FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 286

イマイ ミヤマクワガタ虫 3

 懐かしい、ゼンマイで歩く昆虫シリーズの“ミヤマクワガタ虫”を製作中であります。“精密3倍”とうたわれてますように、全長15センチくらいある大きなゼンマイクワガタで、子供時代に持っていた思い出深いおもちゃであります。

 胴にギアーボックスを設置して、本体を合わせるところまでできましたが、一つ疑問がありました。背中パーツの下のほうが少し分割されているんです。
なぜここが分割されているのか
 ギアーボックスのサイズと何か因果関係があるのかと思いましたが…

…ただ単に割れていたただけのようです。
単に割れただけでした

 胴の上下を接着しまして、合わせのバリ、ズレを紙ヤスリで均します。

 紙ヤスリで白く粉っぽくなったところを、カシューの溶剤で溶かして均します。
合わせ目を溶剤で均した
 このキットは合わせの精度が良いと見えて、今回はすきま埋めのパテを使っていません。

 そしてこのあと肢と触角をつけて出来上がりですが、その前にメーカー刻印を控えておきましょう。
おなかの刻印
 IMAIに星のマークがいいですね。今や貴重な刻印です。

 さあ、肢を組みまして素組の完成です。写真を控えておきましょう。
素組背中
素組腹側
 懐かしいです、これですこれ。
 子供のころははみ出たセメダインで白っぽくなってベタベタでしたが、気にいったおもちゃでした。
素組後頭部
 この平たいカブトこそミヤマの特徴です。本物はコクワガタとノコギリクワガタしか飼ったことがありません。
羽も開きます
 翅もひらきます。
素組上半身
 成型色も限りなく黒に近い茶色で実に美しいです。塗装をすると隠れてしまうので、こうして素組み状態を写真に収めているわけです。
素組大あご
 クワガタといえばこの大アゴ、カッコいい武器ですが、別に何かを切断するわけではなさそうです、刃がかみ合いませんからね。

 それでは次回より塗装に入りますので、いったんバラします。
塗装のためいったんばらします

 組んじゃうと塗れない箇所ができますんで。







 




 
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/08/17(月) 12:04:22|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 609 | ホーム | 菜園記 122>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1340-50019f38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR