FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 106

RADO Golden Horse 2

 友達から預かったラドーの時計を、解体してみましょう。

 まず、自動巻き用の回転錘を外したら、連結する巻き上げブロックを取り出します。

巻き上げブロック

 こちらは裏がわ。

巻き上げブロック裏

 錘の回転運動がこれらの歯車に伝わって、動力ゼンマイの巻き上げを助ける仕組みです。

 さて、巻き上げブロックを外したからは手巻きの状態になっています。しかし、前回記録したようにりゅうずがない。動力ゼンマイを開放するにはりゅうずが欲しい。
 そこで我が家の在庫を漁ってみたら、なんと丁度良いのがありました。巻真の太さもねじ切りピッチもぴったり。おまけにケースパイプをくぐって巻真と連結する首の長いタイプなので、折れた分の長さを補えるからうれしい。時計にも運のいいやつがいるんですねえ。

 これを使いましょう。

有り合わせのりゅうずをつけてみた

 これが手巻き時計の状態です、次にここから受け板を外して輪列を控えておきます。

輪列のレイアウト

 下の方に新たなる刻印があります。 “ETA 2783” これは部品の出元ですね、おなじみのサイトを訪ねてみると…

  http://www.ranfft.de/cgi-bin/bidfun-db.cgi?10&ranfft&&2uswk&ETA_2783

 ありました。
 つまりETA2783の部品に仕上げを加えメッキを施したり、カレンダーを赤いオリジナルにしたのがRADO2797であるというわけです。

 このETA2783は、21600振動/時(6ビート)、パワーリザーブ48時間、ジャストチェンジ(クイックチェンジ)カレンダー付きということで、かなり人気の機種らしく、いろんなメーカーがアレンジしているようです。

 では輪列をバラしましょう。

輪列をバラしたところ

 最後に動力系統を解体しまして地板の状態に。

地板

 巻真のすぐ下についている金色のレバーはブレーキ。秒針停止装置ですから時刻合わせの時、時報に合わせてスタートできます。

 ここでバラした部品を洗浄しまして、順番に組み立て。

 まずは手巻き状態に組み上げました。

手巻き状態の組み上がり

 黄金に輝くきれいな機械ですね。

 つづいて巻き上げ装置ブロックをとりつけたら、こうなります。

巻き上げ機構を組んだところ

 重みが増します。

 そして最後に壊れていた回転錘に中心の巻き上げ車を打ち込みまして固定。

錘の組み立て

 ムーブメントにセットしたら完成です。

ムーブ完成

 これでムーブメントが出来上がりました。

 次回はいよいよ外装を掃除して使えるようにしたいと思います。







 




スポンサーサイト



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/19(水) 08:55:03|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<金魚の部屋 26 | ホーム | 食味雑記 939>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1944-00282441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR