FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 83

Q&Q 手巻き時計

 いつもお世話になっている、お得意先の木村さんご所有のキャラクター時計二点。
QQ二点
 
 前回のキャラクターデジタルに続きまして、今回は写真右側の時計を拝見しましょう。

お預かりしたQQパンジー

 駆動形式は手巻き。1976年生まれのQ&Qブランドですが、購入時期を伺いますと、このモデルは中でも初期の物です。

 裏返してみましょう。

引き通しのベルト

 一本のナイロン帯が貫通しています。このようなベルトスタイルを“引き通し”といいまして、ベルトの着せ替えがしやすく、色を取り換えながらファッションをたのしめる利点があります。

 ベルトをはずしまして、裏を拝見しましょう。

裏蓋刻印の内容

 刻印内容を読みますと裏蓋のみステンレスで、ケースはそれ以外の材質ということですが、周りのボツボツから察しますと亜鉛製ケースのようです。前回のデジタルもそうでしたから、間違いないと思います。

 それでは裏蓋を開けて… と思いましたがこじ開け口(ナイフを入れる隙間)が見当たりませんので、ちょっと引っ掛かりを作らせていただきました。

極薄ノコで切れ目を入れて

 タミヤの精密ノコで少し削らせていただきまして、こじ開けでパコンを開けましたら、な、な、なんと!

なんとワンピース

 ワンピースケースではありませんか!もともとステンレス蓋を開けられないようになっていたわけですね、余計なことをしてしまいました。しかし構造の察しはつきました。なるほど、腕に触れる部分をステンレスで保護し、亜鉛の腐蝕を防いでいるわけですね。しかもこれでしたらケースと裏蓋の隙間から水気か侵入する心配はありません。
 そして本品も日本製です。

 しかし骨の折れそうな点がひとつ、ムーブメントを見るには風防を外さなければなりません。
 そこで知人を頼り、特殊な工具を借りまして…

風防を開ける

 奮闘努力の結果、ついに風防を開けました。
 3時半あたりに見える文字板の切り欠き。

巻真を外すための小さな切り欠き

 ここにピンをさしてりゅうずを外すと、ムーブを取り出すことができます。
 針を外しますと、そこには可愛らしい女の子とウサギのイラスト。
描かれたキャラクター
 このキャラクターは何?
 “Pansy & Whites” ??? インターネットでも引っかかりません。
 トレードマークやコピーライトが見当たらないので、専用のオリジナルイラストなのかも知れません。

 ムーブメントを拝見しましょう。

取り出したムーブメント

 普通、3~4枚に分割される受け板が、一枚にまとまられています。

 そして、小窓から覗く赤い樹脂パーツ。
窓からのぞく赤い脱進機

 ここは組立困難を覚悟の上、開けて見せていただきましょう。
設計の全貌
 おおー!なんと脱進機がポリ製です。テンプ、アンクル、ガンギの三者が完璧なチームとなって一体化されています。ガンギもアンクルも芯まで一体成型樹脂なので衝撃で折れる心配もありません。精度を度外視すればここまで追い込めるのかと感嘆するほど見事な設計で、これは確かに時計です。
 時計を安く作って、多くの人に広く親しんでもらいたいという思想の現れを感じます。

 それでは、6個の軸を一枚の受け板にすべて収めるという困難を乗り越えて、元の姿に戻しましょう。

チャームのベルトをつけました

 Q&Qのキャラクターウォッチです。入手したものの使い道に困っていたチャーム付きのベルトを合わせてみました。
 可愛らしい腕時計です。中の油も生きていましたので、これからも実用に問題ありません。

 本日の控え CBM Q&Q cal.2673 手巻き0石 1980年前後(推定) でした。

 聞けば木村さんの妹さんがお祖父様に買ってもらった時計なんだそうです。これを見ればおじいちゃんを思い出す。時計というものは持ち主にとって記憶装置の役目も果たすことがあるのです。

 









 
スポンサーサイト



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/10/14(水) 12:06:40|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<食味雑記 654 | ホーム | 玩具工作控 298>>

コメント

いやー、これは感動です!
わたくし浅学でありますが、最近脱進機がシリコン製画トレンドとか?間違ってたら済みません。
その先を行く設計?ですか。
  1. 2015/10/15(木) 12:47:58 |
  2. URL |
  3. キムラ #-
  4. [ 編集 ]

キムラ様

お世話になります。
さすが何でもご存じで…
ですが少し違うのはただ今では精度追及のために変形しにくいシリコンヒゲ(テンプの中の渦巻き)を採用しているメーカーがあるということでして、今回のモデルは、比較的デリケートで壊れやすい脱進系三部品がセットでポリパーツになり、壊れにくくなっているという点です。赤い連結がせっせと動いている様は、なかなか可愛らしいものでした。
時計設計というものの幅の広さを感じさせられました。
  1. 2015/10/15(木) 18:07:59 |
  2. URL |
  3. 柊horii #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1414-a20bd177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR