FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 823

伽羅蕗を煮ました

 先週の作業ですけれども、今年もお隣から野蕗をいただきました。

いただいた野蕗

 細くて香りの強い野蕗、いつもは下茹でをして皮を引き、煮物や炒め物でいただきますが、今年は皮ごと伽羅蕗〈キャラブキ〉にしました。

 よく洗ったフキをザクザクと短く切り、そうですね、口の横幅以下を目安としましょう。
 それを鍋に入れ、醤油とザラメを投入。

ザラメと醤油

 目分量でいいんです。多少しょっぱすぎても、甘すぎても許される常備菜なので、失敗の恐れが低いのです。

 弱火にかけながら全体にまぶしつけます。

からめて火にかける

 やがて塩分が全体に回り、しっとりと水が出始めます。

 蓋をしてコトコト煮ていますと、30分くらいでこのように水が上がってきます。

30分くらいで水がひたひたに

 ここまで汁が上がってきたら中火にしてさらに煮込み、焦げ付かないよう混ぜながら煮含めます。

煮続けて色も染みる

 次第に醤油色に染まり、僅かに残る蕗の緑、その緑もやがて消え失せ、黒く照りが出るまで煮ます。

黒く照りがでたらさます

 やがて汁気がなくなり、ザラメが照りはじめたら、焦げないうちに火を止め、保存容器に収めて冷ましましょう。

保存容器におさめます 

 キュッキュッとしまった伽羅蕗のできあがりです。冷めたらこのまま冷蔵庫で保存の常備菜。

 そして食べる。

そしてご飯と

 子供の頃は、こういうものを美味しいと思わなかったんですがねぇ、不思議と歳をとるにつれ美味しいと思えるようになりますもんで。
 江戸時代に生きていたわけじゃあないのに、時代劇が見たくなるようなものでしょうか?(例えがうまくねえな)






 



スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/05/31(火) 12:00:25|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<時計道楽 98 | ホーム | 玩具工作控 356>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1725-557b39cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1679)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR