柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1184

香り鍋

 真夏に鍋とは酔狂な。

 いえいえ、どういたしまして、夏に熱いものを食べて汗をかくのも健康の秘訣です。

 私、以前気になったのは「スポーツマンはなぜ爽やかなのか?」というテーマで、いろいろ聞きかじってみましたら、どうも“汗”がポイントらしく、汗をかかずに体内で古くなると自律神経に悪影響をおよぼし、イライラやネガティブ発想につながるというのです。(個人的仮説です)したがって、汗を絶えず循環させているスポーツ選手は、心も健康で明るく爽やか、ということになります。ま、人それぞれなので、スポーツマンにも腹黒い輩はいるのでしょうが…。

 さて、、前置きが長くなりました。鍋をつついて汗をかきましょう。

 今回は香菜と牛肉です。

肉と香菜

 香菜が肉の獣臭を中和することに目をつけて、芹の鍋よろしく、香菜で牛肉を食べようという企みです。

味付けは醤油だけ

 味付けはお醤油だけのあっさり仕立てです。

 牛の獣性のダシに、臭さを和らげる香菜。

 タレを作りました。

黒酢のたれ

 黒酢に豆板醤、そして酢漬けの唐辛子。

 顔を真っ赤にして汗をたらし、つつく鍋の肉と野菜。

香菜鍋

 そして冷たいビール。

 真夏の娯楽のひとつです。





 

スポンサーサイト

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/22(火) 11:30:50|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生き物控 73

変身!最終形態

 私のかわいいドラちゃん(ドラセナ・デレメンシス)についたサナギです。

サナギがついた

 羽化を待ち、今日はどうか、今日はどうかと毎朝観察していましたが、本日ついにゆらゆらとゆれる羽根を目撃。

羽化直後

 ちょうど羽を伸ばして乾かしているところです。隅々に血流を行き渡らせるように、うんと羽を広げる。

 カメラを持って近づいたら、さすがに驚いて後ずさる。

私に驚く

 大きいものが動いたら逃げるようにプログラムされているのでしょうが、生まれたての羽根が思い通りに動かないから歩いて逃げようとしています。

 私は危害を加えないよと言ったところで通じるわけもなく、かなり慌てているので、そっと去ることにしよう。

 思えば凄い生涯ですね。
 1ミリほどの玉の中から現れて、ムシャムシャ草を食べて大きくなったら、都合のいいところを見つけて糸で自分を縛る。強度を確認したらサナギに変身。ここがまたすごい。自分の体の表面を変質させて殻となり、その中で劇的変身を遂げ最終形態となって、空を飛べるようになる。

羽根を乾かす

 生まれたての美しい翼を広げて、さあ、結婚相手を探す旅に羽ばたけ。

 私も羽ばたきたいよ。






 

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/22(火) 08:49:14|
  2. 金魚・生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 455

バンダイ クロオオアリ 4

 モーター駆動のオオアリ、いよいよ塗装です。

 まずは、全体を黒の半ツヤでくるみました。

黒の塗り上がり

 次は薄めたメタリックシルバーを、ボリュームある部分に吹きつけ。さらに上からクリアーブルーで青みをわずかに加えました。

メタリックを吹いた

 野外でクロアリをみると、僅かに青みがかって見えるので、そこを表現しました。ま、本当に微量ですが。

 最後に腹の節に薄茶を吹いて、黒のカシューで縞を描いたらできあがりです。

縞をカシューで

 さあできました。バンダイの精密20倍、電動クロオオアリ。

完成背面

 よくできてますねえ、これは標本ではありません。
 全長21センチあります。

完成腹面

 お腹側には車輪がついてて、ちょっとガッカリ。

完成後方より

 胴の分割線にところどころ隙間が開いていますが、これはコジ開け口ということで、わざと開けました。修理の際、ここに刃物を入れてねじると、胴が上下にパカ!っと割れる仕掛けです。
 このような動力付き玩具の場合、修理できるように作るほうが良いと私は考えます。

アゴと鼻の頭は艶仕上げで

 強力なアゴと鼻の頭は黒のツヤあり(カシュー)で塗りました。

 スイッチを入れて床に置きますと、目を光らせて歩きます。

目を光らせて歩きます

 動きがまた、よくできていて結構虫っぽいです。

 外へ持ち出しました。

 夏の日差し、お花の中からこんにちは。

花とオオアリ

 でもアリは、お花よりもやはり地面がよく合います。

お散歩中

 これでこそクロオオアリです。本物が見たら驚くだろうな、なにしろ人間にとってのウルトラマンほどの大きさですから。

 これにて夏の昆虫祭り、バンダイ電動クロオオアリの製作をおわります。

 












テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/21(月) 11:05:43|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 240

白菜の種まき

 8月も半ばを過ぎました。

 白菜の種まきです。

 昨年まで<2016>は直播きでやりましたが、週に一度しかチェックできないので、虫に喰われて大変。今年は苗作りに挑戦してみました。

 100円ショップで買ったプランターに使い古しのビニールポット。

ポットを8つ

 底穴には、そのへんでちぎった葉っぱ(ドクダミ)を一枚ずつ。

 土は市販の培養土。

土をへこませ

 指で真ん中をへこませたら、種をパラリ。

種を据えて

 上から土をかぶせて水やり。

土をかぶせて水をやる

 さて、ちゃんと出来ますかどうか?
 素人の野菜作りは毎回が模索ですが、やり直しがきかない。

 季節という“時”は容赦なく流れてゆきます。



テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/20(日) 18:28:49|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1183

焼きビーフン 塩あじ

 西新宿にある台湾料理の名店『山珍居』の焼きビーフンのおいしさは、しつこくなく、実に素朴な、昭和の雰囲気を醸すところにあると思います。

 今回はそんな山珍居に想いをよせて、焼きビーフンでランチです。

 毎度ですが、ズボラ式でまいります。

 冷めたフライパンに次々放り込みますのは、干しエビ、ハム、玉葱、キャベツ、キクラゲです。すべてせん切り。
 油を落として点火。

材料スタンバイ

 材料に油が回りましたら、冷凍ミックス野菜とスープを投入。

スープ投入

 スープは味の素“丸鶏がらスープ”の粉とお水です。

 ここに戻しておいたビーフン。
 戻したビーフンとは、1、2分茹でてザルにあけ、お皿を被せて蒸らしておいたものです。

もどしたビーフン

 ビーフンはたちまちスープを吸ってほぐれます。
 味を見て、塩少々を補い、全体が混ざって汁気がなくなったら出来上がりです。

香菜をかけて

 先日こしらえた肉味噌と香菜を飾ります。

塩あじの焼きビーフン

 塩あじの焼きビーフンです。

 ベースとなるあっさり塩あじに肉味噌と香菜がアクセントになります。

香菜肉味噌塩米粉

 香菜の香りと干しエビの旨みは、一瞬にして異国情緒を感じさせる威力を持っています。
 
 素朴な昭和風焼きビーフンに、今回は南国の香りを添えました。






テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/20(日) 17:33:09|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラちゃん物語 4

居候

 玄関先で育成中のドラセナです。

育成中のドラセナ

 夏の湿気で新芽もよく伸び、それぞれどうかな?と健康チェックをしていたら、お!異常発見。

サナギがついた

 蝶々のサナギがついてました。
 食べ物ではないドラセナだけど、その固い葉っぱは雨をしのぐ屋根になります。
 この居候、このままにしておきましょう。できれば羽化を目撃したいです。

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/20(日) 08:16:43|
  2. 花・園芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1182

香菜〈エンスイ〉

 これは台湾読みなんでしょうな。
 普通、中国料理の本などには“香菜”と書いて〈シャンツァイ〉とカナがふってありますが、新宿の台湾屋台料理店『台南担仔麺〈タイナンターミー〉』のメニューには“エンスイ”と示されています。

 そんなエンスイとはこれ。

パクチー

 つまりはパクチー、またはコリアンダー。
 私、毎回こうして呼び名をいちいち説明するのは、もう面倒くさいので、南方風料理の時はパクチー、中国風料理の時は漢字で香菜、欧米風料理の時はコリアンダーということにします。
 なので、今回は香菜。

 先のお店では、生の香菜に肉味噌がかかって出てくるのです。

 真似してみましょう。

 ズボラ式にまいります。

 テフロン加工のフライパンに、干しエビ、ニンニク、タマネギのみじん切りと、豚の挽き肉をスタンバイ。

材料を火にかける

 多めの油をかけて点火。

 じくじくと火が通り、全体が滑らかになったら八丁味噌投入。

味噌を投入

 水を注しながら、トロトロに加減して、味噌を良くのばし、炒め混ぜます。

緩めながら炒めます

 わずかなお砂糖で味を見、納得の所でできあがり。

 むしった生の香菜にかけて、おつまみ一皿出来上がりです。

生パクチーにかけました

 香菜と肉はよく合います。多くの方が苦手とする香菜の匂いは、肉の獣臭と中和して和らぎ、互いに美味しくなるのです。よく考えられた食べ方です。

肉味噌完成

 先のお店“台南担仔麺”のメニューにはこうあります。

「香菜 (エンスイ) 台湾パセリと肉みそかけ 600円」

 え?600円!

 畑からむしってきただけの香菜ですが、こうしてみると有り難いものです。





 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/19(土) 15:33:30|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 239

トマト撤収

 まだ8月の中旬だというのに、このありさま。

枯れ果てたトマト

 今年のトマトは失敗です。植えた環境が過湿だったようです。

 こうなったら、気持ちを秋野菜に切り替えて、さっさと撤収。

 トマトを抜き取ると、相棒のバジルが元気に育っています。

トマトのあとには元気なバジル

 こちらも全て収穫。
 持ち帰って加工品を作りました。(食味雑記395 『バジルの仕事』)

 …ということで、全て撤去し、鶏糞堆肥を鋤き込んで土を起こしました。

さら地になりました

 ここには、キャベツかなんかを植えましょう。

 一方、ニンジンが元気です。

元気なニンジン

 一か所を二本に絞るため、小さな個体を引き抜きますと、小指ほどのニンジンが出てきました。

小指ほどのニンジン

 全か所やりましたら、こんなにとれました。

一つかみ収穫

 かじると強烈な香りがします。ニンジン嫌いなお子さんに止めを刺すような香りです。
 ということは、味が濃いということで、加熱すると超甘くなる素質を持っています。

 南方野菜コリアンダー、つまりパクチーもまだまだ健在。

パクチー

 それほど好きな野菜じゃないけど、ないと寂しい不思議キャラです。
 例年では4月に種を播きますが、そうしますと梅雨明けには終わってしまい、食べたい真夏にパクチー無しとなってしまいますが、今年は梅雨時に播いたせいで、この真夏に食べられる。来年からは、このスケジュールで行こうと思います。







テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/19(土) 11:53:47|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

賞味雑記 1181

米茄子の泥鰌もどき

 今年は米茄子がよくとれて、食べるのが追い付かなかったから、ひとつが冷蔵庫で傷んでしまった。
 鼻をよせると、わずかに酸っぱい匂いがするが、とりあえず、育ってしまった種を取り除き、タテに細切り、水中でもんでみたら

茄子のアク

 たちまち茶色くアクが出た。

 絞った茄子を小鍋で煮込む。

種をとって煮込む

 柔らかくなるまで長めに煮込む。
 味付けは、粉のだしの素に醤油だけ。砂糖は入れない。
 汁は、飲める程度に加減する。

茄子に葱

 仕上げは葱、こいつが柔らかくなったら食卓へ持ち出す。

にぎりめしをつけて

 小さな握り飯を二つ、熱々の汁をすすりながら食べ、そして冷やしたお茶でのどを鎮める。

泥鰌のように引き上げて

 茄子もここまで煮れば、多少の傷みも忘れて美味い。
 トロっとした実を引き上げれば、泥鰌もどき。

 そういえば久しく食べてないなあ。
 本物の泥鰌が恋しくなってきた。




テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/19(土) 10:56:07|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1180

信号どんぶり

 赤、緑、黄色、色あざやかな信号どんぶりです。

 近所の農家さんからキュウリをたくさんいただきましたので、中華風おかずにしようと思いつきました。

 今回も超カンタンでございます。
 キュウリ、トマト、キクラゲを軽く炒めまして…

野菜を炒めて

 鶏ガラスープを注ぎ、さっと煮つけまして…

スープで煮る

 トマトが溶けないうちに、僅かにとろみをつけ、玉子でとじます。

玉子でとじる

 もう、これでよろしいのです。カンタンでございます。

トマタマ煮

 トマキュウの玉とじ 。
 彩りも明るく、塩味であっさりとしたおかずでございます。

 ご飯にかけてごらんなさいな。

ご飯にかけて

 赤、緑、黄色の三色そろった、交通信号どんぶり になります。

 今年栽培したトマトは傷みが多いので、加熱料理で食べてます。





テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/18(金) 11:31:21|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

時計道楽 138

シチズンレディス 4

 1960年代の国産レディス腕時計、シチズン“ローヌ”の小さなムーブメントです。

8-文字板側

 上の写真は文字板側、続いて時計側です。

9-ムーブメント

 ゼンマイは巻き上げきられて、これ以上りゅうずが動きませんし、時計も止まっていますから、ここからバラしてまいりましょう。

 まずはテンプを外しました。

10-テンプを外した

 ここでアンクル(写真、刺又状の小さなアーム)が、ピン!とはじけば時計に異常はないということになりますが、動かないうえ、途中で止まっています。つまり時計が壊れているということが判明します。

11-アンクルを外して動かした

 アンクルを外して、二番車をつついたら、ビューン! と、輪列が高速回転しました。ということは、ここから先は復活、つまり長年の固定状態で油が固まっていたのでしょう。部品の故障は無さそうです。
 次の写真、四番車からちょろっとのぞく機種番号は “4311” .。

12-輪列レイアウト

 あとは輪列レイアウトを控えまして、部品を洗浄、組み立てとなります。

13-組みなおしたら順調だったが

 ここまではスルスルと、順調に連動しますから、あとは脱進機をつりつけて完成…と、思いましたが、なんと肝心かなめのヒゲゼンマイが乱れていました。

14-ヒゲが乱れて直りません

 一応、整えようと試みましたが、レディスのヒゲゼンマイは半径も小さく、巻きが狭くて、いじればいじるほど状態は悪化。
 ここは潔くあきらめましょう。

 ひとつ前のモデル、シチスン“ノーブル”と共に、ケース、ブレスレットを洗浄して、時計の形に戻しましょう。

外装の洗浄

 さて、どのような時計ができますやら?
 







テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/17(木) 10:57:56|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1179

ジャガイモのいとこ煮

 ジャガイモもトマトも同じナス科ですが、食べる部分が違います。ご存じのようにトマトは果実、そしてジャガイモは地下茎、根っこじゃございません。
 
 今回の農産物お料理は、ジャガイモとトマトの和風煮込みでございます。
 材料はこちら。

ジャガイモとトマト

 トマトにジャガイモ、そしてタマネギ、これらすべて自家製です。このほかに豚のバラ肉を少々。

 トマト以外をフライパンで炒めます。
 砂糖、お醤油を回しかけて、からめながら炒め、豚の脂が溶けてにじんで全体に染み渡ったら…

味を回すところ

 肉ジャガの要領で煮込み、ジャガイモに火が通ったら最後にトマト合流。

再び煮ます

 あとは強火で水分を飛ばしてフィニッシュです。

汁気が飛んだらできあがり

 ジャガイモのいとこ煮 でございます。

トマジャガ

 肉ジャガにトマトを入れただけだろう!と言われればその通りでございます。
 ただ、このトマトの威力が大きくて、酸味と旨みが増しますから、ひと口、またひと口とお箸が進みます。

 家族の食欲を促し健康を念頭に作る。これが家庭お料理の在り方ではないでしょうか。

 そして自分のメタボ改善は遠のく…




テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/16(水) 11:19:38|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 454

バンダイ クロオオアリ 3

 古い電動アリの再生をしていますが、本来備わっていない目の発光を追加しようではないかと、束ねた二個のムギ球。

束ねた麦球ふたつ

 材料ボックスを漁って、固定方法を考える。
 私は、廃棄物を分解すると、部品をこうして取っておくのです。

材料ボックス

 ここから押しバネと小さな穴あき板をチョイスして、ムギ球を止めました。

バネでロック

 電球が目の穴から中に落ちてしまわないように、押しバネを使ってつねに外に向かって力のかかる構造にしました。

 次は上アゴの修理です。

 折れたアゴの土台をパテで修理。

アゴの土台を修正

 リベットを使ってアゴを設置。

リベットで取り付け

 これで部品はそろいました。

 目の穴に電球を嵌めて、発光テスト。

発光テスト

 よろしく光ったら、目玉を被せて全体を組み立て。

組み立てて合わせを均す

 合わせ目を埋めたら、あとは塗装して完成です。









テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/15(火) 11:38:06|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 238

冬に備えて粗起こし

 ジャガイモ、エダマメ、トウモロコシ、今年もおいしくいただきました。ジャガイモに至っては、在庫がまだまだあります。

 そんな農産物が植わっていた場所は、夏の長雨で草ぼうぼう。

草にあれた場所

 ここはこのあと、ダイコン、ハクサイといった冬野菜の栽培地になります。
 草を素手でむしって、苦土石灰と鶏糞堆肥をまいて粗起こし。

粗起こしをしました

 作業中、指先を怪我してしまいましたので、今日はおしまい。

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/14(月) 18:11:07|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1178

ペッパーライス

 大辛のジャワトウガラシですが、若い青実は香りも爽やか。

材料

 今日の農産物お料理は、青いジャワトウガラシとパクチーを刻んだ、アジアンヤキメシでございます。

 ニンニク、ハム、唐辛子はみじん切り、赤米ミックスの冷やご飯と共に炒めて、味付けはナンプラー。

パクチー投入

 仕上げに刻んだパクチーと粗挽きの黒胡椒。

ペッパーチャーハン

 香りも刺激も強い、 ペッパーライス でございます。

 辛い物好きにはたまらないヤキメシです。

はじけるペッパー

 奥歯でパチン!パチン!と癇癪玉みたいにはじけるジャワトウガラシの香りと辛み。

 つい食べ過ぎてしまうご飯です。


テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/14(月) 14:56:14|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1177

蒸し暑い朝は

 今日は雨、亜熱帯な湿った空気、それならばそれなりに南方野菜でお粥とまいりましょう。

 赤米を加えたお粥に、パクチー。

お粥にパクチー

 お粥には赤味噌を少し溶かしてあります。

 そしておかずがクウシンサイのオリーブ油炒め。

クウシンサイいため

 ニンニクとトウガラシを効かせてあります。味付けは市販の鶏がらスープの素。

 南方風の朝ごはんです。

南国粥

 ジメジメ、ベタベタしていたら、それもそれで風情です。
 楽しもうではありませんか。




テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/14(月) 10:00:25|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1176

米ナスのウイスキーソース

 農産物お料理でございます。

 今年よくとれました巨大な米ナス、ヘタを取り、タテ半分に割り、内側は正目格子、皮には斜め格子に包丁を入れました。

格子に切れ目

 ここに小麦粉をたっぷりまぶしますのは、ソースにとろみを与えるためです。

粉をたっぷり

 そして油で両面焼き。

両面焼いて

 実の方に焼き色がついたら裏返し、皮目をしばし焼き付けましたら、スープを注いで蓋をして蒸し煮。

スープとケチャップ

 ナスに火が通って柔らかくなりますと、自重で開きます。
 そうしましたらケチャップ、ウスターソース、そして最後にウイスキーで香りづけ。

 お皿に装ってソースをかけ、フライドオニオンをふりかけて出来上がりです。

米ナスのウイスキーソース

 米ナスを使った一品料理でございます。

 西洋風お料理ですが、ここはお箸で。

皮もやわらか

 肉厚のナスですが、皮もやわらかくボリュウム満点。

 ですが、やはり肉成分が無いためか、それほど美味しくはありません。





 

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/13(日) 22:02:11|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生き物控 72

カエルもおだてりゃ…

 玄関先の住人、今朝はいずこに?

 と、眺めてみたが姿がない。

桜の盆栽

 とうとう何処かへ旅立ったのか。まあよい、飼っているわけではないのだから。

 あれ?

 桜に水をやろうと近づいたら…

カエルも木にのぼる

 桜の上の方に小鳥のように止まっているではありませんか。

 豚もおだてりゃなんとやら。

 でも考えてみれば、アマガエルは壁でも登れるんだから、木登りなんぞ朝飯前で、何の不思議も無いはずなんだが、相手が盆栽だけに、その尺度のせいで小鳥に見えて面白い。

 松に鶴、梅に鶯、桜にケロちゃん。

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/13(日) 09:55:43|
  2. 金魚・生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1175

半バーグセット

 半分のハンバーグ、ピザの切れ端、半端なキュウリ…

 冷蔵庫の残り物をかき集めての朝ごはんです。

 半分のハンバーグ、半バーグとピザ一切れをグリルで焼きもどし、キュウリにはパクチーを合わせて一皿に寄せてできあがり。
 テキトーな残り物プレートです。

半バーグセット

 せっかく焼いたのに、冷たいサルサをかけるバカ。

サルサ半バーグ

 それでも肉がサッパリして美味しい。牛肉食が盛んな南米ゆえに、このようなサルサ、つまりソースが発達したのが頷けます。

 小さい器はコリドレ。コリアンダーのドレッシング。

パクチードレッシング

 きざんだコリアンダーにオリーブ油、ハバネロの漬け酢を和えただけですが、生野菜によし、ピザによしの清涼でスパイシーなソースです。

 そして、仕上げは鰻茶漬け。

うな茶

 これも昨日の飲み会で出た、ひつまぶしの残りです。



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/12(土) 14:18:45|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1174

ドリトス・サラダ

 先週仕込んだサルサがこなれました。

 2017年、コーンスナック菓子ドリトスは日本上陸して30周年だそうです。
 いただきましょう。

 お皿にせん切りキャベツ、コリアンダー、キュウリをならべ、

三種の野菜

 ドリトスのマイルドソルト味を山盛りに。

ドリトスを盛り付け

 そして先週仕込んだサルサをかけました。

ドリトスサラダ

 これをぐちゃぐちゃに混ぜましょう。

グチャグチャの混ぜる

 濡れ物に乾き物?カリっと香ばしいドリトスがサラダのアクセントになります。パクチーたっぷりのドリトスサラダが、本日のお昼ご飯で、ビールつき。

 サラダを食べ終わると、残りのドリトスにサルサをのせてパクリ。

ドリトスにサルサ

 ドリトスサラダにサルサドリトス、単なるスナック菓子にあらず、ちょっとご馳走です。


 


テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/11(金) 16:54:04|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 237

夏の野菜まつり

 本日、8月11日は曇り、小雨が降ったりやんだりの不安定なお天気模様。朝など寒いくらいでした。

 というわけで、本日は収穫のみの作業です。

 大半が枯れたトマトですが、生き残り組は旺盛に実をさげています。

鈴なりのトマト

 割れやキズが多く、見た目はいたって悪うございますが、丁寧に下ごしらえしますと、これでも食べられます。

 韓国うまみトウガラシも赤い完熟が数本。

韓国唐辛子

 同じトウガラシでもハラペーニョは、姿かたちが違います。

ハラペーニョ

 コリアンダー、つまりパクチーは、ついに塔立ちを始めました。

コリアンダー

 トマトが枯れて、日照の多くなったバジルが元気です。

バジル

 ここのところ雨が多くて、クウシンサイが大喜び。

クウシンサイ

 ところがモロヘイヤが異常です。

若芽を切られたモロヘイヤ

 新芽のところが、なぜかきれいに無くなっています。虫か?鳥か?それとも熱波か?

 ナスもとれて、今日は真夏の野菜祭りになりました。

本日の収穫






 




テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/11(金) 15:40:39|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウンペラータ日記 16

猛暑襲来!

 私のウンベラータ、10月までは外管理ということで玄関先に出していたのですが、ああー!

葉っぱが焼けた

 葉っぱの一部が焼けています。

 あわわ、こっちも…

縮れて捲り上がった葉っぱ

 根が高温にやられたか、はたまた葉に直接熱波が当たったのか?どちらにしても恐ろしい。
 “連日の猛暑の影響で…”ではなく、たった一日の高温でやられたのだから管理に油断はできません。

命までは取られなかったみたい

 まあ、命までは取られなかったようで良かったです。
 引き続き育てましょう。






テーマ:サボテン・多肉植物・観葉植物 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/11(金) 15:22:30|
  2. 花・園芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1173

香草スパゲティ南国風

 茹でおき麺が、まだあるんです。

 茹でおき麺はモチモチ食感が売りですから大盛りをほお張るのが美味しい食べ方。

 今日は、具の少ない、麺中心のスパゲティです。

 味付け材料はこちら。

香草各種

 コリアンダー、ジャワトウガラシ、ニンニク、青シソです。

 すべてをみじん切りにして、ニンニクとトウガラシを油に落とし、香りが立ちましたら麺を炒めます。

先に麺を炒める

 お酒を少々垂らしますと麺がするりとほぐれます。
 全体が温まったところで香草をすべて投入。

たっぷりの香草

 味付けはナンプラーとお醤油、仕上げに粗挽きの黒胡椒をたっぷりと。
 アジアン風香草スパゲティができました。

香草スパゲティ

 こいつは美味いです。
 ニンニクに辛みのトウガラシ、そしてシソとコリアンダーによる香りのツープラトン攻撃。そしてトドめの醤油あじ。
 もう、ガンガン進みます。

麺がメインです

 茹でおきモチモチ麺は、やはり麺が主役です。
 のどに詰まるほど頬張りましょう。
 そして飲み込む快感に目を細める。




テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/10(木) 12:30:52|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 137

シチズンレディス 3

 国産時計、昭和の味。シチズンローヌを見てみましょう。

 それはこちら。

1-ローヌ

 全体がホワイトゴールド、金属色に統一されたオシャレ感ただようモデルです。

 時計は止まっていて、りゅうずも動きません。つまり動力ゼンマイは巻ききられており、時計のどこかが壊れている状態です。

 時計は壊れていても外装が捨てきれませんね、デザインが洒落てます。

2-可愛い飾り

 ベルトは“時計バンド”というよりも、アクセサリーとしての“ブレスレット”と化し、ケースとの連結部にカットガラスで煌きを与える装飾性に富んだデザインです。

3-クリスタルのカット

 風防はガラス製で、外周に細かい連続面がカットされていて宝石のような装い。ここにも輝きを放つ工夫が凝らされています。
 そこかしこに先人たちのデザイン意識、最高に女性の手元を美しく輝かせようという心意気が感じ取れます。

 こちらは裏の刻印です。

4-刻印

 “STAR”はシチズンの外装証印、“W.G.P”.は、ホワイトゴールドメッキ、“AHOQ51107i-TA”はケース番号と思われますが、ここは少々疑問です。下の数字は製造番号、1967年製と思われます。

 ケースを開けました。

5-ケースを開けた

 裏蓋中子でムーブメントを固定して、ケース肉厚は最薄、極力小さく作る設計となっています。

 文字板を鑑賞しましょう。

6-可愛い文字板

 チューリップ型のシルエットに品の良い縦目付、ミディアムグレーの塗装(メッキ?)、ホワイト系で統一された時字と針。これは白文字板に比べ、時字の輝きがハイライトとして引き立つ、実にキラキラが活きるデザインである反面、時刻の視認性が損なわれる難点があります。

 こちらは、ムーブメントです。

7-指先ほどの機械

 指先ほどの可愛らしいムーブメント。
 これが自力で動くんですから、時計というものの面白さは計り知れません。

 次回は、分解探検に入ります。










テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/10(木) 11:16:39|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1172

湯上り野菜でスパゲティ

 我が家はスパゲティを多めに茹でます。
 ゆえによく余ります。
 茹でおきスパゲティは、茹でたてのポキポキとは違う、モチモチ食感にその値打ちがありますから、日本生まれのナポリタンなど、わざわざ茹で置いてこしらえる作法もあるくらいで、日本人に親しまれる食材であります。
 その昔、新宿の地下街にロビンという小さなスパゲティ専門店があって、茹でおき麺を炒めて出す、色とりどりの創作オリジナルメニューの豊富なお店がありました。そんなロビンに想いを寄せて、茹でおき麺でひと品アレンジしてみました。

 女房が、さっぱりした野菜が食べたいというので、いろいろ野菜を軽く湯通ししてスタンバイ。

 茹でおき麺とキャベツをさっくり炒めて、味付けは塩昆布。

キャベツに塩昆布

 まぜながら、湯上り野菜を投入。

茹で野菜投入

 今日の野菜はアスパラ、インゲン、ニンジン、オクラです。
 少し塩を補って、これで完成です。簡単でございます。

スパゲティ農家風

 お皿に装ってから、香りづけにバジルの葉とアサツキ少々。

 こういう仕立てであれば、茹でたての方がよろしかろうと思いますが、これはこれ。

モチモチの麺

 モチモチ麺とコリコリ野菜が中々よく合うのです。
 





テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/09(水) 12:06:02|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水の仲間たち 4

すみだ水族館 2017夏 江戸妖怪編

 すみだ夏まつり2017見聞録、いよいよ最終です。

 今回のお題は江戸と妖怪。
 ここ、すみだ水族館は、東京下町ということもあり、江戸にちなんだ在来種の展示もあります。

大ナマズ

 大鯰〈ナマズ〉 です。浮世絵にも描かれる日本古来の淡水魚。こいつが地下で暴れると地震がおこるという民間伝承を知っているのは50代まででしょうかね。

 次は 泥鰌〈ドジョウ〉

どじょう

 こいつは江戸の食事情に欠かせない魚ですね。生姜を効かせて辛煮にしたり、お味噌汁の種〈たね〉にと大活躍です。昔は水もきれいでたくさん獲れたことでしょう。

 山椒魚〈サンショウウオ〉

サンショウウオ

 こちらは日常的に食べられるものではありませんが、漢方の材料として尊ばれてきました。主に男性用の精力剤として、その強い生命力が買われたのでしょう。
 その昔、山伏料理として串に刺さった姿焼きを見たことがあります。

 真打は 鰻〈ウナギ〉

ウナギ

 川底に見立てた流木の隙間から、ニョロっと首を出してきました。この目つき、シン・ゴジラの幼体に似てますね。
 鰻は白焼き、蒲焼き、こちらも夏バテ防止のスタミナ食として、現在でも高級食材として君臨しています。

 それでは大取り、水の妖怪トンネル をくぐってみましょう。

妖怪トンネル

 水木しげる先生と水族館の合体企画、さて如何なる催しか?

 ひんやりと冷たい空気には香りがつけられ、湿っぽい効果音に包まれた不思議空間。

河童とクラゲ

 水槽の奥、ゆらぐ水のむこうで河童の目が動いた!

船ゆうれい

 船幽霊に漂うアカクラゲがよく合います。

 クラゲの幽玄な動きや影を効果的に使って、妖怪画の怪しい雰囲気を盛り上げます。

クラゲと幻想

 半透明でゆらゆら揺れるクラゲという生き物は、姿も動きも幽霊役にピッタリです。

 鏡のトリックは巨大な万華鏡。

鏡の幻想

 タコにクラゲも好相性。

大だことクラゲ

 妖物は、水を好むといいます。怪談話にも雨がつきものです。幻想的な水と妖怪の世界。

ふしぎなトンネル

 上の写真はほんの触りですが、音、照明、においと、異世界に迷い込んだような、実に珍しい展示でした。

 トンネルを抜けると、元の現実世界、かわいい金魚が出迎えてくれます。
 こちらは9月10日までの特設展示となります。


 クラゲから始まって、深海、海洋動物、金魚、水妖怪と盛りだくさんのすみだ水族館、充実した夏休みになりました。

 以上、4回に分けて控えてまいりました、すみだ水族館夏の見聞録、このへんでお開きといたしましょう。














 

テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/09(水) 11:25:21|
  2. 見聞・出歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1171

スナック菓子が食べたくて

 ビールばかり飲んでいますと、時おり乾き物が食べたくなります。

 そんな時、娘が食品ストッカーをあさりだし「スナック菓子ない?」と。

 ここで、はたと思いつき…

ジャガイモ一個から

 ジャガイモ一個をどうするの?

 薄切りにして揚げました。

油で揚げまして

 初めはネチョネチョ、ほぐしながら泳がせると、やがて水分が飛んで行って固まってきます。
 はい、つまりポテトチップフライです。

ポテトチップスでございます

 塩を振って供します。

 思った以上に美味しい出来に思わず笑ってしまいます。ジャガイモ一つで写真の分量ができました。
 娘も私も美味しい、美味しいとバリバリ食べていまい、もう一個分追加しました。
 メーカー品にはメーカー品のおいしさがございますけれども、たまには、お手製のポテトチップスをお子様といっしょに召し上がってみてはいかがでしょうか。簡単ですし、揚げたての美味しさは感動的でさえあります。


テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/08(火) 12:53:56|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 453

バンダイ クロオオアリ 2

 さて、アリのプラモデルの解体作業にかかりましょう。

分解開始

 何しろ古いものですから丁寧にそっと…、力を入れたらパキ!なんてことにならないように。

 アシはポリ製の差し込み式なので難なく外せました。

 胴体の上半分を分離させますと動力部が露わとなります。

中の構造

 見たところ、どうやら動力部の傷みは無さそうです。青コードが電池受けから抜けているだけですね。

 伝達はモーターに直結したネジ型ピニオンが垂直にかみ合う二番車を回し、三番、四番を伝って減速してゴムの車輪を回す。このゴム車輪が変芯、つまりシャフトが中心からずれているので、アリは左右に波打ちながら走る構造になっています。

 そしてアシの構造は、車輪と連動する変心カムが写真まんなか辺の白色板を押し、前方のバネに跳ね返されて、銅色の芯が前後する仕組みとなっています。

脚を動かす仕組み

 変心車輪で左右にゆれながら、三対のアシが交互に這うという、中々凝った設計になっています。

 ここで組み直しつつ、通電させてモーターが動くかどうかの確認。

通電させたら動きました

 動きました。

 これで動力部の点検と、組み直しが終わりです。

組み直し終了

 しかし、今度はスイッチのオン/オフがゆるくて、オフ状態でも接触して勝手に作動してしまいます。

 したがって、プラの丸棒を半分に切り出し、オフ状態を確実にすべく、段を設けました。

段を設けました

 これでカクン!と、オフ状態が確実になりました。

 あとは、プラ部品のバリ取り清掃を行いまして組立です。

アゴのバリ取り

 …と、思いましたが、仲間が「目を光らせは?」と提案してくれたもので…だんだん、その気になってきました。

 今回はここまで。

 夏は昆虫。ゼットンと魔王像はしばらくお休みです。

 








 


 


テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/08(火) 11:50:12|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 1170

コンビニの焼き鳥

 畑の帰りにビールを調達するため、ファミリーマートに寄るんですが、7月から始めたという焼き鳥が実に美味そうでして、試しに買ってみました。

 ハラミとカワ、それぞれ塩とタレがありましたが、私はハラミのタレというのを求め、ご飯に一本。

焼き鳥にごはん

 119円、税込み128円なれど、なかなか長くて食べ応えがあります。
 半分でビールをのみ、半分でご飯を食べました。

即席焼き鳥どんんぶり

 豚のハラミには馴染みがありますけど、鶏のハラミは初めてで、コリコリクニュクニュした独特の弾力が面白いです。それでまたタレがこれまた美味しくて、焦げ目の香りもよろしく、ちょいと、うな丼を食べているみたいな感覚になりました。

テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/07(月) 12:39:50|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水の仲間たち 3

すみだ水族館 2017夏 金魚編

 やってきました“すみだ水族館”。
 今回は、この夏の特別展示のひとつ、『東京金魚ワンダーランド』でございます。

 東京金魚?疑問に思われるかもしれませんが、東京江戸川近辺は金魚の名産地でした。私が中学生くらいのころは江戸川、一之江あたりは養殖池がたくさんあって、墨田の実家から自転車をすっ飛ばして金魚を見に行ったものです。そんな江戸川養魚も湾岸開発で地価高騰、すっかり無くなってしまいました。

 そんな私は金魚好き、さっそくまいりましょう。

 お出迎えは、ジャンボオランダのデカい顔。

巨大な獅子頭

 20センチ超えくらいの巨体に、ブルドッグのような顔。頭だって子猫くらいありますから、なぜてやりたい衝動にかられます。

 そして金魚回廊へ。

金魚の回廊

 江戸情緒豊かな金魚提灯の下を、金魚を見ながら歩きます。

 タンチョウの群泳

丹頂の群泳

 タンチョウは丹頂と書きます。文字どおり頭に赤を乗せた純白の品種です。体は長手の琉金型で成長と共に頭にコブが発達します。赤が頭にきれいに乗ったのを上物とされ、はみ出たり形が歪なものは並み品とされます。
 さあ、買う人の気持ちになって、この中から上物を選んでみましょう。

 おっと、こちらに大人のタンチョウがいました。

丹頂

 しかしこれは、やりすぎじゃあありませんか?目が隠れるほどコブが発達しています。赤帽子が大きすぎます。(笑)

 これら琉金系品種の改良ベースとなっているのが、おなじみの リュウキン〈琉金〉

琉金

 来歴も古く、浮世絵などにも描かれる、ワキン〈和金〉に次いでベーシックな金魚です。
 昔は長い優雅なヒレが鑑賞ポイントでしたが、最近はショートテールが人気なようです。大きなお腹に小さな尾ひれを振り振りする様子が可愛いと評判です。

 こちらは ジキン〈地金〉

六鱗

 地酒、地鶏といった用い方で、愛知の地金魚という解釈がよさそうです。呼び名としてはジキンのほかに、写真のような体色が白で、各ヒレ、エラ蓋、口紅の赤いのをロクリン〈六鱗〉ともいいます。孔雀尾とよばれるX字型に開いた尾ひれが特徴で、蝶が舞うような優雅に泳ぐ様を鑑賞します。

 お次は エドニシキ〈江戸錦〉

江戸錦

 有名なランチュウの三色版です。歌舞伎を思わせる江戸の色彩が見事ですね。コブの発達したまん丸くて可愛い顔に、江戸の粋を纏った高級金魚です。

 エドニシキのベースとなる ランチュウ〈蘭鋳〉の甕をのぞいたら…人懐っこい口紅ランチュウが寄ってきました。

口紅ランチュウ

 淡谷のり子さんに似た、口紅ランチュウ。こうして人に寄ってくるということは、飼育管理が良いことを意味します。

 横から見る群泳の キャリコ 。

キャリコの群泳

 キャリコは琉金の三色版です。三色ゆえに配色もさまざま、赤多め、青多め、白に黒、はたまたオレンジ、中にはキラ入りのもありまして、買う時はお好みで選びましょう。

 こちらは屋台風の展示。

屋台風展示

 昔は移動式の金魚売りというのがあったそうです。以前NHKで放送された金魚特集でその姿をみたきりで、本物は見たことございません。子どもの頃、学校の前に亀やヤドカリを売りに来るオジサンはいましたけど。

 以上これら、何万円もするような極上品から、シンプルな和金まで、およそ1000匹の金魚天国でした。
 
 展示は生きているやつだけではありません。

ランチュウあめ

 高級なガラス細工でしょうか?いいえ、飴だそうです。

あめのアズマニシキ

 いまにも泳ぎだしそうな生き生きとした描写。飴の照りが濡れているようで金魚にピッタリです。

金魚のあめ細工

 ここまでできますと美術です。

 さて、見てまいりました金魚の世界。東京金魚ワンダーランドは、8月いっぱい開催されています。

 次回は、江戸と妖怪編です。







 











テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/07(月) 11:36:52|
  2. 見聞・出歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (27)
料理・食 (1185)
時計 (138)
家庭菜園 (239)
玩具・遊び (447)
暮らし・修理 (42)
金魚・生き物 (106)
雑貨・珍品 (15)
健康 (79)
見聞・出歩き (38)
視聴鑑賞 (21)
花・園芸 (41)
劇場シリーズ (20)
プロレス (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR