FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 431

童友社 ざしきわらし 26

 妖怪ざしきわらしのプラモデル製作記録、今回が最終回です。

 雪に見立てた石膏が固まりましたら、地面にくっ付けてあった粘土をはがします。

粘土をはがすと

 これがおじいさんの足跡になります。

おじいさんの足跡

 しかし、雪がないのもおかしいから、ここにも石膏をまくのですが、このままでは喰い付きが悪いので、木工用ボンドを手で塗っておきます。

木工ボンドをヘリに塗る

 あとでパラパラ落ちてきても困りますからね。
 台のへりまで塗りましたら、石膏を茶こしでまんべんなくふるい落とします。

上から石膏をおとし霧吹き

 蒔いた石膏の上から、また霧吹きをして硬化を待つ。

 固まりますと、雪の段差ができました。少しのぞく土もそのままでいいでしょう。

雪の段差

 優しいおじいさんが、お地蔵様に笠をかけて差し上げた痕跡となります。

 次はお地蔵様に笠をおかけしましょう。

お地蔵様に笠をかける

 むかし話の主人公になった気持ちで、お地蔵様に笠をかけます。
 「おじぞうさま、さむかんべなぁ」 といいながら笠をかけるが、小さくて紐がすべってやりにくい。

 一番左の日光地蔵様には、申し訳ないが手ぬぐいでこらえていただきます。

手ぬぐいをかける

 そして笠に霧を吹き、石膏を振るい落としたら完成です。

笠に雪をかける

 ここで時を示します。
 おじいさんが向かって右手から笠をかけたという設定なので、右多め、左少な目に雪をかけました。
 時間差攻撃であります。

 これでおしまいです。
 冬の間に出来上がりませんでしたけれども、六地蔵冬景色の完成です。製作当初はキットのみテキトーに作る予定でしたが、ある日、六地蔵を作っては?というコメントをいただき、それをヒントにここまで作りました。お蔭様で六道の意味やお地蔵様のありがたみを知ることが出来ました。有難いことです。もしかすると、コメントの主は、お地蔵様だったのかもしれません。

笠地蔵

 できました、日本むかし話に知られた笠地蔵冬景色。
 ずさり、ずさりと雪を踏みしめ、お爺さんが去っていった直後を切り取りました。

 あれ?

 何か忘れちゃあいませんか?

福よ来い

 でた。

 主役はざしきわらしです。

雪にざしきわらし

 ディオラマに見立てておきながら、固定しないで遊ぶのが私のやりかた。

お地蔵様の後ろから

 あっちにちょろちょろ、こっちにちょろちょろ。

雪にはだしは冷たいよ

 雪に裸足は冷たいよ、と言いたいけれど、そこは北国のお化け、心配ご無用。

ざしきわらし完成

 これにて、童友社、日本妖怪系図-2 ざしきわらし の製作を終わります。

わらしの情景

 もし、お家の中で子供の気配を感じたら、怖がらず 「ぼうや」 と呼んであげてみてください。

 きっと良いことがありますよ。





 


















スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/04/14(金) 09:01:11|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<桜日記 10 | ホーム | 食味雑記 1084>>

コメント

コメントの主です
毎回楽しく閲覧させていただきました
完成品の素晴らしさは言うまでもないですが、そこに至るまでの道のりが制作記を見返してみるとまたすごく感慨深いものがあります
わたしごときの拙い意見を取り入れていただきありがとうございました
  1. 2017/04/17(月) 02:06:22 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

お地蔵様

あの時のあの方でしたか、その節は有難うございました。
お蔭様で1個のプラモデルキットで、3か月遊べましたし、六道と、お地蔵様についても見識が深まりました。
六道と現世を照らし合わせてみますと、なるほどと思えるところがたくさんありまして、世の中が面白く見えてまいりました。
あらためまして、お礼を申し上げます。
あと、笠地蔵の写真ものがたりみたいなのを作っています。近日中にUPできると思います。お目にとまりましたら、笑ってやってくださいませ。
  1. 2017/04/17(月) 08:57:05 |
  2. URL |
  3. 柊horii #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2210-bcf3b08e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR