FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

菜園記 179

ナスは若返るか?

 7月いっぱい実を生らし、私の胃袋を満たしてくれたナスが、だいぶ疲れてきたようです。

ナスが疲れてきました

 葉っぱも黄ばみ、枝も力のないものとなってきました。ここらで一つ、若返りを目的とした切り戻しを行います。

 枝の付け根近くにある若い新芽に期待を寄せて、その先はばっさりカット。

切り戻し

 そうしましたら、けっこうサッパリ、床屋さんの帰りです。

サッパリしたナス

 お次は根切り、枝の先端の真下あたりにシャベルを刺して古根を切ります。

ナスの根切り

 ナスの様な自立性植物の場合、多くは地面を境に地上と地下、同じくらいの面積を使ってバランスをとっているので、枝を短くした分、同じくらいの長さに根も切りそろえるわけです。そうしますと雨水がナスにとって丁度良いところに落ちるという設計になっているのですね。自然という神の設計です。このあと、鶏糞、化成肥料をまいて、茄子の作業はおしまいです。


 お次はトマト。
 トマトは絶好の鑑賞期にかかったころではありますが、何とジャングルのようにボサボサになってしまいました。

みだれたトマト

 先端の方の側枝は伸び、ところによっては支柱からはがれて、倒れ込む始末。
 今日はその辺を整理すべく、枝の刈り込み、支柱の修理、下葉落しを行いました。

整理したトマト

 整理しますと、見えてくるのが赤く熟したトマトの景色。

トマトの景色

 大粒がゴロゴロと下がる贅沢な景色、この景色見たさに種をまき、世話をし、育てるわけです。

 こちらはビーフトマト。

ビーフトマト

 色に黄色味があります。ハンバーガーに挟むやつだそうです。

 実着きはさすがにバラバラです。

見えてきた赤い果実

 一粒、二粒の枝もあれば…

実着きの良いところ

 5粒着きのところも。
 右下の彼をごらんなさい。

食い込みに耐える

 枝がケツに食い込んでいる。

 こんな嬉しいトマトの景色ですが、悪いものも進行していました。7月23日に見つけた青枯病が感染、拡大していました。

立ち枯病の感染

 一番目の株はすでに死、南に向かって二番、三番と感染しています。まあ、三番の株が一番南なので、ここで終わってくれることを祈るのみです。


 ここで給水ブレイク。

 これ食べてみてと、近くのおじさんが小玉スイカをガバっと割って半分くれたのです。

いただいたスイカのうまさ

 うはぁ!生き返る。(別に死にそうではないが…)
 朝の果物は冷たくてうまい!これが日中だったら、生温かいスイカをほおばる事となりましょうが、朝はイイです。上がりつつある気温とのギャップで、夜間に冷えた実がよけいに冷たく感じるのです。行儀悪く種を吹き吹き、汁をボタボタ垂らしての贅沢食いも野外だからこそ許されます。

 天然の水分補給を終えまして、次の作業に移ります。
 若ニンジンの収穫です。いわゆる間引きなんですが、私は食べます。

 混み合ったところを引き抜きますと、どうです、先週よりもだいぶニンジンらしくなっています。

若ニンジンの収穫

 こんなミニチュアニンジン、市場で売ってませんから、この機会に楽しむしかありません。

 しかし!そんな中。
 不自然に倒れている箇所があります。

不自然に倒れるニンジン

 …これは、もしや…と、あたりを掘ってみたら案の定。

ヨトウムシ登場

 丸々と太ったヨトウムシが出てきました。しかも二匹。
 しかし私は彼らを憎みません。彼らはただ生きていたかっただけなのですから…。なので、つまんで堆肥置き場にポイ!


 引き続き、若ニンジンの抜き取り作業をしてますと…こんどは、やや!

黒いつぶつぶは

 この黒いツブツブは、もしや?これは分かります。地上虫の証拠です。

 ほらやっぱり。

キアゲハの幼虫

 キアゲハの幼虫です。この前の図々しいやつの子どもでしょうか?

 しかし私は彼を憎みません、彼はただ生きていたかっただけなのですから。…かといって、このまま育てるわけにもいかないので、ニンジンの葉っぱと共に摘み、空を背景に外の景色に重ね…

モスラ

 モスラ。

 このあと別の原っぱにポイしちゃいました。

 
 意外に作業の多かった本日のメニュー。収穫物は以下の通り。

収穫トマトとウリ

 トマトいっぱい。

収穫ナス

 ナスはいったんここで終了。二期目の収穫を待つことになります。

収穫ピーマンの仲間

 そしてピーマンの仲間たちでした。


 ついでに、今日の讃える虫たちは“続きを読む”のほうに控えておきました。苦手な方もおられると思うので…では。






 









今日の讃える虫たち

 ニンジンのキアゲハ。アップで見ると可愛いよ。

キアゲハ幼虫-1

 見事な色だねえ。抱きしめたくなるくらいモチモチだね。

 顔を見せて?

キアゲハ幼虫-2

 六本の脚を全部使って枝を掴んでいる。可愛いね
 背中を指でクニクニやりたいけど、臭い角をだすから、今日はやらない。


 こっちはショウリョウバッタだ。

ショウリョウバッタ

 だいたいデカイんだよお前。
 “バッタ”でいう名前はそもそもお前からつけられたんじゃないの?動くたびにバッタバッタうるさいからね。

 今日の讃える虫たちでした。



 


スポンサーサイト



テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/11(木) 14:43:37|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 886 | ホーム | 玩具工作控 369>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1847-d254c076
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR