fc2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 799

童友社 砂かけばばあ 11

 日東の妖怪シリーズを童友社が復刻再販した“砂かけ婆”の情景モデル、キットとしてはこれで完成でよろしいかと思いますが…

婆を立ててみる

 ちょっと欲が出まして、和風味を増したいなと、こんなものを用意しました。

切り出したプラ板

 軍配みたいに切り出した黒いプラ板に輪郭をなぞったスケッチブック。プラ板は古いビデオケースを切り出したものです。

 そしてスケッチブックの方に下絵を描きます。

下絵を描く

 そうです、竹やぶの背景を作りたいのです。

 ここで下絵を見ながら、黒と金を混ぜたダークゴールドで竹の葉をあたります。

ダークゴールドで葉を描く

 あらら、ちょっと目立ち過ぎました。しかも下絵と全然違いますね、でもそこはそれでいいのです。下絵の背景となる影っぽい葉っぱにしますんで。だから目立ちすぎてはいけないと思い、黒くしたつもりだったんですが、金が強かったようで、トーンを落としましょう。

 クリアレッドに黒を混ぜたラッカーを吹き付けてトーンを落としました。

クリアレッドでコーティング

 はい、このくらいでいいですね。

 ここに銀で線を四本。

銀を三本

 ここは一気に引きましょう。躊躇していては竹がよろよろしてしまいます。

 ここに黒と金で節を描く。

節を描く

 そして、下絵を見ながら、金で手前の葉っぱを描きます。

金で手前の葉を描く

 これだけですと、金の葉っぱが薄くて銀の竹に負けて透けてしまいます。なのでひとまず、ここでクリアーをかけまして一旦固めましょう。

クリアーを吹いて待つ

 ちょっぴり蒔絵風、京都の妖怪に合うかと思います。

 つづきます。










スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/31(月) 11:15:06|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 398

寒締めホウレンソウ

 早いもので1月も最終週末を迎えました。

 寒風に晒された砂漠のような畑です。

砂漠のような畑です

 もう冬ものをほとんど食べ尽くしました。あとはダイコンが二本、西日に寂しく立っており、フレームの外にはこぼれ種が逞しく育った“はぐれ大根”が一本。

はぐれダイコン

 全部抜きまして、ダイコン全収です。

ダイコン収穫

 極太の三浦大根です。一番太かったのが“はぐれ大根”で、おまけに足が生えてました。

はぐれ大根にはアシが生えていた

 小さい四つ足で、ちょこちょこと逃げて行きそうなポーズです。

 それと、いよいよ氷点下を乗り越えて厚みを増してきたホウレンソウ。

寒締めホウレンソウ

 葉脈の間がプクリプクリと膨らんだ寒締めホウレンソウです。こうなりますと、葉っぱの美味さは勿論のこと、根元のピンク色のところ“あかざ〈赤座〉”が、びっくりするほど甘いんです。

 冬の大型野菜はメキャベツが残っているだけです。

メキャベツ

 ポロリ、ポロリと下の方からもぎ取りまして収穫。

キャベツのミニチュア

 かわいらしいキャベツのミニチュアです。

 家に帰って、冷たい水で野菜を洗うのは、夏と違ってあんまり盛り上がらない作業です。

本日の収穫

 これが今週の収穫です。

 今週も大根づくしになりそうです。

 







テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/30(日) 10:47:30|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 2170

玄米餅

 ついこの前、正月を迎えたと思ったら、あっという間にひと月が経とうとしております。

 お正月と申しますと、お餅ですな、焼いて良し、お雑煮で食べたりと何かと重宝ですが、今回は初めて食べる玄米餅です。

玄米餅

 なんでも、もち米を玄米の状態でついた餅だそうな。ベージュの色が自然な温もりがあって食欲をそそります。

 まずは水にさっとくぐらせて、電子レンジ600Wで30秒、直に触ったらやけどをします。冷水で濡らした手で手繰って丸めてまずはきな粉がけ。

きな粉がけ

 きな粉を金な粉とシャレて、砂金で有名な安倍川という呼ばれ方もあります。玄米餅はその名の通り玄米ですから、白い精米餅よりも穀物の香ばしさが高く、そして伸びが短くすぐ切れます。

あまり伸びない良さがある

 だから比較的あっさり嚙み切れる、ゆえにその分舌触りはちょっとざらつきがありまして、そのざらつきこそが香ばしさの秘密。きな粉も豆の粉、ベージュの色合いもおそろいで味も相性ピッタリです。

 別の日、茹で小豆をかけて善哉にしましたが、これも旨みが白餅よりも一段深まったように思いました。

汁粉で一杯

 きめ細かい美白の人を“もち肌”なんと称しますが、浅黒くてざらついた人には「玄米もち肌ですねえ」なんて言って褒めてみてはどうだろう?

 やっぱり張り倒されるんでしょうねえ。







 

テーマ:お料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/29(土) 10:56:42|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 798

BANDAI ウルトラホーク1号 5

 首が短いので、ちょっとだけ長く見せようと、窓位置を前にずらすという悪あがきをしたウルトラホーク1号のプラモデルです。

窓位置を変えた機首

 今回から塗装作業に入ります。

 配色は、銀の主色に、赤、黄色、濃紺、黒の四色パートカラー、部分白の縁取りといった構成にしました。したがいまして、塗装の重ね順としましては、白→黄色→赤→紺→黒→銀というふうにしました。

 それではまいります。まずは白塗装、この時点ではマスキングは要りませんね、白想定の箇所に吹き付けます。

白い部分を塗る

 乾きましたら黄色部分が露出するようにマスキング。

白を保護

 黄色を吹きまして、マスキングを剥がす。

黄色を塗った

 黄色部分ができました。

 黄色部分を白の縁取りごと隠しまして、今度は赤部分の吹き付けです。

黄色を保護して赤を塗る

 同じように紺の部分も塗ります。

赤を保護してダークブルーを塗る

 これで主要三色の塗装ができました。

三色終了

 ここで、白い縁取りを含めての模様隠し。これが時々間違うんです。慎重にマスキングをチェック。

模様部分をマスキング

 そして黒塗装、黒くしたい部分に吹き付けです。模様部分は隠れているので遠慮なく吹き付けます。

黒を塗る

 黒が乾いたら、黒部分を保護しつつ、隠してある模様部分から銀想定部分を露出させます。

黒部分を保護

 ここで間違うとあとで泣きますんで、各所指差しチェックしまして、全体に銀をかけます。

銀を全体にかける

 次回はテープ剥がしとマーク貼りです。






 





 

 





テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/28(金) 10:09:54|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 2169

にわとり大根

 また大根ですかいな、豚の次はにわとりときましたか。

 市場に芹が出てまして、あっさり醤油味の鍋が食べたくなりました。
 大根は皮ごと半月の薄切りでたっぷり準備。鶏肉のゆで汁に手品のトランプよろしくずらりと並べて煮込みます。

三浦は皮ごと薄切りで

 鶏は胸肉。味の濃さを考えたら腿の方が断然よろしいでしょうけど、今回は汁物として飲めるぐらいのあっさり型をねらいます。

 鶏のゆで汁で大根を煮つつ、芹とささがきの牛蒡をどっさりと。

芹と牛蒡

 あとは煮えたそばから食べるだけ。味付けは醤油と麺つゆ少々、鶏肉の塊はこのへんで食べやすい大きさに切りましょう。

 煮ながら食べるのもいいですが、量に制限のある私はお椀に装いました。

汁もののおかず

 春を告げる芹の香りに、汁を吸った大根のうまさ…

大根のうまさ

 とにかく大根は、切り方、味付け方のさまざまで、幅広く食べられる冬の主役ですね。

 で、本日のお名前“にわとり大根”ときました、今回はきっちりと“にわとり”と言いきりましたね。

 ええ、そうですよ、“とり”と大きく括ったらカラスとかペンギンとか、いろいろ想像されては困ります。



テーマ:お料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/27(木) 11:06:08|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 350

精工舎 八角船時計 3

 古い時計の掃除です。

15-解体した部品

 時報付き掛け時計ですが、振り子ではなくピンレバー脱進式です。

16-ピンレバー脱進式

 強そうなヒゲゼンマイがリズムをとるので、揺れると乱れてしまう振り子と違い、船のような環境でも時計として機能するのです。

 こちらは真っ黒な風防枠。

17-真鍮のガラス枠

 黒ずんだまま拭き上げるのが作法なんでしょうが、折角の真鍮なので極細目のスポンジヤスリに水を含ませて円に沿って拭き上げ。

18-細かいペーパーでこすり洗い

 あ~あ、味を損なっちゃったかな?まあいいでしょう、このまま進めます。

 次は文字板枠、こっちも真鍮製。

19-黒ずんだ文字板枠

 あぁ、いい味だが、風防枠とちぐはぐになっても良くないので、同じ方法で手入れ。

20-金色に蘇る

 まあ、いっか。

 曇った鐘も…

21-曇った鐘

 汚れを取れば、いくらか音色も澄んでくるだろうか?

22-掃除した鐘

 木枠は中性洗剤を薄めてこびりついた汚れを落とし、アンティークワックスでつやだし。

23-木枠の汚れを落とし

 掃除をした木枠に機械を固定。

24-機械を固定

 引き打ちのツルを箱の外から差し込んでレバーにつなぐ。

25-引き打ちをつなぐ

 鐘をつけたら中身の出来上がり。

26-鐘をつける

 ここで音を鳴らしてみて、くぐもっていたらハンマーと鐘の当たり位置を回して、澄んだ音色に調整します。

 ガラス枠、文字板をつけまして、最後に針なんですが、針も錆でガサガサなので…

27-ガサガサの針

 極細ペーパーで表面を均して、黒鉄の艶を出しました。

28-ペーパーがけして取り付ける

 これでいいでしょう、精工舎の船時計、掃除終了。

29-船時計完成

 多少揺れても大丈夫な船時計、振り子がない分コンパクトで時報の音も可愛くて、現代の住宅でも使えそうです。

30-木枠にワックスをかけました

 本日の控え 精工舎 八角船時計 たぶん大正期(ネット調べ) でした。

 かわいい時報がテレワークの目安にいいなと思って自分の部屋に設置しましたが、夜中まで鳴るもんですから一時間に一回起こされまして寝不足になりました。(泣)






 


 


 

 








テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/26(水) 10:10:25|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 2168

豚大根

 肉ジャガの肉は牛ですか?豚ですか?なんという問答が良くありますが、肉で大きく括るから分かれるんです。いや?逆にいろいろあるから肉になったのかな?まあよろしい、しかしさすがに豚汁は牛ですか?なんて聞くアホはいますまい。あれは豚、ただし“ぶた”と読むか“トン”と読むかに分かれるところで、どっちにしても大した問題ではございません。

 今回は豚大根です。

 大振りに切った豚肉を葱、生姜とともに焼いております。

豚肉を焼いている

 豚から油がたっぷり出て、周りが茶色く色づいたころ、乱切りの大根を加えて豚の油で炒めまして、砂糖、醤油をまぶして染ませるように炒めます。

大根を加えて味付け

 全体に味が回ったら、ひたひたに水を注いで蓋をして中火で煮飛ばします。

茹で玉子も加える

 今回はスペシャルで茹で玉子も一緒に。

 煮汁が飛んで少なくなったら、水溶きの片栗粉でとろみをつける。

煮汁にとろみ

 これでよろしいのです。栄養満点の豚大根です。

豚大根

 中までしみた大根ではなくて、外はしみしみ中は白いのが、早煮の味。大根の個性が生きてます。

芥子をつけて

 練りがらしをちょいとつけて白飯を食う、やはり寒い冬は、なんとなく茶色いおかずがいいですねえ。

 で、お名前なんですが“豚大根”これは何て読みますか?ぶただいこん?とんだいこん?

 どっちでもいいですが、音読みに統一するなら“トンダイコン”になりましょうが、わかりやすさとお料理としての響きを取るなら“ぶたダイコン”がいいところでしょうねえ“ぶたおおね”じゃあ何が何だかわからない。






テーマ:お料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/25(火) 10:39:33|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 797

童友社 砂かけばばあ 10

 砂かけ婆の展示台、おばばヶ池までできました。

派手さを抑える

 今回は電飾のスイッチになる立札です。

スイッチになる立札

 これを古い板のイメージに塗りまして…

立札を塗る

 所定の位置に立てます。

池の端に立ててみる

 そして商品に同封されていた背景画を立てると、情景台の出来上がり。

背景を立ててみた

 水に浮かぶ三日月が風流です。

 ここにおばばを立てる。

婆を立ててみる

 いいですねえ、でも何か物足りないですね。

 いじりましょう。

 ではまた。



 

 




 

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/24(月) 11:04:25|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食味雑記 2167

ひねくれものの生き方

 寒風がきついです。

 先週獲ってきた大根には、こんなひねくれものも混ざっておりまして…

また割れ大根

 こういうのを失敗と言ってはいけません、細いのが四本できたと思いましょうよ。

 それぞれに使い道があります。細いところをバラバラにいたしまして、薄切りの輪切り、それをザルに広げて寒風に晒す。

細かく切って干す

 そして塩昆布と醤油をまぶして漬けこみです。

塩昆布醤油で漬け込んだ

 量が少ないから桶ではなくて二枚の食器を重ねたもので十分。重石をして三日漬け込みました。

 一方、太っているところは一口長さの拍子木に。

ひとくちの拍子木

 こっちは塩漬け、砂糖も加えて香りづけにもらったカボスを握りつぶして入れました。

カボス風味で塩漬けに

 これでよろしいのです。ひねくれ大根で漬物二種類できました。

大根漬物二種類

 塩漬けの方はサッパリジューシーで、干し漬けの方はパリパリのしょっぱ型でご飯にピッタリ。

朝のよろこび

 ひねくれもので米を食う、うまいね。干されたって味が出る、これがひねくれもののの生き方だ。









テーマ:お料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/23(日) 11:41:49|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 2166

ますすじこ

 鮭の卵のイクラちゃん、愛らしい粒々は宝石のように赤く輝いて見た目にも麗しく、食せば美味なる高級品ですが、安い“ますすじこ”もバカに出来ません。

 朝、寝起き一番で米を炊く、米の蒸された湯気の香りが日本の朝だね。今日はいつもより豪華な日の丸御膳です。

すじこめし

 梅干じゃなくて真っ赤な鱒筋子。筋子は買ってきたら、冷水で冷やした指で一口寸法にちぎるんです。包丁で切ったらいけませんよ、断面からドロドロと中身が流れ出てしまいます。赤い汁まみれで包丁共々殺人現場みたいになってしまいます。

 テレビで時々やっている大盛りのイクラどんぶりはお匙で食べますが、それはほろほろこぼれるから。その点鱒の筋子は粒も小さく、薄皮で繋がっているからご飯に貼りついて落ちません。

ご飯からこぼれないんです

 やっぱり茶碗飯はお箸で食いたいね。

 ますすじこ、漢字はどうであれ、“ます すじこ”さんってどこかにいないかしら?


 

 


テーマ:お料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/22(土) 10:08:23|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 796

BANDAI ウルトラホーク1号 4

 バンダイのミニサイズ“ウルトラホーク1号”を組み立てたんですが、なんか首が短いんです。

素組一号

 昔のキットは、“似てないのも味のうち”とはわかっていても、やっぱり致命的な似ていなさは遊んでいてもつらい。でも改造まではしたくない。キットの味を残しつつ、納得のいく着地点はないだろうか?ということで、そうだ!窓位置だけずらしてみよう、ということにしまして、頭の半身を型取りしました。

機首を型取り

 硬化したら、次は窓を消す作業です。

 これは製品上の窓位置。

今の窓位置

 この窓を削り落として、極細目の紙やすりで水研ぎしまして、窓をすっかり消しました。

窓を落とす

 そして新しい窓の設置です。

 型の方に練ったエポパテをつめまして…

窓型にパテを詰めて

 機首の位置をずらして型にはめる。

ずらして硬化させる

 硬化したら型からはずすと、窓が前にずれている。

パテが固まった

 バリを取って形を整えたら、プチ改造終了。

バリを取って形を整える

 キットの味を残したまま、ちょっと首を長く見せる作戦は、このように判断しました。

 次回より塗装工程を控えてまいります。







 





テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/21(金) 11:01:57|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 2165

タルタルステーキスイス風

 肉の赤身を叩いて生で食べるタルタルステーキでもないし、スイス風がどんなものかもわかりませんが、昔、デパ地下の実演販売されていたやつを急に思い出しました。中身を要約しますと、牛ひき肉を混ぜ物なしで成型して焼いたもので、味付けは塩と粗びきの黒胡椒というもの。

 牛ひき肉があるので、思い出して作ってみよう。ちぎって丸めてペタペタ伸ばして、油も引かずにフライパンで焼いてます。

肉100パーセントの塊

 たちまち肉から油がどばどば出てきます。そんな油で味付けをしようと、チンしたジャガイモをいっしょに焼いてます。

 膨らんだ肉を両面焼くと、鍋底はたちまち油だらけ。

あふれる油で焼ける芋

 その分ジャガイモが美味くなる。

 上でも述べましたが、味付けは塩と胡椒のみ。

スイスステーキ

 あぁ…実演販売のおじさんの声がよみがえる「タルタルステーキスイス風、ハンバーグではありません。まわりについている黒い粒々は黒胡椒、フライパンで焼くだけ…」
 どこがスイス風だかわからないけど、30年以上前の口上を覚えているとは、よほど印象的だったんでしょう。いや?若き日の私の頭の中は「マクドナルドのパティとどう違うんだ?」で渦巻いていたのが印象記憶に繋がっているのかも知れない。





 

テーマ:お料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/20(木) 10:30:50|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 349

精工舎 八角船時計 2

 古い精工舎の船時計。

1-年季の入ったクロック

 触れば手は真っ黒、きれいな姿を拝みたいので、バラしにかかりました。

 蓋、文字板を外しまして、時報の引きつるまでを抜いたところです。

11-中で伸ばして引き抜く

 つづいては、鐘を外します。

12-埃のたまった鐘

 黒ずんで音も悪そうですが、この状態でも、小さくコン、コン、コンと可愛らしい音が出ます。木枠によるくぐもった音色には温かみがあって古い柱時計の渦巻き鐘が鳴らすビヨーンビヨーンというホラー映画のような音とはだいぶちがいます。

 鐘が取れると機械が出せます。

13-機械を取り出す

 今回は機械はバラしません。ほぞ穴周りを歯ブラシと綿棒でこすりまして、油を注して終わりです。

 これは箱の中。

14-箱の中

 解体はここまで。クセえし手も真っ黒。

15-解体した部品

 次回、掃除しながら組み立ててまいります。







 

 

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/19(水) 10:54:16|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 2164

豚の味噌漬け

 寒くなると余計に肉が食いたくなるものです。ことに味噌でね。人は季節によって感じ方が変わりますもので、真夏ならあっさり、真冬ならこってりを好んで、環境と体調のバランスをとろうとするようです。

 豚の塊肉を少し厚手に切り出しまして、味噌だれに漬けておいたものを玉葱と共に焼いてます。

豚の味噌漬けとタマネギ

 本当は七厘出して網焼きでやりたいけれど、外は寒いからフライパンです。味噌だれの中身は、味噌、麺つゆにおろし生姜。

 焼けたら七色唐辛子を振りかけて辛みを添える。

七味をかける

 こういうのをつまんでにごり酒かなんかを一杯やりたいけれど、今は飲めないからイメージだけね。いえ、我慢してるのではありません、習慣が変わったのです。

 味噌漬けの肉に白飯。

不揃いの肉でめし

 こういう粗野な持ち味は、肉は不揃い、焼き目もムラのあった方がうまいね。


 



テーマ:お料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/18(火) 10:38:15|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 795

童友社 砂かけばばあ 9

 砂かけ婆の展示台になる、ひょうたん池を組み立てているところです。
 水代わりに透明レジンを固めて、絵を描く作業の繰り返し。

 これは一層目。

お魚の姿を描きました

 そして二層目、草を追加しました。

二層目にも色を付けて

 三層目の樹脂を固めると水草が沈みます。

三層目硬化しました

 ここに三層目の絵を重ねる。

三層目の絵

 そんなこんなで、四層でいっぱいになりました。

四層で一杯

 水はここまで。

 周りに苔を生やしましょう。シーナリーパウダーってんですか?30年ぐらい前に買ったやつがまだ残っているので、バラ播く。

 パウダーを貼り付け

 貼りたいところには木工用ボンドが塗ってあります。

 乾燥後、余分を払ったらこんどは100均で買ってきたクラフト用の乾燥苔をちぎって飾ります。

100均のモス

 木工用ボンドをつけて、爪楊枝で押さえる。

苔を貼る

 あとは、色調整で派手さを抑える。

派手さを抑える

 おばばが池は、このへんで。











テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/17(月) 10:20:44|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

菜園記 397

真冬の収穫まつり

 昨日の朝、左足がつりそうになりまして目を覚ましたら、毒虫に刺されたようなザラザラがありましてね、女房にみせればどうせ「部屋が汚いから虫が湧くのよ」と傷つけられそうだったからしばらく黙っていましたが、昼すぎに、話のついでに見せたら、これは帯状疱疹だという疑いになって、急ぎ、開いている皮膚科に車で連れて行ってもらいました。…だから真っ先に女房に見せるべきと言ったでしょ。行けば案の定、帯状疱疹と診断されまして薬をもらってきたわけですが、これは免疫力が下がっている証、新型コロナなんかにも罹り易い状態にあるので、自宅静養、安静が一番なんですね。

 畑に行ってきました。

真冬の畑です

 パサパサの畑です。
 え?自宅静養しろって?畑ならいいだろう?誰もいないんだから。体力を使う重労働もしませんよ今日は。しかも暖かいときた。

 雑草たちが枯れ果てまして、ここにあるのはホウレンソウ。

肉厚ホウレンソウ

 寒さに耐えて、だいぶ肉厚になってきました。少し摘んで帰ります。

 ダイコンの残り組はもう葉っぱもへらへらです。

へらへらダイコン

 小さいものは、全部漬物用として抜いてしまいました。

大根収穫

 下ぶくれの三浦ダイコンは皮も繊細で美味しいんだ。

 傍らに、風で飛んだか手からこぼれたか、関係ない所に勝手に生えてきたダイコンがあって、これまで観察してきましたけれど…

はぐれダイコン

 葉っぱをめくってみたら、一番デカくなっているみたい。

でかいはぐれダイコン

 面白いからこのままにしておきます。

 冬の大型、キャベツもこれでおしまいです。

キャベツのラスト

 本日収穫。

 紫のカリフラワーも小さいですけど、もういいでしょう。

カリフラワーも収穫です

 本日収穫。

 メキャベツも充実してます。

メキャベツ

 大きい粒だけ本日収穫。

 ハクサイもラストです。

ハクサイのラスト

 哀れ枯草状態に見えますが、外葉を剥がしますと…

外葉をむくと

 中から大きなハクサイが出てきます。

 今日は真冬の収穫まつりです。

本日の収穫

 「おじいさん、これでいいお正月が迎えられますねえ」

 もう正月終わってるっつーの。

 でも腹が減ったので、遅めの昼めしは、とれたて大根とホウレンソウの雑炊。

大根の雑炊

 とれたての三浦は、皮ごと薄切りにしてサッと煮でいい。じっくり味を含ませる煮方でなく、大根そのものが味わえるサッと煮でいい。淡い甘さ、ホフっホフっと口から出る湯気は冬のあたたかさ。








 







テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/16(日) 16:10:00|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食味雑記 2163

白菜漬けの酸味

 冬の朝、冷たい漬け桶から食べごろの白菜を引き出すのも休日の楽しみ。

食べごろの漬物

 切れるような痛みをこらえて冷水ですすいだら、固く絞って器に。

白菜漬け

 病気になる前は、白菜漬けで酒を飲むのが大好きでした。酒と言うんだから日本酒よ、冷やでね、冷やと言ったら今の人は冷蔵品を指すようですが、そうじゃない、燗をしていないやつのことは冷やっていうの。冷蔵庫の発達した現代ゆえに“常温”という言い方もあるけれど、あれはいただけないね、説明的で色気がない。話を戻しましょう。安い酒を一升瓶からコップにとくとくとくと注ぎまして、水のようにくいくいと飲むわけ。甘いのどごしがたまらいね。そして白菜漬けをじゃぶっじゃぶっと食べる。少し酸っぱいくらいのが美味い。漬かりがいいのだと、白い肉厚のところが炭酸のようにシュワシュワするのがまたよい。

 酒を飲まなくなってからは、もっぱらご飯のおかずです。

今ではご飯のおかずです

 昔はここに味の素が振ってあって、キラキラしてましたっけ。(笑)






 

テーマ:お料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/15(土) 10:49:31|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 794

BANDAI ウルトラホーク1号 3

 1990年代に再販されたコロコロ走行のミニキットに自前のゼンマイを仕込んだウルトラホーク1号です。

機体を被せる

 部品の少なさ故、ほぼできちゃっておりますが、じっくりまいりましょう。

 こちらは前輪の部品です。

前輪の部品

 車輪を挟んで合掌、機体に取り付ける。

前輪をつける

 そしてこちらは尾翼の部品。

尾翼の部品

 二枚です。着けるだけ。

尾翼をつけた

 できちゃった。早くも素組ができちゃいました。

 ひとまず鑑賞しましょう。

 デザインは全体的に二等辺三角形のシルエット。これは特撮ドラマの乗り物としては実に映像効果の上がるフォルムだと思います。遠近感を出すのにぴったりな形です。現物がミニチュアだとしても、遠近法の作用で巨大に見えるわけです。

遠近感が高まる

 有名なところでは『STARWARS』の冒頭に出てくるスターデストロイヤーがありますね、あれはもう効果が最大に生かされた造形と撮影アングルだったと思います。その強烈な特殊効果に、当時、同じようなアングルをあちらこちらで見かけましたけど、被写体のフォルムが違うから、あれほどの効果は出にくかったとは思います。

 話をホーク1号に戻します。
 三角形のフォルムに折り紙のような面構成がスピード感を高めます。

折り紙のような造型

 直線は、レーザー光線の表現でも示されるように、スピード感があるんですよね、だから僕ら視聴者は、ホーク1号に巨大感とスピード感の両方を感じて、怪獣や宇宙からの侵略者に立ち向かう地球兵器として頼もしさを抱くんだと思います。

 それにしても今回のモデルは、首が短いなあ。

首が短い

 ホーク1号は鶴のようにスーっと伸びた首と大きく開いた翼が特徴だと思うんですが…これは首短いよねえ。

素組一号

 やっぱり短いでしょう。でも首延ばし改造は致しません。ディスプレイモデルだったら直すかもしれませんが、これは動力モデルです。走らせて遊ぶおもちゃなので、このまま行って商品そのものを楽しみたいと思います。動力プラモは似てなさも味のうち、これぐらい可愛いものです。中には箱絵と中身のあまりの違いにぶっ倒れそうになるやつだってありますから。
 











 


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/14(金) 11:14:08|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 2162

白菜の牛乳煮

 牛乳が余りがちだったので、白菜を煮ることにしました。

 白菜は6センチくらいの長さにしたら、繊維に沿って細切り、熱した油で軽く炒めたら、スープの素を振って牛乳を注ぐ。

白菜を牛乳で煮る

 煮ながらここでコンビニのカニカマを一本、薄切りにしまして合流。

カニカマを加える

 近頃は本当によくできていますコンビニのカニカマ、これがいい仕事をするんです。

 ハクサイがとろとろしてきましたら味を見て、塩少々で加減をしましたら、牛乳で溶かした粉を注いでとろみをつけます。

とろみをつける

 これでよろしいのです。カンタンでございます。

白菜白煮

 白菜とカニカマの牛乳煮込み、ホワイトシチューの軽いやつといったイメージですが、ご飯のおかずにもなります。牛乳で飯を食うなんてどうなのよ?と思いますが、北海道のおじさんが白飯にバターを乗せて、冷たい牛乳をかけてザバザバ美味そうにかっこんでいたのに比べますと、こっちのほうがまだおかずっぽいですね。

 余った分は次の日に、固茹でにしたカリフラワー、ブロッコリーにソースとしてかけました。

花野菜にかけて

 こっちのほうが美味しかったかもしれない。






テーマ:お料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/13(木) 10:48:56|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 348

八角船時計 1

 捨てるというのでもらいうけました、八角枠の掛け時計。

1-年季の入ったクロック

 ただ汚いのよね。触ると手が真っ黒。とりあえず掃除だけしましょう。

 文字板に巻き穴があるので、風防が枠ごと開けられるようになっています。

2-蓋が開きます

 文字板はブリキ板に紙貼りです。

3-味の文字板

 12時の小秒針が新鮮です。6時位置にはトレードマーク“A”これはANSONIA〈アンソニア〉のマークに似てますが、登録のものとは少し違うようです。ネットを見ていると同じようなタイプの掛け時計が確かにアンソニアから出ていますけど、ちょっと違うような…。

 外装を順次外してゆきましょうか。

 まずは針から。針は分針角穴クサビ止めです。

4-分針止めのくさび

 クサビを抜いて針を外します。

 針が外れれば文字板が外せます。文字板枠の止めネジを外す。

5-針を取ったら枠を外す

 文字板枠を外すと、風防のヒンジが外せるようになります。

6-文字板を外すと

 文字板、風防を外しますと、いよいよ中の機械が見えてきます。

7-中の機械

 上の写真は逆さま、つまり12時側を手前にして撮影したもので判りにくいですが、上の写真での左側(ゼンマイが長い方)が時計で、右が時報です。

 刻印があります。

8-精工舎の刻印

 丸に“S”とくれば精工舎のマークですね、機械は精工舎製のようです。文字板にはANSONIAっぽいマークがついていましたが、印刷した紙を貼るタイプなので時計店での交換も可能、したがいましてこの場合は機械本体を優先して“精工舎の船時計”と呼びましょう。

 上でも触れましたが、この時計は時報付きです。こちらが引き打ちのつる。

9-引き打ちのツル

 ここが木枠の外に伸びていて、時報を強制的に作動させるもので、針と打ち数を合わせる時に使うものですが…さて、どうやって外すんだろう?これを抜かないと機械が枠から出せません。形的にはクリップみたいに外れそうにも見えますが、長すぎて外せない。

 外のつまみを外すのかな?

10-外のツマミ

 ちがうねえ、組めるんだから外せるはずなんだが…わからん。

 もうこうなったらこうだ。

11-中で伸ばして引き抜く

 結局、中で伸ばして引き抜きました。(笑)

 次回、中の掃除です。







 

 






テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/12(水) 10:43:01|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 2161

肉鍋と朝鮮漬け

 今ではキムチという呼び名が一般的になっていますが、それは桃屋さんのテレビコマーシャルで覚えたような記憶があります。それまで(昭和40年代)は白菜の唐辛子漬けを“朝鮮漬け”という名称で親しんでいました。これをサッポロ一番みそラーメンに入れますとおいしくてねえ、たいそうな好物でした、いや、今でも好物です。

 豚肉の塊があったので厚手のそぎ切りにして、葱、牛蒡と共に味噌煮にしました。豚汁の濃いやつと申しますか、完全におかずです。落語『二番煎じ』に出てくる“しし鍋”をイメージしまして冬を愉しもうとこっくりと煮つけました。

肉鍋と朝鮮漬け

 豚の脂と牛蒡の野趣味、味噌の温もりに白菜の朝鮮漬けがピタっとはまるんです。少し酸っぱくなったくらいのやつがいいですな。

食欲をそそる赤

 色も良い、どうも我らは赤いものに食欲をそそられるようです。



 

テーマ:お料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/11(火) 10:29:39|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 793

童友社 砂かけばばあ 8

 まっ黒に塗りました、砂かけ婆の情景台。

まっ黒に塗りました

 黒く塗り潰したせいで月のギミックが見えなくなってしまいましたので、溶剤を染ませた綿棒で、そこだけ拭き取り。

月の部分を溶かします

 月が見えるようになったところで、さて、どう進めましょうか?

 とりあえず、石だけでも描きましょう。オリーブドラブで石を描きました。

オリーブで石を描く

 お化けが出る池ですから、美しい日本庭園というより、古池のイメージの方がいいでしょう。

 ライトグレーで石にハイライトを描きます。

ハイライトを描く

 ここに二液性の透明レジンを流して、一晩硬化させます。

クリアレジンを流す

 この寒い季節は硬化が遅いので一晩放置します。量は全面に広がる程度でいいでしょう、積層効果を狙いますんで。

 一層目が固まりましたら…

一層目が固まりました

 ラッカーのクリアブルーとクリアイエローを薄めまして…

希釈したクリアカラー

 全体に塗ります。

全体に塗る

 一層目は全体に塗りまして、だんだんと中央に寄せてゆきまして、深さを表現する予定です。

 と、ここでちょっと遊び心で、黄土色の線をちょろりと引いてみた。

お魚の姿を描きました

 そして二層目をたらして固めます。

二層目を流します

 ちなみに今回使った透明樹脂は日新クリスタルレジンです。

クリスタルレジン

 次回も同じような作業がつづきます。

 今回はこの辺で。








テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/10(月) 10:37:30|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食味雑記 2160

あつむぎ

 うどん伝来、小麦の粉を水で練って面状に伸す、ゆえに麦に面と書いて麺。その後どうするか?本邦においてはその昔、包丁で切るところから“切り麦”と呼ばれ、茹で上げを“熱麦”、それを水で冷ますと“冷や麦”と呼ばれていたそうな。冷や麦はやがて夏の定番となり、清涼感を誘う細切りとなって乾麺として定着しています。でもね、冬場だっておいしいのよ、正月料理の残りでささっと作れる“おめでたあつむぎ”です。

 スープは沸かしたお湯に、和風だしの素、鶏がらスープの素をそれぞれ一匙。あとは塩で加減した薄味のスープ。そこへ、正月の豚の角煮や煮卵、蒲鉾なんかをぶっこんで一緒に温めればいいのです。

 茹で上げの“ひやむぎ”をどんぶりに移して、熱いスープを具と共にかける。

あつむぎ

 青葱と昆布巻きは後入れでね、昆布巻きをスープで泳がしてしまうと、溶けて帯がほどけてドボチョン一家のミイラ状態になってしまいます。

 スープを薄味にしたのは、正月料理の味付けが濃いからです。

サッパリ面にはあっさりスープで

 蕎麦でなく、ラーメンでもない、ツルツルっとすすれて、正月料理の残りも片付く、お手軽なあつむぎです。お酒飲む人にもいいんじゃないかな?

テーマ:お料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/09(日) 11:13:47|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理くらし控 59

古い文机〈ふづくえ〉

 フリーマーケットをぶらつきますと、時々ピンとくるのに出くわすものです。考えて選ぶのではありません、ピン!とくるのです。

 今回はこれ。

フリマの文机

 古い文机です。明治か大正か?まあ時代はどうでもよろしい、私は姿かたちが気に入ったのです。

 シンプルな中にぐっと技巧を感じさせる脚の曲線。

くびれの美

 それとほとばしる水が彫られた引き出し金具。

引き出し金具

 天板には時代を経た汚れやしみがあちこちに見られますが…

汚れと染み

 よく拭いてワックスをかければ使えるようになるでしょう。

 全体をぼろきれで拭き掃除、引き出しを外してみたら、一か所破損してました。

欠損部品

 自前の材料を探しまして、欠損部分を作りました。

自前の部品

 形を決めましたら、ラッカーのダークレッドを塗りまして、木工用ボンドで接着。

自作部品の接着

 こういうことをすると骨董愛好家の方には怒られてしまいそうですが、私は現状保存よりも実用主義ですので、時計でもそうですが、安いのを買って直して使いたい。プロの職人じゃないといじれないような高級骨董は、身の丈に合わないので興味を持ちません。気に入った古物が部品を補って変わってゆく姿は、その品物の歴史のひとつと捉えていますから、一部が新しくなっていてもそれを美とみなします。

 一晩固めましたら、全体に摺り込んだのと同じワックスを塗る。

ワックスを塗る

 今回使ったワックスはこれです。

アンティークワックス

 柱時計の木枠などにも使えるので重宝です。

 引き出し金具も細目のスポンジヤスリで水研ぎをしまして艶出し。

金具の手入れ

 組み立てまして、手入れ完了。

手入れ完了

 いいですねえ、気に入りました。落ち着くわぁ~、ここでテレワークをしよう。この和っぽいところが性に合ってます。だいたい社長のことをCEOとか言うやつ嫌いなのよね。









テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/08(土) 11:12:30|
  2. 暮らし・修理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 792

BANDAI ウルトラホーク1号 2

 バンダイの再販品『ウルトラホーク1号』を組み立てましょう。

 メーカーも再販にあたりゼンマイギャーの調達が困難になったのか?単なるコストダウンか?ゼンマイが省かれて1本車軸でコロコロさせるという悲しい設計商品ですが、ゼンマイギャーが省かれていても、設置場所までが省かれたわけではない。本来ギャボックスを組み込むはずだったスペースが、今やぽっかりと空いているんです。でもわたし、無駄には致しませんよ。

機体と100均カー

 3号の時と同じように、4台100円の自動車動力を移植しようじゃありませんか。

 自動車をバラして動力部の寸法をあたる。

アタリをつける

 ここも3号の時と同じです。(玩具工作控777)

 あたりに沿って機体をカット。

切り抜いて

 中の段差は、板に貼った粗目の紙やすりで平らにする。

中を平らにする

 そしてゼンマイボックスを接着。

ゼンマイを接着

 ホント、面白いようにピッタリなのです。

 こちらは裏側。

底側

 ここに機体上部を被せたら、第一段階の終わりです。

機体を被せる

 第一段階と申しますか、ほぼ終わりじゃんかよ。ヤダヤダ、もう少し遊ばして。

 今回はこのへんで。








テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/07(金) 10:54:09|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜園記 396

2021初パトロール

 一昨日〈1月4日〉の畑です。

強風の畑

 ものすごい風で立っているのがやっと。さっさと見て帰りましょう。

 手前は寒さに縮こまったサニーレタスとホウレンソウ。

サニーとホウレンソウ

 ホウレンソウは短い日照を効率よく受けようと、葉っぱが地面に貼りつくように広がっています。

 こちらは観察中の結球してない結球レタス。

結球レタス

 寒さのせいか、水分も乏しくカサカサな質感、結球もしていません。

 ダイコンも北風に吹かれて寝グセがついております。

寒さに耐えるダンコン

 二本抜いて、女房の実家におみやげだ。

太くて重いダイコン

 丸々と太った三浦は下膨れだから抜くのも大変、持っても重くて収穫満足度満点です。

 メキャベツは一回収穫しましたが、まだあります。

メキャベツ

 まあまあ良さそうですが、今回はスルー、もう少しおいておきましょう。

 黄色のカリフラワーが思いのほかうまくいった半面、パープルが一向に膨らんできません。とうとうお終いか?と、結んだ葉をかき分けて覗いてみたら…

紫カリフラワー

 一応花蕾がありました。大きさはおはぎぐらい(笑)。このまま花と化すか?はたまた大きくなるか?様子見ですね。












テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/06(木) 10:28:20|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時計道楽 347

シチズン 国鉄ホーマー 3

 シチズン製、国鉄車掌業務用モデルcal.0911です。

19-ムーブ完成

 機械本体が組み上がりましたので、文字板をつけましょう。

 文字板がちょっと残念でして、白文字板にシミがある。

20-文字板の染みは

 これは落ちる汚れか?材料そのものの変質か?

 裏を見る。

21-真鍮の腐蝕

 生地素材、真鍮の腐蝕ですね。経年でにじんだ水分で腐蝕したものが塗装皮膜を透かして赤く見えているのだと思います。赤い色はおそらく塗装下地の銀メッキが酸化したものではないか?との推測で、触るのはやめておきましょう。

 夜光はどうか?ブラックライトを当ててみる。

22-夜光が二個とれた

 二か所欠損、自前の夜光で補いました。

23-夜光を補った

 ゴジラの背びれ用に買ったやつが、ここでも役立ちます。

 お次は機械を受ける中枠の錆び落とし。

24-中枠の錆を取る

 中枠も錆びていたということは、文字板のダメージもそうですが、やはり湿気が入り込んでいたとみえます。

 機械に文字板を取りつけて、中枠に固定します。

25-機械を枠にはめる

 針をつけます。

26-文字板と針をつける

 これで中身の出来上がり。

 次は器、側の手入れです。側もやはり錆がついてます。

27-錆と汚れ

 クリップを研いだ金属ピンでガリガリと錆を落としましたら、CRC556を塗って爪楊枝でキシキシこすり落としました。

 錆を落としたら、青粉で軽くフェルト磨き。

28-青粉で磨き

 上の写真、右が磨き後、左が磨き前です。形が変わるほどは磨きません、古物の手入れは小傷が減る程度がちょうどよいと思います。

 内側から風防を押して取り外し、風防外周と受け面の汚れも落とします。

29-風防はプラです

 風防外周の黒ずみが時計を貧乏くさく見せるんですよね。経年の味と“汚れ”は別物です。手入れしてある古民家とゴミ屋敷の違いです。

 風防を嵌めて、機械を側に組み込みます。

30-側に機械を収める

 蓋をしたらヘッド完成です。

31-ヘッド完成

 おお!いい顔してますねえ、実に素朴な好青年の顔です。都会の絵の具の染まっていないピュサさを感じます。

 黒いツヤワニのバンドをつけました。

32-黒いバンドをつけました

 国鉄業務用には本ワニなどは使わないと思いますが、これは自分用なので好みで行きます。

33-鉄道ホーマー0911

 できました。昭和40年代の国鉄用時計です。これは腕時計ですから車掌さん用で、よく目にする鉄道時計と言われる懐中時計は運転士用です。いずれも計器備品ですから、確かな実力と装飾性を排した機能的デザインが特徴です。

34-シンプルなフォルム

 文字板も側もシンプルこの上なく、実に潔い作りとなっています。外装コストは極力抑えて性能に注力された、いわば究極の実用時計と言えましょう。

 本日の控え シチズン 国鉄ホーマーcal.0911 手巻き21石 1970年 でした。

35-CITIZEN_0911.jpg

 秒針停止装置がついているので、時報と共に針を合わせられる利点があります。朝一度合わせると、その日はほぼ正確な時を示すという、実に頼れるメカ時計です。さすが鉄道業務用、シンプルなデザインもお気に入りです。

















 




テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/05(水) 10:45:58|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

食味雑記 2159

にくめし

 今年のローストビーフが筋っぽくて人気が無いの。だから細かく刻んで牛蒡と炒めてます。

ローストビーフの残りを牛蒡と炒める

 牛蒡の方はあられに刻んで金平のように胡麻油で炒めて麺つゆで煮た甘辛味です。

 ここへ冷や飯をドーン。

冷や飯を加える

 ヘラで米をほぐしながらよく混ぜ、摺り胡麻をまぶしてまた混ぜる。

よくまぜて胡麻をふる

 チャーハンじゃないのよ、じわじわ加熱しながらの混ぜご飯。

 仕上げに水分補給の水菜をさっくりとすき込めば出来上がりです。

仕上げに水菜

 にくめし三人前、これでよろしいのです。

肉めし三人前

 水菜が芹だったら、また香りが違うんでしょうけど、今回は在庫のあった水菜で。
 せっかくのローストビーフに何をする!とお怒りもごもっともですが、これはこれ、細かくしても牛肉の存在感は健在です。













テーマ:お料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/04(火) 10:45:39|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玩具工作控 791

童友社 砂かけばばあ 7

 年を越しましたが、旧ニットー(日東科学教材)造型、童友社再販品のディスプレイモデル『砂かけばばあ』のご本尊ができましたので

組み立てました

 今回より台座の組み立て記録です。

 こちらがその部品です。

台座の部品

 ひょうたん池を象ったデザインです。何やら楽しそう。

 そして同封されている電気部品は何か?

 麦球を一つ、台座の底に仕込んで蓋をするようになっています。

蓋にムギ球

 配線をするとこのようになります。

配線の図

 単5電池でムギ球一個を発光させる構造ですが、スイッチはどこ?

 これです。

立札がスイッチです

 この立札がスイッチでして、支柱を刺すと電極の接点に割り込んで断線、抜くと通電する仕組みになっています。

 抜くとどうなるか?

月が出た

 月が出た。

 いいじゃない?実に風流です。俄然やる気が湧いてきました。

 とりあえず、全体を黒で下塗りをしまして準備としましょう。

まっ黒に塗りました

 今回はここまで。









テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/03(月) 10:14:36|
  2. 玩具・造型
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食味雑記 2158

正の連鎖

 何かをきっかけに憎い相手に攻撃を仕掛けると、仕掛けられた方が報復をする。この繰り返しを“負の連鎖”といいますが、これは無くならないもんかねえ。

 人生一回よ、日々の登場人物に憎いヤツを選ぶより好きな人を選んだほうがいいに決まってるじゃないの。そして恋愛とか結婚前提だったら別だけど、そうでない場合なら、好きな人の好きな人を喜ばせるのがいい。歳もとりましたから付き合う相手は年下ばかり、だからちょいちょい「彼女は何が好きなんだ?」とか「子供はいくつになった?」という事を気にかけてお土産を持たせる。そうしたら先日、友だちの奥さんから届け物をいただきましてね、それが“とらや”の羊羹。

とらやの羊羹

 こんな高級品はとても自分では買えません。嬉しくて小躍りしました。そして何より私が酒をやめて甘党になっているのを知って選んでくれたというから余計にうれしい。こういうのを負の連鎖の逆で正の連鎖とでもいうのだろうか。しっかりと煮固まった羊羹の口どけに目を細めながら、人が人を喜ばせる世界に身を置いている自分に気づき、幸福感に浸っている。

 あぁ、ぼかぁ幸せだなあ。



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2022/01/02(日) 10:15:33|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (53)
料理・食 (2056)
時計 (385)
家庭菜園 (421)
玩具・造型 (896)
暮らし・修理 (63)
金魚・生き物 (142)
雑貨・珍品 (21)
健康 (89)
見聞・出歩き (54)
視聴鑑賞 (37)
花・園芸 (78)
劇場シリーズ (39)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR