FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 53

アクタス×ACTUS 前編

 いつもお世話になっているお得意先の木村さんが、また味のある時計を見せてくれました。

 今回はSEIKO『ACTUS』です。
セイコーアクタス
 なんでも木村さんが中学生のころ実際に愛用されていた、ご本人所有によるリアルな当時モノです。
 1970年代の若者デザインが懐かしいです。針、時字、ガラス縁など主だったディテールを太く強いコントラストで描かれたアクティブ感の高いデザインですね。
 私が中学の頃、やはりこれに似た5ACTUS〈ファイブアクタス〉を入学祝いでいただきましたっけ。

 それでは外装をクリーニングのため、ご本人ご了解の下、解体させていただきます。
 バンドを外して裏面を拝見。
スクリューバックのようだが
 製造連番“765394”ですから1977年製、まさにボクも中学生。
 6か所の切り込みがあるのでスクリューバックのようですが刻印が正位置に収まっています。なるほど外リングだけが回転する構造ですね。

 さっそく回して外してみたら、なんとキャロットケースではありませんか。
なんとキャロットケースだった
 キャロットケース、名前の由来はわかりませんが時計そのものは丸型に完成していて、デザインケースにすっぽり嵌め込むスタイルです。
…が、このモデルの場合は風防が固定されておらず、外側のデザインケースと裏リングとのサンドイッチで防水をとる構造ですから、正しくは異型ガラス縁とでも申しましょうか。

 裏蓋はありません。カップ型のワンピースケースです。
 
 取り出したムーブです。
ムーブメント
 精悍といいますか合理性あふれるデザインです。キャリバー7019A、21石。

 回転錘を外してみました。
錘を外すとマジックレバーが
 マジックレバーの登場です。写真まん中よりちょっと上の小穴の空いた車が左右どちらに回っても“ハの字”のレバーが作動してゼンマイを巻き上げる仕組みです。

 文字板側、曜板を外した状態です。
文字板側曜板を外したところ
 はい、こちらもシンプル、カレンダーの文字がクッキリと見やすいです。

 文字板と針を組みまして、風防をかぶせます。
異型パッキンでずれを防ぐ構造
 プラパッキンの内側が異型になっていて文字板のヌキにピタリはまる設計です。
キャロット完成
 キャロットのできあがり。
 ケース、ベルトの洗浄を、もうひとつのアクタスと一緒に行おうと思います。
 本日はここまで。

 




スポンサーサイト



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/12/24(水) 11:47:39|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<食味雑記 453 | ホーム | 食味雑記 452>>

コメント

いつも興味深い記事をありがとう御座います。
このような中身になっているのですね。
感慨深いです。
  1. 2014/12/24(水) 20:07:33 |
  2. URL |
  3. キムラ #-
  4. [ 編集 ]

キムラ様

いつもお世話になります。
時計の中身って公開される機会がなかなかございませんね。
昔は、自分の時計の中身を見せてくれる時計屋さんがありましたけど、量販店が主流になったこんにちでは、それは難しい出会いとなりました。
時計の中身を見せてくれる時計屋さんを大事にしてもらいたいですね。
  1. 2014/12/24(水) 23:04:34 |
  2. URL |
  3. 柊horii #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1029-98427d7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR