FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1052

戸田九の いわて盛岡 じゃじゃ麺

 岩手物産市でみつけました。

戸田久のじゃじゃ麺

 生タイプの即席めん、たれ付きです。

 盛岡じゃじゃ麺がご当地名物だということを私は知りませんでした。岩手というとニャンコ…じゃなくて“わんこそば”か“盛岡冷麺”くらいの知識しかありませんでした。調べれば、満州帰りの人が中国料理の炸醤麺〈ツァジャンミェン〉を元に作って定着させたご当地麺料理なのだとか。思えばラーメン、ギョウザなんかもそうですね、通ずるところがあります。大陸お料理の進化形と申しましょうか。

 
 袋の指示通り作ってみました。

 ほほう、麺は中華風ではく、平打ち麺なんですね。

きしめんみたいな姿

 温か麺と冷やし麺、どちらもOKということでしたので、温かいほうでやりました。
 麺を茹でたら、たれをかけ、キュウリや金糸玉子をトッピング…とありますが、今は冬、キュウリを水菜に置き換えました。

盛岡じゃじゃ麺

 ショウガは自家製梅酢漬け、玉子は半生の薄焼きです。半生の薄焼きとは薄く広げて片面だけ焼いた、フワとろタイプです。
 指示通り、ぐちゃぐちゃにかき混ぜて食べてみました。

よく混ぜて食べる

 おお!麺はうどんよりもフォーに近いような、透き通ったもっちりタイプです。そして甘辛いたれが絶妙です。
 本場のお店では、残りにスープを注いで召し上がるみたいですが、今回は即席なのでやりません。

 いつかご当地で本物をいただいてみたいですね。

 そして次の日、アレンジ版の大辛そばにして食べました。
 岩手の方に怒られそうですが、自己流で。

 まず器に生卵をひとつ落としておきます。

お皿に卵をひとつ

 ここへ茹で上がりのアツアツ麺を被せます。
 固まろうとする白身と、生の黄身を食べる時に混ぜる狙いです。

あつあつ麺をかぶせる

 あとはタレと薬味です。
 薬味はネギと、酢漬け唐辛子の刻みです。ここにたっぷりの胡麻ラー油をかけました。

味噌と薬味を乗せてできあがり

 これでおしまいです。大辛じゃじゃ麺です。
 よく混ぜますと、下から玉子もでてきてからまります。

玉子をからめて

 イメージ通りのおいしさでした。
 酸っぱい辛い、甘い熱い冷たいが混然となる味。

 二食入りの一袋、結局一人で食べました。それはなぜか?

 家族が食べないからです。











スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/02/28(火) 11:29:51|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1053 | ホーム | 玩具工作控 419>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2143-19963752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR