FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 294

MONOGRAM CREATURE FROM THE BLACK LAGOON 5

 半魚人の情景台、今回はアクセサリーの“骨”です。

 こちらがランナーから切り離した状態のパーツです。
切り出した骨のパーツ

 そしてバリ取りをして、表面をカシュー溶剤でつるつるに均します。
カシュー溶剤でバリを溶かす

 この手の骨なんですが、尖ったツメから察すると、これは半魚人の骨という設定ですかね?
 こういうところで情景のストーリーが変わります。これがもし、人間の骨だったら“半魚人は人を襲う”暗示になりますから血のにじんだような生々しい表現にするところですが、、半魚人の骨となると“ここには古くから半魚人が棲んでいる”という暗示になりますので、古い朽ちたような表現が相応しいということになります。
 なので今回は朽ちたような色みで塗ることにいたします。

 というわけで、こげ茶でベースを塗ります。
こげ茶色で下塗り

 お次は白を吹き付け。
白を吹いた
 乾いていそうなところは白く、濡れていそうなところは茶色っぽくしようと思います。

 ここにエナメルのこげ茶と黒で谷よごし。
エナメルのこげ茶で谷よごし
 ウオッシングっていうやつですね。古風にいうと洗い出し。

 ここまでできたら台座にセット。位置を決めて固定します。
ポジションを決めて固定

 つづいてクリア接着剤で水が乗り上げている様子を描いてみました。
透明接着剤で水を盛る

 少し水に沈んだように、そして流れを感じるようにを心掛けまして…
盛り上がった水表現

 完全に固まったころ(24時間以上)ラッカーの白で流れをちょい足し。
白で流れを補った
 いくらか湿っぽい感じになってきました。

 次回は情景のトカゲにかかろうと思います。













スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/24(木) 12:05:00|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 636 | ホーム | 食味雑記 635>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1385-f210eb40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (570)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR