FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 107

RADO Golden Horse 3

 友だちのおじいさんの時計を修復しております。

 前回、ムーブメントが出来上がりましたので、今回は外装の掃除です。

 まずは金属バンド。これも年季が入ってます。超音波洗浄機にぬるま湯と洗浄液を溶かしてバンドを丸ごと浸します。

バンドを洗浄液に沈め

 スイッチを入れますと、煙のように浮かぶ浮かぶ長年の汚れ。

浮き上がる汚れ

 シチズンから発売されているバンド洗浄液の威力。

やがて浴槽は真っ黒に

 やがて溶液は真っ黒に、都合5分を5回まわしました。
 バンドをのばしてコマの間も歯ブラシで洗濯。

中まできれいに

 中まできれいになりました。
 バンドの連結構造はバネで伸縮するエクスパンションタイプ、留め具がなく、バンドそのものが伸縮するので水仕事の際に手軽に時計をまくり上げることもでき、落下の心配も不要、高齢者に人気の高いベルトです。しかし、毛や皮膚を挟んで痛い思いをする欠点もあります。

 次はケース。

 これは手ごわい。

真っ黒なケース

 3時位置のケースパイプがそもそも変形しているので、ニッパとヤスリで円形に整えました。りゅうずは吹っ飛びパイプは変形、この時計に一体何があったのだろう?

 そして真っ黒の表面は銀の酸化の色ですね。これは、母材が銀で金メッキに染みだし、空気に触れて酸化したものか?と思いましたが、どうも違っていたらしく、銀拭きクロスで磨いたらきれいに落ちました。

銀拭きで磨いたところ

 ということは、メッキではなく母材が銀を含有した金色合金ということで、手入れをすればいつもピカピカになるということですね。

 裏蓋はステンレス製。

裏蓋のレリーフ

 シーホースのレリーフが高級感をかもしてます。
 固定構造は四個ツメのネジ式です。防水時計によくみられる構造です。

 風防をバフ研磨しまして、いよいよムーブメントの組み込みですが、ここでりゅうずの深さ位置を調整。

りゅうずの深さを調整して

 メーカーのちがうりゅうずですから、ケースパイプとの寸法も合いませんのでパイプを少し削り、りゅうずが収まったら最後、巻真の長さを調整します。

ケースに収めてできあがり

 ピタリと収まりましたら完成です。
 蓋をしめて、きれいに拭きあげましょう。

きれいに拭きあげましょう

 ここで、拭いてみて見つけたのが、りゅうず側ケースについている無数のキズ。同じ方向にならんでついているところから、恐らく、旋盤の様な何かの回転体に接触、一時的にりゅうずが超高速で巻き上げられ巻真をねじりながら千切れて吹き飛んだ。そんな情景が浮かびます。一体何があったのか?持ち主様とこの時計しか知らないことです。

 でもいいでしょう、こうして生き返ったのですから。
 これから新しい命を吹き込もうということで、心機一転、茶色のワニバンドをつけてみました。

茶色のワニをつけました

 お似合いではありませんか?金属バンドの方はスペアーとしてお返しいたしましょう。

 さいごに、文字板とカレンダーの赤にちなんで、こんな写真を撮りました。

赤のポイントが生きる

 今回の控え RADO-Golden Horse cal.2797 でした。

 こうして美しく生き返りますと気持ちの良いものです。もう一度、誰かの腕に寄り添い、輝く時を過ごして欲しいですね。



 







 



 
スポンサーサイト



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/10/26(水) 10:40:38|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<食味雑記 945 | ホーム | 食味雑記 944>>

コメント

修理ありがとうございました!とてもすてきに生まれ変わったので、大きくなったら息子にあげたいです!
  1. 2016/10/26(水) 08:57:06 |
  2. URL |
  3. tomomi #-
  4. [ 編集 ]

tomomi様

お世話になっております。
素材が良くて運もよかったのできれいに出来ました。
ぜひ坊やに使ってもらいたいです。20年後の若者がこの時計をしていたら“ただものじゃない感”全開で、お友達から一目置かれますよ。
私が生きていたらお掃除して差し上げますからね。
  1. 2016/10/26(水) 09:14:55 |
  2. URL |
  3. 柊horii #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1945-4a5da1fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1679)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR