FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 302

MONOGRAM CREATURE FROM THE BLACK LAGOON 12

 いまだに制作工程②の中盤でくすぶっている半魚人のプラモデル制作記録です。

 今回は頭部を胴体に取り付けます。
 まず、設計通りに組み立てますと、このような感じになります。

普通に組んだ頭正面
普通に組んだ頭側面

 はい、カッコいいですね。
 しかしちょっと首をすくめているようで苦しそうです。キットの個性を尊重すれば改造は本意ではないのですが、苦しそうでは見ていて不健康です。ここはひとつ“狼男”の時のように、首の位置を少しだけ、変えさせていただこうと思います。

 エポキシパテを練りまして、好みの位置に挟んで固定。
 やってみたのが、この姿勢です。

首を足した頭正面
首を足した頭側面

 首のパテが完全に固まったら皮膚の成型です。
 皮膚に当たる分量のエポキシパテを盛りまして、およそのフォルムを決めましたら
首に皮を貼りまして

ベタつかない程度まで少し固めます。

 生硬化しましたらお手製のウロコポンチで皮膚を描いてゆきます。

パイプでうろこを彫る

 このお手製ウロコポンチは形や大きさがいろいろあります。

手製のパンチいろいろ

 終わった筆の竹や、アルミパイプなどを削ったり潰したりして作ります。

 背びれに筋を彫ったら、周りと質感を合わせる作業はここまで。

周りに馴染ませる作業

 質感が馴染んだところで完全硬化させ、生地塗りを施しましたら、制作工程②の終了です。

作業工程②の上がりです

 半魚人っぽくなりました。

 次回より制作工程③にかかります。











 
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/11/02(月) 12:09:17|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<食味雑記 668 | ホーム | 生き物控 43>>

コメント

私も中学生の頃まではプラモ(主に1/72の大戦機)を作っておりました。が、しかし! これを拝見するに自身の制作はまるでなっておらんかった、と恥じ入るばかりです。
引続き楽しみにしております。
  1. 2015/11/04(水) 18:32:31 |
  2. URL |
  3. キムラ #-
  4. [ 編集 ]

キムラ様

お世話になります。
市販キットはそのとおり作るのが一番と思っているのですが、大人になりますと邪な欲が頭をもたげましてどうもいけませんね。

私も子供のころは指についたセメダインでベタベタでした。10代のころには10代の、50代には50代の感性や技術がありますから、子供のころのお作が残っているのであれば、宝物として大切になさっていただきたいと思います。

  1. 2015/11/05(木) 08:55:34 |
  2. URL |
  3. 柊horii #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1440-7b8874d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1679)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR