FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

菜園記 140

奮闘努力の甲斐もなく

 本日<2月6日>は、寒さのやわらいだ過ごしやすい陽気です。

 少し農作業をしましょう。

 これはホウレンソウです。
寒締めホウレンソウ
 先日の雪をかぶり、連日の霜に耐えた、肉厚の寒締めとなりました。

 そしてこちらはジャワトウガラシ。
枯れたジャワトウガラシ
 枝に下がったまま干されているので、このままもいでスパイスに…とおもって、ひとつかじってみましたら、風雨にさらされているせいか、味もすっかり抜けただしガラ状態。これはもう畑に鋤き込んで土に返しましょう。

 このあと、ニンニクとタマネギの除草と追肥をしまして、いよいよ本日のメインであるナガイモ掘りとまいりましょう。

 この頼りない軸がナガイモのつるの成れの果て。
山芋のつる

 こいつを手繰りながら周りを掘り進んで行くのです。

 少しずつ掘ってゆくと、やがてお芋が姿を現します。
少しずつ掘り進めて

 さらに掘り進めると、カコっとひとつ外れました。
ひとつ掘れました

 小さなナガイモ、一年物でしょうか?ちょうど手のひらサイズです。
 ちょっと心が躍ります。
 まだ古株が残っているので作業は継続。
 やがてグラグラしてきたので、調子に乗ってゆすっていたら…

 折れた!

折れた

 しかも二本抱き合っていたようです。
 
 ガックシであります。

 奥に見える白い切り口が悲しく光る。

悲しき折れ口

 結構深く掘っていますが、まだまだ芋は深く刺さっています。

 土はすでに粘土質に突き当たっていますが、がっちり芋が食い込んでいます。なんと強靭な生命力!だからこそ精のつく食べ物のひとつに数えられているのでしょうか?

 ひたすら掘り進み、腕がこれ以上入らないくらい、頬が地面に触れるころ、ようやく芋がグラついてきました。

 しっかり握ってゆすっていたら…

 また折れた!

また折れた

 私の心も折れました。

 いったいどこまで続くのか?

どこまで続くのか

 抱き合った二本のうちの折れなかった一本が、穴の奥から嘲るように私を見ています。

 もうこれ以上、腕が入りませんので、あと少し掘ったら、こいつも手に入るところでおしまいにしましょう。

 奮闘努力の甲斐もなく、折れに折れまくった果てに、収穫できたのがこれらです。

折れまくった果てに

 久々の重労働でした。
 二時間近く穴を掘りまくって、このありさま。

 ちょっとの作業のつもりが、とんだ重労働になってしまいました。










 
スポンサーサイト



テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/02/06(土) 19:25:44|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 737 | ホーム | 食味雑記 736>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1565-07b60088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1679)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR