FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 430

童友社 ざしきわらし 25

 さてこちらは、プラモデルの六地蔵様であります。

出来上がった六地蔵です

 田舎の枯れた冬景色をイメージしてこしらえたものですが、六地蔵といえば笠地蔵、雪が欲しくなってまいります。

 ただ今から、こちらに雪を積もらせてまいります。
 雪と申しましても、お地蔵さまが半分埋まるような豪雪ではなく、降り始めの状況を描いてみたいと思います。

 古くから使っている油粘土を持ち出しました。
 3センチほどの小判型に丸めまして、スタンバイ。

粘土の意味とは

 これはどういう意味でしょう?
 はい、笠地蔵のお話に登場する、おじいさんの足跡にするのです。

 お地蔵様に売り物の笠をかける、心優しいおじいさんの存在を足跡で表そうというわけです。
 寸法の設定は、笠の直径をおよそ40センチとして割り出しました。
 おじいさんは、いちいちお地蔵様に向かって笠をかけたであろうから、足跡の爪先は、お地蔵様に向かっているだろうと、こうレイアウトしたわけであります。

 ここで雪の厚みを出すために持ち出しましたのが、100円ショップで買ってきた綿。

コットンパフを持ち出した

 こいつをちぎりまして、地面にかけてゆきます。

ちぎって敷き詰める

 細かいところは鉄筆でツンツン突きながら詰めてゆきます。
 ちょうどフェルト人形をこしらえるように。

鉄筆で馴染ませる

 隅まで、しっかり詰め込みましたら、石膏を茶こしでふるい落とします。

石膏を振るい落とす

 まんべんなくふるいまして、雪が積もりましたら、霧吹きで水をかけます。

霧を吹いて放置

 ここは加減が大事です。
 少なすぎず多すぎず、全体がしっとりする程度に霧を吹きます。

一晩おくと固まります

 これを一晩放置しますと、表面はカチカチ。
 もう一回同じことを繰り返しまして、次回に回しましょう。

 今回はここまで。






 










スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/10(月) 11:18:43|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1083 | ホーム | 食味雑記 1082>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2205-9e5d1d08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR