FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 950

山珍居にあこがれて…

 東京は西新宿、中央公園からすこし歩くと台湾料理店『山珍居』が静かに佇んでいます。目立つこともなく、大通り沿いの景色に自然に溶け込んでいます。
 東京最古の台湾料理店との説もあり、幾多の文人墨客に愛された名店と謳われております。
 
 初めて訪ねたのはもう20年も前になりましょう、昭和の空気が漂う中で食べた“ラオーバ”なる肉の煮込みの美味しさが忘れられず、豚の三枚肉を薬酒で煮込んでみたのが、つい先日

ラオーバにあこがれて

 香料を立たせて薄めの塩気を意識して作ったら、それはそれなりに美味しく出来ましたけれども、やはり本物には遠くおよびません。あの独特のやさしさと深み、そしてとろける食感。

 その本物がこちら。

こちらが本物

 これは7月ごろ伺った折、写真に撮らせていただいたものです。
 名店“山珍居”のラオーバ、漢字で書くと“老肉”となります。
 


スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/11/02(水) 12:00:02|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 951 | ホーム | 食味雑記 949>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/1973-4e88f6d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (570)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR