FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 915

くさやの味

 きのう持ち出した七厘コンロ。
 そして今日は小雨がしとしと降っている。

 ということは…絶好のチャンス!

 何の?

 くさやの干物を焼くのです。

くさや

 冷凍しておいたとっておきのムロアジのくさやです。

 雨が降っていれば煙は拡散することもなく、安心して焼けますね。ただ今では、くさやの匂いを良く思ってくれる人ばかりではないので、一応気にします。

 七厘に火を起こし、支度したのが本日の“ひいらぎセット”

くさやセット

 日本酒と谷中生姜とともに。
 茶色いどろどろは自家製醤〈ひしお〉。

 炭火が起きたらくさやを網に…

くさやが焼ける間に

 たちまち立ち上る独特の匂い。
 そして焼き上がるまで、前菜の谷中生姜で清酒を飲む。
 小雨の中、軒下であじわう、密かなる遊び。

 いよいよ焼き上がったら、あちちあちちと素手でむしって、端からつまむ。

焼き上がりを手でむしる

 へりの薄いところはカリカリで、身の方はギュっとしまって噛めば噛むほど旨みがにじむ。たまらぬ旨さにまた清酒をひとくち。
 醤をつけるとことさら美味い、醗酵の二重奏。

指ごとしゃぶる

 くさやは指ごとしゃぶるのが習いです。
 たとえ全部食べてしまったとしても、味の染みた指をなめて、もう一杯飲めるのがくさやの威力。

むしっては酒を飲む

 ゆっくりと流れる時の中に頭を空っぽにする快感。
 無心にむしる、くさやの身。

 中骨がきれいにはがれると、これまた嬉しい。

中骨も炙って食べる

 骨も炙ってカリカリの煎餅にします。

 きょうは贅沢に一人で一匹、それはあまりに勿体ないし、とても一度で食べきれません。
 よってむしりの身を空き瓶に詰め、余った醤を回しかけて取っておきます。

あまりは瓶詰めで

 しっとりと味の染みた、ほぐし身もまた滋味で、このあと少しずつ楽しむこととなりましょう。









スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/09/18(日) 18:19:33|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 916 | ホーム | 食味雑記 914>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1907-2f6722c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR