FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

鑑賞記 14

シン・ゴジラ

 ミーン、ミーンと蝉の声、突き刺す日差しに目をしかめて汗をふきふき歩く。

夏の空

 夏休みはやっぱし怪獣映画だなぁー!

 と一人繰り出した劇場。お目当ては『シン・ゴジラ』

劇場ポスター

 公開中につき内容には触れますまい、感じたことだけ申し述べましょう。

 実に痛快、良いものを見せていただきました。“怪獣映画かくあるべし”を踏まえつつ、新しくも刺激的な娯楽大作でありました。
 常々思っていたのが、単なる展開バリエーションでなく、既存スターのお祭りでなく、かといって怪獣じゃない自然災害などが人類の敵となって主軸となるものでない、ちゃんと主役たる怪獣が登場する新しい何かはできないものか?ということであったんですが、この映画は見事それを実現してくれた大怪獣映画でありました。しかも、その名は“ゴジラ”大名跡であります。そんなゴジラブランドを活かしつつ、新しい驚異の大怪獣として描かれているところが震えるほどに嬉しかった。
 そして“日本とは何か?”が、深く考えられているところがいい。グローバル時代といわれる今だからこそ、その出自個性が大事であるわけで、この映画は“日本”についてとことん考え込まれているように見えた。
 日本製の本作は、ゴジラ保有国として世界に出せる、まさに“本家の逸品“と申せましょう。

 興奮冷めやらぬ帰り道、バスから望む情景にゴジラのイメージをはめ込み…

ゴジラのいる情景
<写真は創作で映画とは関係ありません>

 日本に生まれた喜びを、しみじみ感じ入るのでありました。


スポンサーサイト



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/04(木) 18:22:44|
  2. 視聴鑑賞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<食味雑記 879 | ホーム | 食味雑記 878>>

コメント

シン ゴジラ見たのですか。いいですね。
ゴジラがアメリカへ渡ってから数年経ちますが
版権が日本に戻ってきたという訳でしょうか?
幼少期には父親に連れられ映画館でよく
見たものです。
思い出に残る1作品がゴジラ対へドラですね。
へドラの大きい目が怖かったものです。
シン ゴジラの公開に合わせてCSでもゴジラ
やっていますよ。ゴジラ対モスラや
ゴジラ対キングギドラなどなど
  1. 2016/08/05(金) 11:52:50 |
  2. URL |
  3. 金城です。 #-
  4. [ 編集 ]

金城さま

お世話になっております。
ゴジラ対ヘドラはインパクトありました。ドロドロしたデザインに赤い目、ヘドロ=ヘドラというストレートなキャラ。毒ガスで人がガイコツになるシーンなど強烈でしたね。

CSでゴジラシリーズが放映されているんですか?ウチは民放しか見られないので羨ましいです。DVDを持っていてもテレビでかかればリアルタイムで見たい、これがファンですよね。とかなんとか言いながら、TV東京でファイナルウォーズがかかっているのにシンゴジラに出かけてしまった私。
  1. 2016/08/05(金) 14:04:51 |
  2. URL |
  3. 柊horii #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1836-56b6644f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR