FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 77

BASIS WATCH 2

 ジャンク時計のつづきです。
 今日は中の機械を分解します。

 こちらが脱進機構です。
9-脱進構造
 フックアンクル脱進です。貴石を使っていません。アンクルから飛び出た二本のフックがガンギの脱進を繰り返すわけです。

 そしてボタンの役割です。
10-ボタンの役割
 オン/オフで波型のレバーがテンプを止める構造です。したがって、写真赤で示したような規制バネがあったはずです。そこが欠損しているので、今回のモデルはレバーがふらふらしてしまい、止めたり動いたりが無秩序状態になっております。だから実用は不可。

 テンプを外してみました。
11-テンプを外した状態
 フックアンクルが露出しました。

 脱進機を外して受け板を開けます。
12-受け板を外したところ
 シンプルな三針輪列で、ストップウオッチ機能は無いようです。

 香箱をはずしました。
13-香箱を外したところ
 地板もずいぶんと汚れてますね。

 地板文字板側に刻印を発見。
14-BFG670の刻印
 “BFG670”これは機種番だと思うので、早速いつものサイトを訪ねてみたら…

 ありました!
Baumgartner_677.jpg
“Baumgartner 670”〈バウムゲルトナー670〉
 ここの説明によりますと“670”は三針プレーン日付け無しとされており、派生キャリバーの“677”が秒針スタート/ストップつきと書かれているので、本機は“677”が正しい機種番となります。念のため“677”を検索したら、同じ写真で“秒針スタート/ストップつき、リセットなし”と明記されていますので、ほぼ間違いないでしょう。

 それでは受け板の汚れと錆を砂消しで落としまして、元の姿に戻しましょう。
15-受け板の手入れ

 いつかは、欠損バネの自作に挑戦したいとおもいます。 

16-組みなおしたムーブメント

 しかし面白い時計ですな。リセット機能がないから0位置に秒針が来るまでじっと待つ。0位置にきたらストップボタンを押す。ストップ中は時分針も止まっているから、計測を終えたら時刻合せをしなおす。今の感覚ですと、やたらと面倒な時計のように思えますが、そういうものだと信じ込めば、まあそれなりに納得できるような気がします。

17-今回はここまで

 規制バネ、秒針、バンド、いろいろと直し甲斐のある時計ですが、今回はこれでやめておきます。いつの日か、私の芸幅が広がった頃、修復に挑戦してみたいとおもいます。

 本日の控え BASIS WATCH 〈BAUMGARTNER 670〉 1950年代 でした。

 秒針のないストップウオッチを買うほうもバカだけど、売るほうも“作動品”とか書かないでもらいたいね。



スポンサーサイト



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/07/08(水) 12:05:15|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玩具工作控 279 | ホーム | 食味雑記 585>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1283-50559d3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR