FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1238

手羽先大根

 質の良い太った手羽先と、自家製の心細い、体も細い大根です。

手羽と大根

 手羽先は、関節のところで先っぽを落とします。

先っぽを落とします

 落としても捨てません。後ほど一緒に煮込みます。先っぽを落とすことによってどちらも食べやすい形になります。V字に曲がってますとね、谷側がどうしても食べにくい。

 鍋に油を落としまして、葱の青み、叩いた生姜と共に手羽を焼きます。

こんがり焼きます

 香ばしい焼き目がつきましたら、大根を合流させよく炒めます。

大根は皮ごと

 今回の大根は細いので、皮ごと乱切り。

よく炒める

 鶏の油が全体にからみ、大根の角が丸まったあたりでお味付け。
 お砂糖、お醤油、それだけです。それらをじっくり、しみこませるように炒めましたら…

ひたひたのお水

 ひたひたのお水。
 あとは蓋をして強火で一気に沸かします。

一気に沸かします

 煮え立つ泡が勢いをひそめて静かになったら、蓋を開けてさらに水気を飛ばします。

タレをからめる

 煮汁がほどよいタレになったら、出来上がりです。

手羽先大根

 これは、里芋と骨付き鶏の揚州料理“芋奶焼鶏〈イーネソーチィ〉”を参考に材料を替えてこしらえてみました。
 同じお料理を2年前にも控えましたが(食味雑記 636)今回は、手羽先を食べやすく切った改良版です。

薬酒をいっぱい

 簡単なうえに、予想以上においしいニワトリ料理です。
 鶏の皮は、トロトロに煮込むか、パリパリに揚げるか、はっきりしたほうがよろしいようで、中途半端はクニュクニュしていて嫌われます。










スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/11/16(木) 11:32:39|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玩具工作控 466 | ホーム | 時計道楽 147>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2530-fb08ac1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1682)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR