柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 427

童友社 ざしきわらし 22

 お地蔵様の笠をこしらえています。

 塗装のラッカーが乾きました。

良く乾いた笠

 ここで持ち出しましたのは、割りばしほどの太さに割いた竹です。

細く割いた竹

 これを小刀で薄く割きます。

薄く割きます

 こんどは太さを半分に割きます。

細く割きます

 お次は、さらに薄く剥きます。

さらに薄く割く

 ほとんど青い皮だけ状態に薄く剥いた材料を、筆の軸などを使って曲をつけます。

曲をつける

 このあと、なにか寸法の基準を設けて二重の輪っかを作ります。

基準を設けて輪を作る

 今回はニスの蓋を基準にしました。

 輪っかを木工用接着剤で固めたのち、木綿糸で二か所を結んで曲げわっぱみたいな物をこしらえます。

糸で結んで輪を作る

 木綿糸は結んだ後に瞬間接着剤を含ませて固めてあります。

 これを5個作りました。

5個作りました

 この竹の指輪は、笠の内側、頭に乗せる部分となります。

 次に取り出しましたのは、100円ショップでみつけたクラフト用の紙紐です。長い紙縒りです。

クラフト用の紙紐

 これを先ほど作った輪っかに二か所結んで、両端を垂らします。

輪っかに結んで左右を垂らす

 顎にかける紐となります。

 ここで、万能接着用グルーガンを持ち出しまして…

グルーガン登場

溶けた樹脂で、輪っかを笠の内側に接着。

笠に接着します

 てっぺんの赤い和紙部分と向きを目検討で合わせるのが難しかったです。

 これでオッケー、笠を5枚こしらえました。

笠の出来上がり

 丸い輪っかを頭に乗せて、あご下で結ぶ構造です。

ひとつ足りないよ

 気分はすっかり、笠地蔵のおじいさん役です。

笠を5枚作りました

 次回はわらしさんの腹掛けを作りましょう。

 今回はこの辺で。

 















 


スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/31(金) 11:45:21|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食味雑記 1075

B.E.U.〈ビーイーユー〉

 なあに?それ。

 “ベーコン・エッグ・うどん” です。

 小鍋に一人前のおつゆを煮立てて、茹で麺と葱、野菜を投入。

出来たおつゆに麺と野菜

 しばし動かさないで煮立てます。
 おつゆは関東好みの醤油勝ち、茶色いやつです。

 頃合いに煮上がりましたらどんぶりへ。

醤油煮込みうどん

 シンプルな醤油煮込みうどんです。うどんがほんのり醤油に染まるくらいが好みです。

 並行して焼いておいたのがこちら。

炙りベーコンに卵をおとし

 ベーコンを炙って玉子を落としたベーコンエッグ。
 白身に火が通って、黄身が生加減の頃合いで、煮込みうどんにドンとのせる。

ベーコンエッグをトッピング

 ここは唐辛子よりも黒胡椒がいいでしょう。

 B.E.U.〈ベーコンエッグうどん〉です。

 思いつきの気まぐれでやってみたけど、これが意外においしいの。

意外に美味いベーコンうどん

 ベーコンの肉系あぶらが染み出て、醤油味のおつゆが和風とラーメンの合いのこのような風味になるんです。そして、卵の白身の油に揚がった茶色いヘリが、そのおつゆを吸うとこれまた美味い。

最後に黄身をつぶして

 残りが少なくなったころ、黄身をからめてコク味うどんに。
 和風醤油、ベーコン醤油、黄身マイルドと、三段変化のおつゆが楽しいB.E.U.。
 私の定番になりそうです。




テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/30(木) 11:44:52|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1074

鰈〈かれい〉の煮つけ

 たまには煮魚もいいでしょう。とんとご無沙汰であります。
 冷凍の鰈の切り身があったので、凍ったまま強火で一気に煮つけました。

カレイの切り身を強火で煮つける

 私は牛蒡が食べたかったが、女房が葱を要求するので、両方入れちゃいました。

 青菜のお浸しを添えまして、夕ご飯。

青菜のお浸しを添えて

 私の主食は、おビール。熱燗もよさそうだけれども、今回はおビール。

 お魚の煮え加減も良い塩梅で、凍ったまま煮つけたせいか、煮汁は外にまとうだけ、中はほっこり白身をキープ。冷凍魚もバカにできません。

身離れがよい白身

 身離れも良くて、小骨もないから食べやすい。余りにも甘ったるいタレですと、おビールがまずくなりますが、自分でつくれば甘さ控えめに加減もできるというもの。

 子どものころは、鰈や鱈が苦手でしたが、大人になると不思議と好きになるものです。





 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/30(木) 11:11:55|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1073

ソース焼うどん

 焼うどんと申しますと、我が家は決まって醤油味です。
 若手のころ、飲み会の二次会で行くスナックでは、分厚い歌詞本をみながら人前で歌うカラオケ、そしてウイスキーの水割り、おつまみは醤油味の焼きうどんでした。そんな記憶がそうさせたのか、私が作る焼きうどんは決まって醤油味でした。

 今日は、ふと思いつきまして、お祭りの焼きそばよろしく、ソースでやってみたくなったのです。

 毎度のことですが、私のこだわりなきズボラ料理です。
 テフロン加工のフライパンに、市販のゆでうどん、細切りベーコン、玉葱せん切り、キャベツの外葉のきざんたやつをセット。油を回しかけて点火です。

フライパンに乗せた具材

 ここで普通はお湯を注したりするのでしょうが、私はしないでしばらく放っておきます。べちゃべちゃしたのは、あまりよろしくないですね、スカっとしたのが好みです。

 やがて熱で麺がほぐれてきます。
 お箸で全体を混ぜ合わせまして…

ほぐれたらしばし焼く

 またしばらく放っておきます。やがて焦げた玉葱がおいしそうな香りを放ちます。
 裏返してみますと、カリっと香ばしくから揚げ状態になるところが部分的にできています。

香ばしい部分を作るんです

 これが狙いです。
 ここでウスタ^ソースをまわしかけ、粗びきの胡椒をたっぷりと、味付けはこれだけです。

ウスターソースをかけて

 あとは全体に染みわたるように混ぜながら、チリチリ、チリチリと焼きつけまして

ソースを染み込ませる

 一気にあおって、水分を飛ばして出来上がりです。

ソース焼うどん

 お祭りの夜店みたいな香りに包まれて、ソース焼うどん完成です。
 ホント、簡単でございます。

 やはり、ここはビールですね。

ビールとともに

 お湯を注していないから、べちゃついておらず、カリっと上々の出来でした。

焼きは固いほうがいい

 やっぱり焼きうどんですから、水っぽいよりカリっとドライな方がいいです。
 そのほうがビールがよりおいしくなると思います。







テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/29(水) 21:11:42|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 122

UNIVERSAL GENEVE

 壊れた時計です。

1-こわれたユニバーサル

 外観は、それほど傷んだ様子はありませんが、時計は止まっています。

2-裏面

 裏には二種類のナンバリングがされていますが、意味はわかりません。

 裏蓋の内面には、メーカー、材質、生産国が刻印されています。

3-裏蓋内面刻印

 動力ゼンマイが悪いのでしょう、りゅうずを巻き上げますと“シャン!”と鳴って、すぐゆるくなるのです。

4-りゅうずが空回りします

 ベゼルを外してみますと、見事な薄仕立てとなっております。

5-見事な薄造り

 上からムーブメントを組み込む上開け構造なので、裏蓋を小さく取って、残った肉をぎりぎりまでそぎ落としています。

 そっと文字板ごとムーブメントを取り出します。

6-UNIVERSAL_1-42.jpg

 真ん中へんに彫られている数字が機種番号でしょうか?
 “1-42”で調べてみましたら、いつものサイトに載っていました。

http://www.ranfft.de/cgi-bin/bidfun-db.cgi?10&ranfft&&2uswk&Universal_42_1


 UNIVERSAL 1-42 、1975年、21600振動/時、17石となっています。

 中受けを外してみました。

7-中受けを開けてみました

 部品の一部に緑青が吹いていますが、この辺は掃除すればよろしいでしょう。

 問題は香箱(動力ゼンマイが入っている平筒型部品)です。どんな感じか?

8-香箱の中

 蓋を開けたら、所見異常なし。
 ゼンマイを取り出しますと…

9-ゼンマイのツッパリが折れてました

 やはり、外周のツッパリが切れてました。ゆえにストッパー不在のため、ゼンマイはいつまでたっても空回りと、そういうことでした。

 さて、どうしたものか?本来であれば、同じ型のゼンマイを買って交換すればよいわけですが…
 次回、ちょっと荒技を試してみましょう。











 

 


テーマ:腕時計 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/29(水) 11:51:32|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜日記 7

開花一号

 寒の戻りで開花に待ったのかかった僕の桜、きのう<3月28日>の状態がこちら。

前日の状態

 そして本日3月29日、ついに開花一号となりました。

朝陽に桜

 朝陽を背に輝く桜花。

開花第一号

 花が咲いただけなのに、不思議と心がうれしくなります。
 不平不満を抱いて生きている人の薬になればよいのですが。

上半分はまだです

 上半分は、このような状態ですから、もしかしますと週末あたりが見ごろになるかもしれません。
 酒、買っておかなけりゃ。



テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/29(水) 09:01:29|
  2. 花・園芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1072

戸田九 いわて盛岡 冷麺

 ふだん、季節の物を食べましょうと推奨しているくせに、今回は寒いにもかかわらず冷麺でございます。

戸田九のいわて盛岡冷麺

 2人前の家庭用生麺、スープつきです。こいつにおかずをいっぱい乗せて、ビールを飲もうという企みです。
 茹でて冷やした麺、そう、水の冷たいこの季節の方がよく締まります。
 そこへ、牛肉の小間切れの焼肉、キムチ、キュウリをふっさりとトッピングしました。

焼肉キムチをトッピング

 こんな完成図でございます。
 焼肉を冷たいスープなんぞに浸けたら、脂が固まってまずいだろう!ご指摘ごもっともでございますけれども、熱いうちに、上の方をちょいとつまんで、キムチといっしょにビールのおつまみ。

焼肉をつまんで

 漬かった部分は冷しゃぶサラダみたいな感覚で麺と一緒にいただくのです。

麺はモチモチ弾力麺

 その麺の弾力が凄い。輪ゴムみたい。かといって嫌味じゃないから面白い。

 2食のうち、第1回は焼肉キムチ、ビール付きでございました。

ビールとともに


 そして別の日、第2回目は、辛口千切りサラダ麺にアレンジ。

 きゅうり、ショルダーベーコン、水菜、ネギ、薄焼き玉子をすべてせん切りにしまして、胡麻ラー油と豆板醤で和えました。

せん切り野菜のラー油あえ

 これがトッピング種〈たね〉。

 冷たい水で締めた麺に添付のスープを希釈してかけたプレーン状態がこちら。

盛岡冷麺プレーン

 ここにサニーレタスとさきほどのせん切りサラダをのせまして出来上がりです。

辛み冷麺

 豆板醤とラー油をさらに追加して、辛さアップ。
 冷たくも旨みの濃いスープをレドッシングにして辛み野菜と共に麺を吸い上げる快感。昭和の冷やし中華の麺をより強固にして、スープをあっさり飲みやすくした感じであり、春雨サラダをボリュウムアップして主食に押し上げた感じでもあります。

思ったほど辛くありません

 しかし、辛みにつきましては思ったほど辛くなく、パンチの弱い平凡な結果に終わってしまいました。

 そして今回も、一袋二人前をひとりでいただくことになりました。
 それはなぜか?

 家族が食べないからです。







テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/28(火) 11:49:25|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 426

童友社 ざしきわらし 21

 わらしさんのお色付けをしております。

 前回までの作業で、ここまで出来てます。

わらしの下塗り

 今回は、手足、衣類に薄墨をにじませまして、陰影をつけました。

手足衣服に陰影をつける

 目のまわりにも薄墨でボカシを入れまして…

薄墨をにじませる

 瞳をさして、全体をつや消しクリアーで包んだら、わらしさんの彩色あがりです。

彩色終了

 このあと腹掛けをこしらえるわけですが、使う材料や道具が変わりますので、それは後回しにさせていただきましょう。

 さて、お次はお地蔵様にかける笠です。

 複製した笠を並べてエアブラシでベージュを吹き付け、てっぺんの和紙部分を赤で塗りました。お正月向けとして、おじいさんが編んだ笠なので、おめでたい赤にしたのですが、貧乏という設定のおじいさんが赤い和紙を持っていたかどうか?疑問になるところですが、まあいいでしょう、彩りになります。

笠の塗装

 乾燥ののち、刷毛で二度塗りです。

刷毛で二度塗り

 はじめから刷毛塗りをしますと、刷毛の物理的圧力で、下地のサーフェーサーが溶けだしてくる時があるのです。ゆえに、下塗りは吹付けで行いました。

 笠の本体は、竹や藁といった自然素材ですから、工業製品のような一律の単色ではないはずです。したがいまして、白と茶色を脇に置きながら、微妙な濃淡をつけました。

次回まで乾燥させます

 このまま乾燥させましょう。

 次回は笠の仕上げです。
 今回はここまで。






テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/27(月) 11:20:42|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1071

配合唐辛子2017

 お祭りの屋台などでもおなじみ、軽快な口上で種々の粉末を合わせてゆく配合香辛料ともうしますと、お江戸七色唐辛子、通称七味〈しちみ〉。私のは五種類配合で、五徳唐辛子とよんでおります。→食味雑記758

 熊本産の、皮まで食べられるという触れ込みの夏みかんが手に入りましたので、皮をカリカリに干しまして、今年の配合にまいりましょう。

 材料はこちらです。

五種類の材料

 夏ミカンの皮に二種類の唐辛子、縮れた細いほうがジャワ、太いほうが韓国甘口。どちらも自家栽培の無農薬です。ジャワは大辛ですが、韓国はドライトマトのように甘く、フルーティな香りがします。
 小さい容器、手前が煎り胡麻、奥の粒々はコリアンダーです。前回はここに四川花椒が座ってましたが、今回はコリアンダーと選手交代。

 まずは材料のお掃除。
 汚れや傷んだ部分を丁寧に取り除きます。

汚れた残骸

 ミルにかけまして、粉にした材料がこちら。

粉にした材料

 一種類ずつ、ふるいにかけまして、大きいものは除いてあります。

 これらをよく混ぜて出来上がりです。

よく混ぜてできあがり

 良い香りです。

 具なしの味噌汁をこしらえて、味見です。

味噌汁で試食

 上出来でした。
 コリアンダーが効いて、後味が爽快です。スースーします。

 こちらが今年のラベルとなります。

とうがらしラベル2017

 “徳其の三”を“上州八朔”から“川野夏橙〈かわのなつだいだい〉”に、それと“徳其の四”の“四川花椒”のところを“胡荽〈コスイ〉”に入れ替えました。
 もちろん売り物ではありません。自家用遊びのラベルです。




 





テーマ:ハンドメイド - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/26(日) 16:18:20|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜日記 6

冷たい雨に打たれて…

 明日咲くか?今日咲くか?と動き始めた僕の桜ですが、ここまで来て…

ここまでほころんだが

 開花延期です。

 今日は冷たい雨、しかも冬日です。

冷たい雨に打たれて

 季節が移ろわなくなりました。
 暑くなったり寒くなったり、ノコギリ天気には、ほとほと疲れます。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/26(日) 15:36:23|
  2. 花・園芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1070

ひからびのたいたん

 また干からび大根ですか。

 はい、しわしわに干からびております。
 わたくしのアソコのように萎びております。

 アソコってどこや?

 手首でございます。

 手首なら手首とおっしゃい。ぼかすところじゃなかろうに。

ひからび大根

 しなびた大根は皮ごと端から3ミリ程度の薄切りにします。

油で焼きます

 それを油で焼きまして、香りづけにネギの青みを加えました。

水に調味料

 お水控えめ、お砂糖控えめ、お醤油控えめに加減しまして煮ます。ダシのたぐいは入れません。大根、ネギ、醤油の香りで仕上げます。家庭お料理はダシに頼らなくてよろしいと思います。素朴がいい。

 やがて汁気が少なくなって、べっ甲色になったら煮上がりとなります。

煮上がりです

 ひからびのたいたん、出来上がりです。

ひからびのたいたん

 “たいたん”というのは“炊いたもの”つまり煮物を示す京都の言葉ですね。

 瑞々しい新鮮な大根とは、ひと味違う、水分の飛んだ干からびの味。

干からびゆえの美味しさです

 大切な今朝のおかずとなりました。

たいせつなおかずです

 毎回もうしておりますが、どうか、干からび大根をお捨てにならず、工夫して召し上がってみていただきたいものです。

 干からびた亭主もどうか、お捨てにならず、使い道をお考えいただきたいものです。




 








テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/26(日) 15:20:01|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1069

 袋そばの味

 電車にまだ扇風機がカラカラと回っていたころです。
 東京の下町、亀戸駅、東武線から国鉄(当時)に乗り換える途中にあった立ち食いのそば屋。
 茹でおきの麺が入った丼がトーナメント表のように積み上がっていて、注文が入ると一つ取って、おつゆをザバっとかけてサッと出す。数秒の早業でありました。50円のファーストフード“かけそば”。ぺったんこの天ぷらを乗せると80円でしたっけ。
 上等でも、高級でもない、それでいて美味しい立ち食いのお蕎麦。茹でおき麺の弾力が時おり恋しくなります。

 二玉入りの袋麺を買ってきました。

 私のやり方は超カンタン。
 小鍋に一人前のおつゆを作ります。醤油濃いめの下町好み。
 火が点いたまま、その鍋に茹で麺、象眼に切った葱、豚の細切れ肉を入れて動かさない。

小鍋にすべてを投入

 一人前のおつゆは量が少ないから、麺をほぐすと冷めてしまいます。
 おつゆが再び沸いてきましたら、いよいよほぐして、ひと混ぜしたら出来上がりです。

煮あがりです

 どんぶりに移して、即席の肉南蛮でございます。

肉そば

 乾麺や、生蕎麦の茹でおきを再加熱しますと、ふやけてお粥みたいになってしまいますが、市販の袋麺ですと、再加熱前提の加工になっていますから、多少煮ても弾力は失われません。

ゆでそばも悪くありません

 もりや冷やしでしたら、つるつるポキポキの茹でたて麺の洗いに限りますが、あったかい蕎麦にはモチモチした食感の方が、私の性に合っているようです。


 そして別の日、もう一玉を同じように小鍋作戦でこしらえました。


 一人前のおつゆを煮立てまして、今回は葱と小松菜です。

おつゆにそばと青菜を加えます

 再び煮立つまで動かさないのは、前のと同じ。
 煮えたらどんぶりに移して、生卵をひとつ落としました。

玉子を落として出来上がり

 即席の月見そばです。
 蕎麦の曲線が描く混沌と、全周に躍る小松菜を見ていたら、月見というよりバックベアードに見えてきました。

バックベアードみたい

 バックベアードとはニューヨークの妖怪です。催眠術をかけるデカイ目玉みたいなやつです。
 何でも怪獣や妖怪に見立てたくなるわたし。


 今回も、二玉入りのそばを一人でいただきました。
 それはなぜか?

 家族が食べないからです。


 











 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/25(土) 10:38:33|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1068

サイボク ショルダーベーコン

 埼玉県は日高市にあるサイボクハム。肉のテーマパークです。娘が小さい頃はよく遊びに出かけましたっけ。
 大きな売り場には肉をはじめ、ハムやソーセージといった加工品、農産物、調味料、それから植木や花苗などの園芸ものまでありまして、外ではバーベキューコンロでお兄さんたちが肉やレバーの塊を炭火で焼いていまして、少しずつ切り売りしてくれるんです。そいつの美味しいったらない。ほかにもイベント広場や公園があって、今では温泉まであるとか。ずいぶんご無沙汰だなあ…

 ということで、戴きものでございますが、サイボクハムのショルダーベーコンです。

サイボクのベーコン

 正しくは“スモークショルダー”というのですね、失礼しました。

 おいしそうなブロックであります。

おいしそうなブロックベーコン

 こいつを端の方から薄切りにしまして、油で焼き、小松菜と合わせました。
 ベーコンは、それそのものがうま味調味料と化していますから、味付けは極控えめな塩と香りづけの黒胡椒のみとなります。

ベーコンで青菜を食らう

 肉の旨みで青菜を食べる。
 ベーコンのような燻製には、スコッチがよろしいように思います。炙りベーコンのみでしたら、オンザロックと行きたいところですが、今日は小松菜で薄まっているので、水割りにしました。

小松菜と炒めました

 サイボクハムのHPはこちら → http://saiboku.co.jp/
 


 




 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/24(金) 13:02:52|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜日記 5

急激な変化

 育てている旭山桜の鉢植えです。

 こちらは4日前。

ますますふくらむ蕾

 そして本日3月24日は、このようになりました。

蕾が飛び出してきました

 赤い蕾が鞘から飛び出してきました。

旭山の盆栽

 開花が休日にあたってくれますように… 。


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/24(金) 08:49:00|
  2. 花・園芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 121

A MAN of ULTRA ZETTON × CITIZEN INDEPENDENT
ゼットン-1

ゼットン-2

ゼットン-3

ゼットン-4

ゼットン-5

ゼットン-6

ゼットン-7

ゼットン-8

ゼットン-9

 宇宙恐竜ゼットンが時計になりました。

 普段は古い時計をながめて楽しんでいますが、今回は新作ネタです。新しい時計をまず買わない私ですが、これには惹かれました。ゼットンが上手に解体、再構築されて見事な時計に生まれ変わっているからです。
 文字板にキャラクターがプリントされた、単なるキャラクターウオッチでは、それほどそそりませんが、このようにゼットンの特徴をしっかり捉え、時計として昇華させているところが怪獣好きの時計好きとして放っておけませんでした。
 どうです、黒を主色に黄色のワンポイント、白を注した三色で見事にゼットンが表現されています。ゼットン以外の何物でもありません。デザインに拍手です。
 コラボレートしたのは、シチズンのサブブランドである『INDEPENDENT』。40mm×40mmほどの大型ケースは迫力満点のステンレス製。おなじくソリッドタイプのベルトも重量感たっぷりで、ケースともどもブラックコーティングされています。カッコイイの一言に尽きます。

ゼットンウオッチ

 ムーブメントは小秒針タイプの三針クオーツ。キャリバー1045。5気圧防水。

文字板のアップ

 発売元は『A MAN of ULTRA』、ウルトラキャラを大人向けに演出したブランドで、文具、衣料、いろんなアイテムが出ています。
 時計では、これ以外にウルトラマンとダダが出ています。

 http://aman-u.jp/

 ゼットンといっしょに

 カッコいいゼットンの時計、愛用するより飾っておきます。









テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/23(木) 11:03:16|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1067

ひからびロースー

 また、ひからび大根かよ。

 そうなんです。日に日に干からびます。私と同じように日々干からびております。

 ひからびた大根の端から薄切りにしてせん切り。

ひからび大根のせん切り

 もう写真でわかる通り、パサパサでございます。
 私と同じくらいパサパサでございます。

 豚肉、生姜、人参もすべてせん切りにして、フライパンに投じ、油をかけてスタンバイ。

材料すべてに油をかけて

 香りづけには、蕪の葉っぱの古漬けを。
 点火してジリジリと炒め合わせまして、味付けはお醤油だけ。

味付けは醤油だけ

 これだけでよろしいのです。
 カンタンお料理でございます。
 むずかしい調味料もテクニックも要りません。

ひからびロースー

 ひからびロースーでございます。

 切り干し大根のような食感ですが、もう少し硬くて、歯ごたえが心地よいです。肉と古漬けが醸す奥深い旨みが、ひからびた大根によく合います。

切り干し大根のような食感です

 切り干し大根を自家製でお作りになる方はお分かりでしょうが、大根は乾いてゆく間に特別な香りを放つものです。これも、ひからびゆえの美味しさのひとつと数えましょう。

 今回はウイスキーで。

こいつでウイスキーを

 古びの味には、古びのお酒がよろしいようです。




 


テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/22(水) 11:49:51|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 425

童友社 ざしきわらし 20

 いよいよご本尊、ざしきわらしの彩色に入ります。

サフがけ正面

 わらしさん、この状態で止まっておりました。

 それでは続きを始めましょう。

ざしきわらしのパーツ

 ひとまずバラバラに解体しまして、ひとつひとつを棒などにつけて塗装開始。

塗装の開始

 手足や衣服は刷毛塗り。
 お顔は、先に目を白で吹いてマスキング。頭全体を薄いグレーで包みました。

筆で顔を描く

 口は日本画のように、筆で一本書き。

 ここまでできました。

顔の途中

 そして、衣服の唐草模様を筆で描くのですが… 目が見えなくて辛い辛い。

唐草文様

 ひとまずここまで出来ました。

わらしの下塗り

 このあと、陰影をつけてまいります。

 今回はここまで。







テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/21(火) 11:19:41|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガッツワールド2017.3.19

 またまたまた、やってきました歌舞伎町。
 「ここは、日本一、お金をだまし取られる街です…」と町内放送が流れるほど恐ろしいところ、そんな街のビルの中にそびえるリング。

1-やってきました歌舞伎町

 ビール片手に、これから起こる戦いに気分は高まる。


ガッツワールドvol.106 WRESTLE ANGEL 2017

 大会ポスター

 また来ちゃいました、ガッツワールド。純プロレスが楽しめるクセになる大会です。前回同様、独断と偏見による感想をひとことずつ控えてまいりましょう。

 第一試合 30分1本勝負
 TORU/大谷譲二 対 忍/阿部史典

 大谷選手以外、知らない人ばっかりだったけど、若くて生きのいい選手は見ていて気持ちがいい。

1-阿部とTORUの攻防

 一生懸命闘う!これがいいんです。客を沸かそうなどと思わないでもらいたい。若い人がそれをやると逆にシラける。

1-耐える大谷

 この試合では、大谷選手の耐える姿が良かった。本当に痛そうなんだ。逆エビが決め技になる世界、これこそエド・ルイスやステッカーの活躍したプロレスの原点ですからね。

1-TORUが阿部を押さえて勝利

 試合はTORUが阿部を押さえて勝利。

 第二試合 30分1本勝負
 ドレイク森松/ミクロ/神田愛実 対 日向小陽/パピヨン朱美/ASUKAMA

 でました。男女混合女子プロレスの豪華6人タッグ戦。

2-豪華女子6人タッグマッチ

 これは賑やかで華やか?まあ明るいのなんのって、嫌なことがあってヘコみそうになったら、これを見るといい。薬になります。

2-急所攻撃に弱いパピヨン

 ミクロのデンキアンマがパピヨンを襲う。パピヨンの股間には、急所突起がついているらしい。

2-ドレイクがアスカマを押さえた

 試合はドレイクがASKAMAを押さえて勝ち。
 試合後、ドレイクが5月の後楽園大会に豊田真奈美の参戦を発表、ファンのかたには申し訳ないが、まだ現役だったことに私は驚いた。

 第三試合 30分1本勝負
 影山道雄 対 アミーゴ鈴木

3-影山とアミーゴの攻防

 体型も同じくらいな両者の攻防は見ごたえあり。グランドも力が拮抗していてスリル満点。

3-影山の大技炸裂

 やがて大技の応酬となって影山がアミーゴをピン。

3-激闘の跡

 試合後もしばらく苦しんでいた影山選手。ここに激闘のリアリズムがある。


 第四試合 45分1本勝負 
 マスクドミステリー/黒田哲広 対 高井憲吾/石田慎也

 黒田哲広!懐かしいなあ、FMWの若手時代が記憶の最後です。それが今ではレジェンド扱いされてました。時の流れを感じます。

4-スリリングな空中戦

 黒田と石田のスリリングな空中戦。

 今回は石田選手に好感を持ちました。
 まず、音がいい!トントントンと小気味よいフットワークがテクニシャンの音、バタバタ、ドタドタはいけません。

4-石田とミステリー

 それにグランドも上手い。スピードとキレが見ていて唸ります。

 第四試合にしてシングル王者ミステリー登場!

4-二人がカリでチャンピオンを襲う

 二人を相手に大立ち回り。

 試合はミステリーが石田を仕留めて勝利。

4-ミステリーが石田を仕留めた

 5月の後楽園で防衛戦を控えるミステリー、その挑戦者は今日のメインで決まる。


 第五試合 60分1本勝負 条件付きシングルマッチ
 バッファロー 対 松田慶三

5-条件とは

 プロレスには数々の条件付きマッチがあります。髪の毛や覆面を賭けるやつとか、賞金、引退、追放、などなど。
 今回の条件とは?
 試合前の緊張が走る。

 緊張を破ったのは松田のマシンガンキックだ!

5-緊張を破るマシンガンキック

 ブルーノ・サンマルチノが憑りついたようなマシンガンキック。

 やがて試合は荒れてきて、バッファローのタックルがレフェリーに誤爆、レフェリー不在の中、松田のセコンド、KITOがいつの間にかレフェリー姿で登場。インチキ丸出しの展開に。

5-公正に裁くKITOレフェリーだが

 …かと思いきや、公正に裁くKITOレフェリー。

5-松田のパワーファイト
 
 しかしほどなく本性をあらわして、あからさまなエコひいき。ついには前代未聞の熱波凶器登場!

5-前代未聞の熱波凶器

 熱波というより、安全なドライアイス湯気。客から見てもわかります。

5-勝負はバッファローが制した

 復活した手嶋レフェリーのカウントで試合はバッファローの勝利。条件を獲得した。
 今回懸かっているのはサウナ券。
 松田が勝てば、バッファローがサウナで熱波の洗礼を受けることになり、逆にバッファローが勝てば、ご家族分のサウナ優待券を松田が提供するという、まあ、どうでもいい条件だ。

 試合後、バッファローがマイクで 「とんでもない茶番ですいません」と白状していたが、今日のはいいだろう、みんな分かっているからね。偶然を装って仕込みを行うのには腹が立つが、今日のはベテランのサービス余興ということでよろしんじゃないでしょうか。
 しかし!それよりも今回残念でならなかったのが、KITOのモチ肌が拝めなかったことです。


 第六試合 GWC6人タッグ選手権試合 60分1本勝負
 ディック東郷/折原昌夫/梁和平〈リャン・ウーピン〉 対 ミスター雁之助/ガッツ石島/CHANGO

6-6人タッグ選手権試合

 豪華な6人タッグであります。
 選手権試合なので、立会人による宣言が読み上げられます。

 試合開始と共に三方に分かれての大乱闘。
 え?写真?撮れてませんよ、荷物持って逃げてたんですから。

 やがてリングに戻ると6選手の個性がそれぞれ違っていてカラフルで面白いね。

6-ウーピンのスピード

 ウーピンのスピードとトリック。

6-折原とガッツのブルファイト

 折原とガッツのブルファイト。

6-チャンゴのボディースラム

 CHANGOの思い切りのいいアクション。

 しかし!雁之助とディックが絡むと、一瞬にしてグレードが高まる。

6-ディックと雁之助の攻防

 なんでだろう?旨み?とでも言うのだろうか、作品が引き締まるのね。これぞベテランの味。

 試合は、ディックが雁之助をギブアップさせて王者チームの防衛。

 しかし試合後も大乱闘。

6-試合後も大乱闘

 雁之助がディックにシングル対決を要求。

6-シングル対決を要求する雁之助

 ディックもそれに応える。

6-受けて立つディック

 両者の決戦は5月の後楽園大会に決定したようだ。


 第七試合 メインイベント GWC王座挑戦者決定戦 60分1本勝負
 ダイスケ 対 新井健一郎

7-ダイスケ対新井健一郎

 緊張の空気、ゴングが鳴ると序盤から飛ばす両者!

7-序盤からとばす両者

 首を痛めているダイスケに膝を痛めているアラケン、相手の弱点を攻めるのがプロレスの定石。

 ダイスケの首を攻めるアラケン。

7-首を狙う新井

 アラケンの脚を攻めるダイスケ。

7-膝を狙うダイスケ


 なかなかの熱戦で、ひやひやするような空中戦もあり。

7-空中戦もあり

 天井の低い会場ほど、空中戦のスリルが増します。それはなぜか?天井が低い故に戦闘場面が、地上から高い比率に位置するからです。
 そんな科学的解説は要りません。

 試合は接戦ののち、ダイスケが勝利し、次の挑戦権を獲得した。

7-試合はダイスケが制した

 あとは後楽園大会のメインイベントで王者ミステリーと対戦するわけだが、私が見たいのは“本気”だ。予定調和のプロレスはもういらない。決戦を楽しみにしよう。

王者ミステリー


 と、全体を振り返ってみて思いましたが、インディーズって、結構オールスター祭りなんだなってこと。だってそうでしょう、私のようなオールドファンが知っている当時若手の人々、ミスター雁之助に黒田はFMWでしょう?ディックはユニバーサルの厳鉄でしょ、SWSの折原に、IWAの松田、一番新しいので闘龍門のアラケンだ。まさに夢のオールスターだね。

 そして最後に、全試合を一人で裁いた手嶋レフェリー、お疲れさまでした。
 あなた、もしかして…あの日、三平にいました?
 下りのエレベーターでご一緒したような気がするのよねぇ~。







 










 




 

 









 














テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/20(月) 23:40:20|
  2. プロレス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1066

菜の花とビタークレス

 本日の農産物お料理でございます。

 摘みたての若菜二種、チンゲンサイのお花とビタークレスでございます。

摘んできた菜の花

 摘みたてをいただきましょう。

 菜の花は、シンプルなバターソテーで。
 少しのお水に、一つまみの塩、バターを溶かしながら青菜にからめます。

菜の花はバターで炒めた

 水分が飛んだら出来上がりです。

菜の花のバター炒め

 青菜だけのシンプルお料理です。

 一方のビタークレスはサンドイッチの添え味にしました。

ベーコンサンド

 炙ったベーコンといっしょに、バゲットに挟みました。ベーコンに塩みと旨みがあるので、追加調味料は使いません。

ベーコンの油でパンを食う

 ベーコンの獣性の脂に、ビタークレスのワサビのような清涼感が加わって、品の良いスナックとなりました。

 菜の花のほうは、甘くてこれまた美味しいのですが…

ちょっと煮すぎました

 ちょっと火を通し過ぎましたようで、柔らかくなってしまいました。
 本当はコリコリ感を残した方が美味しいのです。





テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/20(月) 16:49:04|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 209

春の畑

 先週(3月12日)、チンゲンサイの花はもう終わるだろうと予測したのは間違いでして、二番花茎がたくさん伸びていました。

チンゲンサイの花

 見ただけで美味しそう。
 軟らかいところを摘んで帰りました。

 となりのビタークレスも春の若葉を伸ばしています。

ビタークレス

 こちらも若いところを摘んで帰りました。

 6月に収穫を控えるニンニクです。

ニンニク畑

 昨年、一昨年は、褐斑病にやられました。今年はどうか順調に育ってほしいものです。

 むっくりと盛り上がった地面からは、柔らかそうなニラが芽を出し始めました。

ニラが芽を出しました

 まわりには、小さな花が咲きこぼれ、すっかり春の景色です。

春の畑です

 四月から、新たな作業が始まります。

 今年は何を植えようかしら?

 


テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/20(月) 16:23:20|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜日記 4

日々息づく命

 桜の鉢植えです。

桜の盆栽

 ここにきて、成長に加速がついてきました。

ますますふくらむ蕾

 ぐっと膨らむ蕾、そろそろカウントダウンでしょうか。

 開花がたのしみです。

テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/20(月) 08:53:44|
  2. 花・園芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1065

芹という若菜

 春の七草にも数えられる芹という若菜は、香り、歯ざわり、薬効成分ともに優れた、日本古来の野草であります。
 温室栽培の発達で、季節感が薄れてゆく今日の農産物ですが、こと野草、山菜に限っては自然に習った季節感豊かな食料ともうせましょう。

 今回は豚肉団子で醤油仕立ての汁ものをこしらえました。

 豚の挽き肉に生姜をすり下ろして練り、沸かしたお湯にボタリボタリと摘み入れます。

肉のつみ入れとネギ

 摘み入れる、即ちこれ“つみれ”ともうします。
 このつみれと象眼に切った白葱が、おつゆの種となり、ダシになります。味付けはお醤油だけ。

芹をたっぷりと投入

 ここに芹をたっぷりと加えまして、さっと煮ます。

しっとりしたら引き上げます

 芹は煮すぎないよう気をつけまして、青いうちにその香りをいただきましょう。

芹肉団子

 葉、根、茎、すべてがご馳走です。豚肉の獣成分が芹の効果で品よくまとまり相性ぴったりです。

 別の日、芹でお粥を炊きました。

汁多めです

 お粥と申しますか、汁気多めの雑炊タイプです。

芹のお粥

 七草粥ならぬ、一草粥。
 酒の飲み過ぎで疲れた胃袋にやさしい、回復食事です。
 野菜の漬物で塩みを補いながらすする春の白がゆ。

漬物を添え味に

 卒業、入学、人事異動、いろいろなスタートを迎える春。そのベースとなるのが自然界なわけでして、冬の間じつと休眠していた植物たちが、気温の上昇と共に一斉に芽を吹き、それを食べる虫たちが目覚め、私たち動物も運動を活発化するわけです。

 春に若菜を食べる。
 これは極めて自然の理に適った行為でありまして、健康促進まちがいなしでございます。









テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/19(日) 10:50:24|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1064

ひからび大根牛酪納豆

 在庫の大根が、ますますひからびております。

 ですが私は捨てません。

 今日は納豆とバターで炒めます。

 ひからびた大根を端から斜めに切って薄切り。

さらにひからびております

 これをバターで炒めます。

大根をバターで炒める

 水分が乏しいので、やがて焦げ目がつきます。ここがチャンス。納豆と刻み葱を加えて炒めます。

ネギと納豆を投入

 お醤油を回しかけて、お味つけ。調味はそれだけです。

醤油で味つけ

 全体が茶色っぽく染まりましたら出来上がりとしましょう。

ひからび大根なっとバター

 “ひからび大根牛酪納豆”でございます。

 バターのこく味が、材料個々の特徴を名司会者のように上手くまとめます。

バターのからんだひからび大根

 水分量の少ない、ひからびた大根の持ち味はパリパリと切れの良い食感。ねばねば納豆とのコントラストが楽しいです。

お酒をひやで

 この日は野菜の漬物とコップ酒を友にしました。
 ひからび大根と納豆のバター醤油炒め、クセになる美味しさです。






 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/18(土) 15:20:10|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金魚の部屋 30

春の金魚たち

 冬季は一度も水交換をしませんでした。
 1/4量ほどの部分交換と、ろ過フィルターの水洗い程度で乗り越えました。

 三月の、らんちゃん、チュウリンです。

集まってくる二匹

 近づくと集まってくる二人。何か食わせろとガラスをつつく。

 ほどなく生まれてから一年になろうかという若者たち。

らんちゃんのブル顔

 赤いほうは“らんちゃん”1ミリほどの卵が、一年でこのようなブルドッグ顔になるんですから、生命、細胞の力って面白い。

おとぼけ顔のチュウリン

 紅白更紗の“チュウリン”は、おとぼけ顔。
金魚だって、ひとりひとり顔がちがうんです。

ふとっちょのらんちゃん

 メスのらんちゃんは卵をはらんだかデカイお尻。

3月の金魚

 らんちゃん、チュウリンの成長アルバム、三月編でした。




テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/18(土) 11:28:04|
  2. 金魚・生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜日記 3

春の足音

 私の桜でございます。

 500mlペットボトルほどの小さな桜です。

縁側に桜盆栽

 先週、蕾のふくらみを確認しましたが、今週はさらにふくらんでました。

膨らんできた蕾

 赤い殻を押し広げて、飛び出そうとする若い命のエネルギー。

 春の足音は確かに近づいてきています。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/18(土) 10:52:04|
  2. 花・園芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 424

童友社 ざしきわらし 19

 お地蔵様の展示台を作っております。

今回はここまで

 前回貼った地面の糊がしっかり乾いたようです。

 今回は、ここに寒風で乾いた土をちょい足しします。
 持ち出しましたのは画材のパステル。もうなんでも手近な有り合わせで極力済ませる私の芸風。

パステルを削ります

 サンドペーパーで粉にします。サンドペーパーも使い古しのやつで十分。

 今は湿った土の色です。

濡れた土表現に

 本当に湿っているわけではありません。色がこんなだけです。

 ここに、先ほどの粉を乾いた筆につけて軽くなでまして…

乾いた筆で粉をはたきますと

 凸部分を、乾いた白っぽい色にしてゆくわけであります。

土がみるみる乾きます

 全体の色味を整えたら、ひとまずの完成としましょう。

ひとまずの完成

 ひとまずの完成とは、キレの悪い表現ですが、このあと、ざしきわらしを絡めて雪景色にする予定があるので、雪なしの六地蔵様として完成写真を控えておこうと、そういう意味です。

お地蔵様

 冬の田舎道に立つ六地蔵様のイメージです。

 枯れたお足元。

お足元

 桜の盆栽を持ち出して室内鑑賞。

桜盆栽と室内鑑賞

 開花を待つ、桜の小品が冬景色に味を添えます。

 天気がいいので、今度は外に持ち出し、田んぼの傍らに置いてみました。

田んぼの脇で

 馴染みます。
 しゃがんで写真を撮っていたら、近所の農家のおばさんに目撃されてしまいました。

 これをもちまして、六地蔵としての置物は完成としましょう。
 次回は、いよいよ主役の座敷童子さんを作ります。

わらしが幸せを招く

 福を招くか座敷のこども。

 それではまた。















 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/17(金) 11:45:22|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食味雑記 1063

大豆のお肉で春雨炒め

 こんなのを見つけました。

大豆のお肉

 大豆のお肉ミンチタイプ、しかも湯戻し不要のウエットタイプです。以前、ドライタイプの平たいやつは試してみました。(『食味雑記 792』
 今回は、下味付きのウエットタイプ。見てみましょう。

中身はウエットな状態

 完全に挽き肉のそぼろみたいです。これが大豆由来の植物性とは驚き桃の木ね。

 汁気を良く絞って調理、今日は牛蒡と春雨の炒め物です。

ささがき牛蒡と一緒に炒め

 大豆のお肉とささがき牛蒡をニンニク、ショウガのみじん切りと共に炒め合わせます。
 味付けは砂糖と醤油。
 水を加えて汁気をにじませたら、春雨投入。

春雨投入

 水を補いながら、春雨がちょうどよい硬さになるまで汁を吸わせます。

お水を加えながら炒める

 ネギの細切りと胡椒をふり、汁気が飛んだら出来上がりです。

肉もどき春雨炒め

 おかずひと品完成です。これすべて植物性だとは信じがたいですが、ホントなんですねえ。
 味と申しますか、食感も挽き肉そのもの。完全に頭が肉だと信じ込んでいます。

 ということで、植物性おかずをもう一品。
 三月になりますと、雑草のごとく生やしている野良傍菜〈のらぼうな〉が食べごろになります。

のらぼうな

 シンプルな塩炒めにしました。

塩炒め胡麻掛け

 仕上げに黒の摺りゴマをかけまして、気休めのアンチエイジング。

 今宵は、味の趣きを変えた植物性で二品です。

二種類のおかず

 メタボ改善指令にお応えするべく、植物性100%のお料理で決めましたが、このあと酒をいっぱい飲んでトントンです。







テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/16(木) 11:33:54|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 120

シチズン セブンスター 2

 ジャンク時計の分解探検、シチズンのキャリバー5270自動巻きの脱進機と巻き上げ機構を外したところです。

11-脱進機をはずしたところ

 受け板を外して、輪列を控えておきましょう。

12-輪冽のレイアウト

 車の類を取り除いた、こちらは地板の形状です。

13-地板の形状

 山から望む棚田の村のようです。

 部品を洗浄したら組立て。

14-組みなおしたムーブ

 文字板、針を組んで、ケースに納めました。

15-ケースに収めた

 自動巻き用の回転錘を着けたら出来上がりです。

16-錘をつけたところ

 黒いつや消しの錘に男性的な力強さを感じます。

 仕上げなおしたベルトをつけて完成。

17-ベルトをつけてできあがり

 こんなのができました。
 昭和の男性用ビジネスウオッチといった佇まい。

18-セブンスター

 力強いインデックスに針、そしてスーパーマンの胸マークのごとく凛々しく輝く“7〈セブン〉”のワッペン。
セイコーの「5〈ファイブ〉」にシチズンの「7〈セブン〉」といったら、昭和を彩ったライバル同士。

19-1970年代の味

 裏蓋の製造番号が“80602284”となってますので、1968年製と思われます。

 本日の控え シチズン セブンスター cal.5270 18000振動/時 21石 1968年 でした。

 1968年といえば昭和43年、小学校低学年の私にとって、テレビの“ゲゲゲの鬼太郎”“怪物くん”“ウルトラセブン”が何よりの楽しみで、おもちゃでは日東のゼンマイガメラシリーズ、怪獣ソフビが一番のお気に入りでした。
 あれから約50年、ぜんぜん変わってない私。

テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/15(水) 11:20:10|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食味雑記 1062

ひからび大根しびれ牛

 冷蔵庫で大根がしなびてませんか?

 時間の経った大根がしわしわになっております。
 なにせ、昨年末に収穫して埋めておいたやつですから、3か月物です。

 ひからび大根は、斜めに切って端から薄切り。

短冊に切る

 庖丁を入れてみて更にわかる水分の乏しさよ。
 ひからびております。
 私と同じくらいひからびております。

 今回は山椒と唐辛子たっぷりの四川風炒めにしようと思います。

牛肉と香辛料

 フライパンに油、山椒、ニンニク、唐辛子、生姜、牛の細切れ肉。
 砂糖を振って、醤油を回し、ぐちゃぐちゃに手でもんだら点火します。つまりこれらが大根の調味料となります。

 じくじくと焼けましたら、ひからび大根を投入して、しなしなになるまで炒め合わせます。

大根をくわえて炒める

 新鮮大根でやりますと、大根から水が出るところですが、今回のはひからびてますんで汁っぽくなりません。

 仕上げにネギの細切りを加えまして出来上がりです。

ひからび大根の牛肉炒め

 ひからび大根の牛肉炒め四川風となります。
 今日はハイボールで。

水っぽくない仕上げり

 繰り返しますが、ひからび大根なので、水っぽくならず、パリパリと仕上がりました。

 干し大根のように意図的に干したものではなく、結果ひからびてしまった大根ですが、世の奥様方、どうかお捨てにならず、工夫して召し上がっていただきたいものです。ひからびたなりの美味しさがございますゆえに。




テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/14(火) 11:15:45|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 423

童友社 ざしきわらし 18


 朝でございます。
 日の出の六地蔵様でございます。

日の出の六地蔵

 きょうも一日、無事でありますよう祈り、お地蔵様に手を合わせます。


 ざしきわらしのプラモデルのはずが、おまけのお地蔵様にはまってしまって六地蔵さまにスケールアップ。展示台を製作しているところです。


 それでは作業のつづきを控えましょう。

 前回、枯草を植えるところまで進みました。

枯草を植えたら

 植込みが終わりましたら、地面をこしらえます。

 地面の構成を下から、濡れた土→濡れた草→乾いた草→乾いた土、の順に積み上げていきたいと思います。

 まずは濡れた土です。
 木工用ボンドを指で塗り伸ばしまして…

木工ボンドを塗りまして

 園芸資材のピートモスを蒔きます。

ピートモスをまきます

 指で押さえるように蒔きます。
 人の歩く道の部分は細かい粒を、お地蔵様の足元には粗い粒となるように表情をつけました。

濡れた土です

 乾燥ののち、つや消しクリアーを吹き付けて定着させました。

 つづきまして、濡れた草にまいりましょう。

 こちらは、乾燥させておいたお茶ガラです。

乾燥させたお茶ガラ

 これをピートモスの時と同様に、木工用ボンドで接着。

木工ボンドで貼ります

 地面には真冬でも青い部分があります。そんな雰囲気を作ってみました。

 次に持ち出しましたのが、100円ショップで見つけた“ココヤシファイバー”

ココヤシファイバー

 これを短く切って、ニスにくぐらせて…

ファイバーをニスにひたす

 お箸でレイアウト。

お箸でレイアウト

 レイアウトってほどの作業ではありませんね、枯草の下草にもじゃもじゃと乗せてゆくだけです。

 全体にニスがかかってますので、生乾きの時に指で地面に押し付けますと、繊維同士がくっ着きあって固まります。

半乾きのときに指で押します

 よく乾かしまして固めたら、仕上げの乾いた土表現となりますが、その辺は次回となります。

今回はここまで

 今回はこの辺で。









 










テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/13(月) 11:01:20|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (27)
料理・食 (1181)
時計 (138)
家庭菜園 (237)
玩具・遊び (446)
暮らし・修理 (42)
金魚・生き物 (105)
雑貨・珍品 (15)
健康 (79)
見聞・出歩き (38)
視聴鑑賞 (21)
花・園芸 (40)
劇場シリーズ (20)
プロレス (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR