FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 63

BENRUS 1

 ジャンク品で遊ぶ時計シリーズです。
 今回は“BENRUS〈ベンラス〉”手巻き三針です。
 “BENRUS”は、1920年代に生まれたアメリカのメーカーで、現在では時計をはじめ、サングラスやバッグなど、ミリタリーなルックスが売りのブランドです。
 詳しくはこちらをどうぞ→ https://benrus.com/

1-買ってきたBENRUS
 今回の時計は止まったままりゅうずも動きません。ゼンマイが巻き切ってしまっているようです。
 後ほどばらしてゼンマイをほどくことにします。

 その前に裏蓋刻印を拝見。
2-裏の刻印
 “WATER RESISTANT”防水側(ケース)です。
 “STAINLESS STEEL”ケースの材質はステンレスです。
 “PARA SHOCK” 耐震構造パラショック。え?“パラショック”ってシチズンの商標じゃなかったのか。

 裏蓋を開けましょう。
3-裏蓋を開けたところ
 ああ、カサカサです。角穴車(写真で一番大きい歯車)がただれてます。

 そしてこの安っぽい輪っかは何か?
4-安っぽいムーブ押え
 スクリューバック、つまりネジ式裏蓋を締めると三枚のヒレが突っ張って、ムーブをケース上面に押し上げる側止めリングなのですね。一件安っぽいですが、耐震免震にも有効な理にかなった輪っかです。

 ケースから中身を取り出します。
5-文字板のデザイン
 つや消しブラックの生地にエンボス文字が金色に光る、ちょっとスポーティーな顔つきです。

 そして文字板を外そうとアシ止めねじを探すも見つかりません。 
 するとなんと…
6-文字板は糊付けされていた
 アシはきれいに削り取られ、接着剤で着いていたのです。なるほど、すでに干支アシ(ムーブに固定するため文字板から生えている突起)は死んでいたというわけか。

 それではムーブメントに手をつけましょう。
 まず脱進系統を外しました。
7-脱進系を外したところ

 テンプの下にマークが刻印されてます。
8-FF96の刻印
 “FHF ST”に“96”、これは機種番号と思われます。“FHF”の記号は“Fabrique d'Horlogerie de Fontainemelon”(フォンテンメロン高級時計製造)の略号ですから、スイス製のエボーシュ(部品)という事がわかり、機種名は“FHF96”と推測できます。
 おなじみ、こちらのサイトにありました。
http://www.ranfft.de/cgi-bin/bidfun-db.cgi?10&ranfft&&2uswk&FHF_96
 FHF96、手巻き17石、18000振動/時 パワーリザーブ48時間とあります。

 ムーブの素性が判明したところで、今回はこの辺にしておきましょう。
 次回は分解組立と鑑賞です。




スポンサーサイト



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/03/05(木) 12:34:19|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 499 | ホーム | 玩具工作控 242>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1119-772470ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1679)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR