FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 66

CITIZEN HILINE 2

 前回、ジャンク扱いのシチズン“ハイライン”をバラバラに解体しました。

 ここは部品を洗浄して油を注し、組み上げているところです。
10-油を注して

 これでムーブメントは完成。
11-組み直したムーブメント
 威勢良く動き始めました。
 文字板側の錆は、CRC556(呉工業)を麺棒につけて洗浄前に落としてあります。
12-文字板側の錆をおとした
 
 さて、お次は外装のお手入れです。
 真っ黒に曇っていたケースとベゼルを洗って垢をおとし、磨いてきれいにしましたら…
13-掃除前の外装 14-磨いたら刻印が浮かんできた
 裏蓋の刻印が浮かんで見えてきました。
 製造連番が 20607629 と刻まれてますから、製造年は1962年ということが判明。

 ここで、ちょっと風防の手当てをしましょう。
 さすがはジャンク品、風防に穴が開いております。
風防の穴
 きれいには直せませんが穴ぐらいは塞いでおきましょう。

 いつも怪獣ソフビの修理につかう、お湯で軟らかくなる樹脂で内面形状を型取りします。
樹脂で型を取る

 硬化しましたら一度風防を型から外し、欠損部分を正常部分に嵌めなおしまして、プラリペアで塞ぎます。
回して嵌めてプラリペア
 
 型から外して磨いたら、形だけは復元できました。
磨いて処置
 美しい復元とはまいりませんが、埃よけ程度にはなろうかと思います。

 それでは最後、側つけをしましてベルトを選びましょう。
15-側付けをしているところ

 今回は茶色の牛革で、カジュアルな装いに仕立てました。 
16-バンドをつけました
 
 Cちゃんといっしょに。
17-Cちゃんといっしょに

 思わず笑みを誘う強烈な二重サークルも、よくよく見ますと不思議と愛着が沸いてまいります。


 本日の控え CITIZEN HILINE cal.050* 25石 1962年製 でした。

 機種名を“050*”としましたのは、このハイラインシリーズにはcal.0500、0501、0502 の三種あるらしいのですが、この個体がそのどれだか判らないからです。(おなじみトンボ出版刊『国産腕時計』シリーズを参考にしております)






 












スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/04/01(水) 12:12:54|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玩具工作控 250 | ホーム | 食味雑記 514>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1158-6159d978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1679)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR