FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 887

イングリッシュバーガー

 今年はじめて栽培に挑戦した、ビーフトマトなる品種。

ビーフトマトの種

 育ててみたら、こんなのができました。

ビーフトマト

 今日は、これを挟んだサンドイッチで朝ごはん。

 お材料はこちら。

パンと肉

 ビーフトマトに牛ひき肉。そしてイングリッシュマフィン。あとは塩だけ。シンプルにまいります。

 テフロン加工のフライパンに、油も引かず塩をひとつまみ叩きつけます。

塩を叩きつける

 全体に均一に塩が広がります。

 そこへ塩をふってこねた牛挽き肉をペッタンコにして焼きます。

お肉をジュー

 ヘラでジュー、お肉をジュー。ジュクジュクと汁と油がにじみます。

 ここでトマトを厚切りに。

ビーフの中身

 果肉が多く、水分量は少な目でしょうか。これがビーフトマト。

 お肉の片面が焼けたら、裏返し、余った空き地でトマトを焼きます。

肉を返してトマトを焼く

 肉の脂でトマトを焼く。しかし焼き過ぎは禁物、溶けてソースになっちゃいますから。
 厚切りトマトは、中は常温、外はほんのり溶けるくらいの両面焼きがいいですね。

 トマトも裏返したら、焼けたお肉をトマトにちょいと乗せ…

トマトにお肉をちょいとのせ

 焼いておいたマフィンではさみます。

パンで挟みます

 厚切りトマトを肉で食べる、つまり主役はトマトです。
 ケチャップもピクルスもマスタードも何もない、塩だけの調味。肉とトマトをストレートに食べるやりかたです。
 手づかみでおもいっきりガブリンチョしましょうよ。活きのいいトマトのうまみエキスが肉汁と共にほとばしります。
 こうなったら、これですよ…

マフィンバーガーでビール

 おビール。

 休日に農作業、そのあとの一杯はこたえられませんな。



 






テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/13(土) 13:57:27|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 180

ワケギの植えつけ

 今日も猛暑になるらしいので、涼しいうちに作業を済ませましょう。…ということで、朝6時の農作業。今日はワケギ(九州青色細葱)の球根を植えつけます。

 ニラの横に空きがあるので、沿わせるように一列に球根を置きました。

ワケギを並べて

 あとは指で一つ一つ、グイっと土に押し込みます。

指で押し込む

 深さは指が全部埋まるくらいですから、およそ5、6センチでしょうか。
 これでおしまいです。

 あとは収穫、3日前に来たばかりなのに、もう増えている完熟トマト。

ヘタまで届く赤さ

 ヘタの際まで赤くなった完熟物だけを収穫しております。

 しかし、病気の進行も早く、南側の数株はこのような状態になりました。

枯れ行くトマト

 哀れ枯れ行くトマトかな。

 一方、健常なほうはこうです。

元気な方のトマト

 やがてこちらにも感染するかも知れませんが、あと二週間で収穫も終わるでしょうから、そこまでもって欲しいものです。

 マクワウリが、全体的に黄色味を帯びてきました。

色づいてきたウリ 

 へぇー、こうしてみると結構実ってたんだなあ、10個ぐらいあります。一番黄色いのをひとつ収穫してみました。

 あとは乾いたところに水やりをして、本日は終了…と思っていたら、ジョウロに生命反応が!

ジョウロのカエル

 中に住んでいたのかよ。太陽にかざすとSF映画の場面みたいだ。

 このまま水を入れて溺れさせては可哀相だから、外に出してやったら

帰ってゆきました

 あわてて逃げてゆきました。

 作業はここまで。このあとコンビニでビールを買って帰ります。


 そして、今日の農産物です。

ウリをひとつ

 マクワウリが一つ。

 そして、トマトがいっぱい。

きょうの収穫

 中でも今日一番のトマトは、Tバック!セクシートマト。

セクシートマト

 Oh!セクシー。ケツ毛まではみ出てる芸の細かさ。








 



テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/13(土) 13:20:32|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生き物控 54

ハチが車内で大暴れ

 仕事の帰り、電車の中で大きなハチが大暴れ。

 乗客一人ひとりを品定めするかのように、この人、次は別の人と、順番に取りつく相手を代えている。特に太ったオバちゃんがお気に入りと見えて、前から上から、右、左とブンブン、ブンブン。オバちゃんパニクってハンケチで追い払おうとする。

 「あんまり逆らうと刺されるぞ…」 と内心惨事を期待していたが、この虫がほどなくハチでないことが判った。

 それは、私のポクポンにとまったからだ。


※虫の苦手な方は、ここまでになさってください。そうで無い方は〈続きを読む〉からどうぞ。スマホでは引き続き表示されてしまいますので、どうかご注意を。


続きを読む

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/12(金) 21:29:06|
  2. 金魚・生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 370

魔王を作ろう 12

 魔杖のつづきです。

 斧状の先端飾り、窓抜きに面取り、粗目で仕上げてこんな感じです。

こつこつ削った斧状かざり

 このあと、中央要〈かなめ〉部分にエポパテを盛って、軸との接点を設けましょう。

要部分を盛る

 同時に、棒の方の接点部分にもパテを盛り硬化を待ちます。

接続部の土台

 完全に固まりましたら、チューリップ型にヤスリで成型。花びらのアタリを鉛筆でつけます。

硬化ののち鉛筆でアタリをつける

 アタリに沿って彫刻刀で花びらを彫りました。

花びらの彫刻

 棒の方はこのくらいにしておきまして、今度は鳥の頭にかかりましょう。

 固まった要部分をヤスリで形を整えて、真ん中に穴を開け、針金を通し、鶏の頭の芯を作ります。

針金で芯を作る

 ここにエポパテを盛って、およその形を成型したら硬化を待ちます。

パテを盛って今回は

 次回、鳥の頭を作ってゆきます。

 今回はここまで。



テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/12(金) 12:01:47|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 886

ナスニラ炒め

 きょうの農産物料理でございます。

 おナスとニラ、豚肉をニンニク醤油で炒めたスタミナ料理でございます。

 もう簡単でございます。冷蔵庫にあった焼肉の残り物、これを細かく刻みましてニンニクとともに炒め、茄子を合わせ、お醤油、コップ半分の水、これらをガチャガチャ炒めまして柔らかくなったらニラを混ぜて仕上げです。

ナスニラ炒め

 これだけでよろしいんです。むずかしい調味料はございません。お醤油だけ。ニンニクとニラに強い個性味がありますから十分です。

とろけるナス

 肉の主張は小さいけれど、旨みとなってとろける茄子に染みています。

 ご飯にも、ビールにもよろしいかと思います。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/11(木) 14:51:50|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 179

ナスは若返るか?

 7月いっぱい実を生らし、私の胃袋を満たしてくれたナスが、だいぶ疲れてきたようです。

ナスが疲れてきました

 葉っぱも黄ばみ、枝も力のないものとなってきました。ここらで一つ、若返りを目的とした切り戻しを行います。

 枝の付け根近くにある若い新芽に期待を寄せて、その先はばっさりカット。

切り戻し

 そうしましたら、けっこうサッパリ、床屋さんの帰りです。

サッパリしたナス

 お次は根切り、枝の先端の真下あたりにシャベルを刺して古根を切ります。

ナスの根切り

 ナスの様な自立性植物の場合、多くは地面を境に地上と地下、同じくらいの面積を使ってバランスをとっているので、枝を短くした分、同じくらいの長さに根も切りそろえるわけです。そうしますと雨水がナスにとって丁度良いところに落ちるという設計になっているのですね。自然という神の設計です。このあと、鶏糞、化成肥料をまいて、茄子の作業はおしまいです。


 お次はトマト。
 トマトは絶好の鑑賞期にかかったころではありますが、何とジャングルのようにボサボサになってしまいました。

みだれたトマト

 先端の方の側枝は伸び、ところによっては支柱からはがれて、倒れ込む始末。
 今日はその辺を整理すべく、枝の刈り込み、支柱の修理、下葉落しを行いました。

整理したトマト

 整理しますと、見えてくるのが赤く熟したトマトの景色。

トマトの景色

 大粒がゴロゴロと下がる贅沢な景色、この景色見たさに種をまき、世話をし、育てるわけです。

 こちらはビーフトマト。

ビーフトマト

 色に黄色味があります。ハンバーガーに挟むやつだそうです。

 実着きはさすがにバラバラです。

見えてきた赤い果実

 一粒、二粒の枝もあれば…

実着きの良いところ

 5粒着きのところも。
 右下の彼をごらんなさい。

食い込みに耐える

 枝がケツに食い込んでいる。

 こんな嬉しいトマトの景色ですが、悪いものも進行していました。7月23日に見つけた青枯病が感染、拡大していました。

立ち枯病の感染

 一番目の株はすでに死、南に向かって二番、三番と感染しています。まあ、三番の株が一番南なので、ここで終わってくれることを祈るのみです。


 ここで給水ブレイク。

 これ食べてみてと、近くのおじさんが小玉スイカをガバっと割って半分くれたのです。

いただいたスイカのうまさ

 うはぁ!生き返る。(別に死にそうではないが…)
 朝の果物は冷たくてうまい!これが日中だったら、生温かいスイカをほおばる事となりましょうが、朝はイイです。上がりつつある気温とのギャップで、夜間に冷えた実がよけいに冷たく感じるのです。行儀悪く種を吹き吹き、汁をボタボタ垂らしての贅沢食いも野外だからこそ許されます。

 天然の水分補給を終えまして、次の作業に移ります。
 若ニンジンの収穫です。いわゆる間引きなんですが、私は食べます。

 混み合ったところを引き抜きますと、どうです、先週よりもだいぶニンジンらしくなっています。

若ニンジンの収穫

 こんなミニチュアニンジン、市場で売ってませんから、この機会に楽しむしかありません。

 しかし!そんな中。
 不自然に倒れている箇所があります。

不自然に倒れるニンジン

 …これは、もしや…と、あたりを掘ってみたら案の定。

ヨトウムシ登場

 丸々と太ったヨトウムシが出てきました。しかも二匹。
 しかし私は彼らを憎みません。彼らはただ生きていたかっただけなのですから…。なので、つまんで堆肥置き場にポイ!


 引き続き、若ニンジンの抜き取り作業をしてますと…こんどは、やや!

黒いつぶつぶは

 この黒いツブツブは、もしや?これは分かります。地上虫の証拠です。

 ほらやっぱり。

キアゲハの幼虫

 キアゲハの幼虫です。この前の図々しいやつの子どもでしょうか?

 しかし私は彼を憎みません、彼はただ生きていたかっただけなのですから。…かといって、このまま育てるわけにもいかないので、ニンジンの葉っぱと共に摘み、空を背景に外の景色に重ね…

モスラ

 モスラ。

 このあと別の原っぱにポイしちゃいました。

 
 意外に作業の多かった本日のメニュー。収穫物は以下の通り。

収穫トマトとウリ

 トマトいっぱい。

収穫ナス

 ナスはいったんここで終了。二期目の収穫を待つことになります。

収穫ピーマンの仲間

 そしてピーマンの仲間たちでした。


 ついでに、今日の讃える虫たちは“続きを読む”のほうに控えておきました。苦手な方もおられると思うので…では。






 








続きを読む

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/11(木) 14:43:37|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 369

100円ショップ恐るべし

 過日、映画『シン・ゴジラ』を観た帰り、立ち寄った100円ショップ“ダイソー”で見つけたおもちゃ。

100円ショップのおもちゃ

 車両が一両108円、直線線路8本入り、架線4台入り、これらがすべて108円。全部で648円!こりゃあ侮れませんな。

 さっそく茶の間に広げ、リモコンゴジラで遊んでみた次第で。

列車に迫る影

 列車に迫る影。

迫りくる巨体

 迫りくる巨体。

列車を蹴散らす

 ババーン! と声をあげながら遊ぶオヤジを女房と娘はバカにするかと思いきや、空気のように完全無視。何事もなく、それぞれ自分のことに淡々と集中している。

 うん、やりやすい。



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/10(水) 12:02:56|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 885

どじょうもどき

 またまた茄子の魚見立てでございます。

 今回はドジョウ鍋もどきです。
 タテに二つ割にした茄子を、端から細く切りまして土鍋に投入。

タテに切った茄子を火にかける

 土鍋には煮立ったお湯、醤油だけで味を加減してあります。

 ぐつぐつと煮えてきましたら、仕上げにパックの花鰹をひとつ。

花鰹を一パック

 熱い熱い!ブクブクと沸き上がるお茄子。

 ネギを盛って出来上がりです。

ネギを盛ってできあがり

 “どじょうもどき”でございます。
 さて、どこがドジョウなのでしょう?

 アツアツを掬い上げます。ふうふうしながら、トゥルンと口へ運び、ハフハフとやけどしながら食べる。

どじょうもどき

 この作法が同じなのです。

 今日のネギは青みの硬いところだったので不味かったですが、白身のいいところだったらもう少し美味しかったことでしょう。

 汗をかきかきとろける茄子を運び、冷たいビールでのどを冷ます。熱い冷たいの総攻撃に頭がおかしくなります。
 
 そこがいい。



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/09(火) 12:01:56|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理くらし控 41

小型扇風機

 「これ直る?」

 女房が獲物のようにぶら下げてきたのは、小型の扇風機。風呂場の脱衣室でつかっているやつです。
 樹脂製のフレームが割れて前面網が外れています。

持ち込まれた状態

 フレームの割れ方もひどい有り様。

枠がバラバラ

 これは接着剤ですむ話ではなさそうです。

 いったん丁寧に元の形を復元して、テープで仮止め。

元の形に整えて

 一か所ずつ接着材を用いても、これではすぐ剥がれてしまいそうなので、今回は溶接することにしましょう。

ハンダ鏝で溶接しました。

 断裂した個所をハンダ鏝で溶かして、見た目は悪いけどこのようにつなぎました。

見た目は悪いけど

 前面の網を嵌め、念押しに水道用の防水テープを巻きました。

防水テープでサポート

 どうですかね、これでもう少し使っていられそうです。

もう少し使えそう







 

テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/08(月) 12:02:06|
  2. 暮らし・修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 884

結果をだそう

 いきなりなんです?アナタ、結果をだせとは。

 スイマセン、ダジャレでしてね、西洋料理にケッカソースというのがあるらしいのです。材料はトマトとバジルというんですから、こらもう今日の収穫物にピッタシでしょう。
 さっそく真似してやってみた。

 まずはトマト、今年の品種は“おどりこ”です。湯むきをして断面を見てみましょう。

おどりこの断面

 ご覧ください、おどりこさんはゼリーが少なく果肉が多いでしょう?本来は種を取り除いて作るみたいですが、私は種ごとやっちゃいます。

 湯むきしたトマトを賽の目に切って、塩と胡椒に刻んだバジル。

塩コショウにバジルの葉

 オリーブ油をたらして、そっと混ぜ、トロみがついたら出来上がりです。

油をからめてトロミガついたら

 これがケッカソース〈Salsa Checca〉というんだそうです。

 今日は、焼き茄子にかけてみました。

焼き茄子にかけました

 ナスのサラダです。さっぱりしてジューシー、茄子を二個、ペロリと食べてしまいました。

 ここで緑のお料理をひと品追加です。

 家族が食べない万願寺と青紫蘇をなんとか大量に消費できないか?豚肉の力を借りよう。
 豚肉を醤油味で炒めてぶつ切りの万願寺。

豚と万願寺の醤油味

 醤油のほか、つぶしたニンニクがたっぷり入ってます。

 ここに大量の青シソを投入。

大量の紫蘇を投入

 一緒に炒めます。タイ料理のバジル炒めをヒントにしました。

 紫蘇が縮んだらお皿に盛って、胡麻をふり出来上がりです。

胡麻をかけて完成

 こいつも美味いですよ。ピーマンよりマイルドで種が美味い万願寺に豚肉、紫蘇がいい具合に香りを添えてモリモリ食べられます。

 以上二品、本日の農産物料理でした。

本日の料理

 どちらも完食したということで、結果は良好でよろしいかと思います。
 このあと、昼寝。







テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/07(日) 17:20:54|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 178

2016 冬支度

 連休最終日は、ほどよい曇り空。

夏休み最終日です

 朝の6時半、畑に赴いております。日差しが弱い分、作業がしやすくてありがたい。
 今日はちょっと大仕事、冬支度でございます。

 ここはジャガイモ、トウモロコシの跡地。

ジャガイモの跡地

 枯草や野菜の残さの置き場となっています。枝豆の跡地も同じような状態。
 今日はここに、苦土石灰をまいて酸化の中和、鶏糞堆肥、化成肥料を鋤き込んで、冬野菜の栽培地の支度をするわけです。
 固まった土を鍬で砕き、シャベルでせっせと掘り返し、やっとできたのがこの状態。

粗おこししたところ

 炎天下だったらきっと倒れて誰にも発見されず、一人悲しく干物になっていたに違いない。
 土はこのまま寝かせて、冬野菜の植え付け時に再び耕すことにします。

 場所を変え、ここはサツマイモの海。

サツマイモの海

 もう一面ツルだらけで、何がなんだかわかりません。周り中が侵食されてしまっているので、ツルをめくってまとめてきました。

ツルをめくりました

 これでナスにも陽が当たります。


 その他の野菜です。

 ピーマンは今日も元気。

ピーマンエース

 ナスもずしりと重い実を下げています。

ナスの重み

 トマトも赤いのがポツポツ目立つようになりました。

トマトの色づきが目立つようになりました

 マクワウリの葉をどけると、やや黄色味を帯びた実を発見。

黄色くなってきたマクワウリ

 完熟を待ちましょう。

 パプリカの一番大きいやつが変色を始めました。

パプリカの色が変わってきた

 赤くなるのが楽しみです。

 トマトの下のバジルを摘んでいたら、葉っぱに黒い点を発見、鶏のフンかな?と思ったら…

小さなカタツムリ

 小さなカタツムリ。かわいい。バジルのような香りの強い葉っぱもたべるんですね。

 ナスの下葉を手入れしていたら、ピョンと腕にとまる何か。

バッタの幼生

 まだ透き通ったバッタの幼生だね。カメラを向けても逃げないんだな。
 しばし眺めて可愛がり、おもいっきり可愛がったあと、デコピンでスッ飛ばしたことは言うまでもない。

 空芯菜を収穫していたら、毛皮の貴婦人が。

毛皮の貴婦人

 この暑いのに、毛皮のガウンにサングラスとは、おしゃれに余念がありません。

 こんな虫たちとのふれあい。私の前に現れる、これら小さな生き物たちを、私はゲゲゲの鬼太郎にあやかり“讃える虫たち”とよんでいる。


 朝の6時半から三時間の農作業、本日の収穫です。

収穫バジルとニラ

 バジル、ニラ、クウシンサイ。

収穫ピーマンとシソ

 ピーマン、青シソ。

収穫トマトとナス

 トマトにナスでした。











 







テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/07(日) 14:42:36|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 883

高級料理に挑戦

 今回は、夏休みを利用しまして、高級料理に挑戦してみました。

 一昔前、中国料理屋さんの最高料理と申しますと、鯉の丸揚げ野菜餡かけ“糖酷鯉魚(タンツーリィユー)”でございます。

 主役は鯉ではありませんが、贅沢に作ってみちゃいました。

今日は中華で

 今日は中華でございます。

 アツアツのお魚の一番太ったところに箸を入れますと…

箸を入れると剝きだす白身

 ホッコリとのぞく白身。

 持ち上げると…あれ?

種があるぞ

 種がありますよ?


 ごめんなさーい!ナスでしたー!

 
 ということでございまして、本日の農産物料理でございます。

 以前控えました“おふざけ料理”のバリエーションでして、今年も獲れました巨大な九州長茄子をお魚に見立てたお料理です。

 まず巨大長茄子をタテに真っ二つ。

大きな茄子を二つに割って

 威勢よく反り上がった姿勢を求め、カーブの外側を腹側に見立て、ピーラーで剝きます。

お腹に見立てて皮をむき

 続いて、茄子のお尻を魚の頭に見立てまして、エラ部分をカット。

えらの部分をカットして

 ボディには格子状に包丁を入れまして、鱗の表現。

格子に切れ目を入れたらば

 尾の先は細かく線を刻みます。

尻尾は縦に包丁目

 お目目は冷凍グリーンピース。

お目目はグリーンピース

 これでお魚の素はできあがり。

 これを水で溶いた小麦粉にくぐらせます…

天ぷら衣をつけまして

 というか、全体にぬぐいつけます。

 そして、熱した油で両面を焼きます。

両面を油で焼きます

 ちょっと多めの油で揚げ焼きといった感じです。
 丸揚げにできれば言うことないのですが、家庭なので油を節約しました。

 からりと焼けましたら、お皿にお盛り付け。

強めに焼いてお皿に

 背中合わせにしますとお魚らしくなりますね。

 ここに野菜甘酢餡をかけまして…

熱々の野菜餡をかけまして

 鯉の丸揚げもどきの出来上がりです。

鯉の丸揚げもどき

 野菜餡は、ピーマン、タマネギ、ショウガ、それから茄子の加工中にでた皮や切れ端など、それらを炒めて麺つゆ、ケチャップ、お酢、砂糖で加減した植物性100%の餡です。

 ということは本品は、精進料理と申してよろしかろうと思います。とにかく天ぷら衣が美味い。野菜だらけの中に油っけをもたらしてくれます。
 こんなインチキ料理ですが、美味しくて体にやさしいとなれば、それはそれでよろしいじゃあありませんか。



 











テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/06(土) 16:55:21|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 882

連休8日めは

 定番和食の朝ご飯です。
 ここ一週間、野菜ばかりだったので、そろそろ魚が食べたいなと、イワシの丸干しを焼きました。

鰯の丸干し

 頭から骨も構わず丸ごと食べられる焼き魚はここまでですねえ、知人に秋刀魚の塩焼きを頭から丸かじりする人がいますけど、見ている分には痛快ですが、私には硬くて無理ですね。

 もう一品は五彩とろろ。

五彩とろろ

 五種類の薬味野菜、紫蘇、茗荷、オクラ、モロヘイヤ、キュウリを細かく刻んで盛り合わせただけです。オクラとモロヘイヤだけは茹でて冷ましてあります。
 ここにお醤油をかけまして、グルグルかき混ぜますと、とろろ状態になります。

香りのとろろになります

 温かいご飯と一緒にほお張ると、香りの野菜飯となってガンガン箸が進みます。

 ナスは大振りに切って味噌汁に。

丸干し定食

 夏の朝定食、このあとシソジュースを一杯飲みました。
 
 今日も気持ちの良いスタート、体も喜びます。




テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/06(土) 10:44:44|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 881

赤しそジュース

 なんでも近頃、赤しそジュースが評判なようで、きのう採ってきた赤シソ一株で試してみました。

 まず茎から葉をむしり取ります。

赤シソの葉をちぎる

 形、大きさ、傷物かまわず、葉と茎に分けました。

 次に葉っぱの方を良く水洗いしまして、熱湯に投入。

熱湯に投入

 分量は適当です。目安は、洗い終わった葉っぱの量がちょうど収まるくらいの鍋を用い、そこに七分目の水を沸かすという程度でしょうか。

 およそ10分強、弱火でトロトロ煮出しましたら、あららら、葉っぱは青く、汁は紫になりました。

緑の葉っぱに黒い液

 ここから葉っぱを取り出し、汁気を良く絞り切り

汁を良く絞って

 ここで取り出しましたるは、去年の梅シロップ。つまりは甘い梅酢です。

 去年の梅シロップ

 こいつをトクトクトク…と煮汁に注ぎ込めば、見るも鮮やかな紅色に変わります。

鮮やかな発色

 これは紫葉漬けの時と同じ化学変化ですね、あちらは塩梅酢、今回は甘梅酢というちがいです。
 私は今回、梅酢でやりましたが、ネットでは砂糖とレモンですとか、リンゴ酢、クエン酸などいろいろな方法が紹介されています。

 味見をして酸味、甘味を確かめてみて、ちょっと甘味が足りないと思ったので、氷砂糖で加減しました。

氷砂糖で甘味の追加

 あとは冷まして出来上がりです。

 冷めきる前に我慢できず、試しの一杯をソーダ割にしてみました。

ソーダ割にしました

 どうですこの天然色素の美しいこと。これで、消化促進、血液サラサラ、抗菌消毒、老化抑制ときたら、文句がございませんな。

 ところでこれは単なるソーダ割ですか?

 ええ、もちろん焼酎入りです!

 トントンだなこりゃ。




 




テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/05(金) 16:41:48|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 880

味噌の天地返し

 夏休みの定例行事としまして、二月に仕込んだ味噌の天地返しがあります。

 さて、今年の出来はどうかな?と…

蓋をあけるとやばい匂いが

 蓋をあけたら ブハ!っとやばい匂い。廃屋の様な臭さ。
 腐っちまったかぁ!

腐っちまった

 今年は失敗じゃ、と思ったが、腐ったのは縁だけで、重しの下は甘い味噌が育っていました。

 したがって手間ではありますが、腐った部分を丁寧に取り除く作業。おたまとヘラでコツコツと。

腐り部分を取り除き

 悪い部分を取り除いたら、保存用の別容器に移し替えまして、ここで天地返し。

別容器に移し替えた

 ラップをして、焼酎で周りを拭き、ふたたび寝かせに入ります。

焼酎で消毒して再び収納

 本当はもう食べられます。しかも去年のとは味が違う。
 自家製ゆえの面白さです。





テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/05(金) 11:00:18|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 879

ゴーヤー竹輪のカレー風味

 連休7日め、朝一番は外に出てお日様を浴び、顔を洗う。びしょ濡れになっても構わず、ザブザブと洗えるから気持ちいい。

 太ったゴーヤーをもいで、タテ四つ割りにしたら、ワタを取って端から細切り。竹輪も同じように切って油で炒め、麺つゆと、ほんの少しのカレー粉をまぶしました。

ゴーヤと竹輪のカレー風味

 カレー味というのではないのです。目立たない程度のカレー粉が、ひと口、ふた口と箸を進めます。

 もう一品は、茄子と胡瓜の塩もみ。

茄子と胡瓜の塩もみ

 茗荷の紫葉漬けと繊切りの青紫蘇をつけました。練りがらしをつけてかじる茄子はまさに夏の味と香り。

 以上二品、これが今日の朝ご飯。

8月6日の朝ご飯

 主食はビール、今日もいい気なもんです。




テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/05(金) 10:30:28|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鑑賞記 14

シン・ゴジラ

 ミーン、ミーンと蝉の声、突き刺す日差しに目をしかめて汗をふきふき歩く。

夏の空

 夏休みはやっぱし怪獣映画だなぁー!

 と一人繰り出した劇場。お目当ては『シン・ゴジラ』

劇場ポスター

 公開中につき内容には触れますまい、感じたことだけ申し述べましょう。

 実に痛快、良いものを見せていただきました。“怪獣映画かくあるべし”を踏まえつつ、新しくも刺激的な娯楽大作でありました。
 常々思っていたのが、単なる展開バリエーションでなく、既存スターのお祭りでなく、かといって怪獣じゃない自然災害などが人類の敵となって主軸となるものでない、ちゃんと主役たる怪獣が登場する新しい何かはできないものか?ということであったんですが、この映画は見事それを実現してくれた大怪獣映画でありました。しかも、その名は“ゴジラ”大名跡であります。そんなゴジラブランドを活かしつつ、新しい驚異の大怪獣として描かれているところが震えるほどに嬉しかった。
 そして“日本とは何か?”が、深く考えられているところがいい。グローバル時代といわれる今だからこそ、その出自個性が大事であるわけで、この映画は“日本”についてとことん考え込まれているように見えた。
 日本製の本作は、ゴジラ保有国として世界に出せる、まさに“本家の逸品“と申せましょう。

 興奮冷めやらぬ帰り道、バスから望む情景にゴジラのイメージをはめ込み…

ゴジラのいる情景
<写真は創作で映画とは関係ありません>

 日本に生まれた喜びを、しみじみ感じ入るのでありました。


テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/04(木) 18:22:44|
  2. 視聴鑑賞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食味雑記 878

若ニンジンの衣焼き

 えー、早朝の農作業を終えまして、風呂に入って遅めの朝ご飯です。もう10時近くなってしまいました。

 本日の農産物より、若ニンジン、これは間引き菜なんですが、若くて軟らかいところを捨てるわけにはまいりません。
 小麦粉を水で溶いてまぶしつけ、多めの油でこんがり焼いた衣焼きをひと品。

若ニンジンの衣焼き

 葉っぱと根っこに分けました。人参は水分量の少ない葉っぱ、それを柔らかくしようと水で煮たりしますと筋が際立ち余計に気になるわけで、むしろ焼いて固くしたほうが、カリカリと歯触りもよろしく、おいしくいただけますね。

 もう一品は和え物で、モロキュウ。
 モロキュウと申しましても、居酒屋などでおなじみのアレではなく、モロヘイヤとキュウリの和え物です。

モロキュウ

 茹でて冷まして叩いたモロヘイヤに納豆、麺つゆで混ぜますと糸を引きます。それを千切りのキュウリに和え、多めの芥子でツンと辛みを効かせました。

 そしてエダマメの最終組は塩茹でで。

最終組のエダマメ

 これが今日の朝ご飯。

8月4日の朝ご飯

 野菜だらけでビールを飲む。

 これって、体にいいのか悪いのか? …そういうことは考えない方がいい。

 美味しいと思おう。



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/04(木) 14:19:04|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 177

連休6日めは

 畑からはじまります。

8月4日の空

 朝の五時半です。
 涼しいうちにと畑にくりだし、採れたての農産物を朝ごはんに迎えようという魂胆です。

 日差しは強いが、大地は冷えているから、野菜の中にしゃがみこむと非常に気持ちがいい。

 朝日を浴びるナスの景色。

 朝日に茄子

 輝くトマトも美しい。

朝日に輝くトマト

 ついでに輝く小虫。

宝石みたいな虫

 宝石みたいだね。

 ぐんぐん伸びるモロヘイヤを下から見上げたら

モロヘイヤの林
 
 森林浴をしているよう。

 そしてサツマイモの波が葱を襲う。

サツマの波がネギを襲う

 こでじゃあネギが苦しむので、ツルをめくって生え際の方にたたんでおきました。

 いつの間にか大きく広がったマクワウリに実がちらほら覗くようになりました。

マクワウリがちらほら

 何にもしない放っぽらかし栽培でしたが、よく生ってます。

 ああー!雨でやられたか、パプリカの“ガブリエル”が折れて倒れてます。

大雨で折れたガブリエル

 折れた枝には…

折れた枝には

 若い実がゴロゴロ。
 食べるしかありませんね。

 そして、エダマメの最終組を収穫して、本日は終了。

エダマメ最終組

 カゴがいっぱいになりました。

 それでは本日の収穫物、エダマメ、赤シソ、モロヘイヤ。

収穫エダマメ、葉物

 若ニンジン。

収穫若ニンジン

 ナス科の御一行様、ナス、万願寺、ピーマン。

収穫ナスとパプリカ

 つづいて若パプリカにトマト。

収穫物のとまと、パプリカ

 トマトは、“おどりこ”を中心に育てていますが、今日はじめて“ビーフトマト”というやつがひとつ獲れました。
 ビーフは色が“おどりこ”よりオレンジに近いようです。

ビーフは色がちがう

 それとも早く取りすぎたか?

 トマトの中にはこんなヤツも…

鼻の高いトマト

 鼻の高い天狗野郎。

 それでは、収穫物で朝ごはんとまいりますか。








 






 


テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/04(木) 13:54:49|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金魚の部屋 22

らんちゃんチュウリン一か月

 さる6月30日に迎え入れた、今年生まれの金魚 “らんちゃん”と“チュウリン”。

 ウチに来たときはこんな感じでした。

家に来たころ

 まだフナ色の親指ほどの可愛らしいこつぶちゃんでした。

 あれから一か月、きょうも元気ならんちゃんチュウリン。デカくなったねえ。

おしりふりふり泳ぐ二人

 背中もたくましく盛り上がってきて大人になりつつありますが、顔はまだ子供。あどけないクリクリお目目です。

らんちゃん前から

 大きいほうのらんちゃんは餌を喰うのが早い。

らんちゃん上から


 小さいチュウリンはいつも遅れがち。

チュウリン前から

 だから優先的に餌を落としてやっている。

チュウリン上から

 病気にならず、ひとまず梅雨時を乗り切った。

元気ならんちゃんチュウリン

 このあと暑い八月も、元気に過ごして欲しいものです。

 もう可愛くてたまらない。





 





 


テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/03(水) 11:10:31|
  2. 金魚・生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 877

ごみなし定食

 連休も5日目、中日〈なかび〉でございます。つまり半分終わってしまったと申しますか、まだ半分残っていると申しますか、ここはまあ、気の持ちようということで。

 今日も早起きでした。夜中に大雨が降ったせいか土の潤い、風が涼しくて気持ちの良い朝です。

 今朝はまず、捨てられそうになっていた鶏の皮を細く切りまして、小型のフライパンにならべて弱火にかける。その間に小粒のジャガイモの皮をむく。煮干しのだし汁にむいた芋を丸のまま煮込んで、今日の味噌汁に。

イモの味噌汁

 煮あがりに西洋野菜のビタークレスを一株加えました。

 フライパンの鶏皮は、たっぷり出した自分の油でキツネ色に香ばしく揚がっています。こいつを茹でて冷ましたオカヒジキと繊切りのキュウリで和え、ポン酢しょうゆをかけました。

鶏皮オカヒジキ

 鶏皮オカヒジキのポン酢和えとなります。
 キュウリ、オカヒジキといったサッパリしすぎるコンビに、鶏皮という油キャラが良く合います。

 そして剝かれたジャガイモの皮、これも捨てません。皮は水気を取ったら鶏から出た油で揚げるように焼きます。お箸で持ち上げてクタっとならず、軽く感じられるようになれば出来上がりです。

ジャガ皮の鶏油揚げ

 塩とドライバジルを振りかけました。味の濃いポテトチップスといった感じで、鶏の油で揚げているからコクがあって美味。

 以上、このようにやりますとゴミはでません。唯一、ジャガイモの傷んだ部分を少し捨てることになりました。
 材料を残さずいただく “ごみなし定食”でございます。

ごみなし定食

 大地への感謝をあらわす、食べきり料理です。

 しかし食べてみて、ビタークレスの根がどうしても硬くてまずくて食べられず、ゴミがひとつ増えました。





テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/03(水) 10:01:11|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 368

ゴジラの修理

 新作映画のゴジラがずいぶんと盛り上がっているようで、ファンとしては嬉しい限りなのですが、いざ自分が観に行くとなると映画館は空いててほしいという身勝手な思いを抱くのもこれひとつの心理でございましょう。

 そんな刺激もあり、自宅のゴジラで遊ぼうと、リモコンゴジラを持ち出しましたが、こいつが歩きません。

歩かなくなりました

 長いこと放置していたせいでしょうか。
 品物はノスタルジックヒーローズより復刻されたマルサンのリモコン歩行ゴジラです。

 
 それでは修理をしましょう。

 天中線から接着面を割りました。

分解しましょう

 胴体内部の配線状態。

胴内配線

 眼球茶色線が外れていたので結びなおしました。

 そしてリモコンです。

 電池受けマイナス側。

電池ボックスマイナス側

 黒くすすけていますので、外してきれいな銅線を出しまして、結びなおし。

剝いて結びなおします

 お次は電池プラス側。

プラス側は大丈夫

 こちらは大丈夫そうです。

 …と、これで配線は修復できたはずなので、胴体を合わせてスイッチオン。

動きました

 動きました。光る眼がうれしい。目には眼球代わりの球面プラを内側から接着してあります。ま、球面プラと申しましてもペットボトルの底を切り抜いたものですが。

 あとは外装の修復です。

 破壊して合わせなおした胴体の隙間をポリパテで埋めまして

ポリパテで隙間修正

 固まったところを紙やすりで均し

ペーパーで均し

 塗装を直して出来上がりです。

塗装をなおして出来上がり

 色味はブルーグレーにシルバーを吹き付けたおもちゃ仕様です。

マルサンのゴジラ

 似てなくとも、何とも懐かしいこのプロポーション。鼻先から尻尾に至るスラリとしたS字ラインに極太の脚。マルサンゴジラのスタイルです。子供のころ最高級のおもちゃでした。

バストショット

 腕を失い、脚を失っても遊びつづけたものです。
 しかし、今思うと腕や足を失うということが信じられない。外れておもちゃ箱に紛れたまま、胴体だけで遊んでいたのでしょう。雑な子供でした。

アップ

 目の光は麦球ひとつなので少々弱いかな?とおもいましたが、こうして見るとちょうど良さそうです。

遊びのイメージ

 これでまた遊べます。
 おもちゃの最高峰マルサンの電動ゴジラで遊びましょう!


















テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/02(火) 18:45:51|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 876

B.G.E.

 B.G.E.? って何です?

 ベーコン・ゴーヤ・エッグです。ゴーヤーとベーコン、玉子を塩味で炒めたものです。

ゴーヤベーコンエッグ

 くだらん。

 そうおっしゃいますがベーコン・レタスのサンドイッチを“BLTサンド”っていうじゃあありませんか。

 あのな、なんでもABCの頭を取ればいいってもんじゃないよ。

 じゃあ仮名でとりましょうか?

 仮名で?

 ええ。
 …となりますと“ベーゴーエ”となりましょうか、“ゴーベエ”でもいいですよ。
 はい、こちらがミニカレーとチューハイをお付けした“ゴーベエランチ”でございます。

ゴーヤベーコンカレーつき

 ベーゴーでもゴーベーでも、もう、どっちでもいいです。
 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/02(火) 16:15:26|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 875

健康定食

 連休4日目です。

 今朝は青物、空芯菜をオリーブ油で軟らかく炒めたのがおかずです。

クウシンサイの塩炒め

 味は干しエビのだしと塩だけ、とてもシンプルなものです。

野菜で米を食う

 青菜の塩炒めで、柔らかめに炊かれたご飯を食べる。こんな草みたいなもんで飯が食えるか!いえいえ、これが中々よろしくて白いご飯の持ち味が濃く感じられるのです。

 ときどき酸っぱいしば漬けをかじりながら、本日の朝ご飯。

朝の定植

 名づけて“健康定食”。
 今日はお酒はありません。ついでにニンニクも使いませんでした。

 なぜなら…

 今日は病院の診察があるからです。

 なんだよ、健康じゃねえじゃねえか!


テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/02(火) 15:47:00|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウンペラータ日記 7

夏の威力

 前回7月18日の記録がこうでした。

葉っぱが増えてきました

 あれから2週間ほど過ぎた本日8月1日は…

葉っぱがぞくぞく誕生

 どっひゃぁー!葉っぱすげぇ!

 これぞ夏の威力ともうしましょうか。

 葉にハリがあって瑞々しい。

瑞々しい新葉

 そして、まだまだ幼い予備軍も出番をじっと待ってます。

まだ芽が出てます

 5月に切り落とされた小枝からあふれる生命。
 
 素晴らしい。






 

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/01(月) 15:51:22|
  2. 花・園芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 874

シソ焼きそばは醤油味で

 たくさん獲れた紫蘇の葉を、新鮮なうちに食べたいと、思いついたのが焼きそば。

シソ焼きそばの材料

 たっぷりの紫蘇の葉と、麺、ニンニクと唐辛子です。

 スライパンに油を熱して、麺とニンニク、唐辛子。
 
油に麺と薬味

 しばし放置、この間に大量の紫蘇を刻みます。

 刻み終わったころにはこのように…

焦げてもかまいません

 麺においしい焦げ目がつきます。
 
 ここへお酒を回しかけますと、威勢よく上がる蒸気。
 すかさずかき混ぜます。

酒を入れて混ぜる

 蒸らすように麺をほぐしながらかき混ぜます。

 麺がしっとりしたら、お醤油と紫蘇の葉を加えて、またかき混ぜます。

紫蘇と醤油で混ぜる

 じゃんじゃんかき混ぜまして、味を見、仕上げ醤油を回して

さっくり混ぜて出来上がり

 出来上がりです。

 青紫蘇のニンニク焼きそばでございます。

紫蘇焼きそば

 麺は“はつかり麺”の“川越太めんソース焼きそば”、ですが添付のソースは使いませんでした。今回はお醤油で。

 カリっと揚がったトウガラシのうまさ、香ばしさ。

太麺の食感

 口の中が大やけどしたかのように焼ける中をほおばる焼きそば、それを冷却させるべく氷の入ったチュ-ハイを飲む。

チューハイで

 今日のチューハイは、ほんのりピンク色。

 葡萄ですか?

 いいえ、しば漬けの汁です。











テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/01(月) 15:39:34|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花ごよみ 5

チコちゃんの花

 いつからウチにいるのかは、もう忘れました。

 少なくとも12年は経っています。

 サボテンのチコちゃんです。

チコのつぼみ

 久しぶりに蕾をのぞかせています。

 今にも咲きそう。

今にも咲きそうです

 テンペラー星人の手みたいです。

 なんてふざけていたら、夕方見ると…

チコちゃんの花

 きれいに咲かせてました。
 濃いピンクのグラデーションも透明感も自然が作った美、やがて枯れてしまいます。
 時の流れの中に輝く一瞬を、ここに控えておきましょう。

テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/01(月) 14:12:17|
  2. 花・園芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 873

茗荷豆腐

 夏休み三日目の朝でございます。

今日は曇り空です

 今日は曇り空、家族も出かけるということで、私は一人、老犬と家でゆっくり休日を過ごしましょう。

 朝の支度はまず、刻んだ青紫蘇と茗荷を木綿豆腐にかけた“茗荷豆腐”。

茗荷豆腐

 お醤油と胡麻の油をひと匙かけてあります。

 それとオカヒジキと竹輪の煮物。

オカヒジキの煮物

 竹輪に塩みがありますから、味付けは極控えめです。
 竹輪の弾力とオカヒジキの歯切れの良さがたのしいコントラストになります。それと意外な発見、竹輪と人参を一緒に噛みしめると、茹でたトウモロコシの様な味になるんですね。おいしいです。

 そしてご飯を少し。

ご飯を軽く

 自家製の紫葉漬茄子で夏を感じます。

 こんなメニューで冷酒を一杯。

8月初日の朝ご飯

 ええ、今日もいい御身分です。



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/01(月) 12:35:31|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (45)
料理・食 (1832)
時計 (296)
家庭菜園 (343)
玩具・造型 (687)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (136)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (31)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR