FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 634

王家の野菜を和風で

 古代エジプトの昔から、王家の野菜として尊ばれてまいりましたモロヘイヤ。たくさん採れましても、すぐに萎れてしまうので、早く食べなければなりません。
 そんな王家の野菜を今回は和風で仕立てました。
 
 茹でて冷まして刻んだモロヘイヤを、アサリのむき身と辛子酢味噌で和えまして”ぬた”を作りました。
モロヘイヤの味噌ぬた
 洗い葱を天盛にしまして香りと歯切れのアクセント。

 モロヘイヤを叩きますと、ぬめりが立ち、周りの汁分をからめ取りますから、和える酢味噌は少しゆるめでよろしいようです。
ぬめりが効いてます
 したがいまして、トータル的に水分の多い和え物となりましたが、このやり方は、もともと水分の低いモロヘイヤが、ふっくりとおいしく食べられる方法として有効であると申し上げたいと思います。

 こういうもので清酒をなめ、舌の先で味を十分に確かめますと、日本に生まれた喜びをしみじみと感じ入ります。クレオパトラさんにも、この方法でひと口召し上がっていただきたかったものです。
 

スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/23(水) 14:10:25|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 635 | ホーム | 食味雑記 633>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1393-fa265681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR