FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 323

ショッカー基地二号館 3

 小さいスケールのショッカー基地の制作です。

 前回、小さな滑車を二組作りました。
二輪のキャスターを二組

 さてこれをどのように組み込むか?やってみましょう。

 まず正面壁の裏面、ドアが開いた状態でドアパーツをセットします。

 1-ドアが開いた状態の位置を確認

 ちょうど開ききったあたりにマーキングします。

 2-二組の滑車を組み込む

 二組の滑車をこの位置に接着。ボンドを使ってしっかり固定します。

 対になるほうのドアパーツをゆっくりはめ込んで行きますと、滑車が機能してセットしてある方のドアが動いてピタリと閉まります。
 (位置と原理を確認したあと、左右のドアパーツの機能部分には板を用い、車に当たる部分には平たい輪ゴムを切って貼ってあります)

 3-組み込み構造

  つまり開閉の仕掛けはこうです。

4-ドア開閉の仕掛け

 片方のドアを開けると四つの歯車が回って反対側を押し動かすという仕掛けです。
 左右のタイミングが微妙にずれますけど、おもちゃなのでまあ良しとしましょう。

 正面壁のからくりができましたら、床材との合体です。
 互い違いの切り込みを入れて嵌め合わせます。

5-土台に組み込む

 床材は10mmのウレタンボード、これも100円ショップです。正面壁の下書きを見ればわかるように、床は三段重ねで一番下の段だけを差しこみように飛び出させました。

 そして上二段には5mm幅の切り込みを入れます。

6-土台の上板にスリットを入れる

 この切り込みが側面壁の差し込み溝となるわけです。

 5mm厚ボードで作った壁を差し込むと、このようになります。

7-壁の下半分を組み込む

 はい、イメージ通りです。

 つづいては側面斜めの壁を作りましょう。
 おなじく5mm厚ボードを切り抜き、窓のアタリをつけます。

8-壁の窓をスケッチ

 左右に飛び出した上部のヒレは、正面壁に刺さる部分です。ドアの開閉機能に差し支えない部分に設けてあります。

 下書きに沿って窓をくりぬいたら、持ち出しました園芸用の鉢底ネット。

9-鉢底ネット

 これも100円ショップです。

 窓の裏から寸法に切ったネットを貼り、さらに銀の厚紙で裏打ちをしますと、窓付き壁の出来上がりです。

10-くりぬいた窓の裏からネトを貼る

 かんたんでございます。これだけで雰囲気でますから安上がりです。

 それではここまでのパーツを仮組みしてみましょう。

11-仮組みしてみた

 引っ越し前の事務所という感じですね。

 右のドアをそっと引き出しますと…

12-ドアも開きます

 左も同時に開きます。

 これで基礎工事は終了ですので、あとは壁紙貼りと機材の制作です。

 次回、完成にこぎ着けたいと思います。











スポンサーサイト



テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/01/23(土) 18:20:39|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 727 | ホーム | 食味雑記 726>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1547-207568c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (570)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR