FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 555

鶏とコンニャクの田舎煮

 なんだか無性に鶏の煮込みが食べたくなりましたので、手羽元とコンニャク、メンマを八角風味の醤油味で煮込んでみました。

 短冊切りにしたコンニャクをグラグラのお湯で下茹でします。
コンニャクの下茹で

 茹で上がりをザルにあけまして水分をとばし、今度は油でチリチリに焼きます。
コンニャクを油で焼く
 はじめはバチバチ、つづいてジュクジュク、やがてはチリチリといったところでしょうか。

 コンニャクを焼いている間に作業していたのが鶏肉の骨だし。
手羽元を開く
 皮の反対側を開いて骨の両脇に切れ目を入れるだけで、骨抜きではありません。こうしますと食べるときの骨離れがよいのです。

 コンニャクが焼けましたら、そこに鶏肉と生姜を加えて更にいためます。
鶏と生姜を加えて炒める
 砂糖と醤油を加えて染み込ませるように炒めます。

 ある程度といいますか、醤油が焦げ付かない程度の頃合いでお水をひたひたに注ぎます。
メンマを加えて煮込む
 八角ひとかけらとメンマを加えて強火のまま煮飛ばします。

 汁気がなくなってタレ状になりましたら出来上がりです。
鶏とコンニャクの田舎風
 鶏手羽肉とコンニャクの田舎煮込みです。
 育てているニワトリを絞めて、保存してあった干し筍をコンニャクとごった煮にした、田舎のあったかい暮らしをイメージしまして“田舎風”と名付けました。
 口に運べば煮込まれた鶏の皮はトロっとほどけ、骨を出してありますからお肉がほろりと外れて食べやすい。八角醤油の香りが食欲をそそります。ところがこのおかずの本当の見所は、鶏のダシをたっぷり含んだコンニャクのおいしさにあるのです。




 
スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/05/28(木) 12:12:06|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玩具工作控 267 | ホーム | 時計道楽 72>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1238-8a178476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (129)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR