FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1152

イシモチの四川風

 内臓処理済みのイシモチが売れ残ってました。

 小ぶりで一尾300円、それがさらに半額、ということは150円。
 ここに自家栽培の野菜を持ちこんで、ご馳走を作りましょう。

 今回は四川風あんかけ。

イシモチと材料

 イシモチは洗ったら、中骨に届くほどの切れ目を入れ…

深く切れ目を入れる

 薄くお酒と塩をまぶして片栗粉をまぶし、多めの油で焼きます。

油で焼きます

 本当はたっぷりの油で揚げるお料理ですが、ここは家庭、多めの油にころがしながらじっくりカリっと焼きました。

 お魚をお皿に盛ったら、油を減らしてみじん切りのニンニクとショウガ、そして豆板醤を炒めます。

豆板醤と薬味

 全体が真っ赤になったら、水、醤油、砂糖、黒酢、薬酒で味を調整します。こまかい内訳はわかりません。大体で結構でしょう。この配合でしたら不味くはできません。よほど勘の悪い人でない限り、不味くはならないでしょう。

 くつくつ煮えたら、水溶きの片栗粉でとろみをつけます。

醤油餡をつくる

 これでよろしいのです。簡単でございます。

 この香味ソースを焼いた魚にかけまして…

魚にかける

 ジャワトウガラシの酢漬けのみじん切りと、畑から摘んできた香菜〈シャンツァイ〉をかけて出来上がりです。

香菜と唐辛子を振りました

 イシモチの四川風あんかけ 魚香黄魚花 でございます。
 150円のお魚でございます。

ビールでごちそう

 ご馳走でございます。
 ビールをいただきましょう。

肉はやわらか衣がうまい

 お魚は、身の厚いところはほっこりと柔らかいものの、低温じっくり焼きですから、骨はさくさくと食べられます。
 さすがに頭と中骨は無理でしたが、魚をきれいに食べ終わると、香味甘酢餡が残りました。さて、どうしたものか?

 ここで即席でこしらえましたのは、ニンニクと青唐辛子を効かせたペッパーチャーハン。

ペッパーチャーハン

 インディカ米でこしらえたパラッパラのチャーハンでございます。
 味付けはごく薄味、ニンニクの香りと青唐辛子が超辛い、あっさり型チャーハンです。

 ここへ四川風甘酢餡をかけます。

餡をかける

 餡かけチャーハンのできあがりです。
 せっかくのチャーハンを濡らすのはいかがなものか?と疑問を持つ餡かけチャーハンですが、今回のは、パラパラを通り越して、もはやパサパサのチャーハンですから、餡かけで潤った方がよろしかろうと思った次第。

餡かけチャーハン四川風

 案の定、お米もしっとり潤って、噛めば噛むほど味の深まるおいしいご馳走になりました。

 




 









スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/07/16(日) 14:21:44|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玩具工作控 451 | ホーム | 食味雑記 1151>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2356-e6257271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR