FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

プロレス懐古 8

吸血鬼 ブラッシー

 押入れから出てきた古いプロマイドを眺めて語る、プロレスの思い出、今回は“吸血鬼”ブラッシーです。

 相手の額に咬みついて血をすする恐怖の吸血鬼、またの名を銀髪鬼、プラチナヘアーに真っ赤な返り血が恐ろしく映え、ヤスリで牙を研ぐパフォーマンスで恐怖をあおる。テレビを見ていた老人がショック死した事件はあまりにも有名で、日本のプロレス史上最大の悪役と申せましょう。

ブラッシー

 時代的には力道山のライバルですから私の親の世代、リアルタイムで私が見たのはニコリ・ボルコフのマネージャー時代からとなりますが、もっと前からその悪名は知っていました。とにかくブラッシーは有名で、僕がプロレス好きになる前から、大人たちは“噛みつきブラッシー”とか“吸血ブラッシー”などと言って、怖い話をしてくれました。“ショック死”という言葉を覚えたのも、そのころだったと思います。

 奥様のミヤコさんは、日本巡業中に見初めた日本人。吸血鬼に娘を嫁がせるとなった親御さんは心中おだやかではなかったと察しますが、私生活ではきわめて紳士だったという彼の熱意に打たれたのでしょう。晩年のテレビ取材でも傍らにはミヤコさんがおられました。たしか終戦50年記念特集のような番組でハワイの自宅でインタビュー、物静かな老人となったブラッシーだが、ヤスリで牙を研ぎながら「地獄で待ってろリキドー、また血を吸ってやる!お前の血はまずかったけどな」とカメラをにらむ姿は、老いたりとはいえかなりの迫力でしたが、すぐあと、素に戻ると「こんな感じでいいかね?」と笑う姿がチャーミング。

 そんな老吸血鬼も2003年に85歳でこの世を去ったという… ミヤコさんに看取られて。




スポンサーサイト



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/06/17(金) 12:00:07|
  2. プロレス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<菜園記 164 | ホーム | 食味雑記 836>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1750-3bf367c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (129)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR