FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 284

イマイ ミヤマクワガタ虫 1

 夏はやっぱり虫ですね。
 私が生まれ育った東京の下町、昭和40年代の夏休み、貧乏くさい子供たちが真っ黒になって外で遊んでいると、トラックで八百屋さんが来るんです。埼玉かどこかの農家だったんでしょうねえ、音を聞きつけておばさんたちががま口を持って集まってくる。すると僕たちと同い年くらいの男の子が蓋つきのポリバケツを持ってトラックから降りてくる。待ってました、僕たちはその子の周りを取り囲む。するとその子はバケツの蓋を開けて中を僕たちに見せる。そこには小枝や葉っぱといっしょに虫がいっぱい入ってるんです。男の子はすばやい動きで「これが50円、こっちが70円、これは100円ね」と値段をつける、そうなんです、僕たちがお小遣いで虫を買うんです。そのあたりには野生のカブトやクワガタはいませんでしたから、その子が頼りだったわけです。
 虫に纏わる少年時代の懐かしい思い出。

 今回から今井化学(通称イマイ)のゼンマイで歩くミヤマクワガタを作ろうと思います。
箱の表絵
 箱絵は小松崎茂画伯、写実性よりドラマ性があっていいですね。食べもしない小さな甲虫を持ち上げているところがユーモラスです。
 箱の横には姉妹品の紹介と
箱の北側

 完成見本です。
箱の南面

 短辺にはお値段が
箱の短面
 350円ですって、結構高かったんだ。

 期待に胸を躍らせて箱を開けましょう。
箱の中身
 おぉ!虫の解説書だ。ミヤマクワガタについての特徴が記載されています。科学教材的要素が満点です。

 部品をみましょう。
部品配置
 ビニールにつつまれた部品の佇まいがうれしい。ホチキス止めされた帯をご覧ください。シリーズのラインナップです。一番下のアリ、これも持ってました。

 ビニールをやぶく、この作業も快感のひとつ。
部品-1
部品-2
 大人になった今としては、少ない部品数ですが、ゆっくり楽しんで組み立てましょう。






 
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/10(月) 12:08:34|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鑑賞記 11 | ホーム | 食味雑記 607>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1335-58f65321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1679)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR