FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 691

大根葉の茹で干し

 農薬を使っていない自家栽培の大根は、葉っぱも産物の一つでありまして、栄養的にも尊いものであります。かといって食べきれず生のまま冷蔵庫に置いておきますと、やがて黄色っぽく萎れてしまい、筋が立ってきて結局のところ捨てる羽目に陥ります。そういう状況を避けるべく、保存を考え、これまで塩漬けにしてまいりましたが、今回は乾物の方法でやってみたいと思います。

 まずこちらです。

 鍋にお湯を沸かしまして、大根の葉っぱを新鮮なうちに茹でます。
茹でて虫を落とす
 硬い部分から浸しまして、全体を湯にくぐらせ、お水に取ります。

 冷ましながらゆすりまして
水でよく洗う
 小さな虫やほこりをよく洗い流します。

 水から引き揚げまして、両手でもって水を絞り出しましたら、首根っこをひもで縛ります。
付け根をひもで縛る
 10センチくらいの間隔をあけまして、今回は四株分つなぎました。

 それを雨に触れず風通しの良い軒下にぶら下げ、干します。
軒下で干します

 三日ほどたった状態がこちらです。
三日干したら
 まだいくらかしっとりとした手触りです。

 このあと、お天気の良い日に葉を広げてザルで干しますと、カリカリに干しあがります。
干しあがり
 もうこれでよろしいのです。

 このまま干し山菜のように保存します。

 今回はまず一株分、ぬるま湯に漬けてもどしまして、蓮根、大根と共に醤油味で煮つけました。
干し大根の煮物
 干し葉っぱの煮物は、キュッキュッっと歯ごたえ固いながらも、枯れたおいしさがじいわりとにじむ、冬のはじまりに相応しい滋味なる味わいであります。

 うん、それにしても硬い。







 
スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/12/05(土) 18:10:06|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 692 | ホーム | 食味雑記 690>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1480-251b4541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR