FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 436

バンダイ ゼットン

 粘土細工のかたわら、やはりプラモデルも作りたくなりました。

 押入れから取り出しましたのは、バンダイのリアル系ディスプレイモデル、The特撮Collectionシリーズのゼットンです。過去にはペギラを作りましたが〈玩具工作控 11〉そちらもリアルに彫られていて大きさも手ごろ、製作が楽しかったです。

 箱絵もいいですね、ウルトラマン衝撃の最終回がイメージイラストになっています。燃え尽きるウルトラマンを背景に、両腕を大きく広げたおなじみのポーズを決めるゼットン。表情のつかめない無機的なデザインが冷徹なオーラを放ちます。成田亨怪獣美術の名作ですね。

ゼットンの箱絵

 こちらは箱の天地。

箱の天地

 The特撮Collection の第12番目だったんですね、ずいぶんと種類が多い。

 箱の横には、完成見本の写真。

完成写真

 やはりこうでないといけません。完成写真を眺めて、イメージを膨らませるのも作る前のたのしみですから。

 ではお待ちかね、箱の中身を拝見しましょう。

箱の中身

 おー!いいですねえ、怪獣がパーツ化されている景色はいつ見ても良いものです。

 説明書です。

説明書-1

 このような写真の数々は資料的にうれしい。
 二代目ゼットンまで紹介されていますね。こいつはいつ見てもガックシきます。でも人のことは言えません。人間も歳をとるとむくんで下がってくるんですから。かくいう私もその一人。自分を見るようで笑えない。

説明書-2

 開きますと、ゼットンのデザイン等に関する解説書となっています。これによりますと二代目ゼットンは、新調された着ぐるみであると書かれています。え?私はてっきり初代の使いまわしで、経年劣化によるぶくぶくだと思ってましたから「人間も歳をとると…」などという発想に至ったわけですけれども…別個体であるなら、それはそれで味わいというものです。(しかし、オッパイの下がった夏場のばあさんみたいな姿は成田先生に申し訳ないような気がしますがね)

説明書-3

 ここからは組み立ての説明です。

説明書-4

 おお!ここにも完成見本写真が。ご親切に色の指定まで書かれています。子どもにとって、説明が多い説明書のほうが何となく大人びた気がするものです。
 下の方にはシリーズの仲間たちが紹介されていますが、ガラモン似てないですねえ。まああの特徴的なサンゴのようなビラビラを子供向けキットで再現するのは困難だったとおもいます。

 では、ビニールを破いて、パーツの鑑賞をしましょう。

パーツ-1群

 繊細でリアルな彫りです。そして成型色がライトグレーというところが大人っぽくてしびれます。つまりはサーフェーサーやパテの色。塗装を前提に作られているということです。

パーツ-2群

 胸の部分と顔の中央がクリアーパーツになっています。ということは、これ、光らせて遊ばないともったいないですねえ。できるかどうか分かりませんが、ひとつチャレンジしてみますか。

 では次回より、たのしい製作にかかります。













スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/12(金) 11:29:40|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<菜園記 219 | ホーム | 食味雑記 1111>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2259-d8773150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (129)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR