FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 423

秋の食卓

 11月3日『文化の日』でございます。

 実りの秋、この枯れ行く季節の移ろいを質素なお料理で感じましょう。

 普通に研いだ2合のお米に分量のお水です。
 そこへ塩鮭〈しおじゃけ〉と剥き栗を乗せて一緒に炊き上げます。
分量の水に鮭と栗
 鮭は一切れでいいんです。これで家族三人分です。

 炊飯器が炊き上がりを知らせてくれましたら御開帳。
炊き上がり
 いい~香りが立ちのぼります。

 ここで鮭の皮と骨を取り除きまして粗くほぐし、茹でて刻んだ大根葉と胡麻を加えます。
大根葉と胡麻を加えて
 お魚に木の実、大地の養分を吸った葉っぱ、日本の秋の混声合唱団です。

 これらをさっくりと混ぜ合わせますと、メインディッシュの出来上がりです。
さっくりと混ぜ合わせます

 このほかに醤油仕立てのきのこ汁、柿と大根の鱠〈なます〉をこしらえまして、秋の食卓が整いました。

秋の食卓
 日本の美味い水“清酒”を持ち出しまして、米、水、魚、実、葉、根、茸の七宝が出揃いました。
 わずかにとろ味のついたきのこ汁でお腹を温め、鮭ご飯をほおばり、目を閉じて味わいますと、ぷちぷちと弾ける胡麻の香りが鮭に乗ってお米がことさら美味くなります。そしてお米と一緒に飲み込む清酒の甘み。途中で食べるお口すっきり柿鱠。
 子供の頃はハンバーグやカレー、いつ食べてもおいしい料理を好んでいましたが、大人になりますと“季節”というものが食べたくなってくるものです。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/03(月) 09:35:31|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

菜園記 88

曲りなりにも

 いよいよ11月に突入いたしました。肌にひんやり冷気を感じる朝の7時でございます。

 朝日を浴びる大根のみずみずしさ。
朝日に大根
 第一期生は食べごろのようです。

 メキャベツの葉は水をはじくツヤ肌で
朝の宝石
 朝の露が宝石のよう。しばし見とれてしまいます。

 白菜も早10週目になります。
白菜10週目
 大きく巻き始めました。虫食いも少なく順調です。葉の隙間からクモたちがちょろちょろと出たり入ってリ。クモは頼もしい害虫駆除隊です。

 この前までベビーだったサニーレタスも一枚一枚が大きくなってます。
サニーレタス
 今週も半分くらい摘んで帰ります。

 このほかに、人参を三本ほど掘りまして、今日の収穫です。
収穫した根菜類
 一本だけ随分と曲がった大根がありますでしょう。私の根性と同じくらい曲がってます。曲りなりにも葉っぱを上に向けているところが健気です。

 



テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/02(日) 18:49:06|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 422

スパゲッティ ア・ラ・カルーソー

 今日は雨でございますから、お料理をたのしみましょう。

 スパゲッティ ア・ラ・カルーソーでございます。
 これは、NHK『きょうの料理』昭和50年8月26日の放送で“命のスープ”でおなじみの辰巳芳子先生がご紹介なさったお料理名です。
 紹介文ではテノール歌手のエンリコ・カルーソーが好んだことが名前の由来とされております。今回はかなり材料を簡略化しており、完全に別物となりますが、できるだけ似せて作ってみたいと思います。

 それでは始めましょう。

 ます熱した油でニンニク、玉葱、挽肉を炒めます。
玉葱や挽肉を炒める
 
 パラパラしっとりと炒まりましたら、大根、蓮根の微塵切りを加えてさらに炒めます。
蓮根大根を加えて炒める
 ここの部分は私のアレンジです。蓮根のサクサクを加えようと思いました。

 よく炒めましたらトマトの缶詰を投入します。
トマトを加えます
 かき混ぜてコトコトと煮込みます。

 お塩、胡椒、クミン、赤ワイン、ケチャップ、中濃ソースなどでお味の加減を調えます。
塩などで味をつけます
 塩みでトマトが溶けて、始めは水分たっぷりの状態になりますが、やがて煮詰まってまいります。

 ヘラですくってポタっとしてきましたらおソースの出来上がりです。
煮詰まってポタっとしてきました
 そうです。つまりはミートソースなのです。
 お味見をお忘れなく。

 油を塗ったステーキ皿に茹で上がりのスパゲッティを盛りまして、ミートソースと粉チーズを装います。
ステーキ皿に盛りまして

 このままでも美味しそうなのですが、これをさらにグリルするのです。
グリルで焼きます
 今回はチーズが足りなかったので、パン粉を振ってオリーブ油をたらしました。

 表面に焦げ目がついたら出来上がりです。
焼き上げて完成です
 ソースに触れてない麺のカリっとした焼き上がり、焦げたチーズの香ばしさ、しっとりと混ざり合った麺とソースのいわゆるミートソーススパゲティの味、いろんな顔が楽しめる食べ応えで、これはビールによく合います。
 今回はサントリー『金のビール』ですが、これがまた味が深くて美味いビールなんです。
 かのカルーソー氏はワインを召し上がったと想像されますが、日本のビールも中々よいものです。

 そしてこちらがエンリコ・カルーソーさんです。
 
エンリコ・カルーソー

 はい。
 ですがちゃんとしたコックさんが作ったやつは、もっと美味しいものなのでしょうね。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/01(土) 20:57:25|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 421

野菜ほるもん、豚ホルモン

 “ホルモン”と申しましても、お医者様がおっしゃる体内情報伝達物質のことではございませんで、食べ物のほうです。
 捨てるもの、即ち“放るもん”が語源ではないかと聞いたことがありまして、獣肉に於ける内臓などがそれです。

 夕べ煮込んでおいた豚のシロに、大根と人参を足しまして、朝からコップ酒。
ほるもんホルモン
 煮込みに使った大根と人参の皮を、挽肉と唐辛子で甘辛く炒めてもうひと品。これって野菜の上でのホルモン料理でしょうかね。ここまでやればゴミは出ません。
 え?貧乏くさい?
 何をおっしゃる、食べ物に対する感謝の気持ちです。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/01(土) 11:52:38|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (32)
料理・食 (1694)
時計 (242)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (580)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR