(月) 16:53:45|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (45)
料理・食 (1832)
時計 (296)
家庭菜園 (343)
玩具・造型 (687)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (136)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (31)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR