fc2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1149

里芋とニワトリの煮物

 「里芋がダメになっちゃう。」

 つまり料理をしろということですね、はい、わかりました。

 カットした里芋を多めの油に投入、揚げるように焼きころがします。

里芋を揚げる

 表面がカリっとしたら、ニワトリ投入。

鶏肉投入

 冷凍の胸肉です。
 本当は骨付きのもも肉なんかが美味しいことでしょう。

 ここに砂糖、醤油、お水を加えて強火にかけます。

調味汁で煮る

 ここで落し蓋、火は強火のままです。

強火で沸かします

 蓋を押し上げるように沸き立つ煮汁が、やがて静かになりましたら…

静かになったら煮上がりです

 煮上がりの合図です。

 あとは蓋を開けまして、水分を飛ばすようにあおりながら煮ころがします。

あおってからめて出来上がり

 汁気がつやに変わったら出来上がりです。

里芋田舎煮

 里芋の田舎風煮物です。
 味付けは砂糖と醤油だけなのに、みごと、鶏の味が生きていて里芋に染み込んでいます。

鶏の味で食べるイモ

 簡単な割には、意外なほど美味しい。ニワトリと里芋の煮ものです。
 







テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/13(木) 11:13:45|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 133

BULOVA ACCUTRON 1

 これまたジャンク屋さんで拾ってきた時計です。

1-ブローバアキュトロン

 ブローバー社の“アキュトロン”です。

2-裏の刻印

 アキュトロンは、音叉時計です。

 さて、音叉時計とは?前回、シチズンの電子時計を探検しましたが、あれは電池を動力源とした機械式時計でした。
 今回のは、同じく電池を動力源としますが、その調速方法が、テンプではなく音叉式であるところを特徴とします。

 まあ、あれこれ文に書いていても分かりませんので、分解探検してみましょう。

3-錆と汚れ

 蓋を開ければ錆と汚れが凄いです。こういった電気物は、錆びたらもうあきらめるしかございませんね。

 こちらがムーブメント全容です。

4-ムーブメント

 ケースから中身を取り出し、文字板の鑑賞。

5-輝くロゴ

 輝くロゴは金属製の植込みタイプです。そして文字板生地のローズゴールドがきれいだなあ…と、思いましたが、これは変色と思われます。オリジナルは銀メッキで経年による酸化で赤っぽくなったもよう。これは時が育てる色味で、似せて作ってもそれは紛い物となります。

 文字板を外そうと、アシ止めネジを探しましたら、こんなところにありました。

6-アシ止めは斜め打ち

 地板に切り込みを入れて、斜めに刺さっています。斜め打ちです。

 ここで文字板を外します。

7-文字板を外した

 カレンダーの下から、二つのコイルがのぞきます。ここが音叉振動部分です。

 日板を外してみましょう。

9-文字板側ムーブ

 これがムーブメントの文字板側の景色です。

 それでは、裏返しまして、時計本体の方へまいります。

10-キャリバー218D

 機種刻印があります。BULOVA“218D”と彫られています。
 いつものサイトに飛びましょう。

http://www.ranfft.de/cgi-bin/bidfun-db.cgi?10&ranfft&&2uswk&Bulova_218D

 こちらによりますと、振動数が360Hzとあります。ここが音叉時計のポイントです。普通の機械式ですと1秒あたりの振動数は4から多くて10振動といったところですが、この音叉式ですと1秒360回という超高速振動となるわけで、時計の精度を格段に向上させた発明となるわけです。

 では次回、音叉時計の探検に突入します。















 

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/12(水) 11:18:27|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1148

ロンドンチャーハン

 チャーハンの出来を、パラパラが良いという見方がありますけど、あれは、香港のをお手本にしているからではないか?と思うこのごろ。香港のは、そもそもお米が違います。でんぷん質の低い品種ですから、パラパラでさらさらのあっさり美味しい炒飯ができます。片や日本のご飯は粘りが売りですから、チャーハンもモチモチしててよろしいのはないかと考えます。

 私が初めて長粒種のパラパラチャーハンを食べたのが、実はロンドンの中華屋さんで、その時の驚きったら衝撃的でした。
 今日は、タイ米の冷凍ごはんがあるので、記憶を頼りにロンドン風を作ってみました。

 おなじみのズボラお料理です。

 テフロン加工のフライパンに、タマネギみじん切り、ハム、冷凍ミックスベジタブル。

具の材料

 これらを油で炒めたら、端に寄せて空いたところで玉子をひとつ炒りつけます。

脇で玉子を焼きます

 玉子が半熟の辺りで、温めたタイライスを投入。

ご飯投入

 玉子を切りながら、全体を混ぜて、味付けは塩だけ。

味は塩だけ

 タマネギの旨み、ハムの塩みがありますから、塩少々で味付けはよろしい。

 これだけでよろしいのです。

 思い出の ロンドンチャーハン です。

ロンドンチャーハン

 夏向けの、極めてあっさりしたチャーハンです。
 パラパラ好みの方は、これでお作りになればよいのです。もうパラッパラでございます。
 パラパラにもほどがある!と思えるほどパラパラでございます。

こぼれて掬えない

 なぜなら、パラパラすぎるゆえ、スプーンですくっても、こぼれてしまうほどですから。





 



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/11(火) 10:55:28|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 450

バンダイ ゼットン 8

 ゼットンの生地塗りができました。

黒塗り終了

 今回は細かいところを塗ってまいりましょう。

 左腕をポキっと外しまして、白と黒の境を薄墨でぼかします。

薄墨でぼかす

 続いて黒い部分にメタリックアイアンをブラッシング。

メタリックアイアン

 乾いたら布でつや出し。

布でつや出し

 ゼットンは黒でいいのに、欲が出てしまい、スペーシーな輝きを狙ってしまいました。

 ついでに蛇腹の白い部分にも、銀をちょい足し。

輪郭を銀でぼかす

 やはり境目は溶剤で軽くぼかしました。

 つづいてはオレンジのクリアー部分です。

オレンジのクリアーパーツ

 ここまでに、中心部の白、その周りをクリアレッドでにじませてあります。

 ここに不透明の黄色で輪郭をとりました。

黄色の輪郭

 ちょっとコントラストがきついので、溶剤でぼかしました。

溶剤でぼかした

 角を銀で塗って左腕をつけたら、ゼットン本体のできあがりです。

左腕をつけた

 あとは背中の甲羅をつけるだけですが、ここでめずらしいゼットンの甲羅の下を控えておきましょう。

めずらしいゼットンの背中

 へえ、甲羅の下はこうなってたんだ。

 次回から、電池を忍ばせた展示台にかかります。



 










テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/10(月) 11:19:04|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1147

茄子のシンガポール

 農産物お料理でございます。

 今日は、お茄子と韓国うまみトウガラシを用いた、カレー風味の煮ものです。

 おなじみのスボラお料理でございます。

 テフロン加工のフライパンに、お茄子とニンニク、辛みのジャワトウガラシ。

なすと唐辛子を炒める

 油をかけて炒め、全体がしっとりしましたら、韓国うまみ唐辛子と希釈した麺つゆに醤油を少々。

だし醤油で煮る

 くつくつと煮ましたら、カレー粉で香りをつけまして、水溶きの片栗粉でとろみをつけます。

とろみをつけて

 これでよろしいのです。簡単でございます。

 お茄子のシンガポール煮込み です。

茄子のシンガポール

 韓国うまみトウガラシは、ほぼシシトウみたいに辛くありません。辛みはジャワが補っています。

夏のおかずです

 お醤油ベースの茄子のうま煮、カレー風味が食欲をそそる、夏のおかずです。




テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/09(日) 09:55:02|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラちゃん物語 2

新芽ぞくぞくと

 5月にカットして、ミズゴケに挿しておいたドラセナ・デレメンシス。

 先月、小さな芽を吹いたことに大喜びした私。

 今週は大きな葉っぱの成長も確認できました。

新芽がめだちます

 束ねたところから、ニョキっと伸びる新鮮な葉っぱ。これは相当エネルギーを必要とするでしょう。ここが伸びるということは土に植えても大丈夫と判断してよろしいかと思います。

可愛い若芽

 そのほかの芽も順調に伸びています。

新芽ぞくぞく

 そろそろ鉢上げしましょうか。


テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/09(日) 08:57:24|
  2. 花・園芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1146

雑穀まつり

 朝ごはんも食べずに自転車を飛ばして、7時から9時までの2時間にわたる畑作業。

 とってきた野菜で朝ごはんです。

枝豆にビール

 小さな新ジャガは素揚げして塩を振りました。

イモは串刺しで

 パクパクとスナック的に食べられまして、実にビールによく合います。

 そしてエダマメは、期待を超えるおいしさでした。

期待を超えるおいしさ

 噛みしめるとバターのようなコク味が広がります。上出来です。
 …と、いい気になっていると、そうでもないのがほとんどで、時おり、すごく美味しいのに当たる。土のせいか?個体差か?とにかく食べてて、このアタリハズレが面白い。

 最後に試しに折ってきた、虫喰いのトウモロコシをさっと蒸して食べました。

蒸したモロコシ

 歯ッ欠けの素人作りですが、これが中々美味しいですの。
 八百屋さんで売っている大粒のモチモチとは違う美味しさで、パチパチとはじける若い実が威勢よく、甘くて皮も柔らかい。
 来週も、こいつで一杯やれそうです。



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/08(土) 12:29:56|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 231

真夏の始まり

 7月も1週終わりますと、いよいよ真夏の始まりです。
 この一週間は、ちょうど梅雨と真夏の重なるあたり、湿気と高温で野菜たちは大喜びです。

 先週播いたモロヘイヤの種は、ぞろりと生えそろいました。

モロヘイヤ

 冷凍庫に去年の収穫分がまだありますので、モロヘイヤは、およそ通年食べられるということになります。

 トウモロコシの第二組も、急に首を伸ばして、私の背丈より大きくなりました。

トウモロコシ

 写真はしゃがんで撮ってますから、実際より高く見せてます。

 こちらはニンジン。

ニンジンの草取り

 今日はまわりの雑草を手で摘み取りました。

 そして先週植えた後発のトマト苗に、支柱を立てました。

後発トマトの支柱立て

 まだ蕾さえありませんが、はたしてどうなりますことやら。

 ひと月前に植え付けた第一組は、一段目に実を着け始めました。

トマトの一段目

 いい景色です。このあと真っ赤に染まったあたりが最高に良い景色になります。

 一方、市販苗で育てているミニトマトのアイコは、先日の豪雨で完熟実を叩き落されていました。

ミニのアイコ

 したがって、赤いのは少しだけ。
 一週間に一度しか来れないサラリーマン農園の悲しさ。

 エダマメ第一組も雨に泥をかけられてしまいました。

泥をかぶったエダマメ

 それでも適度に太っていますので、本日収穫。お家で洗いましょう。

 そんなこんなの二時間作業。
 本日の収穫を持って帰宅となります。

収穫物

 エダマメ、ジャガイモ、ベビーコーン。それにピーマンやトウガラシ各種です。ナスはイマイチでした。








 






テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/08(土) 12:14:04|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金魚の部屋 32

ちょうど一年です

 我が家の金魚、らんちゃんとチュウリンを迎え入れまして、ちょうど一年が経ちました。

 当時は、砂利との大きさを比べてみれば分かります通り、まだ鮒色をしたおチビちゃんでした。

ちょうど一年前

 懐かしい。
 指先ほどのチビちゃんが、電車にゆられてビクビクしているのを大事に抱えて家まで運んだのを思い出します。

 そんな小粒ちゃんが、病気もせずに一年育ちましたのは嬉しいことです。

 今では60センチの水槽も狭く感じられるほど大きくなりました。

水槽が狭くなってきた

 近づけば餌をねだる小さいほうのチュウリン。

ねだるチュウリン

 紅白の更紗で男の子です。

なにかを探すチュウリン

 赤いほうのらんちゃんは、体も大きく重戦車のような貫禄。

らんちゃんの風格

 これでも女の子です。

 いつも二人でくっついたり離れたりしています。

はらへったよー

らんちゃんのセリフ

チュウリンのセリフ

 こんな会話をしているかどうかは分かりませんが、きょうも仲良く泳いでいます。

本当は仲がいいんです

 かわいくて仕方がない、らんちゃんチュウリンの一周年でした。








テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/07(金) 11:33:56|
  2. 金魚・生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1145

米茄子と脂肪肝

 手ごろなサイズのフォアグラがあったので買ってみました。

 さて、どうやって食べようかと“フォアグラ”で検索してみたら、なんと期待に反しておぞましい画像のオンパレード。買ったことを後悔するような画像にしばし暗くて嫌ぁな気分になりましたが、せっかく奪ったアヒルの命、無駄にはできますまい。

米ナスとフォアグラ

 巨大な米茄子と友焼きにしてみましょう。

 皮をむいたジャガイモは牛乳で煮込み、塩と胡椒。

お芋の牛乳煮込み

 やわらかく煮えたら粒が残る程度に粗つぶしにしました。

 米茄子は厚手の輪切りにして、両面を油で焼きます。

ナスは輪切りで両面焼き

 お皿に焼いた茄子、その上に潰したお芋、その上に粉を振って両面を焼いたフォアグラをのせて…

ナスにジャガイモうえにフォアグラ

 滲んだ脂で刻んだマッシュルームを炒めまして、麺つゆと酒、醤油で煮詰め、タレをつくります。

刻んだマッシュルーム

 きのこ風味の焼き鳥のタレのイメージです。

 タレができたら焼き物の上からかける。

ソースとフライドオニオンをかけました

 仕上げに香りと食感のフライドオニオンを振りかけて出来上がりです。

 持ち出した飲み物はハーブコーディアルなるシロップ。

ハーブコーディアル

 安い赤ワインにひと匙たらして飲みましたら、ちょうど赤玉ポートワインみたいな甘い葡萄酒になりました。そりゃそうだ、シロップだからね。

 そんなこんなで、今日はちょっと小洒落た夕飯になりました。

ちょっと小洒落た夕飯

 茄子、ジャガイモ、フォアグラ、全部やわらかく、アクセントのフライドオニオンがカリっと際立ちます。

ほとばしる脂

 思えばフォアグラは脂肪肝、ふるふると柔らかい身にほとばしる脂。美味いものは脂質と糖分とはいいますが、まさにそのとおり。でも、あまりたくさん食べるものではありませんね。自分の肝臓がフォアグラになりそうです。たしか作曲家のロッシーニが好物だったとか、見るからに肥満のロッシーニ…わかります。











テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/06(木) 11:43:49|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 132

シチズン X8〈エックスエイト〉 2

 電子時計の中を探検しております。

 こちらはその特徴でもある電磁テンプとその周りです。

9-電磁テンプ

 電磁テンプを取り出してみましょう。

10-電磁テンプの構造

 糸巻状というかどら焼きというか、二枚の円盤に向かい合わせで小さな磁石がついています。

 この二枚の隙間に触れることなく挟まっているのが、次のコイルです。

11-コイル

 このコイルに電流が通じると磁界が発生、テンプの向かい合った磁石がコイルに反発して往復運動を開始するという仕組みです。

 テンプと脱進機を抜いたムーブメントです。

12-脱進機構を外した状態

 ガンギから四→三→二番と伝わる様子がわかります。

 横から見るとこんな感じです。

13-立体で見る

 ここで異常を発見、解体した歯車類が互いにくっ付き合うのです。

14-はげしい磁化

 こんな強力な磁化の仕方ってあるのだろうか?

 これが故障の原因かと、部品すべてを脱磁。
 そして空っぽになった地板も脱磁。

15-輪列を全部外した

 ここで機種名刻印を発見。

16-キャリバー0802

 キャリバー0802となります。18000振動/時。


 このあと組み立てて、電池を入れてみましたら…

17-組み立ててケーシング

 めでたく動き出しましたが…数分で止まります。コイルとテンプの隙、ガンギとアンクルの入り角度などデリケートな調整が必要と思われますが、直る見込みはかすかにありそうです。

メッシュバンドをつけました

 モダンデザインにはこういうメタルがお似合いかな?とメッシュバンドをつけました。

 本日の控え シチズン エックスエイト・クロノマスター cal.0802 1966年 でした。

18-鑑賞

 クオーツがまだ無かったころ、電池で動く時計というのは、それはそれは先進的なイメージを放つアイテムでした。エックスエイトは、まさに新しい時代の到来を告げる、近未来的なデザインと合いまった名作といえましょう。










テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/05(水) 11:28:07|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1144

小さいお芋は食べやすい

 掘ってきた新ジャガ、指先ほどの超小粒もございます。
 これも自家栽培の楽しみです。何も特別なことはございません。小さければ小さいほうが良い場合があります。例えば火の通りが早いなど。

指先くらいの子イモは

 ほかの小イモを小さいものに合わせて刻みます。

小さいほうに合わせて切る

 ほぼ、あられのような感じですね。

 よく水気を切りましたら素揚げ。

素揚げにしまして

 塩を振ってこのままポクポクとつまんでもおいしいのですが、ここでお肉があればなお嬉しい。

ビフテキを乗せました

 ビフテキを乗せました。

 ソースは、肉の焼き汁に酒と麺つゆとウスターソースを加えて煮詰めたものです。

ビールで乾杯

 こうきたらビールでしょう。
 肉汁を吸ったジャガイモフライの美味しさは、アメリカ式ステーキ屋さんでおなじみの味。

肉は固いほうがいい

 そして、肉は固いほうがいい。





テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/04(火) 11:52:22|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 449

魔王をつくろう 37

 粘土でつくる魔王像のつづきです。

 翼を作って背中に嵌めたところです。

魔王の背中

 尾羽から重ねるように、背中の羽毛を貼りました。

羽毛を貼ったところ

 ここでいったん硬化を待ちます。

 カチカチに固まりましたら…

固まったところ

 翼をそっと外側に広げまして…

外に回して

 背中の羽毛から外れたら…

翼を外す

 スポっと翼を外します。

 すると、わき腹が空きますので…

空いたわき腹

 ここに羽毛を追加します。

わき腹の羽毛を成型

 腰からなるべく自然な感じを意識して。

わき腹に羽毛を貼ったところ

 そうしましたら、粘土が柔らかいうちに、羽根を戻しましてグっと押し付け…

翼を挿して固めます

 形を決めたら、このまま固めましょう。

 今回はここまで。










テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/03(月) 11:16:57|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1143

お昼定食農家風

 農産物でお昼ご飯でございます。

 掘ってきた新ジャガは、小粒の所を皮ごと素揚げにしようと洗っていたら…

ポテコちゃん

 かわいいのが出てきました。
 人間は三個の点を見れば顔のように認識するといいますが、これは可愛い。
 おいものキャラクター、ポテコちゃんです。

 そんなポテコちゃんの目をくり抜き、真っ二つにして素揚げにしました。

ジャガイモの素揚げ

 粗塩と黒胡椒をかけてかぶりつきました。
 水分がとんでホッコリと甘みさえ感じるジャガイモの美味さもさることながら…

皮が美味い

 これは皮が美味いのです。味が濃くて香ばしい。

 ベビーコーンは塩茹でです。

ベビーコーン塩茹で

 ベビーというには大きくなってしまったので、ボーイといったところでしょうか?
 コリコリの歯ごたえで、芯はアスパラ、小さなつぶつぶはトウモロコシの味になっているのがたのしい。

ベビーの美味しさ

 マヨネーズをつけてガブリ。この時期だけのたのしみです。

 そしてキズものの完熟ミニトマト。

完熟のトマト

 これは野菜というよりフルーツです。

 そして二週間前に漬けたラッキョウを添えたら、お昼定食農家風であります。

野菜ランチ

 飲み物は麦からできた健康飲料、すなわちビール。

 自分で育てた野菜を食事にするというのは、極めて贅沢なことであります。





 






テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/02(日) 19:00:24|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 230

たのしい季節がやってきた

 梅雨どきになりますと、植物は大喜びでぐんぐん育ちます。

 ということは草もぐんぐん育っています。

草ぼうぼうの畑

 草ぼうぼうの畑であります。

 今日はまず草取りから、素手でガシガシむしり取ります。

 草の中にひたむきに生きるパクチー。

シャンツァイ

 南米のトウガラシであるハラペーニョ。

ハラペーニョ

 タバスコソースの緑のやつありますよね、それの原料となる種類です。

 こちらも草にうずもれながら育つエダマメ。

エダマメ

 もう少し太らせましょう。

 雨が続くというので、天気予報を頼りに播いたニンジンの種は…

ニンジン発芽成功

 みごと発芽大成功。
 しかし、このあと無事に育つかどうかは別問題。殺虫剤を使ってないので、ここは虫の天国ですから。

 ナスも水分を十分吸い込んでツヤツヤに育っています。

ナス

 米ナスは、巨大化している。

巨大な米ナス

 ピーマンもいいですね、肉厚で大きさも上々。

ピーマンも大きい

 ミニトマトのアイコは食べごろです。

割れたアイコ

 一部の完熟実が割れてしまいました。しかし完熟ゆえに、とても甘い。農作業の栄養補給につまんで食べてます。

 一方、種から育てている大玉のトマト“甘太郎”は、まだお花、梅雨の雨を受けてもじゃもじゃです。

もじゃもじゃのトマト

 わき芽を摘んで、主幹を支柱に結んだら、自宅から持ち出した後口の苗を追加で植えてみました。

同じ種です

 上の写真、手前が今日植えた分、奥のもじゃもじゃと同じ品種で、しかも同じ日に播いたものです。これだけの成長差が、このあとどうなるか?収穫期が伸びるのか?はたまた一斉に終わりを迎えるか?まあ調べればすぐに判ることでしょうが、自分で経験してみる。それが私のやりかた。

 こちらはトウモロコシ。受粉を終え、ヒゲが縮れてきました。

トウモロコシ

 一番上の実を一本だけ残し、あとはベビーコーンとして収穫します。

ベビーコーン

 ポキっと折れば、ぼたぼたとしたたるジュース。家に帰って食べましょう。

 そして本日、ジャガイモを一列掘りました。

掘ったジャガイモ

 今年は去年の反省を踏まえて深植えにしましたが、土が堅かったか、数量は少なく不作です。

 3時間半の作業でしたが、じつに気分の落ち着くたのしい時間でした。

















 




テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/02(日) 18:25:32|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1142

羊と茄子のコエンドロ

 新茄子のおいしい季節になりました。

 毎度おなじみ、ズボラのお料理でございます。

 テフロン加工のフライパンに、羊のお肉と茄子、小粒のニンニクは玉のまま。

材料をスタンバイ

 そして茶色い粉は、挽いたコリアンダーシード。

 油を挽いて点火、ちりちりと炒めまして、お肉に火が通ったあたりで麺つゆとカレー粉で、お味つけ。

もやしと味付け

 肉の脂と香辛料の香りが食欲をそそります。
 仕上げにモヤシを加えてサッと混ぜたら出来上がりです。

羊のコエンドロ

 羊と茄子のコエンドロ風味 でございます。

 今回はエスニック風味に合わせまして、タイ米を湯取り法で炊きました。

タイ米を炊きました

 タイ米の湯取りは、タイ米の匂いを除き、ふっくらとお鍋で炊く方法です。(食味雑記600)

 あっさりしたタイライスに脂ぎった羊の焼肉がよく合います。あわてて頬張りますと、タイのご飯がほろほろとこぼれ落ちます。そのくらい粘りがありません。

ご飯にかけて食べます

 ジューシーな新茄子に丸のままのニンニクも存在感を主張、夏のスタミナお料理でございます。

 ところで、コエンドロとは何です?

 ええ、コリアンダーの古い言い方です。

 また無駄にややこしくしたのか。




 



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/01(土) 12:04:21|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生き物控 67

スゴイ体勢

 朝、外に出ると、いきなり目に飛び込んできたスゴイ体勢のケロちゃん。

犬神家か

 犬神家か!

 それにしても吸盤の威力はすごいな。

 近づくとスカイダイビングにも見えるねえ。

スカイダイビング

 それにしてもウエスト細っそいな。

 おっと!こっちに気づいた。

こちらに気づいた

 失礼しやした。

 ごゆっくり。




テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/01(土) 10:26:16|
  2. 金魚・生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (53)
料理・食 (2056)
時計 (385)
家庭菜園 (422)
玩具・造型 (896)
暮らし・修理 (63)
金魚・生き物 (142)
雑貨・珍品 (21)
健康 (89)
見聞・出歩き (54)
視聴鑑賞 (37)
花・園芸 (78)
劇場シリーズ (39)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR