FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 478

ホットドッグはどんな犬?

 ハンバーガ^-ってありますよね、あれはドイツ系移民がアメリカに持ち込んだ、挽肉だんごの鉄板焼き“Buletten〈ブーレッテン〉”を“ハンブルグ風”と呼んだことから、英語読みで“ハンバーガー”になったのではないかと聞いたことがあります。
 同じように、ドイツの腸詰“Wurst〈ヴルスト〉”をパンにはさんで食べているのを当初は“フランクフルター”とよんでいたそうな。なるほどフランクフルト風というわけですね。
 それをニューヨークのスポーツ会場で“レッドホット”という名前で売られて大当たり、時を経てホットドッグという呼び方が一般的になったんだそうな。

ホットドッグ

 蒸したパンに茹でたソーセージをはさんで、マスタードやケチャップを好みでかけ、食べる。
 この長い寸胴が、ドイツの犬“ダックスフント”になぞらえ“ドッグ”とよばれるようになったんだとか、ホントかねえ?

 だとするとウチにもホットドッグがいるぞ。
うちのホットドッグ
 まあ似てないこともないけれど、ドイツつながりでこうなったというのは想像がつきます。
 つまりホットドッグはダックスフントだったわけですね。

 まあ、この件に関しましては、いろいろ説があると思うので断定は避けましょう。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/02/03(火) 12:36:48|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 231

NITTO マスコット ガメラ対ジャイガー 1
 
 ニットーのミニサイズのガメラ対バルゴンを作ってみたら面白かったので、同じシリーズのジャイガーにも手をつけはじめました。
マスコットジャイガーの箱 箱の裏

 中身はバルゴンの時と同じ、ガメラ、ジャイガー各1体と透明なジオラマ台です。このジオラマ台がなかなか良質な造型なんです。

箱の中身

 いいながめ、怪獣のプラモデルを開けた時の独特な興奮がよみがえります。

 袋を破ってパーツの確認。

ジャイガーのパーツ

 ガメラのほうは前回と同じなので控えは割愛しました。

 今回も組み立てはカンタン、すぐに出来上がりました。

素組みです

 このまま少し遊びまして、塗装にかかるのですが、その前におっと!

歯がつながっている

 歯が繋がっちゃってて歯茎ばばあみたいになってます。まあ彩色技術で歯を描けばよろしいのでしょうが、それほどの画力を持ち合わせていませんので、ここは事前に削ることにしました。
 削った結果がこちら。

歯を彫りました

 上と下の歯の大きさが全然ちがうところが変ですが、そこはご愛嬌。

 色ベースは全体に茶色を塗って、銀のボカシ、そこへ青、黄、オレンジのクリアーで濃淡をだしまして、サンドブラウンのドライブラシング。

塗装途中のジャイガー

 あと薄墨で洗い出しを行い、ヒレや顔を書きまして完成といたいましょう。
 できあがりの写真はまた次回。



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/02/02(月) 12:11:13|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

食味雑記 477

マルちゃん正麺 鴨だしそば

 仕事帰りにぶらつくスーパーの食品売り場で、いいものを見つけました。
 東洋水産の“マルちゃん正麺 鴨だしそば”ですって、これはお味見するしかありません。

マルちゃん正麺の鴨だしそば

 新作の味見は、何も入れないプレーンがよろしいんでしょうけど、私は別に評論家ではありませんので、好きなようにやらせていただこうと思います。
 今回は焼き葱と鶏肉、水菜をすこしトッピングしました。

鶏肉と焼き葱をそえて

 いやあ、おいしいですね、麺が活き活き、弾力をたたえつつ噛み潰した時にふわりと広がる蕎麦の香り。おつゆもこれまでの日本蕎麦系インスタントでお馴染みの鰹だしとはガラリとイメージを覆した鴨だし、つまりは肉系スープです。こいつは良い企画を考えられました。誰とも似てない独自の美味さ。
 でもね、マルちゃんでは昔ながらのカレーうどん、天ぷらそばも子供の頃からの好物です。あの何ともいえない即席感の味がいいのです。ああ、この鴨だしスープで、天ぷらそばの即席麺を食べてみたくなりました。 あ!そうか、両方買って入れ替えればそれでいいのか。
 おっと、正麺を否定しているのではありません、これはこれで凄い技術だと思います。

テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/02/01(日) 13:31:41|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 476

親子雑炊

 親子丼のことは、どなたもご存知のことと思います。にわとりの肉と玉子で親子とは気の利いたネーミングです“鶏の玉とじかけご飯”では説明的で情緒無く、もっとも長たらしくていけません。

 鶏肉鍋の残り汁を希釈しまして味を調え、冷やご飯を煮て雑炊にしました。仕上げに水菜をちらして玉子でとじるのですが、白身だけでとじて、黄身を最後におとすのが私のやりかた。

親子雑炊

 食べる時に黄身を破いてまぶして生のところをいただくと、なめらかさとコクがあっておいしいのです。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/02/01(日) 08:39:07|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (44)
料理・食 (1813)
時計 (287)
家庭菜園 (336)
玩具・遊び (669)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (134)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (30)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR