FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 453

バンダイ クロオオアリ 2

 さて、アリのプラモデルの解体作業にかかりましょう。

分解開始

 何しろ古いものですから丁寧にそっと…、力を入れたらパキ!なんてことにならないように。

 アシはポリ製の差し込み式なので難なく外せました。

 胴体の上半分を分離させますと動力部が露わとなります。

中の構造

 見たところ、どうやら動力部の傷みは無さそうです。青コードが電池受けから抜けているだけですね。

 伝達はモーターに直結したネジ型ピニオンが垂直にかみ合う二番車を回し、三番、四番を伝って減速してゴムの車輪を回す。このゴム車輪が変芯、つまりシャフトが中心からずれているので、アリは左右に波打ちながら走る構造になっています。

 そしてアシの構造は、車輪と連動する変心カムが写真まんなか辺の白色板を押し、前方のバネに跳ね返されて、銅色の芯が前後する仕組みとなっています。

脚を動かす仕組み

 変心車輪で左右にゆれながら、三対のアシが交互に這うという、中々凝った設計になっています。

 ここで組み直しつつ、通電させてモーターが動くかどうかの確認。

通電させたら動きました

 動きました。

 これで動力部の点検と、組み直しが終わりです。

組み直し終了

 しかし、今度はスイッチのオン/オフがゆるくて、オフ状態でも接触して勝手に作動してしまいます。

 したがって、プラの丸棒を半分に切り出し、オフ状態を確実にすべく、段を設けました。

段を設けました

 これでカクン!と、オフ状態が確実になりました。

 あとは、プラ部品のバリ取り清掃を行いまして組立です。

アゴのバリ取り

 …と、思いましたが、仲間が「目を光らせは?」と提案してくれたもので…だんだん、その気になってきました。

 今回はここまで。

 夏は昆虫。ゼットンと魔王像はしばらくお休みです。

 








 


 


スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/08(火) 11:50:12|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1171 | ホーム | 食味雑記 1170>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2397-ebd9894d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1679)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR