FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 80

PRECIMAX 2

 ジャンク時計の分解遊びのつづきです。
 今回は外装を手入れします。

 まずはガサガサのベゼルですが…
16-ガサガサのベゼルは
 文字板に“ANTIMAGNETIC”と書いてあったところから、材質は鉄系にクロムメッキと思われます。しかし、削って磨くと肉がやせますので、銀磨きクロスで表面だけをシコシコ磨きました。
17-銀クロスで丁寧に拭くしかない
 錆のブツブツは取れませんね。

 お次は風防、赤粉とフェルトでかなりキズを消しましたが、深いものは取りきれませんでした。
18-深いキズは消せません

 これでケース、ベゼルの掃除はおしまい。
19-掃除した外装部品

 次は文字板なんですが、文字板は触ってはいけないという鉄則を破り、汚れだけでも落とそうと、薄めた中性洗剤を含ませた綿棒でさわったら、印刷が一部消えてしまいました。(泣)
20-消えてしまった印刷
 ダメですねえ~、文字板は、やはり触ってはいけません。

 場面を切り替えまして、針に行きましょう。今回の針はなかなか逞しいんです。鹿棒に乗せて、赤粉と鹿革で磨きますと…
21-針を磨く
輝きを取り戻します。ローズゴールドがきれいです。

 針をつけて、ケースに組み込んで完成です。
22-針を取り付けた

 ホワイトケースにローズゴールドの針ですから、アメ茶色のワニをつけて、カジュアルな装いにしてみました。
23-完成PRECIMAX
 完成プレシマックス。

 本日の控え PRECIMAX cal.VENUS 180 SWISS製 1950年代(推定) でした。
 見かけはボロいですが、一日一分狂わない、なかなか優秀な時計です。
 







テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/05(水) 12:07:37|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 600

タイ米の湯取り

 夏は南方料理、そして南方のご飯、ということで、今回はタイ米の湯取りにはじめて挑戦してみました。

 まず洗った米を、たっぷりのお湯でグラグラと煮ます。
グラグラの湯で茹でる
 鍋底にくっつかないよう、始めのうちはおしゃもじでゆっくりかき回します。

 お米の芯まで煮えたらザルにあけて、水をかけます。
ざるに空けて水をかける
 炊飯器でタイ米を普通に炊くと独特のにおいが気になるという人がいますが、この工程でそれは解消です。

 水で冷ましたところに、今度は熱湯を回しかけます。
熱湯をかける
 お米は再びふやけようとします。

 このあと鍋に戻し、蓋をしてごく弱火で5分ほど加熱、さらに10分程度蒸らしますと…
さらさらのタイライスができました

 香りよいサラサラのタイご飯が炊けました。

 今日はこのためにグリーンカレーを作りました。
グリーンカレーを作りました

 さらさらのご飯がさらさらのカレーをよく吸って、さっぱりと夏らしいキレるカレーになりました。
さらさらカレーを良く吸います

 しかし、家族はついに食べなかった。
 勧めても薦めても食べなかった。




 



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/04(火) 20:21:33|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 599

愛菜定食

 料理嫌いの女房が、珍しく台所でごちゃごちゃやっていまして、首尾の良い定食を支度してくれました。

 これは茹でてさました野菜に酸味を効かせた山芋がかかったサラダ風。“若芽の山がけ”とでも申しましょうか。
茹で野菜の山かけ
 
 こっちはカボチャのうす葛餡かけ。
カボチャの葛餡
 天盛りのわさびがうまい具合に効いてます。

 キャベツと大豆はクミン味の塩炒めに。
キャベツのクミン味
 香辛料のクミンが材料の味をそれぞれに立たせていてご飯のおかずになる力を宿しています。

 汁は埼玉の郷土食である“すったて(ひやじる)”
すったて

 ここに玄米入りごはんをつけて、お盆に載せて持ち出してきたから驚きましたよ。
菜食定食
 動物性を用いず、全体に薄味で材料のうまさが前に出る、ちゃんとした定食に焼酎ロックを一杯持ち出して、おいしくいただきました。
 繰り返しますが女房は料理が嫌いなんです。
 いっしょになって30年ほどになりますが、こんなのは初めてです。
 あした冷たくなってなけりゃあいいのだが…(そうなると葬式が面倒だからねえ)
 




テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/04(火) 15:46:32|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 283

イマイ 電動歩行 マグマ大使 12

 やっとこさっとこ出来ました。イマイのプラモデル『電動歩行 マグマ大使』(1991年再販版)。

マグマ大使完成

 まずは正面図と側面図。
マグマ正面 メグマ横見

 フサフサヘアーはボディと差をつけて明るいシャンペンゴールドにしました。

 たくましい背中。
マグマの背中

 いちおう頭の角(アンテナ?)はオリジナルの設計どおり、前後に動くようにしました。
 こちらは後ろにねかせたところ。大地真央さん?
角を後ろにねかせたところ

 そして前に倒してみた。
角を前に向けたところ

 いよいよお目当ての電飾です。
 スイッチ オン!
電気を入れたら
 おー!目が光るが角はイマイチ光りません。

 暗いところでやってみた。
暗いところで見ると
 ほのかにポっと光ります。ついでに角の付け根も光ります。これは失敗。

…と、ここでお気づきだろうか…どこから撮影しても瞳をこちらに向ける怪奇現象に。

 これは目の輪郭と眼球に奥行きがあるため起きる現象で、決して怪奇ではありません。こういうことを日本人形でやったら怖いでしょうねえ。

 そんな話をしていたら、敵怪獣モグネスが襲ってきた。
モグネスが襲いかかる

 迎え撃つマグマ、そこにジギラも参戦。
ジギラも参戦

 決着をつけぬまま、東京タワーをはさんで記念撮影。
記念撮影
 やはり昭和ヒーローには東京タワーが似合います。

 足に仕込んだ電池の重さで“ドドン ドドン”と足音をたてて歩くイマイの電動マグマ大使、思えば子供のころは“モーターのプラモデル”なんて高くて買ってもらえなかったから、こうして遊ぶ楽しさは格別です。

 遊びながら口ずさむ “飛び出せ行くぞ!大地をけって 今日もマグマは空を飛ぶ” いい文句だなあ。

 これにてイマイの『電動歩行 マグマ大使』制作をおわります。
 


 





 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/03(月) 13:58:17|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 598

ゴーヤーだらけ

 自宅の日よけに育てたゴーヤーが旬を迎えております。

ゴーヤの日よけ

 家のあちこちにぶら下がるゴーヤーの実。

あちこちにぶらさがるゴーヤ


 おいしそうなところを千切りにして、タマネギと玉子で炒めました。

ゴーヤの玉子いため

 鶏がらスープの素と塩少々で味付け、スープ分が多いと仕上げの玉子がふわとろに仕上がりそうです。
 連休三日目の朝ごはんです。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/03(月) 11:26:26|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 597

わかっちゃいるけど

 目新しさから選んだ、今年のトマト“フィオレンチーノ”が生食ではイマイチだったので加熱用にしたのです。

 インゲン、ニンニク、タマネギをトマトで煮込み、大皿のスパゲッティに豪快にぶっかけました。
大皿スパゲッティ
 イタリアンパセリと粉チーズを振って食卓に持ち出します。
 かるく和えながら各々の皿に取り分けて食べるんですが…
取り分けて食べます
 トマトあじのスパゲッティというのはついつい、わかっちゃあいるけど食べ過ぎます。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/03(月) 11:08:00|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 596

梅を干しましょう

 そうです、梅雨の明けた8月のはじめこそ梅の干し時なのです。

 6月12日に漬けた塩梅がいい感じになりました。
よく漬かった梅
 梅酢をたっぷりと湛えまして、太った果肉をしっとりと湿らせております。

 それを傷つけないように丁寧に取り出し、ざるに並べます。
一粒ずつ並べます
 
 梅同士がくっつかないように一粒一粒並べます。
くっつかないように

 すべてを並べたら天日で干します。強い太陽光線をたっぷりと浴びせます。
天日で干します
 これを日が落ちたら部屋に取り込みまして、明日また干すんです。その作業を3日つづけます。
 





 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/02(日) 14:52:50|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 595

南方野菜カレー

 暑い暑い!連休二日目のお昼です。
 種から育てた南方野菜の数々、インゲン、青唐辛子、ニンニク、トマト、空芯菜、これらをカレースープで煮込みました。

 まず唐辛子の類とニンニク、インゲンを油で炒めます。
香味野菜を炒める

 火が通ってしんなりしましたら、トマトと空芯菜を加えて、さらによく炒めます。
トマトとクウシンサイを加える

 全体がヘタってきたら砂糖をまぶし、鶏がらスープ(水とスープの素)とカレー粉で煮込みます。
スープで煮込む

 これでもうよろしいんです。簡単でございます。

 南方野菜カレーの出来上がりです。
野菜カレーとビール
 いいですねえ、どうです?野菜不足とは言わせません。スパイスの効いたスープは食欲増進と整腸作用、そこに栄養と薬効成分満点の夏野菜ときたら、これは完璧です。きょうも絶好調!

 おまけにサラダもつくりました。
ゴーヤのサラダ
 千切りのゴーヤを塩もみにしまして、胡麻油と醤油をまぶしました。甘いミニトマトと旨みの花鰹で味付けです。

 暑い昼間に南方野菜をモリモリと食い、冷たいビールを飲む。うう…たまらん!肉、肉食べたいわ。





テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/02(日) 14:29:17|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 594

健康の素

 連休二日目の朝ごはんです。

 赤味噌を少し溶き入れた玄米粥と、ニンニクとオリーブ油を用いた空芯菜のスープ煮です。
玄米粥と青菜煮
 私たち哺乳動物の夏に必要な栄養分がぎっちりと詰まった空芯菜に、ニンニクパワーとオリーブ油。玄米の繊維とエネルギーにお味噌の発酵菌、もう言うことなしです。体はよく動きますし、お昼ごろにはグーっとおなかが空いてくるはずです。
 こういうところに私の元気の秘訣があるのです。

 わかった、健康食事の講釈はわかった。昨日の夕飯なんだった?

 ペヤング。

 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/02(日) 08:11:57|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 593

トマトの味見

 本日<8月1日>初収穫を迎えましたトマト、イタリア種の“フィオレンチーノ”の味見をしましょう。

はじめてのフィオレンチーノ

 カボチャみたいな形の断面はどうなっているの?さっそく輪切りにしてみた。

輪切りの断面

 ゼリー分少なく、果肉がつまって見えるけど、ちょっと綿っぽかったかな?

 小さく切って生で試食をしてみた。

味見してみた

 お!甘みがない。酸味もイマイチ。

 加熱をしよう。

肉と油いためにしてみた

 ということで、玉ねぎと豚の細切れとで塩味炒めにしました。
 仕上げに香り付けのドライバジルを振ってできあがり。

バジルをかけてできあがり

 これはうまい。
 トマトが溶けることなく柔らかでジューシー、味もグっとつまって旨みが高い。

 思わずビールを追加しました。





テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/01(土) 14:23:40|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 120

トマトの収穫

 4月に種から育てたトマト“フィオレンチーノ”がいよいよ色づきました。
色づいてきたトマト

 私のこぶしほどの大きい実もありますけど…
割と大きな実です

 病気にかかったものもいっぱい。
こんな病気や こんな病気も

 一見普通に見えていても、実は中を犯されているものもあります。
中をやられてます
 不作ですね、ダメです。

 一方、ミニの“アイコ”は、今が食べ盛り。
アイコは食べ盛り
 つやつやの完熟を摘み取って持ち帰ります。

 そして本日の収穫。
本日の収穫です
 トマトミックスとクウシンサイです。
 カボチャみたいな形のフィオレンチーノ、今から食べてみたいと思います。








テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/01(土) 13:05:48|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 592

インゲンマーボ

 収穫したてのインゲンでしたら、青さと瑞々しさを生かした食べ方をするのが作法というものでしょうが、今日のはそれと違いまして、大分くたびれたインゲンが主役です。
 採れすぎて食べ切れず、野菜室でしおれそうなインゲンをやわらかく茹でまして、油でしなしなになるまで焼き、そこへ残り物の麻婆豆腐を混ぜ込んで煮付けたのが今回のおかずです。

インゲンマーボー

 こいつで朝からビールを飲んで、あっさりと海苔の赤出汁でしめる。

朝の献立

 ここでご飯のお供に持ち出したのが紫蘇の朝鮮漬けです。
 ここから一時、先週にとびましょう。

 採れすぎて食べきれない紫蘇の葉を漬けて保存しようと企んだのがこの朝鮮漬けです。
 洗った紫蘇の葉っぱに、生姜、ニンニク、青唐辛子。
洗ったシソと香味野菜

 みじん切りのニンニク、唐辛子に生姜のすりおろしを醤油に混ぜこみまして、漬け地を作ります。
漬けだれをつくる
 お酢も加えてよくもみます。

 紫蘇の葉っぱを一枚一枚このたれにくぐらせながら、重ねて漬け込みます。
重ねて漬けます
 指で押してたれを行き渡らせまして、蓋をして冷蔵庫に収めます。

 それから一週間、よく漬かった紫蘇の葉漬けをご飯に巻いて食べるのです。
シソ漬けでご飯を巻いて食べる
 紫蘇の葉そのものが香味野菜でありながら、ニンニク、生姜、唐辛子の力を受けてさらにパワーアップ、薬効成分にすぐれた真夏にふさわしい、ご飯のお供です。香りも食欲をたすけます。

 きょうから夏休み、9連休をいただきました。初日からビールでとばしております。





テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/01(土) 11:30:24|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (45)
料理・食 (1832)
時計 (296)
家庭菜園 (343)
玩具・造型 (687)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (136)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (31)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR