FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

菜園記 151

西洋野菜に挑戦

 夏に食べる南方野菜は、これまでも栽培してまいりましたが、今年は新たに西洋野菜に挑戦してみたいと思います。ま、そもそもトマトやズッキーニも西洋野菜と言えばそのとおりですが、ここでいう西洋野菜とは、八百屋さんではあまりお目にかかれない珍しいものを指しております。

 買ってきた種はこれらです。

西洋野菜の種

 手前が“ルートパセリ”なんだかニンジンのような根っこを食べるパセリのようです。そのとなりが“ビーフトマト”、以前雑誌で見たことのある大きなトマトで、一度お目にかかりたいと思っていました。そして後列手前から“スープセルリー”、これは一名“芹菜〈キンツァイ〉”という南方野菜の一種で細いセロリ、タイ料理のスープなどに入っているやつですね。そして真ん中が、“マーシュ”はじめてです。一番奥の“ビタークレス”というのもはじめて。はたしてうまく育てられ、お料理できますかどうか?

 そして、きょうのもう一つのメイン作業は自宅で育てていたこれら…

自家製苗

 黒豆の“くろべえ”とトウモロコシの“ゴールドラッシュ88”の植え付けです。いまのところどれも元気です。

 さて、それでは畑に行きましょう。

 今日は暖かいを超えて熱いくらいです。
 まず西洋野菜の種まき。
 幅広めの畝に、マーシュとルートパセリを並べて播きました。

西洋野菜の種まき

 手前の筋播きがマーシュ、奥の点播きがルートパセリです。スープセルリーは別のところに点播きをしました。

 トウモロコシは40センチ間隔くらいの千鳥で二列、今日は8株分。

トウモロコシの植え付け

 一か所に植わっている三本を最終的に一本に絞ります。

 クロマメは30センチ間隔で二列。

エダマメの植え付け

 クロマメといいましても、要はエダマメとして若豆を食べる予定です。こいつはこれから虫との闘いですね。

 ほかの野菜たちを見てみますと…

アブラナ科の畝

 アブラナ科の畝が、うひゃーっと元気に育っております。

 コカブの密集地帯。

コカブの様子

 今日は間引き…この言い方はあまり好きではないので…若芽の収穫をして、通気を良くし、残り組の生育を促進させましょう。

 チンゲンサイなどはどうです?

小さなチンゲンサイ

 小さいのにチンゲンサイしてますよね。かわいいなぁー♡ 家かえって食べちゃおう。

 キク科のシュンギクはほぼ完ぺきな生育状態。

元気なシュンギク

 そしてインゲンは死にました。

インゲンは死にました

 やはり期限切れの種はダメだったのでしょうか(泣)。
 仕方がないので、心を入れ替えまして、土も天地を入れ替えまして、スープセルリーの種を播きました。

 レタスも順調です。

レタスの群

 いずれこれらを一株に絞らなければなりませんので、今日はおよそ四株に絞ります。

4本にしぼった

 あやや、貧相になりました。もちろん摘んだ芽はベビーとして食べさせていただきます。

 そして自宅での作業は、ビーフトマトの種まきですが、今からでは少々心配であるものの、先に播いた国産トマト“おどりこ”がいまだこのような状態なので…

トマトの双葉

 追いかけていっちゃおうかなぁ~と、種の袋をしみじみ見る。これがビーフトマト。

ビーフトマトの種

 おいしそうでしょ~う?
 しかしやたら袋がペッタンコなんですね。裏返して内容量を見て驚いた!

 8粒?

 なんと8粒?500円もして8粒?
 失敗できねえじゃんかよぉー!っと言葉がきたない。およそ日本のトマトが500円くらいで30粒くらい。そんな中、去年<2015>買った輸入トマトが500円で300粒くらい入っていてので、すっかり油断してしまって衝動買いしてしまったというわけ。

 こうなりゃあ大切に育てましょうよ、4つのビニールポットに新しい土を入れて、二粒ずつ、丁寧に並べて…

二粒ずつ大切に

 水をやって水槽ハウスに入れました。

 だいたい芽が出るかどうかすらわからないけど、チャレンジで行ってみよう! 

 ということで、収穫してきたどっさりの若葉で、本日の農産物料理へとつづきます。















スポンサーサイト



テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/05/01(日) 20:37:55|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 800 | ホーム | 食味雑記 799>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1673-f4cfe8f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR