FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

プロレス懐古 1

人間風車 ロビンソン

 昨年<2015>末ごろに押入れから出土した、古いプロレスラーのプロマイド
 これらを一枚ずつ眺めながら、少年時代の懐かしいプロレスの思い出を控えておきましょう。

 第一回目は“人間風車”ビル・ロビンソンです。

 あれは小4くらい<1974年>だったでしょうか、ヤクルトのおばさんからもらった観戦チケット、いわゆる“タダ券”ってやつです。そのころ僕はまだプロレスを観てませんでした。知識といえばTVアニメのタイガーマスクぐらいのものでしたが、同級生のプロレス好きのアキオくんが券を見て興奮!
「スゲー! ガニア対ロビンソン! 人間風車と裸締めの闘いだよ」
何のことか分からない僕は熱く語るアキオくんから、それが技の名前だと教えてもらいました。
 それが“人間風車”という言葉を知った最初でした。
 結局その試合は観に行きませんでしたけれど、今思えば惜しいことをしたと後悔しております。

 そんな必殺技“人間風車”ダブルアームスープレックスは、逆さ羽交い絞めをかけたまま、相手をブン投げるという大技で、その大きな弧を描く姿を風車と形容したのでしょう。
 それにしても“風車人間”でなくてよかったですね、これじゃあカラカラ回る脳タリンみたいですから。

ロビンソン

 こちらがビル・ロビンソン。
 このプロマイドにはサインのほかに“England&Japan 1969”とありますから、おそらくは国際プロレスの外人エースで活躍していたころのプリントだと思います。

 そして初めてロビンソンの生まを見たのが1976年の蔵前国技館の対ジャイアント馬場戦!
 前年にアントニオ猪木と熱戦の名勝負で引き分けたあとですから、その決戦や如何に?と胸躍らせて父に連れて行ってもらいました。決戦は2-1で馬場の勝ち。馬場の巨体ゆえ必殺技“人間風車”ダブルアームスープレックスを試みながらも叶わなかったことが薄い記憶に残っています。
 

 やがて、どんどん派手になるプロレスとともに、ロビンソンの名も次第に私から遠のいてゆきました。

 そして一昨年<2014>、その死を報じる記事を目にしたのが、忘れていた懐かしい“人間風車”の文字でした。
 あぁ、昭和がまたひとつ去ったなと思ったものです。

 最後に、このコラムは、飽くまで個人の思い出話にすぎないことをお断りしておきましょう。

スポンサーサイト



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/03(水) 12:05:13|
  2. プロレス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 735 | ホーム | 食味雑記 734>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1563-9b1d7ca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR